スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

What You Add Is What You Get/July 9, 2012, 3:28 PM

What You Add Is What You Get 作り出した分はもらえる分

The Romney fundraiser in the Hamptons continues to inspire much justified hilarity. Matt Yglesias has fun with whining rich people complaining that they are the engine of the economy, pointing out that quite a few of the whiners make their money in ways that arguably does very little for growth — say, by running funds that collect so much in fees that they leave investors worse off.
ハンプトンズのロムニーの資金提供者が多分に自己弁護のための馬鹿騒ぎを続けている。マット・イグレシアスは、自らたちこそ経済のエンジンだと愚痴ってる金持ちを面白がって、その泣き言を言ってるやつらの大多数が、おそらくは、ほとんど成長に資することのないやり方で金を稼いでいる――例えば、手数料が馬鹿高すぎて投資家の儲けにならないようなファンドを経営するとか――と指摘している。

There is, however, an even broader critique of the whole keep taxes low on jobcreatorsenginesoftheeconomy thing — it doesn’t make sense even when the rich really earn their money. I’ve tried to make this point before, with regard to optimal top tax rates, but without as much success as I’d like; so let’s try it again.
だけど、「仕事を生み出す人経済のエンジン」への税金を総体的に低くすることにはもっと広範な批評が存在する――本当にその金持ちが自らの力で金を稼いでいる時ですら、そうしたことに道理がないってこと。僕は最適最高税率に関連して、以前そのことを指摘してみたんだけど、思っていたほどは成功しなかった。だから、もう一度やってみよう。

So, imagine a Romney supporter named John Q. Wheelerdealer, who works 3000 hours a year and makes $30 million. And let’s suppose that he really does contribute that much to the economy, that his marginal product per hour — the amount he adds to national income by working an extra hour — really is $10,000. This is, by the way, standard textbook microeconomics: in a perfectly competitive economy, factors of production are supposedly paid precisely their marginal product.
さて、ジョン・Q・ウィーラーディラーという名の1年に3000時間働いて3000万ドル稼ぐロムニーの支持者がいるとしよう。そして、彼は経済に対してその額だけ貢献していると想定してみよう。つまり彼の1時間当たりの限界生産物――彼が追加的に労働時間を増やすことによって国民所得が増加する量――は1万ドルってこと。ところで、ここで標準的教科書のミクロ経済学:完全競争市場では、生産要素はその限界生産物に等しいだけの支払いを受ける。

Now suppose that President Obama has reduced Mr. Wheelerdealer to despair; not only does the president waste money by doing things like feeding children, he says mean things about some rich people, which is just like the Nazis invading Poland, or something. So Wheelerdealer decides to go Galt. Well, actually just one-third Galt, reducing his working time to just 2000 hours a year so he can spend more time with his wife and mistress.
今、オバマ大統領がウィーラーディーラー氏のやる気をそいでしまったと想定しよう。大統領が子供たちの養育みたいなことにお金を費やすだけでなく、金持ちに意地悪いことを言ったとしよう。それはナチスのポーランド侵攻に匹敵することらしい。そこで、ウィーラーディーラー氏はゴールトする。いやっ、実際には3分の1ゴールトする、妻や愛人と費やす時間を増やすために年間労働時間を2000時間減らす。

According to marginal productivity theory, this does in fact shrink the economy: Wheelerdealer adds $10,000 worth of production for every hour he works, so his semi-withdrawal reduces GDP by $10 million. Bad!
限界生産物理論によると、これにより経済は実際に縮小する。ウィーラーディーラー氏は1時間働くごとに1万ドルに値する生産物を作り出す。だから、彼の半引退によりGDPは1000万ドルも低くなる。こりゃ酷い!

But what is the impact on the incomes of Americans other than Wheelerdealer? GDP is down by $10 million — but payments to Wheelerdealer are also down by $10 million. So the impact on the incomes of non-Wheelerdealer America is … zero. Enjoy your leisure, John!
でも、ウィーラーディーラー氏以外のアメリカ人の所得に与えるインパクトはどうなる? GDPは1000万ドル低くなる。だけど、ウィーラーディーラー氏が受け取る所得も1000万ドル少なくなる。だから、ウィーラーディーラー氏以外のアメリカ人の所得に与えるインパクトは…ゼロ。余暇をエンジョイしなよ、ジョン!

OK, there’s a catch: Wheelerdealer pays taxes, and when he chooses to work less, he pays less taxes. So there is in fact a welfare loss to the rest of America, but it comes only through the fact that revenue falls.
オッケー、これには落とし穴がある:ウィーラーディラー氏は税金を払っている。彼が働く時間を減らせば、彼が支払う税金も少なくなる。だから、残りのアメリカ人には実際に厚生の損失が存在する。でも、それは歳入が低下するという事実から来るものでしかない。

This is the basis of the result from optimal taxation theory that says that from the point of view of everyone except the very rich the optimal top tax rate is the rate that maximizes revenue — full stop. And since the rich already make so much money, their marginal utility from an extra dollar is very small, so the revenue-maximizing tax also maximizes welfare for society as a whole.
これは、大金持ちを除く全ての人の視点からすると、最適最高税率は歳入を最大化させる税率になるとする最適課税理論からの結果に基づいている――終わり。そして、金持ちは既に十分なお金を持っているので、追加的なドルから発生する限界効用はすごく小さい。だから、歳入を最大化させる税率こそが全体としての社会の厚生を最大化させる税率にもなる。

Oh, and we have pretty good evidence on the (small) actual incentive effects of changes in top tax rates, enough to suggest that the optimal rate is in the 70-80 percent range — which is where it was in the 1960s, a decade of very good economic performance.
最高税率の変化が実際のインセンティブに与える影響(の少ささ)に関して、最適税率は70-80%になる――経済実績がすごく良かった1960年代と同じくらいの税率――と言えるほどの良質な証拠がたくさんある。

Now, obviously the Romney fans have a very different view. They seem to believe that John Q. Wheelerdealer somehow adds much more to the economy than even the lavish amount he gets paid; he’s an engine of growth! Oddly, though, they also claim to believe in the perfection of markets — and the only way to justify their belief in their own special role is to claim that there is some kind of massive market failure.
今、ロムニーのファンはこれと異なる見方をしている。彼らは、どういうわけか、ジョン・Q・ウィラーディーラー氏の受け取る気前のいい給料以上に、彼が多くのものを経済に対して作り出していると信じてるようだ。彼は成長のエンジンなんだって! だけど、奇妙なことに、彼らは市場の完全性を信じているとも主張する。そういった特殊な役割への信念を正当化しようと思うなら、唯一の方法は、大規模な市場の失敗が存在するってことを主張しないといけないのに。

So there’s a huge contradiction in the whole position of the self-regarding rich — a contradiction that I’m quite sure bothers them not at all. More champagne?
だから、自分で自分を金持ちと思ってる連中のポジションには大きな矛盾がある―間違いなく彼らが一度も考えたことのない矛盾。もっとシャンパン飲んでおいたら?


後書き:go GaltのGaltは、アイン・ランドの小説『肩をすくめるアトラス』の主人公John Galtのこと。増税などが嫌になり隠遁すること。
More champagne?は、ケインズの言葉“My only regret in life is that I did not drink more Champagne.”(人生のただ一つの後悔はシャンパンをもっと飲まなかったことだ。)を下敷きにしたものかな。だとすると、「税金払いたくなかったら、とっとと引退してシャンパンでも飲んでろ」って感じになる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。