スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Defeatism/September 30, 2011, 9:33 AM

Defeatism 敗北主義

Martin Wolf is getting frantic, as well he should. The austerians have brought us to the brink of a vast disaster. A recession in Europe looks more likely than not; and the question for the United States is not whether a lost decade is possible, but whether there is any plausible way to avoid one.
マーティン・ウルフが激怒しているが、それは当然のことだ。緊縮財政派が僕らを大災害の瀬戸際へ追い込んでいる。ヨーロッパの景気後退はありえないことではない。そして、アメリカにとっての問題は、失われた十年になる可能性があるのかということではなく、それを避けるための説得力ある方策があるのかということだ。

Wolf directs us to a recent speech by Adam Posen (pdf), which opens with a passage that very much mirrors my own thoughts:
ウルフは最近のアダム・ポーゼンのスピーチを紹介してくれているが、それは僕自身の考えとすごくよく似た一節から始まる:

Both the UK and the global economy are facing a familiar foe at present: policy defeatism. Throughout modern economic history, whether in Western Europe in the 1920s, in the US and elsewhere in the 1930s, or in Japan in the 1990s, every major financial crisis-driven downturn has been followed by premature abandonment―if not reversal―of the macroeconomic stimulus policies that are necessary to sustained recovery. Every time, this was due to unduly influential voices claiming some combination of the destructiveness of further policy stimulus, the ineffectiveness of further policy stimulus, or the political corruption from further policy stimulus. Every time those voices were wrong on each and every count. Those voices are being heard again today, much too loudly. It is the duty of economic policymakers including central bankers to rebut these false claims head on. It is even more important that we do the right thing for the economy rather than be slowed, confused, or intimidated by such false claims.
現在、イギリスと世界経済の両方がよく知られた敵に直面している:政策的敗北主義だ。近代経済史を通して、1920年代のヨーロッパで、1930年代のアメリカ等で、また1990年代の日本で、巨大な金融危機によって引き起こされた景気後退が起こるたびに、持続的な景気回復に必要となるマクロ経済学的な刺激策が早計にも放棄―逆転ではないとしても―されてきた。いつの時でも、それは、さらなる刺激策の破壊性やさらなる刺激策の無効性、または、さらなる刺激策から来る政治的腐敗との取り合わせを主張するはなはだしく影響のある声によるものだった。いつの時も、その声はあらゆる場面において間違っていた。今日、再び、その声は一層うるさく聞こえる。中央銀行総裁を含む経済政策の担当者にはそのようなとことん誤った主張を反駁する義務がある。そのような誤った主張によって遅れたり、混乱したり、怯えたりせずに、経済にとって正しいことをするのが重要なことだ。


Indeed. Posen’s “unduly influential voices” are my Very Serious People. And it has been an awesome spectacle watching the VSPs search, obsessively, for reasons not to fight mass unemployment. Fiscal policy must tighten to appease the invisible bond vigilantes and please the confidence fairy. Interest rates must rise because, well, um, inflation, well, no, low rates cause moral hazard ― yes, that must be it.
なるほど。ポーゼンの言う「はなはだしく影響のある声」というのがこちらで言うVery Serious People(すごくマジメな人々)のことだ。そしてVSPの連中が異常なほど大失業と戦わない理由を探し求めている光景には恐るべきものがある。財政政策は債券自警団をなだめて信頼の妖精を喜ばせるために引き締められなければならないんだと。利子率は上昇するに違いない、なぜなら、えっと、ううん、インフレがー、じゃないや、低い利子率はモラル・ハザードを引き起こすから―はい、それはそうじゃなきゃいけないんだと。

And we’re not (just) talking about ignorant politicians. This stuff has been coming from the European Central Bank, the Organization for Economic Cooperation and Development, the Bank for International Settlements.
そして僕らは無知な政治家について(のみ)話しているんじゃない。こういったことはヨーロッパ中央銀行、経済協力開発機構、国際決済銀行から来てるんだ。

I don’t fully understand it. But a large part of it, it seems obvious, is the intense desire to see economics as a morality play of sin and punishment, where the sinners are, of course, workers and governments, not the bankers. Pain is not an unfortunate consequence of policies, it’s what is supposed to happen.
僕はそのことを完全に理解しているわけじゃない。でも、明らかに、その大部分には経済を罪と罰の道徳劇として見ようとする強烈な願望があり、その中では、罪人は労働者や政府であって銀行ではないというのが当たり前とされる。痛みは政策の不本意な結果ではなく、当然起こるべきものとされている。

How obsessive are these people? So obsessive that when the financial doom they predict fails to materialize, they consider this a bad thing: punishment must be administered, so what are the markets waiting for? Here’s Alan Greenspan a while back:
こういった人々はどれほど執ようなのか? あまりに執ようすぎて、彼らの予言した金融的破滅が実現しなかった時には、それを悪いことだと考えてしまう:罰は執行されなければならない、それなら市場は何を待っているというのか? 少し前のアラン・グリーンスパンの発言がある:

Despite the surge in federal debt to the public during the past 18 months―to $8.6 trillion from $5.5 trillion―inflation and long-term interest rates, the typical symptoms of fiscal excess, have remained remarkably subdued. This is regrettable, because it is fostering a sense of complacency that can have dire consequences.
過去18ヶ月の間、公の連邦債務が急増している―5兆5千億ドルから8兆6千億ドルに達している―のに、インフレや長期金利といった財政の行き過ぎを示す典型的な兆候は驚くほど抑制されている。これは遺憾なことだ、なぜなら、それは悲惨な結末をもたらす可能性のある自己満足感を育てることになるから。


Gosh, it’s regrettable that the markets aren’t confirming my warnings! And today Ronald McKinnon laments, yes, laments the failure of the invisible bond vigilantes to show themselves ― they’re supposed to be “disciplining the government”, so why aren’t they here?
うへー、市場が自らの警告を確証してくれないから遺憾だって! そして、今日、ロナルド・マキノンは嘆き悲しんでいる、そう、見えない債券自警団が姿を見せてくれないことを嘆き悲しんでいる―彼らが「政府を鍛えてくれる」はずだった、それなら、どうして彼らはここにいないのか?

Just to reiterate a point I’ve made before, none of this reflects actual economic theory. Throughout this crisis, people like Adam Posen and yours truly have been basing our arguments on standard textbook macroeconomics, whereas the Very Serious People have been making up stories on the fly to justify their calls for pain. As Wolf, who really seems to have eaten his Wheetabix, puts it,
僕が以前から主張していることを今反復させてもらうと、これらの中に実際の経済理論を反映したものは何もない。この危機を通して、アダム・ポーゼンやこの僕のような人々はその論拠を標準的なマクロ経済学の教科書に置いてきた。他方では、VSPの連中は痛みを求めることを正当化してくれるようなお話をでっち上げてきた。ウィータビクス(訳注:イギリスのシリアル)を食い続けてきたウルフはこう言う、

The waste is more than unnecessary; it is cruel. Sadists seem to revel in that cruelty. Sane people should reject it. It is wrong, intellectually and morally.
無駄は無用以上のものである。それは残酷なものだ。サディストにはその残酷さが大いに楽しいらしい。気の確かな人々はそれを拒絶すべきだ。それは知的にも、道徳的にも間違っている。


And this cruelty rules our world.
そして、この残酷さが僕らの世界を支配している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。