スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

More Thoughts On Weaponized Keynesianism/October 29, 2011, 2:20 PM

More Thoughts On Weaponized Keynesianism 武装ケインズ主義についてさらに考える

Let me follow up a bit on the sudden discovery by Republicans that cuts in government spending cost jobs and drive up the unemployment rate – as long as the spending is on destruction rather than construction. Oh, and thanks to commenters for reminding me of Barney Frank’s coinage, “weaponized Keynesianism.”
共和党員が、政府支出のカットは雇用を喪失させて失業率を引き上げる―その支出が建設的というより破壊的な場合に限り―と突然発見したことについて少し追及させてほしい。オー、そしてコメントの中でバーニー・フランクによる「武装ケインズ主義」という造語を思い出させてくれた人に感謝する。

The first thing to say is that liberals shouldn’t engage in mirror-image thinking, and imagine that spending we dislike somehow lacks the job-creating virtues of spending we like. Economics, as I say often, is not a morality play. As far as creating aggregate demand is concerned, spending is spending – public spending is as good as but also no better than private spending, spending on bombs is as good as spending on public parks. As I pointed out not long ago, a perceived threat of alien invasion, by getting us to spend on anti-invasion measures, would quickly restore full employment, even though the spending would be on totally useless object.
最初に言わなければならないのは、リベラルはそれに反射的な考えをして、我々が好まない支出は、我々が好む支出よりも雇用を創出するという美徳が欠けていると考えるべきじゃないということだ。僕がよく言うことなんだが、経済学は道徳劇ではない。総需要を創出するということに関係する限りでは、支出は支出だ―公共支出は民間支出と違いはなく、爆弾への支出は公園への支出と同じである。最近、僕が指摘したように、宇宙人の侵略の脅威を認識すれば、我々が侵略を撃退する措置へ支出することになり、その支出が完全に無駄な目的のためであったとしても、すぐに完全雇用が達成されるだろう。

It’s also worth noting that one of the main sources of evidence that fiscal expansion really does stimulate the economy comes from tracking the effects of changes in defense spending. That’s true of Depression-era studies like Almunia et al, and also of several of the studies described in the Romer and Romer lecture on fiscal policy. Why the focus on defense? Two reasons, actually. One is that in practice defense spending is what moves: the fact is that large-scale stimulus programs consisting of domestic spending basically don’t happen, while wars and arms races do.
財政拡大が本当に経済を刺激するという証拠の主要なソースの一つが、防衛支出の変化による効果を追跡することから得られたことも言っておく価値がある。それはアルムニア他による大恐慌時代の研究に当てはまるし、財政政策に関するローマー夫妻の講義で言及されている様々な研究にも当てはまる。どうして防衛費に焦点を当てるのか? 実際、二つの理由がある。一つが、実践的な問題として、防衛支出は動かせるものだからだ。事実は、国内的な支出から成る巨額の刺激策は基本的に起こらないのに対して、戦争や軍拡競争ではそれがあるからだ。

The other is that domestic spending tends to be endogenous, responding to events in the economy, so that cause and effect get blurred – spending on unemployment insurance generally soars during recessions, but the causation runs from recession to spending and not the other way around.
もう一つ、国内的支出は内生的に経済の出来事に反応する傾向があるので、原因と結果はぼやけてしまう―失業保険への支出は一般的に景気後退期に急上昇するが、因果関係は景気後退から支出に向かっているのであり、逆ではない。

And the evidence clearly shows that weaponized Keynesianism works – which means that Keynesianism in general works.
そして、証拠は、明らかに、武装ケインズ主義は機能することを示している――そのことは一般的にケインズ主義が機能することを意味する。

So why do politicians and their hired economic propagandists say differently? On reflection, I think it’s a bit more complicated than I suggested in my previous post on this topic, because there’s a strong element of cynicism as well as genuine intellectual confusion.
それなら、なぜ政治家や御用エコノミストは違うことを言うのか? よく考えてみると、この話題に関して以前のポストで提示したよりも、それはもう少し複雑だと思う。なぜなら、真性の知的混乱と同様に皮肉主義の強い要素が存在するからだ。

What kind of cynicism am I talking about? First, there’s the general fear on the part of conservatives that if you admit that the government can do anything useful other than fighting wars, you open the door to do-gooding in general; that explains why conservatives have always seen Keynesianism as a dangerous leftist doctrine even though that makes no sense in terms of the theory’s actual content. On top of that there’s the Kalecki point that admitting that the government can create jobs undermines demands that policies be framed to cater to all-important business confidence.
僕の言う皮肉主義とはどういったものか? まず、保守派の一部には、もし戦争をすることのほかに、政府が何か有益なことができると認めてしまえば、全般的に政府がそういった行動をすることができるというドアを開いてしまうという普遍的な恐れが存在する;それは、なぜ常に保守派はケインズ主義を、その理論の実際の中身からすれば意味がないのに、危険な左派の教説として見なすのかを説明する。その頂点に、政府が雇用を創出できると認めることは、政策は最も重要なビジネスへの信頼を提供するよう構成されるべきという要求を傷つけることになるというカレッキ・ポイントがある。

That said, there’s also the Keynes/coalmines point: there’s a strong tendency to take any spending that looks like a business proposition – building bridges or tunnels, supporting solar energy or mass transit – and demanding that it appear to be a sound investment in terms of its financial return. This makes most such spending look bad, since almost by definition a depressed economy is one in which businesses aren’t seeing good reasons to invest. Defense gets exempted because nobody expects bombs to be a good business proposition.
とは言え、ケインズ/炭鉱・ポイントもまた存在する:あらゆる商売上の提案に似た支出――橋やトンネルの建設、太陽エネルギーや大量輸送機関への援助――や、商業的採算の面で健全な投資に見えるものに対する要求は受け入れられる強い傾向がある。このことは、定義により経済が落ち込んでいる時には投資をする良い理由があるように見えないので、そのような支出のほとんどを悪く見せてしまう。防衛は免除される、なぜなら、誰も爆弾を商業的にいい提案だと思わないから。

The moral here should be that spending to promote employment in a depressed economy should not be viewed as something that has to generate a good financial return; in effect, most of the resources being used are in reality free.
ここでの教訓とは、経済が落ち込んでいる時に雇用を促進するための支出は、商業的に収益を生み出すようなものとして見なされるべきではないということだ。結果的には、そこで使用されるリソースのほとんどは現実問題としてタダなんだから。

I wonder if we’ll ever have a political system mature enough to understand this.
我々がこのことを理解できるほどの政治システムをもてればいいのだが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。