スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nobel Lies/October 17, 2011, 8:38 AM

Nobel Lies ノーベル賞の嘘

The right was quick to claim this year’s economics Nobel as an anti-Keynesian prize. Chris Sims sets the record straight:
右派が今年のノーベル経済学賞を反ケインズ主義への賞と主張するのは早すぎた。クリス・シムズが誤解を解いている:

Professor Sims doesn’t want to be pigeonholed. “I’m not ‘non-Keynesian,’ ” he said, adding that he has been an active “promoter of new Keynesian macroeconomic models,” because they “are the place in our profession where theory and data and policy decision-making are coming together.”
シムズ教授は分類分けされるのを好まない。「私は非ケインジアンではない」と彼は言う、そして積極的な「ニュー・ケインズ主義マクロ経済学モデルの推進者」であると付け加えた。なぜなら、それこそが「その専門分野において理論とデータと政策決定が一致している場所である」からだという。

“It doesn’t really make much sense to stand on the sidelines and take potshots at them,” he said. “If you don’t like the way they’re working, you should try to do better.”
「様子見をしたり、盲撃ちしたりするのは実際大した意味がない」、と彼は言う。「もしそのやり方が好きじゃないんだったら、もっとましなことを試してみるべきだ」

He and Professor Sargent have been “trying to do empirical macroeconomics using formal tools of statistics,” he said. “Those tools aren’t in themselves ideological.”
彼とサージェント教授は正式の統計学のツールを使った実証マクロ経済学を追求してきた。「そういったツールは、それ自体が観念的なものというわけではない」と彼は言う。

Professor Sims spoke favorably of the Obama administration’s fiscal stimulus programs, which are Keynesian in their countercyclical spending. “An expansionary fiscal policy is probably what we need right now,” he said.
シムズ教授はオバマ政権の財政刺激計画を好意的に論じた、それは景気を均すための支出というケインズ的なものだ。「拡張的な財政政策はおそらく我々が今必要としているものでしょう」、と彼は言う。


Let me also add a bit of meta here. What does an economics Nobel mean? What does it do? Not what some people seem to think.
ここで少しメタ的なことについて僕に付け足させてほしい。ノーベル経済学賞に何の意味があるのか? いくらかの人が思っているようなものではない。

Anyone who imagines that the Nobel can tip the balance between rival schools of thought in macroeconomics or anything else is just being silly. The committee that chooses each year’s Nobel is just a committee ― smart, well-informed, and scrupulous, but not gifted with godlike powers of discernment not granted to mortal men.
ノーベル賞がマクロ経済学上の思想における対立する学派間のバランスやその他のことを動かすことができると想像している人はみんな愚かだ。毎年のノーベル賞を選考している委員はまさに委員でしかない―頭が良くて、物知りで、注意深い人々だが、死すべき運命にある人間には許されない神のごとく洞察力を授けられてるわけじゃない。

So why does the prize matter? Mainly, I’d say, because it gives visibility. And the main way the Nobel can alter the debate is by highlighting work that wasn’t getting as much attention it arguably should. Something like, say, Herbert Simon’s Nobel can raise the profile of a line of work in ways that affect both public debate and actual research.
それならその賞はなぜ重要なのか? 僕に言わせりゃ、大部分はそれが可視性を与えてくれるからだ。ノーベル賞が議論を変えることができるのは、主に、間違いなくもっと注目を集めるべきであるのにそうなっていない研究に光を与えることを通してのことだ。たとえば、ハーバート・サイモンへのノーベル賞は公共の議論と実際の研究の双方に影響を与え、その線に沿った研究のプロフィールを高めることができた。

In my own case ― hey, we can’t avoid that subject ― I think there were two things. One was that the trade and geography under increasing returns project that a number of us had advanced over the previous several decades was not as widely known even within economics as you might have expected; the field can be surprisingly fragmented. The other was that a lot of people who knew me only as a Times columnist were informed for the first time that I had this other side. The point, however, is that the verdict wasn’t what mattered; it was the increased visibility.
僕自身の場合には―まー、その話題は避けられない―2つのことがあったと思う。一つが、僕を含む多くの人が数十年前に先鞭を付けた、収穫逓増の元での貿易と地理学は、あなたが想像するよりも経済学内部において広く知られていなかった。その分野は驚くほど細分化することが可能だ。もう一つが、僕のことをニューヨーク・タイムズのコラムニストとしてしか知らなかったたくさんの人々が、僕のもう一つの側面を始めて知ったことだ。しかし、重要なのは、その評決に意味があるのではなく、それが可視性を高めてくれることだ。

So the Sims/Sargent prize isn’t a vindication of anyone or any particular point of view; it’s basically a signal saying, hey, if you haven’t been aware of this important line of work, now is a good time to read up on it.
だから、シムズ/サージェントの受賞は誰か、あるいはなんらかの特定の視点を証明するものではない。それは、基本的には、たとえば、あなたが気づいていない重要な線の研究があって、今それを読み返してみるいい機会であると告げるシグナルである。

Oh, and in case I haven’t made this clear, hearty congratulations again to both men.
おっと、そこのところが不明瞭になるといけないから、ここでもう一度、ご両人心からおめでとう。


後書き:去年、シムズとサージェントがノーベル賞を取ったときのポスト。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。