スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Debt Is (Mostly) Money We Owe to Ourselves/December 28, 2011, 9:47 AM

Debt Is (Mostly) Money We Owe to Ourselves 債務の(ほとんど)は我々が自身に負っているお金だ

I want to expand a bit on something Dean Baker said yesterday:
ディーン・ベーカーが昨日言ったことをちょっと拡張したい:

As a country we cannot impose huge debt burdens on our children. It is impossible, at least if we are referring to government debt. The reason is simple: at one point we will all be dead. That means that the ownership of our debt will be passed on to our children. If we have some huge thousand trillion dollar debt that is owed to our children, then how have we imposed a burden on them? There is a distributional issue ― Bill Gates’ children may own all the debt ― but that is within generations, not between generations. As a group, our children’s well-being will be determined by the productivity of the economy (which Brooks complained about earlier), the state of the physical and social infrastructure and the environment.
一つの国として、我々は我々の子供たちに巨額の債務負担を負わせることはできない。少なくとも政府の借金について言及しているのであれば、それは不可能だ。その理由は単純:ある時点で、我々はみんな死ぬんだから。それは、我々の債務の所有権は我々の子供たちに移るということだ。もし我々に数千兆円もの莫大な借金があるなら、我々の子供たちがそれを負うことになるのだから、我々は子供たちに負担を押し付けてるんじゃないの? 分配の問題は存在する――ビル・ゲイツの子供たちは彼の全ての債務を負うかもしれない――だが、それは世代内の問題であって、世代間の問題ではない。一つのグループとして、我々の子供たちの幸福は経済の生産性(ブルックスが早くから文句を言っていること)、物理的、社会的インフラや環境の状態によって決定される。

One can make the point that much of the debt is owned by foreigners, but this is a result of our trade deficit, which is in turn caused by the over-valued dollar.
債務の多くが外国人によって所有されていると主張することは可能だが、それは貿易赤字の結果であって、過大評価されたドルによって引き起こされたものである。


I think it’s worth looking at some numbers here.
ここでいくつかの数字を見ておくことが役に立つと思う。

Below are two series, both expressed as percentages of GDP: total domestic nonfinancial debt (public plus private), and U.S. net foreign debt, as measured by the negative of the net international investment position:
下記の二つの数値は、どちらもGDPに対するパーセンテージを示している:全体としての国内非金融部門債務(公的なものと民間のもの)とアメリカの純対外債務、こちらは対外資産負債残高の符号を変えたもの:

122811krugman2-blog480.jpg

What you can see here is that there has been a big rise in debt, with a much smaller move into net debtor status for America as a whole; for the most part, the extra debt is money we owe to ourselves.
これで分かるのは、債務が急激に増えているということであって、全体としてアメリカの純債務国の地位にはわずかな変化しかない。つまり、増えた債務の大部分は我々が自身に負っているお金だ。

And here are the same numbers, measured as changes from 1980, so that you can see that the great bulk of the rise in debt was not financed by foreign borrowing.
そして、今度は同じ数字を1980年からの変化で見てみれば、債務上昇の大部分は外国人によってファイナンスされたものではないことが分かるはずだ。

122811krugman3-blog480.jpg

People think of debt’s role in the economy as if it were the same as what debt means for an individual: there’s a lot of money you have to pay to someone else. But that’s all wrong; the debt we create is basically money we owe to ourselves, and the burden it imposes does not involve a real transfer of resources.
人々は経済における債務の役割を個人にとって債務が意味しているものと同じだと考える:誰か他の人に返済しないといけないお金がたくさんあると。我々の作り出した債務は基本的に我々が自身に負っているものであり、そのことによる負担にはリソースの実質的な移転は含まれない。

That’s not to say that high debt can’t cause problems ― it certainly can. But these are problems of distribution and incentives, not the burden of debt as is commonly understood. And as Dean says, talking about leaving a burden to our children is especially nonsensical; what we are leaving behind is promises that some of our children will pay money to other children, which is a very different kettle of fish.
高債務が問題の原因にならないと言うことじゃない――それは確かになりうる。だが、それは分配とインセンティブの問題であって、債務の負担という言葉で一般に理解されているようなことではない。そしてディーンが言うように、債務を子供たちに残していると語るのは決定的に意味がない。我々が残しているのは、我々の子供たちのいくらかが他の子供たちに将来お金を払うという約束であって、それはまったく別の問題だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。