スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Things That Aren’t Bubbles/October 22, 2012, 9:54 AM

Things That Aren’t Bubbles バブルじゃないこと

Noah Smith, who is a better human being than I am, wades through an anti-Krugman rant to find an interesting nugget: the claim that money is a bubble. It isn’t, of course; but my explanation of why it isn’t is a bit different from his, and has wider implications.
僕よりはいい人間であるノア・スミスがアンチ・クルーグマンのたわごとを調べ通して興味深い一致点を見つけた:貨幣はバブルだと主張していること。もちろん、そうではない。でも、なぜそうじゃないかという僕の解釈は彼とは少し違うし、より広い意味合いを含んでいる。

I’d start by asking, what do we mean when we talk about bubbles? Basically, I’d argue, we mean that people are basing their decisions on beliefs about the future that are based on recent experience but can’t be fulfilled. E.g., people buy houses because they expect home prices to keep rising at a pace that would eventually leave nobody able to buy a first home.
まずは質問から。我われがバブルについて語る時、それは何を意味しているのか? 僕が思うに、基本的にそれは、人々が最近の経験に基づいた将来についての信念に拠って決定を下すものの、それがうまく行かなくなるということを意味している。例えば、人々は、最終的には誰も自分の家を買えなくなるのに、住宅価格は上昇し続けるものだと考えて、家を買ったりする。

Bubbles don’t have to involve prices. You can have a local construction boom driven by rapid growth in an area’s population and employment, when the main thing driving that rapid growth is … the local construction boom, which will eventually collapse when enough houses are completed. The point, whether prices are involved or not, is that the expectations of individuals add up to an aggregate impossibility.
バブルは価格が関係する必然性はない。ある地方の人口と雇用が急上昇することによって、地方の建設ブームが発生することはありうるものの、その急成長を支える最大のものが…地方の建設ブームそのものということになると、住宅が十分に建設された時点で、そのブームは結局のところ崩壊してしまう。ポイントは、価格が関係しようとしまいと、個人個人の予想が全体としては成り立たないということだ。

This sounds a lot like what happens in a Ponzi scheme, where people are relying on an ever-growing number of new subscribers, and are doomed to disaster when the pool of potential suckers runs dry. And as Robert Schiller taught us long ago, bubbles are in fact “natural Ponzi schemes”, in which Bernie Madoff’s place is taken by the invisible hand of confusion.
これはネズミ講の顛末にすごくよく似ている。それは新たな参加者が永久に増え続けるという仮定に依存したものであって、潜在的なカモが枯渇した時点で破綻する運命にある。ロバ-ト・シラーがずっと前に説いたように、バブルとは「自然発生的なネズミ講」である。そこでは、バーニー・マドフの立ち位置を混乱した(神の)見えざる手が担う。

Is fiat money a bubble in this sense? Not at all. It’s true that green pieces of paper have no intrinsic value (except that they can be used to pay taxes, which is actually important), so that my willingness to accept green paper from you is based only on my belief that I can in turn hand that green paper over to someone else. But there’s nothing to prevent that process of monetary circulation from going on forever.
この意味で、不換紙幣はバブルだろうか? 全然違う。確かに、緑色の紙切れに本質的価値はない(それが税金を支払うのに使えるということを除いて。実際、それは重要なこと)。僕が喜んで緑色の紙切れを受け取るのは、今度は他の誰かにその緑色の紙切れを受け取ってもらえるという信念のみに基づいている。でも、その貨幣循環のプロセスが永久に続くことを妨げるものは何もない。

So what is fiat money? It is, as Paul Samuelson put it in his original overlapping-generations model (pdf), a “social contrivance”. It’s a convention, which works as long as the future is like the past. Obviously, such conventions can break down — but then so can things like property rights. In fact, you could argue that almost every asset in a modern economy owes its value to social convention; green pieces of paper could become worthless, but then so could any paper claim, which is, after all, worth something only because laws say it is — and laws can be repealed.
じゃあ不換紙幣とは何なのか? それは、ポール・サミュエルソンが元々の世代重複モデルの論文で述べたように、「社会的構築物」だ。それは、未来が過去と同じようなものである限り機能する約束事。明らかに、その約束事が崩壊する可能性はある――でも、それを言うなら、財産権だって同じだ。実際、現代経済において、ほぼ全ての資産はその価値を社会的な約束事に負っている。緑色の紙切れが無価値になる可能性はある。でも、あらゆる書類上の権利も同じように無価値になる可能性がある。それが何らかの価値を持つのは、単に法律により認められているだけなんだから――そして、法律は廃止される可能性がある。

And once you realize that a social convention is not at all the same thing as a bubble, several related fallacies fall into place.
そして、いったん社会的約束事がバブルとは全く違うものであることを理解できれば、それに関連する様々な誤謬の愚かさもよく分かるはずだ。

Take the common claim on the right that Social Security is a Ponzi scheme because the system has few real assets. It’s true that Social Security is mainly a system in which each generation pays for the previous generation’s retirement, in the expectation that it will receive the same treatment from the next generation. But like monetary circulation, this process can go on forever; there’s nothing unsustainable about it (yes, demography, but that’s about the levels of taxes and benefits, not the fundamental nature of the scheme). So there’s nothing Ponziesque at all.
右派がよく言う、社会保障制度はシステムとしてほとんど実物資産を持ってないからネズミ講だとする主張を取り上げてみよう。社会保障制度が、主に、それぞれの世代が将来世代から同じ扱いを受けることを期待して、前の世代の年金を支払うシステムだというのは正しい。でも、貨幣循環の場合と同じように、このプロセスは永久に続きうるものだ。それ自体に持続不可能性はない(確かに、人口動態の問題はある。だが、それは納税と給付の問題であって、そのスキームの本質的な特質ではない)。だから、それはまったくネズミ講的じゃない。

A final thought: the notion that there must be a “fundamental” source for money’s value, although it’s a right-wing trope, bears a strong family resemblance to the Marxist labor theory of value. In each case what people are missing is that value is an emergent property, not an essence: money, and actually everything, has a market value based on the role it plays in our economy — full stop.
最後に一点:貨幣価値には「本質的な」源泉があるに違いないという観念は、右翼の修辞でありながら、マルクス主義者の労働価値説と瓜二つだ。どちらの場合にも、人々が見落としているのは、価値とは創発的属性であって、根本的要素ではないということだ:貨幣、そして実際には全てのものは、経済の中で果たす役割に基づいて市場価値を持つ――以上。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。