スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Austerity Games, Here And There/March 30, 2011, 10:17 am

Austerity Games, Here And There あちこちで厳格主義のゲーム

Early last year, many people on both sides of the Atlantic seized on the idea that less is more — that cutting spending would actually help, not hinder, recovery. There was a paper by Alesina and Ardagna that seemed to provide evidence to that effect, and nothing succeeds like telling people what they want to hear.
去年の初めごろ、大西洋の両岸で多くの人が少ないことは多いことだという考え―財政支出の削減が景気回復を阻害するのでなく、実際には助けるものとする―を引っ込めた。アレシナとアーダグナによる論文はその効果の証拠を提示するものとされたが、人は常に自分が聞きたいと思うことを聞くものだ。

Since then, the whole intellectual edifice has collapsed. The Alesina et al methodology turns out to be deeply flawed, which should have been obvious from the start (and was, to some of us.) The alleged cases of expansionary austerity have, without exception, turned out to be bad examples, either involving cuts when the economy was booming or situations in which sharp interest rate declines and/or currency depreciations were the actual sources of expansion.
あの時以来その知的建造物は全壊してしまった。アレシナらの方法論は本質的に欠陥だらけだと分かった、もっとも当初から自明であるはずだったんだが(我々にとってはそうだった)。財政緊縮による景気拡大を示すものとされた怪しい事例も、例外なく良くないサンプルだと判明した。それは、景気が過熱してる時の支出削減や大幅な利子率削減や通貨切り下げが主因となって起こった景気拡大の状況による事例だったのだ。

But by then expansionary austerity was the official doctrine of the Conservatives in Britain (and also the ECB) and of the GOP here.
しかしその時までに財政緊縮による景気拡大論はイギリスの保守党(ECBを含む)やこちらでの共和党の公式の教義になっていた。

So, how are they dealing with the collapse of their doctrine?
そこで、この教義の崩壊をどう扱えばいいんだろうか?

Karl Smith notes that the JEC report is actually even sleazier than I realized on first read. It doesn’t actually say that contraction is expansionary; it engages in innuendo, talking about things that could or might happen, conveying the impression that it’s demonstrating a fact while providing deniability, because it never actually says outright that less is more.
カール・スミスはJECレポートが私が最初に読んだとき理解したものより実際もっと低俗でさえあると書いている。
実際には緊縮財政が景気拡大をもたらすとは書かれておらず、当てこすりに終始し、起こる可能性があることについて述べられたもので、事実を証明しようという印象を与える一方、少ないことは多いことだとはっきりとは言明しないことによって否認権を用意している。


Meanwhile, in Britain, via Yves Smith, people have been digging into the details of the government forecast, and finding that it relies on the assumption that household debt will rise to new heights relative to income:
その間イギリスでは、イーブス・スミスによって、人々は政府の予想を掘り下げ、それが家計の借金が所得に占める割合が史上最高になるだろうという仮定に依存しすぎていることに気づかされた:

ukdebt.jpg

Why? Because the only way the economy can avoid taking a hit from government cuts is if private spending rises to fill the gap — and although you rarely hear the austerians admitting this, the only way that can happen is if people take on more debt. So we have the spectacle of a government that inveighs against the evils of debt pinning all its hopes on an assumption that over-indebted households will dig their hole even deeper.
どうしてかって? 経済が財政支出削減からくる打撃を避けるには、民間の支出がそのギャップを埋めるしかないからだ―そして厳格主義者たちはめったにこのことを認めないが、それは人々がもっと借金をするかにかかっているということだ。借金の弊害に抗議する政府が、すでに借金を抱えた家計がさらにその穴を広げることに全ての希望を託しているというのは壮観である。

All in all, it’s quite a spectacle. It would be funny, except that millions of people will suffer the cost of this folly.
それは本当に壮観である。何百万の人々がその愚かさの犠牲を払わされるということがないなら、滑稽であると言えただろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。