スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Does Economics Still Progress?/September 27, 2011, 4:03 PM

Does Economics Still Progress? 経済学は今でも進歩しているのか?

In a few hours Sylvia Nasar and I will have an on-stage dialogue at the 92nd Street Y, centered around her new book The Grand Pursuit, which offers a set of fascinating portraits of the makers of economics. (Irving Fisher invented the Rolodex?) But as I was reading her book I have to admit that I found myself wondering whether there’s much to celebrate.
シルビア・ナサーと僕は、the 92nd Street Yで、経済学を作った人々を興味深く描いた彼女の新刊『The Grand Pursuit』を中心にした公開対話を行うことになっている。(アービング・フィッシャーがローラドックスを開発した?)だけど、僕は彼女の本を読んでいて、そんなに祝福すべきことがあるのか疑問に感じたことを認めざるをえない。

I’ve never liked the notion of talking about economic “science” ― it’s much too raw and imperfect a discipline to be paired casually with things like chemistry or biology, and in general when someone talks about economics as a science I immediately suspect that I’m hearing someone who doesn’t know that models are only models. Still, when I was younger I firmly believed that economics was a field that progressed over time, that every generation knew more than the generation before.
僕は経済「科学」という物言いがずっと好きじゃなかった――経済学は、科学や生物学のような学問とざっと比較しても、あまりにも生々しく不完全だ。そして、一般的に言って、誰かが経済学を科学として語っている時、僕は、その人がモデルはモデルに過ぎないということを分かってないんじゃないかとすぐ疑ってしまう。だが、僕が若かったころ、経済学は日々進歩していて、あらゆる世代が前の世代よりずっと多くのことを知っていると硬く信じていた。

The question now is whether that’s still true. In 1971 it was clear that economists knew a lot that they hadn’t known in 1931. Is that clear when we compare 2011 with 1971? I think you can actually make the case that in important ways the profession knew more in 1971 than it does now.
今、疑問なのは、それは今でも正しいのかということだ。明らかに、1971年の経済学者は1931年の経済学者が知らなかったことをたくさん知っていた。2011年と1971年を比べても同じことが言えるだろうか? 僕は、重要な面において、同業者たちは今より1971年のほうが多くのことを知っていたと言うことができると思う。

I’ve written a lot about the Dark Age of macroeconomics, of the way economists are recapitulating 80-year-old fallacies in the belief that they’re profound insights, because they’re ignorant of the hard-won insights of the past.
僕はマクロ経済学の暗黒時代のことを何度も書いてきた。過去に勝ち取った洞察を忘れてしまったがために、80年前の謬論を深遠な洞察と信じ込んで、経済学者たちがそれを再獲得していくことになる有様を。

What I’d add to that is that at this point it seems to me that many economists aren’t even trying to get at the truth. When I look at a lot of what prominent economists have been writing in response to the ongoing economic crisis, I see no sign of intellectual discomfort, no sense that a disaster their models made no allowance for is troubling them; I see only blithe invention of stories to rationalize the disaster in a way that supports their side of the partisan divide. And no, it’s not symmetric: liberal economists by and large do seem to be genuinely wrestling with what has happened, but conservative economists don’t.
それに何か付け加えるとすれば、今この時点になっても、多くの経済学者は真実を突きつめようとすらしていないように思える。数多くの著名な経済学者が進行中の経済危機に対して書いていることを見ても、知的に当惑している兆しは少しも見られないし、彼らのモデルでは許容されないような大災害が彼らを苦しめている感じもない。彼らは、この大災害をどうにか自分たちの党派にとって都合がいいように合理化してくれるお話をのんきに発明してるだけだ。そして、このことは対称的ではない:リベラルな経済学者は、おおむね、起こっていることと純粋に格闘しているように思えるが、保守的な経済学者はそうではない。

And all this makes me wonder what kind of an enterprise I’ve devoted my life to
そして、こうしたこと全てを見るにつけ、僕が自らの人生を捧げた事業とは何だったのか考えてしまう。


後書き:the Rolodex:離脱可能なカードのある卓上の回転式カード索引ホルダー。
Rolodex-1d-300x300.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。