スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Monetary Mandate Mischief/April 7, 2012, 4:47 PM

Monetary Mandate Mischief 有害な金融の責務

One of the remarkable things about the ongoing economic crisis is the way so many people have responded to events by adopting doctrines that would magnify our problems. The woes of Spain and Ireland demonstrate that balanced budgets and low debt in good times offer no protection against crisis, so European leaders make tougher fiscal rules the core of their agenda. The broader euro crisis demonstrates the downside of fixed exchange rates and inflexible monetary policy, so the right doubles down on the gold standard. The financial meltdown demonstrates the need for effective bank regulation; the right demands even less government intervention.
現在進行中の経済危機の中で驚かさせることの一つは、非常に多くの人が我々の問題を増大させる政策を採用することで出来事に対応しようとしていることだ。スペインやアイルランドの苦しみは、順調な時代における均衡予算や低債務が危機に対しての防御策にはならないことを示しているのに、ヨーロッパのリーダーたちはより頑なな財政ルールをそのアジェンダの核にしている。広範なユーロ危機は固定為替レートや柔軟性のない金融政策のマイナス面を示しているのに、右派は金本位制へさらに賭けようとしている。金融的メルトダウンは効果的な銀行規制が必要であることを示しているのに、右派はさらに政府介入を減らすよう要求している。

And now, reading Luigi Zingales, I see a new one: just as experience is demonstrating that price stability is not enough, that central banks really need broader targets, there’s a push on to declare that the Fed should do price stability only.
そして、今、ルイジ・ジンガレスを読んでいて、その最新のやつを見つけた:今まさに経験から、物価の安定だけでは十分ではなく、中央銀行にはより幅広い目標が必要であることが明らかになりつつあるのに、FRBは物価の安定だけを目標にすることを宣言せよという圧力が存在する。

Why is this precisely the wrong time for such a push? Because the evidence is in: downward nominal rigidity is very much a reality.
なぜ今そういう圧力にとってまずい時期と言えるのか? 証拠が示している:賃金の下方硬直性は真実そのものだ。

I wrote about this recently, pointing to new work from the San Francisco Fed. This work shows a large clustering of wage changes at precisely zero:
僕はこのことを最近書いたが、そこでサン・フランシスコ連邦銀行の最新の研究を紹介した。その研究は、賃金変化率ゼロのところで大きな塊りがあることを示している:

040312krugman1-blog480.jpg

And it also shows a sharp rise in the size of that cluster:
そして、その塊りのサイズは急速に拡大していることも示している:

040312krugman2-blog480.jpg

And we know what these observations imply. Quite a while back, Akerlof, Dickens and Perry (pdf) pointed out that if nominal wages are sticky downward, there is a real tradeoff, even in the long run, between inflation and unemployment; a low but positive inflation rate is consistent with a persistently depressed economy. Yet a central bank with a single mandate would be all too likely to point to the stability of prices and declare its work done.
そして、これらの観察結果が意味することは自明だ。かなり昔、アカロフ=ディケンズ=ペリー論文(pdf)は、名目賃金が下方硬直的であるなら、長期的ですら、インフレと失業率の間に実質的なトレードオフが存在することを示した。低くはあるが正のインフレ率は永続的な不景気と矛盾しない。そうであっても、責務が一つ(a single mandate)の中央銀行は物価が安定していることを言い立てて、その役目が果たされたと宣言するというのはいかにもありそうなことだ。

Add to this the likelihood that we need some inflation ― and more than 2 percent ― to avoid persistent liquidity traps, and you can see that a single mandate could well have disastrous effects.
これに加えて、永続的な流動性の罠を避けるためには、我々は多少のインフレ――2%以上のインフレも――を必要としている可能性があることも考えると、一つの責務が破壊的な影響を与える可能性があることも理解できる。

The truth is that the Fed’s dual mandate is a saving grace of our current situation ― and would be more of a saving grace if the Fed took the employment side of that mandate seriously. Zingales (and others making similar proposals) are preaching precisely the wrong idea for the economy we have.
本当のところ、FRBの二重の責務(dual mandate)は我らが現状の唯一の救いである――FRBがその責務の雇用側をもっと真剣に受け取るならもっと救いになる。ジンガレス(他の同じような提案をしている人も)は、我々の経済にとって大間違いの考えを伝道している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。