スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Slump And Circumstance/August 16, 2012, 6:51 AM

Slump And Circumstance 不況と状況

The New Statesman had a good idea — it went to 20 British economists who signed a letter back in early 2010 calling for immediate austerity and asked them whether they still supported the Osborne policies now that Britain is in double-dip recession. Only one of those who replied said yes, while nine urged Osborne to reconsider his opposition to stimulus.
The New Statesman誌の面白いアイデア――2010年早期に即座の緊縮財政を要求する書簡にサインした経済学者のところへ行って、イギリスが二番底の景気後退に陥る中で、今でもオズボーンの政策を支持するのか尋ねてみた。その中のたった1人だけがイエスと答えた一方、9人がオズボーンは景気刺激策に反対してることを再考すべきだと主張した。

Good on them. I was, however, disappointed to see so many of the prodigal economists asserting that they were responding to changed circumstances rather than admitting that they simply got it wrong.
よくやった。でも、僕がガッカリしたのは、その放蕩経済学者の多くが素直に過去の過ちを認めずに、状況の変化への反応だって主張してること。

For circumstances really haven’t changed; the UK had a depressed economy then, and it still does now. Fiscal austerity while the economy is depressed, and in particular when conventional monetary policy has reached its limits, was an obviously bad idea from day one. Not to put too fine a point on it, what I was writing about austerity back in 2010 looks just fine a couple of years later.
だって、状況は全然変わってないんだから。イギリス経済はその時も落ち込んでいたし、今だってそう。経済が落ち込んでいる中での緊縮財政は、特に伝統的な金融政策が限界に達している時には、始めから明らかに酷いアイデアなんだ。ありていに言えば、2010年に僕が緊縮財政について書いたことは、数年たった今でもまったく問題なく見える。

The fact of the matter is that the austerians chose to throw basic macroeconomics out the window. And that, not failure to anticipate negative surprises, is where they went wrong.
実際のところ、緊縮派は基本的なマクロ経済学を窓の外に放り出すことを選択した。そのネガティブ・サプライズを予想できなかったのは、彼らが間違った方向へ向かった結果だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。