スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zero Bounds and Butter Mountains (Wonkish)/February 6, 2012, 5:42 PM

Zero Bounds and Butter Mountains (Wonkish) ゼロの限界とバター山(オタク風)

Well, I see that Bill Gross is still demanding that we fight the slump by … raising interest rates. I wish I could say that he had no support; there are, in fact, a lot of Very Serious People demanding a rate rise, and a growing number of stories about the plight of savers.
えっと、ビル・グロースが今でもこの不況に立ち向かうよう主張しているようなんだが、その方法と言ったら…利子率を上げること。彼に味方なんていないよと言えたらいいんだが。実際にはたくさんのVery Serious People(すごくマトモな人々)が利子率を上げることを求めているし、預金者の窮状についてのお話がますます現れるようになっている。

So let me explain how I think about zero rates and their relationship to the depression we’re in. (Yes, it is a depression, even if we’re having some job growth; there was a lot of job growth between 1933 and 1937, but it was still the Depression).
だから、ゼロの利子率と、それと我々が今いる恐慌(そう、いくらか雇用が増えているとしても恐慌だ。1933年から1937年にかけて雇用はかなり増えていたが、その時でもまだ大恐慌だった)との関係について僕の考えを説明させてほしい。

Think of the supply and demand for loanable funds. The tricky thing about interest rates is that there are seemingly two theories of interest rates ― loanable funds, which is about supply and demand for savings, and liquidity preference, which is about the tradeoff between money and bonds. Which is right? Both are ― because savings and investment also depend on GDP, which can change. That’s one point of approach into the IS-LM model.
貸付資金への需要と供給を考えてほしい。利子率について扱いにくいのは、利子率には見かけ上二つの理論があることだ―貸付資金、つまり貯蓄の需要と供給のことと、流動性選好、つまり貨幣と債券のトレードオフのこと。どっちが正しいの? 両方正しい―なぜなら貯蓄と投資はどちらもGDPに依存しているが、それは変化しうるから。それはIS-LMモデルへと近づく第一歩になる。

So what is happening when we’re at the zero lower bound? One way to think about it is to draw the supply and demand for savings that would prevail if the economy were at full employment. They look like this:
そして、我々がゼロ下限にある時、何が起こっているのか? それを考える一つの方法が、もし経済が完全雇用だったらこうなるだろうという貯蓄の需要と供給を描いてみることだ。それはこんな感じになる:

020612krugman6-blog480.jpg

The policy problem is that for whatever reason ― in current conditions, mainly the deleveraging taking place after an era of debt complacency ― the interest rate that would match savings and investment at full employment is negative. Unfortunately, that’s not possible, because rather than lend at a loss people can just hold cash. So we have an “incipient” excess supply of savings, which is eliminated not via a fall in interest rates but via a fall in income, i.e., a depression.
政策的な問題となるのは、どのような理由であれ―現在の状況で言えば、主に債務の自己満足時代の後に起こっているレバレッジ解消―完全雇用で貯蓄と投資が等しくなるような利子率がゼロ以下であることだ。不幸なことにそれは起こりえない、なぜなら損を出して貸し出しをしなくても、人々は現金を持っておくことができるからだ。だから、我々は「先天的な」貯蓄の過剰供給をもつことになり、それは利子率の下落を通してではなく、所得の下落、すなわち恐慌を通して解消される。

Now, the figure above may look familiar from microeconomics; it’s more than a bit like the standard analysis of a price floor that creates a persistent excess supply of a good, such as the way European price floors on agricultural products created butter mountains, wine lakes, etc..
今、上記の図はミクロ経済学でよく見知っているかもしれない。それは永続的な商品の過剰供給を生み出す下限価格の標準的な分析によく似ている。ヨーロッパの農産物への下限価格がバター山やワイン湖その他を作り出すのと同じように。

One way to think about macro policy in a liquidity trap is that it’s about trying to reduce that incipient surplus, say through government spending to make use of the excess savings.
流動性の罠におけるマクロ経済学を考える一つの方法として、それはその先天的な過剰を、例えば過剰な貯蓄を使用するための政府支出を通じて、解消しようとすることだと言える。

But what the people who want to raise rates are demanding is that we take the price floor that is causing this destructive surplus, and raise it higher.
だが、利子率を上げることを求めている人々は、この破壊的な過剰を引き起こしている下限価格を受け入れる上に、さらにその下限を高くするよう要求していることになる。

Yes, savers would like higher returns, just as farmers would like higher prices for their butter. But free-market oriented economists, of all people, should understand that you can’t just decree higher returns without paying a price in economic disruption.
そのとおり、預金者にとって利益が高いほどいいだろう、農家にとってバターの価格が高いほどいいのとちょうど同じようにね。だが、他の誰にもまして自由市場志向の経済学者が理解すべきことは、経済的破滅という対価を払わずに高い利益を取り決めることはできないってことだ。


後書き:バター山は日本で言う古米みたいなもの。
butter-mountain.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。