スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Filters and Full Employment (Not Wonkish, Really)/July 11, 2012, 4:35 PM

Filters and Full Employment (Not Wonkish, Really) フィルターと完全雇用(経済学オタク系じゃない、本当に)

There’s a mini-debate with important economic implications going on over the use of a statistical technique called the Hodrick-Prescott filter. Tim Duy has a round-up and some thoughts of his own. But I thought I should weigh in, partly because I encountered this very same issue way way back when regarding Japan (pdf), partly because what may look like a debate about statistical technique is actually a crucial debate about the nature of our ongoing economic disaster.
ホドリック-プレスコット・フィルター(HPフィルター)と呼ばれる統計的なテクニックの使用に関して、重要な経済学的意味合いを持つ論争が進行している。ティム・デューイは総括して彼自身の考えを提示している。だが、それに参加してやろうと考えたのは、僕自身かつて日本について考えていたころにすごくよく似た課題に遭遇したからというのがその理由の一部だし、さらに、一見統計的な技術についての議論にしか見えないものの、それが実際は現在進行中の経済的災厄についての決定的な議論だからでもある。

So, the HP filter is a technique that is supposed to extract underlying trends from data in which there is a lot of short-term fluctuation around the trend. To do this, it “smooths” the data — roughly speaking, it takes a weighted average over a number of years. This smoothed measure is then supposed to represent the underlying trend.
さて、HPフィルターとは、トレンドの周囲に短期的変動がいくつも存在するデータから、根底にあるそのトレンドを抽出するとされる技術のことだ。これをするため、HPフィルターではデータを「均す」――大雑把に言えば、複数年にかけての加重平均を取る。この均された推計値が根底にあるトレンドを示しているとされる。

When applied to business cycles, the HP filter finds a smoothed measure of real GDP, which is then taken to represent the economy’s underlying potential, with deviations from this smoothed measure representing unsustainable temporary deviations from potential.
これが景気循環に適用されると、HPフィルターにより実質GDPの均された推計値が判明する。そして、それが経済の根底にある潜在GDPを示しているとされて、その均された推計値からの逸脱は潜在GDPからの維持不可能な一時的逸脱を表しているとされる。

And what’s happening now, as Tim Duy points out, is that some people — including Fed officials — are using this kind of filter to argue that the US economy is already operating near potential, so that there is no reason to pursue expansionary monetary and fiscal policy.
そしてティム・デューイが指摘しているように、今起こっていることとして、FRB職員を含めたかなりの人が、この種のフィルターを使ってアメリカ経済はすでに潜在GDP近辺で運営されているのだから、拡張的金融政策や財政政策を追求する理由はないと主張している。

What’s wrong with this view? The answer is that a statistical technique is only appropriate if the underlying assumptions behind that technique reflect economic reality — and that’s almost surely not the case here.
この見方のどこが間違っているのか? その答えは、統計的なテクニックはそのテクニックの背後の根底にある想定が経済的な真実を反映している場合にだけ適切なものだから――そして、それはこの場合ほぼ確実に当てはまらない。

The use of the HP filter presumes that deviations from potential output are relatively short-term, and tend to be corrected fairly quickly. This is arguably true in normal times, although I would argue that the main reason for convergence back to potential output is that the Fed gets us there rather than some “natural” process.
HPフィルターを使う際には、潜在生産高からの逸脱はどちらかと言えば短期的なもので、かなり早期に矯正される傾向にあると想定されている。これは通常時にはおそらく正しい。ただし、僕なら、潜在生産高に収斂する主な理由は「自然な」プロセスというより、FRBが我々をそこに連れていってくれるからだと言うだろうけどね。

But what happens in the aftermath of a major financial shock? The Fed finds itself up against the zero lower bound; it is reluctant to pursue unconventional policies on a sufficient scale; fiscal policy also gets sidetracked. And so the economy remains below potential for a long time.
だが、巨大な金融的ショックの直後には何が起こる? FRBは自らがゼロ下限に接していることに気づいた。FRBは十分な規模の非伝統的政策を追求することは渋っている。財政政策も引っ込められた。そうして、その経済は長期間にわたり潜在生産力以下で留まっている。

Yet the methodology of using the HP filter basically assumes that such things don’t happen. Instead, any protracted slump gets interpreted as a decline in potential output! Here’s the chart I made way back in 1998 for the 1930s:
でも、HPフィルターを使う際の方法論では、基本的にそんなことが起こると想定されていない。その代わりに、どんな長期化した不況も潜在生産高の落ち込みとして解釈されてしまう! これは僕が1998年に作った1930年代のチャート:

071112krugman2-blog480.jpg

Yep: the HP filter “decided” that the US economy was back at potential by 1935. Why? Because it automatically interpreted the Great Depression as a sustained decline in potential, because by assumption the filter incorporated such slumps into its estimate of the economy’s potential. Strange to say, however, it turned out that there was in fact a huge amount of excess capacity in America, needing only an increase in demand to be put back into operation.
その通り:HPフィルターはアメリカ経済が1935年には潜在生産高に復帰したと「決定した」。なんで? なぜなら、それが自動的に大不況を潜在生産高の持続的な落ち込みとして解釈したから。そうなってしまうのは、HPフィルターの想定により、そのような不況を経済の潜在生産力の見積もりに組み込んでしまったからだ。いまさら言うのも変な話だが、実際にはアメリカに莫大な過剰生産力があることは明らかであって、それを再び動かすのには需要が増えるだけでいい。

It seems totally obvious to me that people who are now using HP filters to argue that we’re already at full employment are making exactly the same mistake. They have in effect, without realizing it, assumed their answer — using a statistical technique that only works if prolonged slumps below potential GDP can’t happen.
僕にしたら自明なことなんだけど、今、HPフィルターを使って、我々がすでに完全雇用にあるなんて主張してるやつらはそれとまったく同じ間違いを犯している。彼らはそれと知らず、結果として、答えを想定においてしまっている――潜在GDPを下回る長期の不況が決して起こらない場合にのみ機能する統計テクニックを使ってるってこと。

As always, statistical techniques are only as good as the economic assumptions behind them. And in this case the assumptions are just wrong.
例のごとく、背後にある経済学的想定が適切な場合にのみ、統計的テクニックは素晴らしいものになる。そして、このケースでは、その想定は間違っている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。