スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Our Blogs, Ourselves/October 18, 2011, 10:37 AM

Our Blogs, Ourselves 我々のブログ、我々自身のこと

Ryan Avent and I have been corresponding about the role of the economics blogosphere, for the Christmas issue of The Economist. I don’t know what parts of our conversation will actually show up there, but having assembled my thoughts I might as well put some of them up here.
ライアン・アベントと僕はエコノミスト誌のクリスマス記事用に、経済学ブログ界の役割についてメールでやりとりしている。僕は我々の会話のどの部分が実際に使われるのか分からないけど、僕の考えを整理するために、ここでその内のいくらかを紹介したほうがいいだろう。

The concern, or maybe just issue, is whether the rise of econoblogs is undermining the gatekeepers, whether any old Joe can now weigh in on economic debate, whereas in the good old days you had to publish in the journals, which meant getting through the refereeing process.
心配というより、おそらく問題になるのは、経済ブログの勃興はこの業界の門番を傷つけるのか、そこらの人が現在の経済的な議論を推し量れるのかということであり、古きよき時代には学術誌に載せなければならず、それは査読というプロセスを通過することを意味していた。

My take is that the system never worked like that ― or at least not in my professional lifetime. And when you consider how economic discussion actually used to work, you see the blogs in a different and more favorable light.
まず、政策志向の研究は、我々が想像したがるような査読つき学術誌を中心として行われたものでは決してない。多くの議論は常にFRBやIMFのワーキングペーパー経由で行われるものであり、あるいは投資銀行の調査部門の報告書を経由することさえあった。たとえば、集計量の目標を通じたFRBの政策への毀誉褒貶はJPEやQJEのページで繰り広げられた議論ではない。

Second, even for more academic research, the journals ceased being a means of communication a long time ago – more than 20 years ago for sure. New research would be unveiled in seminars, circulated as NBER Working Papers, long before anything showed up in a journal. Whole literatures could flourish, mature, and grow decadent before the first article got properly published – this happened to me with target zones back in the late 1980s, where my original 1988 working paper had spawned a large derivative literature by the time it actually got published. The journals have long served as tombstones, certifications for tenure committees, rather than a forum in which ideas get argued.
2つめに、もっとアカデミックな研究にとっても、学術誌はかなり前から―きっと20年以上前―コミュニケーションの手段でなくなっている。新しい研究はセミナーで発表されて、学術誌に発表されるよりずっと前に全米経済研究のワーキングペーパーを通して巡回する。その第一条が正式に出版されるより前に、全文章が繁栄し、成熟し、退廃してしまう―これは1980年代後期に目標相場圏に関して僕の身にも起きたことで、オリジナルの1988年のワーキングペーパーは実際に出版される前に多くの派生文章を生み出してしまった。学術誌はもう長くアイデアが論じられるフォーラムというより、墓石やテニュア委員会への証明書としての役割を果たすようになっている。

What the blogs have done, in a way, is open up that process. Twenty years ago it was possible and even normal to get research into circulation and have everyone talking about it without having gone through the refereeing process – but you had to be part of a certain circle, and basically had to have graduated from a prestigious department, to be part of that game. Now you can break in from anywhere; although there’s still at any given time a sort of magic circle that’s hard to get into, it’s less formal and less defined by where you sit or where you went to school.
ある意味でブログが行っているのはそのプロセスを開放することだ。20年前でも、研究を巡回させて、査読というプロセスを経ずにあらゆる人が議論に参加することはできたし、むしろ通常のことだった―だが、そのゲームに参加するには一定のサークルの一員にならないと駄目で、基本的には名のある学部を卒業している必要があった。今は、どこからでも参加することができる。今でも一時的には参加しがたい魔法サークルのようなものもあるが、それは一般的ではなくなってるし、どういう立場にあるのか、あるいはどこの学校を出たかで決定されることも少なくなってる。

Since there’s some kind of conservation principle here, the fact that it’s easier for people with less formal credentials to get heard means that people who have those credentials are less guaranteed of respectful treatment. So yes, we’ve seen some famous names run into firestorms of criticism ― *justified* criticism – even as some “nobodies” become players. That’s a good thing! Famous economists have been saying foolish things forever; now they get called on it.
今、ある種の保存則が存在するようになっているので、正式な資格をあまり持っていない人々が簡単に話を聴いてもらえるようになってきているという事実は、そういった資格を持っている人々が敬意を表した扱いを受ける保証が少なくなっていることを意味する。そう、我々は何人かの名高い人々が批判の嵐にされされるのを眼にするようになっている―*もっともな*批判―それと同時に、「取るに足らないやつ」がプレイヤーになることもある。それはいいことだ! 名高い経済学者がずっと愚かなことを言い続けている。今、彼らは非難を受けるようになった。

And this process has showed what things are really like. If some famous economists seem to be showing themselves intellectually naked, it’s not really a change in their wardrobe, it’s the fact that it’s easier than it used to be for little boys to get a word in.
そして、このプロセスは物事の本質を露にしてくれる。著名な経済学者は知的な裸だと知らせるようなものがあるのなら、それは彼らの洋服たんすに本当に変化があったということではなく、少年が言葉を発するのがかつてよりも簡単になっているという事実があるからだ。

As you can see, I think this is all positive. The econoblogosphere makes it a lot harder for economists to shout down other people by pulling rank ― although some of them still try ― but that’s a good thing.
お分かりだろうが、僕はこれを完全にポジティブなことだと思っている。経済ブログ界は経済学者が地位を笠にきて他の人々を黙らせる―今でもやってるやつはいる―ことをすごく難しくしている、でもそれはいいことだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。