スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Microfoundation Thing (Wonkish)/March 2, 2012, 8:16 AM

The Microfoundation Thing (Wonkish) ミクロ的基礎のこと(オタク風)

Mark Thoma sends us to Simon Wren-Lewis on microfounded macro models (especially the DSGE models that have dominated the literature even on the Keynesian side) versus “ad hoc” models like IS-LM. Wren-Lewis is on my side, sort of; but I’d like to add a few points, in no particular order.
マーク・トーマが、ミクロ的基礎を持つモデル(特に、ケインジアン側の文献ですら大多数を占めるDSGEモデル)対IS-LMなどの「アド・ホックな」モデルに関するサイモン・レン-ルイスのブログのことを紹介してくれている。レン-ルイスは僕の味方みたいなもんだが、順不同で、何点か付け加えておきたい。

1. Even in microeconomics, we don’t insist on using models built up from maximizing behavior all the time. Exhibit A: supply and demand! I mean, we kind of know how something like the supply and demand curves can be derived from maximizing behavior, but it’s not all that easy, and nobody, nobody, insists that you do this derivation every time.
1. ミクロ経済学ですら、常に最大化行動から組み立てられたモデルを使うよう要求されるわけではない。証拠物件A:つまり需要と供給! 需要曲線や供給曲線のようなものがどのようにして最大化行動から導き出されるかある程度分かってはいるが、それほど容易なものではないし、誰も、誰一人として常にこのような導出を行えと主張する者はいない。

2. Relatedly, as a practical matter intellectual scratch-pads ― approximate version of what we really believe, but stripped down to be tractable ― are what one uses for applied economic analysis all the time.If I want to ask what the effects of some shock will be, it rarely makes sense to demand that the analysis always go all the way back to the intertemporal choices of optimizing agents.
2. 関連して、実際に、知的なスクラッチパッド―我々が信じている事柄を扱いやすくするため簡略化した大まかなバージョン―は応用経済分析において始終使われているものだ。あるショックの結果がどのようなものになるか知ろうとする時に、その分析を常に最適化エージェントによる異時点間選択へ帰着させることを求めても意味のある結果が出ることはほとんどない。

3. In the hard sciences, when dealing with complex systems people have often used higher-level, aggregative concepts that seem to work empirically long before they have a full derivation of effects from the underlying laws of physics. Read Air Apparent, a nifty book on the history of meteorology: meteorologists were using concepts like cold and warm fronts long before they had computational weather models, because those concepts seemed to make sense and to work. Why, then, do some economists think that concepts like the IS curve or the multiplier are illegitimate because they aren’t necessarily grounded in optimization from the ground up?
3. ハードサイエンスでは、複雑系に取り組むにあたって、まずは実証的にうまく機能しそうな上位レベルのざっくり集約する概念を使っておいて、それから長く経ってからようやく物理学の基底的な法則からもろもろの効果が完全に導き出されるようになる場合がよくある。気象学の歴史についてのすばらしい本『Air Apparent』を読んでほしい:気象学では、気象モデルができるまで長く、温暖前線や寒冷前線のような概念が使われてきたが、それはそういったモデルが道理にかなっていて、機能しているように思えたからだ。それなら、なぜ、IS-LMカーブや乗数のような概念が、必ずしも徹底的に最適化に基づかないからといって、認められないと考える経済学者がいるのだろうか?

4. And when making such comparisons between economics and physical science, there’s yet another point: what we call “microfoundations” are not like physical laws. Heck, they’re not even true. Maximizing consumers are just a metaphor, possibly useful in making sense of behavior, but possibly not. The metaphors we use for microfoundations have no claim to be regarded as representing a higher order of truth than the ad hoc aggregate metaphors we use in IS-LM or whatever; in fact, we have much more supportive evidence for Keynesian macro than we do for standard micro.
4. そして、そのような経済学の科学と物理学の科学を比較する時に、さらにもう一つのポイントがある:我々が「ミクロ的基礎」と呼んでいるものは物理法則のようなものではないということだ。一体全体、それらは真実ですらない。最大化する消費者はメタファーにすぎず、行動を理解する際に役に立つかもしれないが、役に立たないかもしれない。ミクロ的基礎として使われるメタファーが、IS-LMその他で使われるアドホックな集計的メタファーよりも高いレベルの真理を表しているとみなされる資格はない;実際には、標準的なマクロより、ケインジアン・マクロを支持する証拠の方がずっと多い。

5. A practical observation: the economists who get most bent out of shape at the notion that maybe we don’t always have to derive everything from optimizing individual agents also tend, with remarkable regularity, to be the economists who make simple, ludicrous conceptual errors when they discuss real-world macroeconomic issues. See many posts here and on Brad DeLong’s blog for examples. I don’t think this is an accident; it really helps your ability to think clearly to have those simplified, ad hoc models always in the back of your mind.
5. 実践的な観察として:常に最適化個人エージェントから全てを導出しようとするべきではないという観念にもっとも腹を立てる経済学者ほど、現実世界のマクロ経済学上の問題を議論するときに、単純でばかげた概念的間違いをする経済学者であるという驚くべき法則性がある。当ブログやブラッド・デロングのブログでその多くの実例を見てほしい。僕はこれが偶然とは思わない。心の奥に常に単純でアド・ホックなモデルを持っていることは、本当に明確に考える能力の助けとなる。

So I’m fine with moving back and forth between models microfounded and not; I don’t see any reason to believe that only the microfounded ones are worthy of consideration.
だから、僕はミクロ的基礎のあるモデルとそうじゃないモデルの間を行ったり来たりしても気にしない;僕の見るところ、ミクロ的基礎のあるモデルのみが考慮する価値があると信じる理由はどこにもない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。