スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hungary, Misunderstood?/January 21, 2012, 5:25 PM

Hungary, Misunderstood? ハンガリーは誤解されてるのか?

My Princeton colleague Kim Lane Scheppele has another post about Hungarian affairs, below the fold. Incidentally, she’s going to Budapest this coming week; she’ll be giving some public lectures and meeting with a number of people. Wish her luck.
僕のプリンストンの同僚Kim Lane Scheppeleがハンガリー問題についての新たなポストをしてくれた。この下にある。ところで、彼女は今週ブダペストに行く;公開講座を行いたくさんの人々と会合を持つことになっている。彼女に幸運があらんことを。

Here’s her latest:
ここから彼女の最新の記事:

Hungary, Misunderstood?
Kim Lane Scheppele

On Tuesday, January 17, the European Commission launched an urgent “infringement procedure” against Hungary for violating EU treaties with its new laws. On Wednesday, January 18, Viktor Orbán dramatically appeared before the European Parliament to defend his country’s new constitutional order.
1月17日の火曜日に、欧州委員会は、ハンガリーの新たな法律がEU条約に違反していることに対して緊急の「違反調査手続き」に着手した。1月18日の水曜日に、ヴィクター・オルバンはその国の新たな憲法秩序を守ろうと、欧州議会の前へ劇的に現れた。

Orbán’s defense could have been guessed in advance from what Fidesz government officials have been saying for weeks as they fanned out around the world to explain why they rewrote the Hungarian constitution. They claim that they have been misunderstood. And they repeatedly say that their many foreign critics do not understand Hungary.
オルバンの弁明は、フィデス政権の官僚がなぜハンガリーの憲法を書き直したのかを説明するために世界中を展開しながら、述べている事柄から前もって推測できるものだった。
彼らは誤解されているのだと主張している。そして、彼らは、多くの外国の批評家はハンガリーを誤解していると繰り返し述べている。


In this post, I will take up the most frequent arguments that the government has made in its own defense. And, as I will show, its explanations for the new constitutional order are not credible.
このポストで、私はその政府が自身を弁護するためにもっとも頻繁に繰り返している議論を取り上げるつもりだ。そして、私がこれから示すように、その新憲法秩序のための説明は信用できるものではない。

The main government explanations are:
主要な政府の説明は:

1. Fidesz has a popular mandate for change and democracy requires a government to give the public what it wants.
2. Fidesz has consulted with the public about the constitution and this is the constitution that the public approved.
3. Fidesz has consulted with European agencies and they have approved, too.
4. Fidesz is replacing a communist constitution, and finally closing the chapter on the communist period.
5. Fidesz is acting on the basis of Christian principles, like other states within Europe.
6. Everything in the new constitutional order can be found in other European countries.
1.フィデスは変化に向けての人気がある責務を有しており、民主主義は政府に大衆が望むものを与える必要がある。
2.フィデスは新憲法について大衆の意見を聞いているが、大衆はこの憲法を承認している。
3.フィデスはヨーロッパの諸機関の意見を聞いているが、彼らもまた承認している。
4.フィデスは共産主義の憲法を改めているのであり、最終的には共産主義時代に区切りをつける。
5.フィデスは他のヨーロッパの諸国と同じようにキリスト教原理を基礎に行動している。
6.新しい憲法秩序に存在するものは全て他のヨーロッパの国々でも見出すことができる。


I will take up each of these in turn.
それぞれを順番に取り上げていく。

First, the Fidesz government says that it has a mandate for change. In spring 2010, 53% of the voters chose for Fidesz. The existing Hungarian electoral law then turned the 53% vote for Fidesz into 68% of the seats in the Parliament. Now Fidesz argues that the public signed up for radical change, so the public should get what it wants.
最初に、フィデス政府は変化に向けての責務を有していると言う。2010年の春に、投票者の53%がフィデスを選択した。既存のハンガリーの選挙法により、その時フィデスの53%の得票率は議会の68%の議席につながった。今、フィデスは、大衆が急進的な変化に賛成して署名したのであるから、大衆はその望むものを手に入れるべきだと主張している。

The problem with the argument is that the numbers do not sustain it. The latest Ipsos poll results from January shows that Fidesz popularity in Hungary continues to plummet after the public has seen what the government is actually doing. Now, only 16% of eligible voters say that they would vote for Fidesz again. (See the chart below.) Fully 84% of those who were interviewed in January, shortly after the new constitution went into effect, said that Hungary is headed in the wrong direction.
この主張の問題点は、その数字は維持できていないということだ。1月からの最新の統計調査では、ハンガリーでのフィデスの支持率は、大衆が実際に政府のやることを見た後に下がり続けている。今、適格な有権者のたった16%だけが再びフィデスに投票すると述べている(下のチャートを見よ)。新憲法が公布されてすぐ後の1月にインタビューされた人の優に84%が、ハンガリーは悪い方向に向かっていると述べた。

012112krugman2-blog480.jpg

As the chart shows, however, even with this lack of support, Fidesz is still the most popular party in the country. The absence of a viable opposition, however, does not mean that Fidesz is doing what Hungarians want.
しかし、チャートが示すように、これだけ支持率が低いのに、フィデスは今でもその国で最も人気の高い政党だ。だが、並び立つ野党がいないことは、フィデスがハンガリー人の望むことをしていることを意味しない。

If Fidesz had a mandate for change – that mandate is no longer there. The Hungarian public no longer supports the government.
もしフィデスがかつて変化に向けての責務を持っていたとしても―そんな責務はもはや存在しない。ハンガリーの大衆はもはや政府を支持していない。

Second, the government claims that this is the constitution Hungarians wanted. As I have said before, the government never campaigned on a platform of changing the constitutional order. In fact, Fidesz party leaders explicitly denied before the election that they would write a new constitution if they won. New constitutions are often accompanied by a public referendum to ensure public support for such a transformative change. But no referendum has been offered in Hungary.
2番目に、政府は、この憲法はハンガリー人が望んだものと主張する。私が以前述べたように、政府は憲法秩序を変えるという綱領のキャンペーンをまったく行っていなかった。実際に、選挙前、フィデス党の指導者たちは選挙に勝ったら新しい憲法を作ることを明白に否定していた。新憲法には、しばしば、そのような体制の変化に対しての大衆の支持を保証するための国民投票を伴うことが多い。だが、ハンガリーでは国民投票はまったく提案されていない。

Was the Hungarian public ever consulted about this new constitution? Well, sort of. The government sent out a survey to all Hungarian citizens asking them twelve questions about what the new constitution should say. This survey went out before there were any concrete proposals on the table, so the questionnaire was not a referendum on a draft constitution. But the questionnaire did not serve as input to the constitutional drafting process, either.
ハンガリーの大衆はこの新憲法について意見を求められたのか? まあ、少しは。政府は、全てのハンガリー市民へ新憲法に何が書かれるべきかについての12の質問を尋ねる調査票を送った。この調査は、テーブルの上に具体的な提案がなされる前に行われたので、その質問事項は憲法草案に関しての国民投票ではなかった。しかも、その質問事項は憲法草案のプロセスに取り入れられることもなかった。

The government distributed the questionnaire in early March 2011, and the draft constitution was presented to the parliament on March 14, 2011. Most of the responses were not returned – let alone tabulated – by the time the proposed constitution was for adoption, so they could not possibly have affected the drafting process.
政府は2011年の3月初めにその質問事項を配布して、憲法草案は2011年3月14日に議会に提案された。提案された憲法が採決される時までに、その質問事項への回答のほとんどが返送―集計は言うまでもなく―されていなかったのだから、どうあっても憲法草案プロセスに影響を与えることはできない。

Moreover, the vast majority of the public did not respond and no one outside the government knows what the public said. While the government reported that there was an 11% return rate, , the tally of opinion was never publicly presented. No one outside the governing party has seen the responses.
さらに言えば、大衆の大多数は返答していなかったし、政府の外で、大衆が何を言っているのか知るものはいない。一方、政府の報告によると、返答率は11%だった。意見の集計は公にはまったく提示されていない。与党の外でその返答を見たものはいない。

Even if we knew the results, however, it is hard for the survey to have made much of a difference. The twelve questions asked of citizens did not bear on the most important issues in constitutional design, like the powers of the Constitutional Court, the existence of an independent judiciary, the nature of the electoral system or even the extent of media regulation. Instead the questions asked about whether the constitution should protect biodiversity in the Carpathian Basin or permit children to be taxed or punish people who failed to appear when called before parliamentary committees.
しかし、たとえ我々がその結果を知ったとしても、その調査が大きな違いを作り出すと考えるのは困難だ。市民に尋ねられた12の質問には、憲法裁判所の権限や、独立した司法組織の存在、選挙システムの本質、あるいは報道規制の程度といった問題まで、憲法設計にとって最も重要な問題点に関するものは存在しない。その代わりに尋ねられた質問は、カルパチア地方の生物多様性を守るべきか、あるいは子供へ税金を課すことは許されるべきか、議員内委員会へ呼ばれた時に現れなかった人々を罰するべきか、といったものだ。

The constitutional questionnaire recalls the survey spoofed by the famous Hungarian writer István Örkény in his “one minute story,” called “Public Opinion Poll.” In the story, hapless communist citizens are asked a series of random questions only to have the results conclude that everything is perfect, except that the #19 bus could run more often. (For English, go to the end of this video.)
その憲法についての質問事項は、有名なハンガリーの作家Istvan Orkenyが『one minute story』でからかった、「世論投票」と呼ばれる調査を思い起こさせる。この話の中で、不運な共産主義者の市民は、#19バスはもっと頻繁に運行できるということを除いて、全てが完璧であるという結論を出すしかない一連のでたらめな質問を尋ねられる(英語が使える人は、このビデオの最後の方を見てほしい)。

Has the public approved this constitution? Not in its initiation, its drafting process or its particulars.
大衆はこの憲法を承認しているのか? 初めはそうではなかったし、草案過程でも個別例でもそうではない。

Third, the government also claims that it has consulted with European bodies about the most important elements of its constitutional reform. But the European agencies that were consulted would disagree. Hungary has repeatedly produced draft laws for review by European authorities that did not reflect the laws that were actually introduced into the Parliament. Each time, the English-language versions offered to foreign reviewers were substantially more compliant with European law than the laws actually enacted in Hungarian, which suggests that the government wants to appear more Euro-friendly than it is actually willing to be. European bodies are now suspicious of Hungary, as a result. I’ll give just two examples.
3番目に、政府は、憲法改正の最も重要な要素について、ヨーロッパの政府の意見を聞いているとも主張している。だが、意見を求められたというヨーロッパの機関はそれを認めていない。政府は、実際に議会に提案された法律を反映していない、ヨーロッパの高官による調査用の草案を繰り返し作成している。いつでも、外国の調査のために提案される英語バージョンは、実際にハンガリーで制定された法律よりも、ヨーロッパの法律に対して実質的により迎合的になっていて、そのことは、政府が実際よりもずっと親ヨーロッパ的に見せたがっていることを示している。現在、結果として、ヨーロッパの政府はハンガリーを信用していない。2つの例を挙げよう。

During the one month that the constitution was open for public debate, the Hungarian government sent an English translation to the European Commission, as EU law requires it to do. But the English translation left out the controversial and inflammatory preamble. The preamble asserts that sovereignty rests in the Hungarian “nation” (that is, ethnic Hungarians and not Hungarian citizens of all ethnicities). It also includes potentially destabilizing references to Hungary’s “historic constitution” that implicitly laid claim to territories now belonging to neighboring states. In addition, the English version of the constitution presented to the EU was riddled with translation mistakes that changed the sense of the text. . By the time the preamble was added and the translation was corrected, the EU lost virtually any opportunity to comment since the time from introduction to adoption of the constitution was only one month. And the errors and omissions were not random, but systematically made the constitution look better to European eyes than the Hungarian version would have.
その憲法が公の議論に開放されて一ヶ月の間、ハンガリー政府は、EUの法律が要求するとおりに、欧州委員会へその英語翻訳を提出した。だが、英語の翻訳には物議をかもす、扇動的な前文が省かれていた。前文の主張では、主権はハンガリー「国家」(すなわち、ハンガリー民族とあらゆる人種の非ハンガリー市民)に残ることになっていた。それには、暗黙のうちに今は近隣諸国の所属になっている領土の返還を要求することになるハンガリーの「歴史的政体」という潜在的に不安定化要因となる言及が含まれている。加えて、そのEUに提示された憲法の英語バージョンは、文章の意味を変えた誤訳で穴だらけになっている。前文が加えられ、翻訳が訂正されたときには、その憲法の提案から採択までたった一ヶ月しかなかったので、EUには実質的になんらの言及する機会もなかった。間違いと省略はランダムなものではなく、ハンガリー語バージョンよりも、体系的にヨーロッパ人の目によく見えるようになっていた。

When the Hungarian government sent a draft law on the central bank to the European Central Bank in fall 2011, the English version was also misleading. Nonetheless, the ECB was highly critical of the draft. The actual law introduced into the parliament, however, was much worse since it proposed to merge the central bank with the bank regulator to create a new agency with a Fidesz official at its helm, a major institutional change not in the English version. When international bodies discovered the bait-and-switch, the IMF walked out of its negotiations with Hungary and has refused to go back unless the law is changed.
ハンガリー政府が2011年秋にヨーロッパ中央銀行へ中央銀行に関する草案となる法律を提示した時、英語バージョンはまた誤解を生むものだった。それにもかかわらず、ECBはその草案に非常に批判的だった。しかし、議会に提案された法律はさらに悪いもので、中央銀行を銀行監督機関と合併して、フィデスの役員が指揮を執る新たな機関を作るという、英語バージョンにはない本質的な機構変革が提示されていた。国際機関がそのすり替えを発見して、IMFはハンガリーとの交渉を打ち切って、法律が変更されるまで再開を拒否している。

With these experiences, it is no wonder that European bodies are suspicious of Hungary at this point. The government has claimed to have consulted when it repeatedly failed to provide complete and current translations of laws. Moreover, all the errors of translation and omission go in one direction – toward the conclusion that Hungary is putting a Europe-friendly face forward in English while doing anti-European things in Hungarian.
これらの経験から、ヨーロッパの政府がこの点においてハンガリーを疑っても不思議はない。その政府は現行の法律の完全な翻訳を提示するのに繰り返し失敗しているのに、意見を聞いてきたと主張する。さらに言えば、すべての誤訳と省略は一方向に向かっている―その結果は、ハンガリーは英語では親ヨーロッパ的な顔を見せながら、ハンガリー語では反ヨーロッパ的なことをしている。

Fourth, the government defended the new constitution by saying that its actions complete the post-communist transition. They claim to have gotten rid of a communist constitution and by finally closing the books on the communist past. But these claims, too, are misleading.
4番目に、政府は、その政策が共産政権後の移行期を終わらせると主張して、新しい憲法を弁護している。彼らは共産主義憲法を取り除いて、最終的に過去の共産主義にケリをつけると主張する。だが、この主張もまた誤解を生むものだ。

Yes, it is true that the constitution that was replaced on January 1, 2012 was officially called “Law XX of 1949, as amended.” The Stalinist constitution imposed in 1949 was a standard-issue Soviet constitution. In a root-and-branch reform agreed at the National Roundtable in 1989, the communist spirit was eliminated and much of the language of the text was completely replaced. Those constitutional changes were supplemented by additional amendments in 1990, after the first multiparty elections brought democratic opposition parties to power. The end result bears almost no relationship to the original 1949 text. See for yourself! The 1989-1990 constitution was then elaborated by a Constitutional Court famous around the world for its strong opinions on human rights.
たしかに、2012年1月1日に置き換えられた憲法が公式に「改訂版1949年XX法」と呼ばれていたのは事実だ。1949年に課されたスターリン憲法は標準的なソヴィエト憲法だった。1989年に国民円卓会議で同意された徹底的な改革の中で、共産主義の魂は消えうせ、条文のほとんどの言葉が完全に書き換えられた。それらの憲法の変更に加えて、最初の複数政党選挙で民主的な野党が劇的な勝利を収めて権力についた後の、1990年にも追加的な修正が行われた。その最終的な結果として、元々の1949年憲法の条文とはほとんど関係ないものになっていた。ご自身で見ていただきたい! 1989-90年憲法は人権への強固な見解で世界中に知られた憲法裁判所によって精巧なものになっていた。

Until the Fidesz government started modifying this constitution to eliminate checks and balances, Hungary had a constitution that could proudly take its place among the democratic constitutions of Europe. It is that democratic constitution that was killed off with the new year, not a communist constitution at all.
フィデス政府がチェック・アンド・バランスを消滅させるために、この憲法を変更し始めるまでずっと、ハンガリーはヨーロッパの民主的な憲法の中でも誇りを持って一角を占めることができる憲法を持っていた。新たな年に抹殺されたのはその民主的な憲法であって、共産主義憲法では決してない。

Fifth, in his defense of the new constitution before the European parliament Wednesday, Viktor Orbán said that his country was trying to restore religion to the center of public life. Surely, he said, having a religious constitution is not out of the European mainstream.
5番目に、水曜日の欧州議会の前で新憲法を弁護する際に、ヴィクター・オルバンは、彼の国が公共の生活の中心にある宗教を回復させようとしているのだと言った。たしかに、彼が言うように、宗教的な憲法を持つことはヨーロッパの主流から外れているわけではない。

True, a number of European countries, like Poland and Ireland, have constitutions in which religion features strongly. But those are countries with very religious populations. By contrast, Hungary is a highly secular society. Only 21% of Hungarians attend religious services regularly, compared with 84% of the Irish and 55% of the Poles. . Less than half the Hungarian population believes in God, compared with 73% of the Irish and 80% of the Poles. (See the Eurobarometer chart below.) Why, then, is it so crucial for Hungary to have a constitution that proclaims the country to be a Christian nation, and then goes on to include the full checklist of conservative religious views, like the legal protection of the fetus from the moment of conception and a ban on gay marriage? Surely in deciding whether Hungary is a Christian nation, the views of Hungarians should have something to do with it.
たしかに、ポーランドやアイルランドのように、たくさんのヨーロッパの国が宗教的色彩の強い憲法を持っている。対照的に、ハンガリーは非常に世俗的な社会だ。アイルランド人の84%やポーランド人の55%と比べて、ハンガリー人のたった21%だけが定期的に宗教的な儀式に参加する。アイルランド人の73%やポーランド人の80%と比べて、神を信じるハンガリー人の割合は半分以下だ(下のEurobarometerのチャートを見てほしい)。それなら、どうして、ハンガリーがその国をキリスト教国家であると宣言して、受胎の瞬間からの胎児の法律的な保護やゲイの結婚の禁止といった、保守的な宗教的観点の照合表をすべて満たすところまで行く憲法を持つことがそれほど重要なことになるのか? ハンガリーがキリスト教国家かどうかを決めるためには、必ず、ハンガリー人の見方が関係してくるはずだ。

012112krugman3-blog480.jpg

Finally, defending its blizzard of laws, the Fidesz government often says that nothing it has done is out of the European mainstream. But Fidesz wants its critics to evaluate what it has done by taking tiny pieces out of context, when context matters. Going through all of these claims specifically would take far more space than I have. But let me give a one example of what happens when one compares the Hungarian case with European law.
最後に、その法律への猛吹雪を防ぐために、フィデス政府は、フィデスがしていることでヨーロッパの主流から外れたものは何もないとしばしば言っている。だが、フィデスは、その中身が重要であるのに、その中身から外れた些細な部分を批評家にフィデスがしていることとして評価してもらうことを望んでいる。彼らの主張のすべてを調査するには、今ここでしているよりもずっと多くの紙面が必要になる。だが、ハンガリーの事例をヨーロッパの法律と比較したときに起こる一つの例を提示させてほしい。

Fidesz has been criticized for its extensive use of private member’s bills, proposed laws that do not have party sponsorship. The Fidesz government responds that nearly every parliamentary system in Europe permits individual members of parliament to introduce private member’s bills. Yes, in many parliamentary systems, bills may be introduced by a single member rather than by a party fraction. Generally, the option of a private member’s bill is designed to give the parliamentary minorities a voice.
フィデスは議員提出法案、政党の支援を受けずに提案された法律を使用しすぎることで批判されている。フィデス政府は、ほとんど全てのヨーロッパの議会システムが個々の議員による議員提出法案を導入することを認めていると反論する。たしかに、多くの議会システムで、法案は、政党の一定数よりも、一人の議員によって提案されているのかもしれない。一般的に、議員提出法案という選択肢は、議会が少数派へ発言権を与えるために設計されている。

In the Fidesz government, however, private member’s bills have been used for almost every important piece of legislation. In fact, for much of the time since Fidesz took office, very few government-sponsored laws have been introduced on the floor of the Parliament. Ten of the twelve constitutional amendments that were passed since Fidesz took office began as private member’s bills. Even the new constitution itself went through the parliament as a private member’s bill! Instead of being a minority-protective procedure, Fidesz has been using the private member’s bill option to entrench its super-majority.
しかし、フィデス政府では、議員提出法案はほとんど全ての立法の重要な部分において使われている。フィデスが政権について以来ほとんどの期間、政府の支援による法律が議会に提案されたことはほとんどない。フィデスが政権について以来、12の憲法修正の内10が議員提出法案として始まっている。新憲法自体も議員提出法案として議会を通っている! 少数派を守る手続きとなる代わりに、フィデスは超多数派の身を守るために議員提出法案という選択肢を使ってきた。

So why did Fidesz use this parliamentary tactic? Under the rules of parliamentary procedure in Hungary, private member’s bills can use a streamlined procedure. No committee review. No multiple readings. No mandatory consultation with opposition parties or interested groups. With a private member’s bill, the Fidesz government could take a constitutional amendment from first proposal into full legal effect in 10 days or less. The new constitution took only about a month from first proposal to final vote. Private member’s bills are clearly the option to use if one is in a hurry.
ところで、どうして、フィデスはこんな議会戦術を使うのか? ハンガリーの議会手続きルールの下では、議員提出法案は迅速な手続きを使うことができる。委員会の審査はない。複合的な解釈(multiple readings)はない。野党や利益団体と諮問する義務もない。議員提出法案を使えば、フィデス政府は、憲法修正案を提案から法的に完全な発効まで10日かそれ以下ですませることができる。新憲法は提案から採決までたった一ヶ月ほどしかかからなかった。議員提出法案は明らかに急を要するときに使用される選択肢である。

No other country uses private member’s bills for the most important bills that a parliament will enact. In other countries, private member’s bills are used for personal causes of individual MPs, not for government programs. But in Hungary, the government passed most of its constitutional agenda through the parliament using the device of the private member’s bill. In each case, the Fidesz bloc in the Parliament voted with no dissents in favor of every private member’s bill introduced by a member of their party. The pattern of votes gives the lie to the claim that these were independent proposals from individual members of parliament acting alone. The only logical explanation was that Fidesz found the ordinary parliamentary procedure too constraining because it required laws to be vetted by parliamentary committees, to be offered to the opposition for comment, to go through a process of consultation with interested groups and to go through multiple readings with full time for debate.
議員提出法案を議会が制定する最重要の法案のために使っている国は他に存在しない。他の国では、議員提出法案は政府計画のためではなく、個々の議員の個人的な主張のために使われている。だが、ハンガリーでは、政府は議員提出法案という道具を使って、憲法の協議事項のほとんどを議会に通している。いずれの場合でも、議会のフィデス陣営は、その政党の一人の議員によって提案された全ての議員提出法案へ異議を申し立てることなく賛成票を投じる。投票のパターンは、個人で活動する独立した議員による独立した提案が存在するという主張は嘘であることを示している。唯一の論理的な説明は、法律で、議会委員会の調査、野党に意見を述べる機会を与えること、利益団体に意見を聞くというプロセスや、フルタイムの議論を伴う複合的な解釈(multiple readings)が必要とされているために、フィデスが通常の議会手続きは制約がありすぎると知ったということだ。

In the end, however, even the streamlined procedure of the private member’s bill proved too rigorous for Fidesz. On the last day of 2011, the Fidesz parliament passed a change to the rules of parliamentary procedure. Since January 1, if a 2/3rds vote of the parliament approves, a bill can go from first proposal to final vote with no debate – and no wait or consultation – at all.
しかし、最終的には、議員提出法案という迅速な手続きでさえ、フィデスには厳格すぎることが明らかになった。2011年の大晦日に、フィデスの議会は議会手続きを変更する法案を通した。1月1日からは、議会の2/3が賛成すれば、法案は最初の提案から最終の議決まで議論をまったくせずに―中断も諮問もない―通すことができる。

I could multiply examples endlessly, showing how institutions, procedures and powers in the Hungarian constitutional order may share a name with counterparts elsewhere in Europe. But the Hungarian version of these institutions, procedures and powers virtually never share the same spirit. When the Hungarian government says that its laws are no different from those of other countries in Europe, it is almost always wrong.
私は、ハンガリーの憲法秩序内で、どれだけの制度、手続き、権限が他のヨーロッパのそれと名前を共有しているのか示す例を、際限なく、挙げることができる。だが、それらの制度、手続き、権限のハンガリー版は同じ精神をほとんど共有していない。ハンガリー政府が、ある法律は他のヨーロッパ諸国の法律と違いがないと言うとき、それはほとんど常に間違っている

So why, then, did the Hungarian government adopt this new constitution? It is not because the public demanded it. It is not because the new constitution replaced a communist constitution. It is not because the religious beliefs of the public urged it. And it is not because it is within the European mainstream.
それなら、なぜ、ハンガリー政府はこの新しい憲法を採用したのか? それは大衆が望んだからではない。それは新憲法が共産主義憲法を取り替えるためではない。それは大衆の宗教的な信念が促したためではない。そして、それがヨーロッパの主流にあるからではない。

The Fidesz government, facing ever-sharper criticism from abroad and from within its own public, insists that Hungary is simply misunderstood. And it repeats that it had a popular mandate, that it is ending communism, that it respects the religious sensibility of Hungarians and that it is well within the European mainstream.
外国や国民からの批判が強まっていることに対して、フィデスは、ハンガリーが単に誤解されていると主張する。そして、それが人気のある責務であり、それが共産主義を終わらせ、それがハンガリー人の宗教的感性を尊重したものであり、それがヨーロッパの主流にある、と繰り返す。

But some of us still live in the reality-based community, where it is normal to work forward from evidence to conclusions rather than the other way around. When one looks at the Hungarian government’s explanations for why this new constitution was necessary, none hold up under scrutiny.
だが、我々の中には現実を基礎とした社会に住んでいる者もいて、そこでは、証拠から結論へと向かうのが普通であって、その逆ではない。なぜ新しい憲法は必要なのかに対するハンガリー政府の説明を注視すれば、精査に耐えるものは何もない。

Yes, the Hungarian government is misunderstood – by itself. It misunderstands its own position in the world and with the citizens of Hungary.
そう、ハンガリーは誤解されている―その国自身によって。その国は世界の中での立場、そしてハンガリー市民と自身との立場を誤解している。


後書き:差別じゃないが、NY Timesのあの広告はもう勘弁してほしいな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。