スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Plutocrats and Printing Presses/April 20, 2012, 9:36 AM

Plutocrats and Printing Presses 金持ちと輪転機

These past few years have been lean times in many respects ― but they’ve been boom years for agonizingly dumb, pound-your-head-on-the-table economic fallacies. The latest fad ― illustrated by this piece in today’s WSJ ― is that expansionary monetary policy is a giveaway to banks and plutocrats generally. Indeed, that WSJ screed actually claims that the whole 1 versus 99 thing should really be about reining in or maybe abolishing the Fed. And unfortunately, some good people, like Daron Agemoglu and Simon Johnson, have bought into at least some version of this story.
ここ数年は多くの点で不毛の時代になっている――だが、耐え切れないほど愚かで、テーブルに頭をぶつけてしまいそうになるでたらめな経済理論はブームに沸いている。最近の流行は――今日のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のこの記事が典型的だが――拡張的な金融政策が広く銀行や金持ちへのプレゼントになっているというものだ。実際、WSJの長たらしい記事が主張しているのは、1対99のことを言うのならFRBを制御するか、もしくは廃止するべきだということだ。そして、不幸なことにダロン・アセモグルとサイモン・ジョンソンのようなすばらしい人の中にも、少なくともこのお話の一バージョンを受け入れている人がいる。

What’s wrong with the idea that running the printing presses is a giveaway to plutocrats? Let me count the ways.
輪転機を回すことが金持ちへのプレゼントになっているという考えの何が間違ってるのか? いくつ間違ってるのか挙げてみよう。

First, as Joe Wiesenthal and Mike Konczal both point out, the actual politics is utterly the reverse of what’s being claimed. Quantitative easing isn’t being imposed on an unwitting populace by financiers and rentiers; it’s being undertaken, to the extent that it is, over howls of protest from the financial industry. I mean, where are the editorials in the WSJ demanding that the Fed raise its inflation target?
最初に、ジョー・ワイゼンタールとマイク・コンツァルが共に指摘しているように、実際の政治はそこで主張されているものと正反対だ。量的緩和は資本家や利子生活者によって無自覚な大衆に押し付けられたものではない。それは、ある程度まで、金融産業からの抗議の怒号の声に逆らって実行されたものだ。えーっと、WSJの社説欄のどこでFRBにインフレ目標値を引き上げるように要求してるのかな?

Beyond that, let’s talk about the economics.
それはともかく、経済学の話に移ろう。

The naive (or deliberately misleading) version of Fed policy is the claim that Ben Bernanke is “giving money” to the banks. What it actually does, of course, is buy stuff, usually short-term government debt but nowadays sometimes other stuff. It’s not a gift.
FRBの政策に関する単純な(あるいは、わざと誤解を誘う)解釈では、ベン・バーナンキが銀行に「お金をあげている」ということになっている。もちろん、実際にFRBがしているのはなんからかのもの、近頃は別のものもあるが普通は短期国債を買うことだ。それは贈り物じゃない。

To claim that it’s effectively a gift you have to claim that the prices the Fed is paying are artificially high, or equivalently that interest rates are being pushed artificially low. And you do in fact see assertions to that effect all the time. But if you think about it for even a minute, that claim is truly bizarre.
それが実質的なプレゼントだと主張するためには、FRBの支払う価格が人為的に高いか、同じように、その利子率が人為的に押し下げられていると主張する必要がある。実際、そのような結果になっているとする主張を絶えず目にしているはずだ。でも、数分考えれば、そのような主張はまったく奇妙なものだと分かる。

I mean, what is the un-artificial, or if you prefer, “natural” rate of interest? As it turns out, there is actually a standard definition of the natural rate of interest, coming from Wicksell, and it’s basically defined on a PPE basis (that’s for proof of the pudding is in the eating). Roughly, the natural rate of interest is the rate that would lead to stable inflation at more or less full employment.
いったい、非人為的とか、お好みなら「自然な」利子率とかって何なのか? 結論から言うと、ヴィクセル以来、自然利子率には標準的な定義があって、それは基本的に理論よりも実態によって(プリンは食べてこそ証明できるものってこと)定義されている。大まかに言えば、自然利子率とはほぼ完全雇用の状態でインフレが安定的になる利子率のことだ。

And we have low inflation with high unemployment, strongly suggesting that the natural rate of interest is below current levels, and that the key problem is the zero lower bound which keeps us from getting there. Under these circumstances, expansionary Fed policy isn’t some kind of giveway to the banks, it’s just an effort to give the economy what it needs.
そして、現在のアメリカが高失業で低インフレであることから、自然利子率は現行の水準よりも低いところにあり、キーになる問題は抜け出すことができないゼロ下限だということが強く示唆される。現在の状況の下では、拡張的なFRBの政策は銀行へのプレゼントといったものではなく、経済が必要としているものを与えるための取り組みそのものである。

Furthermore, Fed efforts to do this probably tend on average to hurt, not help, bankers. Banks are largely in the business of borrowing short and lending long; anything that compresses the spread between short rates and long rates is likely to be bad for their profits. And the things the Fed is trying to do are in fact largely about compressing that spread, either by persuading investors that it will keep short rates at zero for a longer time or by going out and buying long-term assets. These are actions you would expect to make bankers angry, not happy ― and that’s what has actually happened.
さらに言えば、FRBが行っているこのような取り組みは、平均的には、銀行を助けるものではなく、傷つけるものとなる。銀行は主に短期で借りて、長期で貸すのが商売である。つまり、短期金利と長期金利のスプレッドを圧縮するものは全て彼らの利益にとって悪いものになりがちだ。そして、FRBがやろうとしていることは、投資家にゼロ短期金利の長期化を確信させるものであったり、長期資産を買い取ったりすることによってそのスプレッドを圧縮することになる。こういった行動は銀行を怒らせるものであって、幸せにするものではないと予想してしかるべきもの――そして実際にそうなってる――である。

Finally, how is expansionary monetary policy supposed to hurt the 99 percent? Think of all the people living on fixed incomes, we’re told. But who are these people? I know the picture: retirees living on the interest on their bank account and their fixed pension check ― and there are no doubt some people fitting that description. But there aren’t many of them.
最後に、どうやったら拡張的金融政策が99%の人々を傷つけることになるのか? 言われているような、固定所得を糧としている人々のことを考えてほしい。そういった人ってどんな人? 僕はその絵が思い浮かぶ:銀行口座からの利子率と固定的な年金給付で暮らしてる定年退職した人――間違いなくこの描写とピッタリ合う人は存在する。でも、そういった人の数は多くない。

The typical retired American these days relies largely on Social Security ― which is indexed against inflation. He or she may get some interest income from bank deposits, but not much: ordinary Americans have fewer financial assets than the elite can easily imagine.And as for pensions: yes, some people have defined-benefit pension plans that aren’t indexed for inflation. But that’s a dwindling minority ― and the effect of, say, 1 or 2 percent higher inflation isn’t going to be enormous even for this minority.
近年では、典型的なアメリカの定年退職した人は主に社会保障――それはインフレに連動している――に依存している。彼らにも銀行口座からの利子所得があるかもしれない。でも、それは大した額ではない:平凡なアメリカ人は、エリートが軽く考えるのとは違い、ほとんど金融資産を持ってない。年金についてはどうか:たしかに、インフレとは連動していない確定年金保証制度に入ってる人もいる。でも、それは先細りの少数派である――そして、もう1、2%高いインフレはこれら少数派の人々にさえ重大な影響を与えるものではない。

No, the real victims of expansionary monetary policies are the very people who the current mythology says are pushing these policies. And that, I guess, explains why we’re hearing the opposite. It’s George Orwell’s world, and we’re just living in it.
いやいや、拡張的な金融政策による真の犠牲者は、まさに現代の神話の中でこの政策を推進しているとされてるやつらってわけだ。そのことが、なぜそれに対する反対論を聞かされ続けているかの理由を物語っている。ジョージ・オーウェル的な世界、それこそが僕らの生きている世界なんだ。


後書き:拡張的金融政策は金持ちに損失を与えるからこそ、金持ちに利益を与えていると言い立ててそれに反対する。本当にオーウェル的だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。