スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Internal Devaluation, Inflation, and the Euro (Wonkish)/July 29, 2012, 3:18 PM

Internal Devaluation, Inflation, and the Euro (Wonkish) 内的減価、インフレ、そしてユーロ(経済学オタク向け)

I’ve been writing for a long time about how the euro area needs more inflation. But I suspect that many readers don’t quite see how this ties into the macro story. So here’s something that may or may not clear things up — a stylized little model linking euro inflation and the adjustment problem to overall monetary policy. It’s very stylized, making some obviously untrue but I think still useful assumptions, and I have been finding that it clarifies my own thinking, at any rate.
僕は長いことユーロ圏がどれほど高めのインフレ率を必要としているか書いてきている。でも、読者の多くにはこれがどうマクロの筋書きと関係しているのまったく分かっていない気がしてる。だから、物事がはっきりするかどうかは分からないがここでプレゼント――ユーロ圏のインフレと調整問題を全般的な金融政策と結びつける様式化された小モデル。これは非常に様式化されたモデルで、その中には明らかに真実でないものも含まれるが、有益な仮定だと思っているし、ある程度、僕自身の考えを明白にしてくれているものでもある。

So, imagine a currency area with just two countries, Spain and Germany, which I’m going to represent in an aggregate supply-aggregate demand framework.
さて、たった二つの国、スペインとドイツからなる通貨圏を想像してほしい。これを総需要-総供給分析で説明していこう。

On demand, I’ll make two assumptions I don’t believe. The first is that the ECB can determine nominal GDP for the euro area. Under liquidity-trap conditions, this is a very problematic assumption, and I don’t mean to drop my skepticism for other purposes. For right now, however, it’s useful, I think, to use nominal GDP as a proxy for the whole range of possible expansionary policies the ECB might follow.
需要面では、僕が信じてるわけではない二つの仮定を用いる。一つ目が、ECBはユーロ圏の名目GDPを決定できるということ。流動性の罠にはまっている状態においては、これは非常に問題のある仮定だし、他の目的のために懐疑主義を疎かにする意図はない。だけど、今は、ECBが採りうるあらゆる範囲の拡張政策のプロキシ(代理)として名目GDPを用いるのは有益だと思っている。

By assuming that the ECB chooses nominal GDP, we get an aggregate demand curve for the euro area as a whole: Py = Y, where P is the price level, y is real GDP, and Y is the target nominal GDP. Now for my second assumption: Cobb-Douglas preferences, so that a fixed share of total spending falls on Spanish and German output respectively. This doesn’t have to be true, and surely makes no difference to the final conclusion — but it means, given the overall target, individual-country AD curves reflecting that fixed division of the total.
ECBが名目GDPを選択できると仮定することによって、全体としてのユーロ圏の総需要曲線が決まる:Py=Y、ここでPは物価水準を、yは実質GDP、Yは名目GDPの目標を示している。ここで二つ目の仮定:コブ-ダグラス選好、それによって総支出に占めるスペインとドイツの割合は一定になりそれぞれの生産高が決まる。これも決して真実ではない、そして最終的な結論には違いをもたらさないと信じている――だが、それが意味しているのは、全体としての目標値が与えられたときに、個々の国のAD曲線はその総計の固定割合を示しているということだ。

Meanwhile, on the supply side, I’ll assume that prices can rise but not fall (because of downward nominal wage rigidity), so that the AS curve in each country is a backwards L.
一方、供給サイドでは、物価は上昇するが下降しないと仮定する(賃金の下方硬直性のため)。ゆえにそれぞれの国のAS曲線は逆L字型になる。

Given all that, the current situation looks like this:
それら全てを考慮すると、現在の状況はこんな感じになる:

072912krugman1-blog480.jpg

Spain is deeply depressed, while Germany is close to full employment.
スペインが酷い不況にある一方、ドイツは完全雇用に近い。

How can Spain restore normal employment? The current European strategy is “internal devaluation”, which means expecting Spain to cut wages and thereby restore competitiveness; this can be represented as a downward shift in Spain’s AS curve (with the new curve in red):
どうすればスペインは通常の雇用を取り戻せるのか? 現在のヨーロッパの戦略は「内的減価」であり、それはスペインが賃金を引き下げ、それにより競争力を取り戻すことを想定している。これはスペインのAS曲線の下方シフトとして表すことができる(赤が新しい曲線):

072912krugman2-blog480.jpg

The trouble with this strategy is twofold: it’s really, really hard to get wage cuts, and deflation in Spain makes the problem of debt overhang worse.
この戦略を採ることにより困難は2倍になる:賃金を引き下げることはすごく、すごく難しいし、スペインのデフレは過剰債務の問題を悪化させる。

What’s the alternative? Aggressively expansionary monetary policy, which shifts the AD curves of both countries to the right. This raises output and employment in Spain, but leads to inflation in Germany:
それなら代替案は? 積極的な拡張的金融政策だ。それは両国のAD曲線を右側にシフトさせる。これはスペインの生産高と雇用の両方を上昇させるが、ドイツでのインフレを導く:

072912krugman3-blog480.jpg

I’d argue that this is a much better outcome. But it does mean a rise in the overall euro price level, because of the asymmetry between the effects of higher demand and lower demand in the face of wage stickiness. In practice, because these developments would play out over time, following the path of higher demand would mean that the ECB would have to accept temporarily higher inflation.
僕はこれがずっとよい結果になると言うつもりだ。だが、賃金の粘着性は需要が高い場合と低い場合で非対称であるため、全般的なユーロ圏の物価水準が上昇することを意味している。実際、時を経て、こうした展開が続いていくのだから、需要を高める道をとることは、ECBが一時的に高めのインフレを受け入れる必要があることを意味する。

And of course the difference between these two strategies demonstrates what a really bad idea it is for the ECB to have a mandate that only takes account of price stability, with no consideration for the real economy.
そして、もちろん、この二つの戦略の違いが表しているのは、ECBが実体経済のことを考えることなく、物価の安定だけを考慮に入れた責務を持つという考えがいかに馬鹿げているかだ。

Just in case you’re wondering, this little model does not in any way contradict what I’ve been saying in other euro analyses — it’s just a different angle of approach. But it may be helpful. And trivial as the model is, I think it suggests just how important it is that the ECB find some way to escape its stable-price shackles.
怪しんでいる人もいるかもしれないので言っておくが、この小モデルは僕が今までユーロの分析に関して言ってきたことと少しも矛盾していない。それはちょっと違う角度からの分析というだけだ。だけど、手助けになるかもしれない。このモデルはちっぽけものであるにせよ、ECBが物価安定の拘束から逃れる道を探ることがいかに重要であるかを提示していると僕は考えている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

参考になりました
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。