スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Treasuries, TIPS, and Gold (Wonkish)/September 6, 2011, 9:18 PM

Treasuries, TIPS, and Gold (Wonkish) 財務省証券、物価連動債、そして金(オタク風)

(Yes, it’s 4:30 AM where I am. I found myself wide awake, thinking about gold prices. You got a problem with that?)
(うん、僕の住んでる場所ではAM4:30だ。金の価格を考えて、すっかり目が覚めてしまった。それで何か問題ある?)

In assessing economic prospects since the financial crisis of 2008, there have been two kinds of people: people who divide people into two kinds and people who don’t inflationistas and deflationistas. The inflationistas look at budget deficits and monetary base, and see severe inflation and soaring interest rates as the obvious outcome; the deflationistas say, hey, we’re in a liquidity trap, so monetary base is sterile and budget deficits are just soaking up some but not all of the world’s excess saving.
2008年の金融危機以来、経済的な見通しを評価する際には2種類の人々がいる:人を2種類に分ける人とそうじゃない人インフレ論者とデフレ論者。インフレ論者は財政赤字やマネタリーベースを見て、明白な結果として、深刻なインフレと利子率の急上昇が起こると考える;デフレ論者が言うには、我々は流動の罠にいるのだから、マネタリーベースは不毛で、財政赤字は世界の過剰貯蓄のいくらかを吸収できるが全てではない。

I am, of course, a big deflationista, and as I see it record low interest rates strongly vindicate my position. As I like to point out, if you’d believed the inflationistas at the Wall Street Journal and elsewhere, you would have lost a lot of money.
もちろん、僕は大いにデフレ論者だ。そして、記録的に低い利子率が僕の立場を強く証明していると考えている。もしあなたがウォール・ストリート・ジャーナルその他を信じていたら、多額のお金を失くしていただろう、と言いたくもなる。

But what about gold? As some readers and correspondents love to point out, you would have made a lot of money if you’d bought gold early in this mess. So doesn’t that vindicate the inflationistas, to some extent?
でも、金に関しては? 読者やメル友の中にそのことを指摘したがる人がいるんだが、もしあなたがこの混乱の初期に金を買っていたら、お金をがっぽり稼げただろう。それなら、これはある程度までインフレ論者の立場を証明することになるのか?

My usual response has been that I have no idea what drives the price of gold, to say that it’s a market driven by hoarding in Asia, Glenn Beck followers, whatever. But maybe I’ve been too flip here. Why not think about what actually should be driving gold prices? And I mean think about it, rather than going for slogans about inflation, debased currencies, and all that.
僕のいつもの返答は何が金の価格を押し上げているのかは分からないというもので、それはアジアでの買いだめやグレン・ベックの支持者その他のことによって左右される市場であると言ってきた。でも、たぶん僕はこのことを軽く考えすぎだった。なぜ、実際に金の価格を押し上げているはずのものが何かを考えないのか? そして、僕はインフレや通貨の堕落、その他のスローガンへ向かうよりも、そのことについて思案している。

Well, I’ve been thinking about it ― and the answer surprised me: soaring gold prices may be quite consistent with a deflationista story about the economy.
そう、そのことについて考えている―答えは僕にとって驚くべきものだ:金価格の急上昇は経済についてのデフレ論者のストーリーとまったく矛盾しないかもしれないというものだ。

OK, how do we think about gold prices? Well, my starting point is the old but very fine analysis by Henderson and Salant (pdf), which was actually the inspiration for my first good paper, on currency crises. H-S suggested that we start by modeling gold as an exhaustible resource subject to Hotelling pricing.
オッケー、僕が金価格についてどう考えているのか? 僕の出発点はヘンダーソンとサラント(pdf)による古くはあるが、すごく見事な分析であり、それは実際に通貨危機に関して、僕が始めていい仕事ができた論文にインスピレーションを与えた。ヘンダーソンとサラントは金をホテリング・プライシング(Hotteling pricing)に従う枯渇資源としてモデル化することから始めることを提示した。

Here’s how it works. Imagine that there’s a fixed stock of gold available right now, and that over time this stock gradually disappears into real-world uses like dentistry. (Yes, gold gets mined, and there’s a more or less perpetual demand for gold that just sits there; never mind for now). The rate at which gold disappears into teeth ― the flow demand for gold, in tons per year ― depends on its real price:
それは次のように作用する。今、利用可能な金の固定ストックが存在して、時間が経つと、このストックが徐々に歯科治療のように実世界で使用されることにより減少していくと想像してほしい(うん、金は採掘されるし、多かれ少なかれそこに存在するだけで常に価値があるものだが、今は気にする必要はない)。金が歯に消えていく速度―年トン単位で見た金のフローの需要―はその実質価格に依存する。

090611krugman1-blog480.jpg

Crucially, at least for tractability, there is a “choke price” ― a price at which flow demand goes to zero. As we’ll see next, this price helps tie down the price path.
本質的に、少なくとも取り扱いやすくするためには、「チョーク価格(choke price)」―フローの需要がゼロになる価格―が存在する。次に見るように、この価格により、価格の軌道は拘束される。

So what determines the price of gold at any given point in time? Hotelling models say that people are willing to hold onto an exhaustible resources because they are rewarded with a rising price. Abstracting from storage costs, this says that the real price must rise at a rate equal to the real rate of interest, so you get a price path that looks like this:
それなら、ある一定の時点において、金の価格を決めているものは何か? ホテリング・モデルが示すところによると、人々が喜んで枯渇資源を持とうとするのは、その価格が上昇することにより報われるからであるという。これは、貯蔵費を無視すれば、金の実質価格は実質利子率と等しい率で上昇する必要があるということになり、その時、価格の経路はこんな感じになる:

090611krugman2-blog480.jpg

Obviously there are many such paths. Which one is correct? Given rational expectations (I know, I know) the answer is, the path under which cumulative flow demand on that path, up to the point at which you hit the choke price, is just equal to the initial stock of gold.
明らかに、そのような経路は多数存在する。どの経路が正しいのか? 合理的期待を想定すれば(分かってる、分かってる)、その答えは、ある経路でフローの需要がチョーク・プライスに達する時点までの集計が、初期の金のストックとちょうど等しくなるような経路だ。

Now ask the question, what has changed recently that should affect this equilibrium path? And the answer is obvious: there has been a dramatic plunge in real interest rates, as investors have come to perceive that the Lesser Depression will depress returns on investment for a long time to come:
今、あの疑問を考えてみよう、最近、この均衡の経路に影響を与えることができる何が変わったのか? そして、その答えは明らかだ:投資家が、小恐慌は長期的に投資の収益性を圧迫すると捉えるようになってしまったために、実質利子率が劇的に低下した。

090611krugman3-blog480.jpg

What effect should a lower real interest rate have on the Hotelling path? The answer is that it should get flatter: investors need less price appreciation to have an incentive to hold gold.
利子率が低くなることはホテリング・パスにどんな影響を与えるのか? それを平坦にさせるというのがその答えだ:投資家に金を保有するインセンティブを持たせるため必要な価格上昇は少なくなる。

But if the price path is going to be flatter while still leading to consumption of the existing stock ― and no more ― by the time it hits the choke price, it’s going to have to start from a higher initial level. So the change in the path should look like this:
だが、価格の経路が平坦になる一方、チョーク価格に達するまで、今あるストックの消費がそのまま続くなら―多くはならなくても―始めの価格水準が高いレベルから始まらないといけなくなる。そうすると、その経路の変化はこんな感じになるはずだ:

090611krugman4-blog480.jpg

And this says that the price of gold should jump in the short run.
そして、このことは金の価格が短期的に急上昇することになると意味している。

The logic, if you think about it, is pretty intuitive: with lower interest rates, it makes more sense to hoard gold now and push its actual use further into the future, which means higher prices in the short run and the near future.
よく考えれば、そのロジックはきわめて直感的なものだ:利子率が低くなれば、今もっと金の貯蔵を増やすことが意味を増すようになり、実際の消費は将来に持ち越されるようになる、そのことは、短期的、あるいは近い将来には、価格が高くなることを意味する。

But suppose this is the right story, or at least a good part of the story, of gold prices. If so, just about everything you read about what gold prices mean is wrong.
しかし、これを金の価格についての正しいお話だと、あるいは少なくともそのお話のいい部分だけでも正しいと想定してほしい。もしそうなら、金の価格が意味するものについてあなたが見聞きする話はすべて間違いだということになる。

For this is essentially a “real” story about gold, in which the price has risen because expected returns on other investments have fallen; it is not, repeat not, a story about inflation expectations. Not only are surging gold prices not a sign of severe inflation just around the corner, they’re actually the result of a persistently depressed economy stuck in a liquidity trap ― an economy that basically faces the threat of Japanese-style deflation, not Weimar-style inflation. So people who bought gold because they believed that inflation was around the corner were right for the wrong reasons.
これが本質的に金についての「本当の」お話であり、他の投資の収益率が下がるという予想のために、その価格は上昇しているとするなら;それはインフレ期待についてのお話ではない、繰り返すがそうではない。金価格の急上昇は、深刻なインフレが間近に迫っているサインではないどころか、それは実際に流動性の罠にはまった永続的に落ち込んだ経済―基本的に日本型のデフレに直面した経済であり、ワイマール型のインフレではない―の結果である。であるなら、インフレが間近に迫っていると信じて金を買っている人々は、間違った理由で正しいことをしていることになる

And if you view the gold story as being basically about real interest rates, something else follows ― namely, that having a gold standard right now would be deeply deflationary. The real price of gold “wants” to rise; if you try to peg the nominal price level to gold, that can only happen through severe deflation.
そして、金のお話を基本的に実質利子率に関するものとして見るなら、そこから付随してくるものがある―すなわち、今、金本位をとることは酷いデフレを引き起こすことになる。金の実質価格は上昇することを「欲している」;もし名目的な価格水準を金にペッグさせれば、厳しいデフレが発生するだけになる可能性がある。

OK, none of this necessarily rejects other hypotheses about gold; in particular, there could be a bubble over and above the Hotelling aspect. But the crucial message is, I think, right: If you believe that gold prices are signaling an inflationary threat, I have to tell you, I do not think that price means what you think it means.
オッケー、これは必ずしも金についての他の仮説を排除するものではない;特に、ホテリング的な面を超えたバブルだという可能性はある。でも、その重要なメッセージは正しいと僕は思う:もしあなたが金の価格はインフレへの脅威というシグナルを発していると信じるなら、僕が言わなければならないのは、その価格が意味しているものは、あなたが意味していると考えているものを指しているとは思えないということだ。

Update:Larry Summers directs me to a 1988 paper he wrote with Robert Barsky (pdf) with a similar theme, although applied to the gold standard era rather than recent events.
更新:ラリー・サマーズが直接僕に、彼がロバート・バースキーと書いた同じようなテーマだが、最近の出来事というよりは金本位制時代が対象になっている1988年の論文(pdf)のことを教えてくれた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。