スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Austerity and Growth/February 18, 2012, 5:54 PM

Austerity and Growth 緊縮財政と成長

Or, actually, shrinkage.
いや、実際には縮小している。

Watching Europe sink into recession – and Greece plunge into the abyss – I found myself wondering what it would take to convince the chattering classes that austerity in the face of an already depressed economy is a terrible idea.
ヨーロッパが景気後退へと沈みこもうとしている―そしてギリシアが谷底に突入しようとしている―のを見ていると、すでに経済が落ち込んでいる中での緊縮財政が酷いアイデアだとおしゃべり階級に納得させるために何が必要なのか分からなくなる。

After all, all it took was the predictable and predicted failure of an inadequate stimulus plan to convince our political elite that stimulus never works, and that we should pivot immediately to austerity, never mind three generations’ worth of economic research telling us that this was exactly the wrong thing to do. Why isn’t the overwhelming, and much more decisive, failure of austerity in Europe producing a similar reaction?
結局、我らが政治的エリートたちに、刺激策は機能しない、今すぐに緊縮財政へと軸足を移すべきだ、それが完全に間違った行動であると告げる3世代にわたる経済学の研究など気にするな、と確信させるためには不十分な景気刺激プランの予想可能であり予想されていた失敗だけでよかった。どうして圧倒的で、はるかに決定的なヨーロッパにおける緊縮財政の失敗は同様の反応を引き起こさないのか?

Let me give you a picture, inspired by some of the empirical studies of fiscal policy the Romers describe in their course notes (pdf). In the chart below I compare two measures for European countries. The x-axis shows the change in real government purchases of goods and services from the first quarter of 2008 to the most recent date I could get from Eurostat, measured as a percentage of 2008Q1 GDP. (This means, by the way, that I didn’t catch the full force of Greek austerity). The y-axis shows the percentage change in real GDP from 2008Q1 to 2011Q4. Can we say that there is a clear correlation here, and not in the direction austerity advocates would like to see?
そこで、ローマー夫婦が彼らの冊子(pdf)で書いている財政政策の実証研究のいくつかに発想を得た一つの図を紹介させてほしい。下のチャートで僕はヨーロッパの国々を2つの基準で比較している。X軸は2008年の第一四半期からEurostatで入手できた最新の日取りまでにおける、政府による財サービス実質購入額の変化の、2008年第一四半期のGDPに対する割合を示している(ところで、このことはギリシアの全力の緊縮財政を捉えられなかったことを意味する)。Y軸は2008年第一四半期から2011年第一四半期までにおける実質GDPの増減率を示している。ここには明らかな相関があり、それは緊縮財政の提唱者が見たがるような方向ではないと言っていいのだろうか?

021812krugman1-blog480.jpg

OK, I’m aware of all internet traditions the problems here. To some extent we may be looking at reverse causation, with troubled economies forced into harsh austerity while those doing well (e.g., Poland) can keep expanding spending. Also, austerity programs generally involve sharp cuts in transfer payments and tax hikes as well as declines in real purchases, so you don’t want to interpret the slope of a line through the scatter – around 3 – as a measure of the multiplier.
オッケー、僕はここに問題があることに気づいている。ある程度まで、困難にある国は過酷な緊縮財政に追いやられる一方、上手くやっている国は(ポーランドのように)支出を拡大し続けることができるという逆の因果関係を見ているのかもしれない。また、緊縮財政プログラムは実質購入額の縮小と共に一般的に移転支出の大幅な削減と税金の急上昇を伴うので、散らばりの中心を通る直線の傾斜を乗数の測度(およそ3になる)として解釈しないほうがいい。

But it is pretty striking, isn’t it? The truth is that we’ve just had a powerful test of the Keynesian proposition that when monetary policy isn’t available, changes in government spending move the economy in the same direction – and the results of that test say that what has lately passed for policy wisdom is instead almost criminal folly.
でも、それはすごく鮮烈なものと言えないか? 真実は、金融政策が利用できない時には、政府支出の変化は経済と同じ方向に動くというケインズ主義的な主張についての強力なテストが行われたということだ―そしてそのテストの結果は、最近、賢明な政策として通っているものがその逆にほとんど犯罪的なほどの愚行であることを示している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。