スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wages and Employment, Yet Again/March 27, 2011, 5:08 pm

Wages and Employment, Yet Again もう一度賃金と雇用について

Oh, my. Even Matt Yglesias doesn’t quite get it.
ああマット・イグレシアスは全く理解してない。

Writing about Republican plans to raise employment by reducing it, he writes
雇用を減らすことによって増やすという共和党の政策について私は書いた、そして彼が書いたのが

America is just too big to adjust primarily through the currency channel. So one possible route is nominal deflation. You cut nominal public sector salaries, lay off public sector workers, and reduce nominal transfer payments (Security Security, SNAP, etc.). This ought to drive down wages in the private sector, too, and eventually everyone is making sufficiently little money that it makes sense to start hiring more people.


アメリカはあまりにも大きすぎるため主に通貨を使っての調整ではうまくいかない。そこで有り得る道筋のひとつとして名目的なデフレがある。名目的な公共部門の賃金をカットし、公務員を解雇して、名目的な移転支出(安全保障やSNAPなど)を減らす。このことは民間部門での賃金をも下げるだろうから、結局十分少ないマネーでより多くの人々が雇用されるようになることが分かる。


Then he turns, rightly, to the problem of nominally denominated debt. But look: even if we didn’t have that problem, there would be no reason to expect a general fall in wages to raise employment.
それから彼は、当然なことに名目的なデノミによる債務の問題に向かう。でもいいかい、たとえその問題がなかったとしても全般的な賃金の下落が雇用を増やす理由はない。

Why? Don’t demand curves usually slope downward? Yes, but that’s because when you cut the price of something, it normally gets cheaper relative to other things, leading people to redistribute their spending toward the cheaper good.
どうして? 需要曲線は常に右下がりじゃないの? それは違う、なぜなら何かの価格が下がる時、通常他の物と比較して安くなることによって、人々により安い物に対する支出へ予算を再分配させることにつながるのである

But when you cut the price of everything — which is more or less what happens when wages fall across the board — there’s nothing else to substitute away from.
しかしあらゆるものの価格が下がるなら―賃金が一斉に下がるなら多かれ少なかれそうなる―代替となるものは存在しない。

Yes, economics textbooks typically show a downward-sloping “aggregate demand curve”. But the reasons for that curve’s downward slope aren’t the same as for your ordinary demand curve. It’s a process that works like this: lower prices -> lower demand for money -> lower interest rates -> higher spending. And that process doesn’t operate when, as is currently the case, short-term interest rates (which are the ones that matter for money demand) are zero.
そう経済学の教科書には通常右下がりの「総需要曲線」が載っている。でもその曲線が右下がりになる理由は通常の需要曲線と同じ理由からではない。それはこんな風に作用する:物価が下がる→貨幣の需要が下がる→利子率が下がる→支出が増える。そのプロセスは現在の状況、短期金利(それが貨幣需要にとって問題となる)がゼロの時には作用しない。

Things are different for a country that shares a currency with other countries. Ireland can raise employment by cutting wages of Irish workers relative to German workers. But America, with its floating dollar, gains nothing — nothing at all — from overall wage cuts. All we get is a magnified real debt burden.
そのことは他の国と通貨を共有している国では異なる。アイルランドはギリシアの労働者と比較して賃金を下げれば雇用を増やすことができる。しかし変動貨幣であるドルを持つアメリカでは、全般的な賃金カットをしても得るものは何もない―全く何も。我々が得るのは、増大した実質債務の負担だけである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。