スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Transmission Mechanism for Quantitative Easing (Wonkish)/April 4, 2011, 9:06 am

The Transmission Mechanism for Quantitative Easing (Wonkish) 量的緩和の伝達メカニズム(オタク風

It’s now widely claimed that QE2 has been a success — and for sure, the US economy, which seemed to be sliding into a deflationary morass last summer, has perked up since then. But why? A few thoughts.
現在量的緩和が成功していると広く喧伝されている―確かに、昨年デフレの泥沼に滑り落ちていくと思われたアメリカ経済はその時以来活気付いている。しかしどうやって? ちょっと考えてみよう。

Back in the old days, when dinosaurs roamed the earth and students still learned Keynesian economics, we used to hear a lot about the monetary “transmission mechanism” — how the Fed actually got traction on the real economy. Both the phrase and the subject have gone out of fashion — but it’s still an important issue, and arguably now more than ever.
古い時代を振り返れば、恐竜が大地をのし歩き、生徒たちはいまだケインズ経済学を学んでいた。その時我々は金融の「伝達メカニズム」についてよく聞いたものだ―実際FRBはどうやって実体経済に牽引力を持つのか。そのフレーズも主題も時代遅れになったが―だが今でも重要な主題である、疑いなくかつてよりも現在もっと。

Now, what you learned back then was that the transmission mechanism worked largely through housing. Why? Because long-lived investments are very sensitive to interest rates, short-lived investments not so much. If a company is thinking about equipping its employees with smartphones that will be antiques in three years, the interest rate isn’t going to have much bearing on its decision; and a lot of business investment is like that, if not quite that extreme. But houses last a long time and don’t become obsolete (the same is true to some extent for business structures, but in a more limited form). So Fed policy, by moving interest rates, normally exerts its effect mainly through housing.
その時教えられていたのは、伝達メカニズムは主に住宅産業を通して働くということだ。どうしてだろうか? なぜなら長期の投資は利子率にとても敏感だが、短期の場合にはそれほどではないからだ。もし企業が従業員にスマートフォンを配布することを考える時、それは3年後には骨董品になってるだろうから、利子率はその決定に大きな影響を与えないだろう。そして多くのビジネス投資は、その率が極端なものでないならそういうものだ。だが住宅は長期間存続するものであり、時代遅れになることもない(もっと限定された形でだが、同じことはビジネス用の建造物にもある程度当てはまる)。そういうわけでFRBの政策は、利子率を動かすことにより、一般的に主に住宅産業を通してその効果を発揮する。

Not this time, however, since housing is deeply depressed and there’s a huge overhang of excess capacity.
だが今回はそうではない、住宅産業は酷く沈滞しているし、過剰供給であふれている。

So if QE2 did work, how did it work?
もし量的緩和が機能してるなら、どのようにして?

Well, if you look at the sources of fourth-quarter growth it looks like this:
うん、四半期の成長の源泉を見れば、こんな感じだ:

qe2transmission.jpg

It’s basically consumption and net exports. Now, that net export number is a bit funny: there was a huge drop in imports, which probably came largely from a rundown in inventories, and isn’t sustainable. Still, trade does seem to be making a positive contribution. Nonresidential investment has been rising rapidly, but it was doing that even before QE2 was announced.
それは基本的に個人消費と純輸出だ。純輸出に関してはちょっと奇妙だ:輸入の大幅な落ち込みがあったが、それはおそらく主に在庫の圧縮から生じたものだが、持続可能なものではない。今でも貿易はポジティブな貢献をしてるように思える。非住宅投資は急上昇しているが、それは量的緩和が発表される前からである。

And what might be driving consumption and net exports? How about this?
何が消費と純輸出を押し上げたんだろうか? こんなグラフはどうかな:

12fredgraph.png


For what it’s worth, casual observation suggests that a lot of the growth in consumer spending has been at the high end, which suggests in turn that a higher stock market might be driving it. And the lower dollar has clearly helped US exporters and import-competing firms.
役立つ情報か分からないが、パッと見る限り消費支出の急成長はピークに達していて、それを牽引しているのは高い株価であるように思える。そしてより低いドルは明らかにアメリカの輸出企業と輸入品と競争関係にある産業の企業に貢献している。

If QE really is working through stocks and the dollar, are there further implications? I’m not sure — in a highly indebted society, you might hesitate at policies that would increase private debt further, but if stocks are driving the story, the consumers now spending more aren’t the same people who are in debt trouble — so that’s actually OK. And as for the weaker dollar, if the Chinese and the Brazilians don’t like it, they are free to let their currencies appreciate.
もし実際量的緩和が株価とドルを通して作用しているなら、なんらかの意味はあるだろうか。私は確信できないが―非常な借金社会において、もっと個人の借金を増やさせるような政策には躊躇するかもしれないが、株価がこの話の牽引役なら、現在多くの支出をしている消費者は今借金の問題を抱えた人々と同じではない―それならOKだろう。弱いドルに関しては、もし中国やブラジルがそれを好まないにせよ、彼らはその通貨が上昇するにまかせている。

Anyway, that’s my casual take on what has happened. I would say that if it’s right, it’s far from clear that the recovery will prove self-sustaining.
とにかく私は起こったことをそう考えている。それが正しいなら、景気回復が自己持続的なものであるのは明白であるとはほど遠いと言える。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なぜか二つ目のグラフがオリジナルと変わっていますね??

No title

abz2010さん
ご指摘して頂いてありがとうございます。
訂正しておきました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

self-sustainingを自己達成的と訳しているのは、ニュアンスが違うという指摘をしていただいたので訂正しておきます。
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。