スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lucas In Context (Wonkish)/September 26, 2011, 9:54 AM

Lucas In Context (Wonkish) 時系列で見たルーカス(経済学オタク系)

Via Mark Thoma, Noah Smith is puzzled by Robert Lucas. I thought it might be helpful to think of Lucas now in terms of the history of economic thought. By the way, I basically lived through the story I’m about to tell, so this is more or less first-hand.
マーク・トーマ・ブログで知ったんだが、ノア・スミスがロバート・ルーカスに困惑している。今、ルーカスを経済思想史の中で考えておくことは意義があるんじゃないかと思う。ところで、僕は基本的に今から話そうとしているストーリーの中で生きてきた。だから、それは多かれ少なかれ実体験に基づいている。

So, here’s the history of macro in brief.
では、ここでマクロ経済学の歴史を端的に。

1. In the beginning was Keynesian economics, which was ad hoc in the sense that on some important issues it relied on observed stylized facts rather than trying to deduce everything from first principles. Notably, it just assumed that nominal wages are sticky, because they evidently are.
1. 始めに、ケインズ経済学があった。それは重要な論点のいくつかにおいて、第一原理から全てを演繹していくというよりも、様式化された観察事実に依存しているという意味においてアド・ホックなものだった。有名なのものとして、それは名目賃金の粘着性を想定している。なぜなら、明らかにそうだから。

2. In the 1960s a number of economists started trying to provide “microfoundations”, deriving wage and price stickiness from some kind of maximizing behavior. This early work had a big payoff: the Friedman/Phelps prediction that sustained inflation would get “built in”, and that the historical tradeoff between inflation and unemployment would vanish.
2. 1960年代に、たくさんの経済学者が「ミクロ的基礎」を提示することに取り組むようになり、賃金や物価の粘着性はある種の最大化行動から導き出された。この初期の仕事には大きな報いがあった:持続的なインフレは「組み込まれて」しまい、インフレと失業率の間の歴史的なトレードオフは消え去るというフリードマン/フェルプスの予言。

3. In the 1970s, Lucas and disciples take it up a notch, arguing that we should assume rational expectations: people make the best predictions possible given the available information. But in that case, how can we explain the observed stickiness of wages and prices? Lucas argued for a “signal processing” approach, in which individuals can’t immediately distinguish between changes in their wage or price relative to others — changes to which they should respond by altering supply — and overall changes in the price level.
3. 1970年代には、ルーカスと弟子たちはさらに先を進み、我々は合理的期待[人々は利用可能な情報の下でできる限り最高の予想をする]を想定すべきだと主張した。だけど、その場合には、観察されている賃金や物価の粘着性はどう説明できるのか? ルーカスは「signal processing」アプローチを支持した。そのアプローチによると、個人は他の人との相対的な賃金や物価の変化――供給量を変えることによって反応すべき変化――と、物価水準の全般的な変化とをすぐには区別できない。

4. In the 1980s, the Lucas project failed — pure and simple. It became obvious that recessions last too long, and there are too many sources of information, for rational confusion to explain business cycles. Nice try, with a lot of clever modeling, but it just didn’t work.
4. 1980年代には、ルーカス・プロジェクトは破綻した――純然たる事実として。合理的混乱で景気循環を説明するには、景気後退は長く続くすぎ、情報ソースは多すぎることが明白になった。数多くの賢明なモデルが考案されたものの、それが機能することはなかった。

5. One response to the failure of the Lucas project was the rise of New Keynesian economics. This basically went back to ad hoc assumptions about wages and prices, with a bit of hand-waving about menu costs and bounded rationality. The difference from old Keynesian economics was the effort to use as much maximizing logic as possible to interpret spending decisions. I find NK economics useful, if only as a way to check my logic, although it’s not really clear if it’s any better than old-fashioned Keynesianism.
5. ルーカス・プロジェクトの失敗に対する一つの反応がニュー・ケインズ経済学の勃興だ。これは賃金や物価については、メニューコストや限定合理性などのちょっとした誤魔化しを使うことで、基本的にアド・ホックな想定に回帰した。オールド・ケインズ経済学との違いは、支出の決定を解釈する際に、できるだけ最大化のロジックを使う努力をしていることだ。僕は自分のロジックをチェックするために使うってだけなら、ニュー・ケインズ経済学は有効なものだと思っている。ただし、それが旧式のケインズ主義よりも少しでも良いものなのか実際には明らかではない。

6. The other response, by those who had already invested vast effort and their careers in the Lucas project, was to drop the whole original purpose of the project, which was to explain why demand shocks matter. They turned instead to real business cycle models, which asserted that the ups and downs of the economy are caused by technological shocks magnified by rational labor supply responses. Full disclosure: this has always seemed absurd to me; as many have pointed out, the idea that the unemployed during a recession are voluntarily choosing to take time off is something only a professor could believe. But the math was impressive, and RBC became a self-contained, self-replicating intellectual world.
6. ルーカス・プロジェクトに既に莫大な努力とキャリアを投資してきた人々によるもう一つの反応が、なぜ需要ショックが重要なのかを説明するというそのプロジェクトの元々の目的を丸ごと捨て去ってしまうことだ。その代わりに、彼らはリアル・ビジネス・サイクル(RBC)モデルに転じた。そのモデルが示すところによると、経済の浮き沈みは合理的な労働供給の反応によって拡大された技術的ショックによって引き起こされると言う。全面開示:僕はこれが常に馬鹿げたものだと思ってきた。多くの人が指摘するように、景気後退期の失業者が自発的に仕事を休むことを選んでいるというアイデアを信じるのは、大学の教授くらいのものだ。だが、その数学は荘厳なものがあり、RBCは自己充足的で、自己複製的な知的世界になっていった。

7. The Lesser Depression arrives. It’s clearly not a technological shock; clearly, also, nobody is confused about whether we’re in a slump, as the old Lucas model required.
7. 小恐慌がやってきた。それが技術的なショックでないことは明らかだ。また、古きルーカス・モデルが必要とするような、我々が不況の中にいるかどうか混乱している者など一人もいないのも明らかだ。

In fact, it looks a lot like what Keynes described, and old-Keynesian models work very well, thank you, both at explaining it and in making predictions about such things as interest rates and the effects of fiscal austerity. But the descendants of the Lucas project know that Keynes was wrong — it’s what their teachers and their teachers’ teachers have been saying all these years. They cannot accept anything resembling a Keynesian explanation without devaluing everything they’ve done with their intellectual lives.
実際、小恐慌は多くがケインズの描写したとおりであり、ありがたいことに利子率や緊縮財政の効果などを説明する際にも、予言する際にもオールド・ケインズ・モデルは非常によく機能している。だけど、ルーカス・プロジェクトの子孫たちはケインズが間違っていることを知っている――それは彼らの先生、彼らの先生の先生が何年にもわたって言ってきたことだから。彼らは自身の知識人人生全ての価値を貶めてしまうことになるケインズ的な説明に似た全てのものを受け入れることができなくなっている。

So it must be Obama’s fault!
じゃあ、それはオバマのヘマのせいってことにしないと!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。