スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Note On The Ricardian Equivalence Argument Against Stimulus (Slightly Wonkish)/December 26, 2011, 1:30 PM

A Note On The Ricardian Equivalence Argument Against Stimulus (Slightly Wonkish) リカードの等価原理対景気刺激策論争に関する論考(ちょっとオタク風)

There have been a lot of shockingly bad performances among macroeconomists in this crisis; but if I had to pick the one that is most startling, it is the way freshwater economists have demonstrated that they don’t understand one of their own doctrines, that of Ricardian equivalence.
この危機に直面してマクロ経済学者は驚くほど酷いパフォーマンスを数多く残してきた。でも、その中で最も驚くべきものを一つ挙げるなら、淡水学派の経済学者が彼ら自身の学説の一つを理解しないまま論証に使っていたことであり、それがリカードの等価原理だ。

Ricardian equivalence says that what determines consumption is the lifetime present value of after-tax income, and hence that, say, a temporary tax cut won’t stimulate spending, because people will figure that whatever they gain now will be offset by higher taxes later. It is a dubious doctrine even done right; many people are liquidity constrained, and very few people have the knowledge or inclination to estimate the impact of current government budgets on their lifetime tax liability.
リカードの等価原理に従えば、消費を決定するものは生涯の税引き後所得であり、それゆえ、例えば一時的な減税は支出を拡大することはない。なぜなら、今の時点で獲得するものは将来高い税金を払うことで相殺されると人々は考えるからだ。これは正しく理解したとしても疑わしい学説ではある。多くの人は流動性制約にあり、現在の政府予算が将来の税負担に与えるインパクトを評価する知識や意図を持っている人はほとんどいない。

But even if you assume that the doctrine is right, it does NOT imply that government spending on, say, infrastructure will be met by offsetting declines in private spending. In other words, Robert Lucas was betraying a complete misunderstanding of his own doctrine when he said this:
でも、たとえその学説が正しいと仮定しても、それは、例えばインフラへの政府支出は民間支出の減少によって完全に相殺されるということを意味しない。言い換えると、ロバート・ルーカスは次のようなことを言う時に、彼自身の学説を完全に誤解していることを露にしてしまっている:

If the government builds a bridge, and then the Fed prints up some money to pay the bridge builders, that’s just a monetary policy. We don’t need the bridge to do that. We can print up the same amount of money and buy anything with it. So, the only part of the stimulus package that’s stimulating is the monetary part.
もし政府が橋を作る時に、FRBが橋を建設する業者への支払いのためにお金を刷れば、それは単なる金融政策だ。我々はそれをするために橋を必要としない。我々は同じだけお金を刷って、それで何でも買えばいい。だから、景気刺激策のパッケージの中で景気を刺激させる唯一の部分は金融政策にかかる部分だ。



But, if we do build the bridge by taking tax money away from somebody else, and using that to pay the bridge builder ― the guys who work on the bridge ― then it’s just a wash. It has no first-starter effect. There’s no reason to expect any stimulation. And, in some sense, there’s nothing to apply a multiplier to. (Laughs.) You apply a multiplier to the bridge builders, then you’ve got to apply the same multiplier with a minus sign to the people you taxed to build the bridge. And then taxing them later isn’t going to help, we know that.
でも、もし我々が誰かから税金によりお金を取り上げて橋を作り、橋の建設業者―その橋を作るために働いている人―への支払いのためにそれを使ってしまえば、差し引きゼロになる。当初の効果はなくなってしまう。何らかの刺激効果があると考える理由はどこにもない。ある意味、乗数効果を適用する対象は存在しない(笑)。橋を建設する業者へ乗数効果を適用するなら、橋を作るために税金を課される人にもマイナス符号で乗数効果を適用しないといけない。そして課税を先延ばしにしても助けにはならないことを我々は知っている。


This remark was followed, by the way, by a smear against Christy Romer:
ところで、この発言の後、クリスティ・ローマーに対する中傷が続く:

Christina Romer ― here’s what I think happened. It’s her first day on the job and somebody says, you’ve got to come up with a solution to this ― in defense of this fiscal stimulus, which no one told her what it was going to be, and have it by Monday morning.
クリスティー・ローマー―次のようなことがあったんだと私は思っている。彼女が始めて職場に来た日に、誰かから、このことの解決策を考え出してくれと言われる―誰もその内容がどんなものになるか伝えていないのに、次の月曜日までに財政刺激策を擁護するための報告書を提出しないといけない。

So she scrambled and came up with these multipliers and now they’re kind of ― I don’t know. So I don’t think anyone really believes. These models have never been discussed or debated in a way that that say ― Ellen McGrattan was talking about the way economists use models this morning. These are kind of schlock economics.
彼女は乗数効果やらをかき集めて提出したが、それらはなんというか―私には理解できないものだ。誰も本気でそれを信じる人がいるとは思えない。あの人が言うようなやり方で、この種のモデルが議論されたり、討議されたりすることはない―Ellen McGrattanは今朝経済学者がモデルを扱う際の方法について話をしていた。こういうのは低俗な経済学というものだ。

Maybe there is some multiplier out there that we could measure well but that’s not what that paper does. I think it’s a very naked rationalization for policies that were already, you know, decided on for other reasons.
たぶん、我々が測定できるような乗数効果というのも存在するんだろうが、それはあの報告書のようなものではない。それは別の理由で既に決定されていた政策へのあからさまな合理化だと私は考えている。


I’ve tried to explain why Lucas and those with similar views are all wrong several times, for example here. But it just occurred to me that there may be an even more intuitive way to see just how wrong this is: think about what happens when a family buys a house with a 30-year mortgage.
僕は、ルーカスや似た見解を持つ人々が完全に間違っていることを度々説明してきた。一例を挙げればこれ。でも、彼らの見解がどう間違っているのかもっと直感的に分かるかもしれない方法を最近思いついた:ある家族が30年ローンで家を買ったと考えてほしい。

Suppose that the family takes out a $100,000 home loan (I know, it’s hard to find houses that cheap, but I just want a round number). If the house is newly built, that’s $100,000 of spending that takes place in the economy. But the family has also taken on debt, and will presumably spend less because it knows that it has to pay off that debt.
その家族が10万ドルの住宅ローンを組んだとしよう(そんな安い家を見つけるのが難しいことは分かってるが、キリのいい数字がほしかったんだ)。その家が新築なら、経済には10万ドル分の新たな支出が生み出される。でも、その家族は借金も負うことになるから、その借金を返済するため、支出は減ることになるだろう。

But the debt won’t be paid off all at once ― and there’s no reason to expect the family to cut its spending right now by $100,000. Its annual mortgage payment will be something like $6,000, so maybe you would expect a fall in spending by $6000; that offsets only a small fraction of the debt-financed purchase.
だが、その借金をすぐに全額返す必要はない―そして、その家族が今すぐに10万ドル分減らすと考える理由はどこにもない。1年の返済額は6000ドルくらいになるだろうから、6000ドルくらい支出が減ると考えるはずだ。だから、借金でまかなわれた買い物のわずかな部分だけが相殺されることになる。

Now notice that this family is very much like the representative household in a Ricardian equivalence economy, reacting to a deficit financed infrastructure project like Lucas’s bridge; in this case the household really does know that today’s spending will reduce its future disposable income. And even so, its reaction involves very little offset to the initial spending.
今、この家族が、リカードの等価原理的な経済において、ルーカスの橋のような財政赤字でまかなわれたインフラ計画へ対応しようとしている代表的家計とほぼ同じ立場にいることに気づいてほしい。この場合、この家計は今日の支出が将来の可処分所得を引き下げることを完全に理解している。そして、そうであったとしても、その反作用は当初の支出をほとんど相殺しないことになる。

How could anyone who thought about this for even a minute ― let alone someone with an economics training ― get this wrong? And yet as far as I can tell almost everyone on the freshwater side of this divide did get it wrong, and has yet to acknowledge the error.
数分間ですらこのことを考えた人の中で―経済学の訓練をつんだ人は言うまでもなく―今の話を理解できないやつがいると思う? 僕の知る限り、この分水嶺の淡水学派側にいるほぼ全ての人が理解していないし、未だこの間違いに気づいていない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。