スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Legends Of The Fall (Of 2009)/October 13, 2011, 8:43 AM

Legends Of The Fall (Of 2009) (2009年)秋の伝説

Mike Konczal has some thoughts on the Obama administration’s economic missteps, and mentions that there were reports in Fall 2009 that the administration was afraid of the invisible bond vigilantes:
マイク・コンツァルがオバマ政権の経済的失策を考察して、政府が見えない債券自警団を恐れていたことを示す2009年秋のレポートがあると述べている:

Noam Schieber at the New Republic was getting word from Treasury as early as late 2009 that they thought that they needed “some signal to U.S. bondholders that it takes the deficit seriously” and “spending more money now [on stimulus] could actually raise long-term rates, thereby offsetting its stimulative effect.” This naturally lead to wanting to strike “grand bargains” with the other side, a path that lead the administration down some bad roads in terms of the agenda.
ニュー・リパブリック誌のノーム・シーバーに寄ると、早くも2009年後期に、財務省は「アメリカ国債の所有者に財政赤字を深刻に受け止めているとというシグナル」を送る必要があり、「今もっと(刺激策のために)支出を増やすことは長期金利を実際に上昇させて、それにより刺激策の効果が打ち消される可能性がある」と語っていた。このことが自ずと反対陣営の「グランド・バーゲン」への攻撃につながり、政府をその議題に関して悪い方向へと導くことになった。


I was hearing the same thing, with more specifics; as I wrote at the time,
僕はもっと具体的に同じ事を聞いていた。その時に書いたのは、

Well, what I hear is that officials don’t trust the demand for long-term government debt, because they see it as driven by a “carry trade”: financial players borrowing cheap money short-term, and using it to buy long-term bonds. They fear that the whole thing could evaporate if long-term rates start to rise, imposing capital losses on the people doing the carry trade; this could, they believe, drive rates way up, even though this possibility doesn’t seem to be priced in by the market.
僕が聞いているには、官僚が長期政府債務への需要を信用しないのは、それを「キャリー・トレード」によってもたらされたものと見ているからだという:金融プレーヤーが短期で安いお金を借りて、それを長期債の購入に使うこと。彼らは、長期金利が上昇し始めれば全てが蒸発して、キャリー・トレードを行っていた人々がキャピタル・ロスを負うことになることを恐れている。この可能性が市場によって価格に組み込まれているように見えないにも関わらず、このことが利子率を上昇させる可能性があると彼らは信じている。


Even then, this seemed awesomely wrong-headed: policy makers were being scared off dealing with a real economic disaster by threats that existed only in their imagination. Now, of course, it looks even worse.
その時ですら、それはひどく頭の悪い考えであるように思えた:政策立案者は彼らの想像の中にしか存在しない脅威によって真の経済的災厄に対処する勇気を失ってしまった。今になってみると、勿論のことそれはなおさら悪いことのように思える。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。