スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Friedrich Hayek, Zombie/March 29, 2011, 2:55 pm

Friedrich Hayek, Zombie フリードリッヒ・ハイエクのゾンビ

Brad DeLong directs us to a 1932 letter by Friedrich Hayek and others arguing that (a) deficits somehow caused the Great Depression (b) deficit spending would drive up interest rates and make the Depression worse.
ブラッド・デロングが(a)赤字財政がどのようにしてか大恐慌を引き起こした(b)赤字支出が利子率を上昇させ、大恐慌を悪化させていると主張する1932年のフリードリッヒ・ハイエクの手紙や他の議論を紹介してくれている

Truly, nothing ever changes. The insistence that big deficits somehow caused the crisis even thought they actually didn’t appear until after the crisis was well underway — and were clearly caused by the crisis, not the other way around — prefigures the debate in Europe, in which everyone declares that fiscal irresponsibility is the core issue even though both Ireland and Spain had low debt and budget surpluses on the eve of crisis.
本当に何も変わってない。巨額の財政赤字がどのようにしてか危機を引き起こしたという主張は、実際には財政赤字は危機が起こるまで生じていなかったのだが―それは明らかに危機によって財政赤字が引き起こされたのであり、逆ではない―ヨーロッパでの論争を先取りしている。そこではあらゆる人が、アイルランドやスペインは危機が起こった時借金は少なく財政黒字だったにもかかわらず、無責任な財政こそが問題の核だと断言している。

And Hayek’s prediction that deficits would drive up interest rates despite high unemployment was, of course, totally wrong.
そして高い失業質にもかかわらず赤字財政が利子率を上昇させるというハイエクの予言は、もちろん完全に間違っていた。

Here’s the picture for the United States. (Yay FRED!) Budget balance, in millions of dollars, red line, right scale; long-term interest rates, blue line, left scale:
ここにアメリカのグラフがある。財政収支は赤い線で右側に百万ドル単位、長期利子率は青い線で左側:

fredgraph.png

You can see that the deficit came after the slump began, not before, and that much bigger deficits never did push rates up. You can also see the big mistake of 1937, when FDR gave in to the austerians of his era.
財政赤字は景気後退の前でなく、後に生じているし、巨額の財政赤字が利子率を上昇させていないことも分かるだろう。また1937年の大きな失敗も見てとれるだろう、その時FRBはオーストリア学派に服従していた。

Still, you can make excuses for Hayek and friends: this was all new territory, and macroeconomics barely existed as a field.
今でもハイエクとその仲間を弁護することもできるだろう:これは完全に新しい領域だ、マクロ経済学は分野としてはかろうじて生き残っているに過ぎないと。

What’s terrifying is the fact that, as Brad notes, the arguments of today’s pain caucus are exactly the same as those Hayek was making in 1932, except that they’re less well expressed. And they’re sticking with their doctrine even though the economic story — deficits mainly the result of the slump, not the cause, and interest rates not rising in the face of those slump-caused deficits — is playing out the same way:
恐ろしいのは、ブラッドが言うように、今日の苦痛委員会とでもいった連中の議論は、彼らがあまり影響力がないことを除いてはハイエクが1932年にしたのと完全に同じ間違いだということだ。経済の筋書き―赤字財政は主に景気収縮の結果であって原因ではない、利子率は景気後退の結果生じた赤字財政によって上昇しない―は同じように動いているのに、彼らは自らの教義に固執したままだ:

fredgraph2.png

Braiiiinnnnzzz!
脳みそを使え!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。