スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Deficits and the Printing Press (Somewhat Wonkish)/March 25, 2011, 3:32 pm

Deficits and the Printing Press (Somewhat Wonkish) 赤字予算と輪転機(ちょっとオタク風)

Right now, deficits don’t matter — a point borne out by all the evidence. But there’s a school of thought — the modern monetary theory people — who say that deficits never matter, as long as you have your own currency.
今現在赤字は重要じゃない―あらゆる証拠から鑑みてそうだ。だが自国通貨を持っている限り、赤字は全く重要じゃないと考える思想の流派―現代金融理論家の一派―がある。

I wish I could agree with that view — and it’s not a fight I especially want, since the clear and present policy danger is from the deficit peacocks of the right. But for the record, it’s just not right.
私は彼らの意見に同意したい気持ちもある―明らかな現在の政治的な脅威は右派の赤字孔雀によりもたらされているんだから、でもはっきり言ってそれは全く正しくない。

The key thing to remember is that current conditions — lots of excess capacity in the economy, and a liquidity trap in which short-term government debt carries a roughly zero interest rate — won’t always prevail. As long as those conditions DO prevail, it doesn’t matter how much the Fed increases the monetary base, and it therefore doesn’t matter how much of the deficit is monetized. But this too shall pass, and when it does, things will be very different.
思い起こして欲しいのは、現在の状況―経済に巨大な余剰生産能力があり、短期国債金利がほぼゼロになる流動性のわな―はいつまでも続くものじゃないということだ。そういった状況がある限り、FRBがマネタリーベースをどれほど増やすかじゃ重要じゃないし、それゆえ赤字がどれほど貨幣化されているかも重要ではない。しかしその状況が過ぎ去れば、その時物事はまるで違うものとなる。

So suppose that we eventually go back to a situation in which interest rates are positive, so that monetary base and T-bills are once again imperfect substitutes; also, we’re close enough to full employment that rapid economic expansion will once again lead to inflation. The last time we were in that situation, the monetary base was around $800 billion.
利子率が再び正の値をとる状況に立ち返る時、マネタリーベースと政府短期証券は再び不完全な代替物となる;そして完全雇用に近い状況になると、急速な経済拡大は再びインフレをもたらすだろう。我々がその状況にいた最後の時、マネタリーベースは約8000億ドルだった。

So then what? The Fed could directly finance the government by buying debt, or it could launder the process by having banks buy debt and then sell that debt via open-market operations; either way, the government would in effect be financing itself through creation of base money. So?
我々が今政府が1年に1兆ドル以上の借金、1ヶ月では1000億ドルを抱えたまま、その状況に戻ることを想像して欲しい。そしてどんな理由があるにせよ、突然国債購入者の一撃に向き合った時のことを―誰もアメリカの債務を法外な利子でないと買おうとしないということだ。

So then what? The Fed could directly finance the government by buying debt, or it could launder the process by having banks buy debt and then sell that debt via open-market operations; either way, the government would in effect be financing itself through creation of base money. So?
その時何が起こる? FRBは直接国債を買うことによって政府をファイナンスできる、あるいは銀行に国債を買わせてからそれを公開市場操作で売らせることによって、その過程をロンダリングできる;どちらにせよ政府はマネタリーベースの創造を通して結果として自身をファイナンスすることになる。それで?

Well, the first month’s financing would increase the monetary base by around 12 percent. And in my hypothesized normal environment, you’d expect the overall price level to rise (with some lag, but that’s not crucial) roughly in proportion to the increase in monetary base. And rising prices would, to a first approximation, raise the deficit in proportion.
最初の月のファイナンスは約12%マネタリーーベースを増やすとしよう。そして仮定される通常の環境では、ほぼマネタリーベースの増加に比例した割合での全般的な価格レベルの増加が想定される(遅れはあっても、それは本質的ではない)。物価の上昇は、最初の近似値としては比例的に赤字を増加させるだろう。

So we’re talking about a monetary base that rises 12 percent a month, or about 400 percent a year.
我々が今話しているのは1ヶ月に12%、あるいは1年に約400%のマネタリーベースの増加の話だ。

Does this mean 400 percent inflation? No, it means more — because people would find ways to avoid holding green pieces of paper, raising prices still further.
これは400%のインフレを意味しているのだろうか? 違う、それ以上だ―なぜなら物価上昇が加速すると人々は緑色の紙幣を持たない方向を模索するからだ。

I could go on, but you get the point: once we’re no longer in a liquidity trap, running large deficits without access to bond markets is a recipe for very high inflation, perhaps even hyperinflation. And no amount of talk about actual financial flows, about who buys what from whom, can make that point disappear: if you’re going to finance deficits by creating monetary base, someone has to be persuaded to hold the additional base.
理解していただいたことと思うが、いったん流動性のわなを脱すると、債券市場へのアクセスなしに巨額の赤字予算を計上することは、高インフレ、悪ければハイパーインフレへのレシピなのである。実際の金融の流れを論じること、誰が誰から何を買ってるかといった話をすることでこの問題が消え去るわけではない:結局もしマネタリーベースの創造で赤字予算をファイナンスしようとするなら、その追加的なマネタリーベースを思いとどまるように説得されるべきだろう。

At this point I have to say that I DON’T EXPECT THIS TO HAPPEN — America is a very long way from losing access to bond markets, and in any case we’re still in liquidity trap territory and likely to stay there for a while. But the idea that deficits can never matter, that our possession of an independent national currency makes the whole issue go away, is something I just don’t understand.bv [Sorry, looks as if Doris hit the Fcat key just before I hit save.]
この点に関して、私はこれが起こると思わないと言っておかないとならない―アメリカが最後に債券市場にアクセスできない状態になってからかなり長期間経っている、いずれにせよ我々は現在流動性のわなにまだ陥っているし、もうしばらくそこに留まりそうだ。しかし赤字予算は問題となり得ないという考え、独立国として独自の通貨を所有していることが全ての問題を払いのけるという考えは、私には理解できない。bv(すまない、まるでセーブする直前にドリスがFcatキーを押したみたいだな)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。