スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dear Ben: It’s Not 2007 Anymore/November 3, 2011, 9:58 AM

Dear Ben: It’s Not 2007 Anymore 親愛なるベン:もう2007年じゃないんだ

The Federal Open Market Committee has spoken. It expects very high unemployment for at least the next three years, while it expects inflation to be below target. By any interpretation I can think of, the Fed therefore expects to fail to honor its dual mandate of price stability and full employment. To deal with this shortfall, it proposes doing … nothing.
連邦公開市場委員会が声明を発表した。少なくともあと3年間は非常に高い失業率が続く一方、インフレは目標を下回るという予想だ。どう解釈しても、FRBは物価の安定と完全雇用という二重の任務の遂行に失敗すると予想していることになる。この失態に対処するためにFRBが提案していることといったら…なにもない。

But that’s not what has me upset, since that’s been the way of things all along. What got me was Ben Bernanke’s response to a question about whether the Fed might adopt nominal GDP targeting, or more broadly change its policy framework in some way that might help us escape the Lesser Depression. And his answer was no, because the standard approach has demonstrated “its benefits in terms of macroeconomic stabilization”.
だが、こんな流れはずっと続いているから、僕を驚かせたのはそのことじゃない。僕をイラつかさせたのは、FRBが小恐慌から我々を救い出すために名目GDPターゲットを採用するのか、もしくは、ある意味もっと広範囲に政策フレームワークを変更する可能性があるのかという疑問に対してのベン・バーナンキの返答だ。彼の答えはノーだ、なぜなら標準的なアプローチは「マクロ経済学的安定化の条件の下で、その利点」が証明されているからだと言う。

Oh, my. Look, here’s a crude calculation – the variance of the unemployment rate over the previous 10 years:
なんとまあ。ほら、ここに加工されてない計算値がある―過去十年にかかる失業率の分散:

110311krugman1-blog480.jpg

You can see the Great Moderation, which might have led the Fed to believe, circa 2007, that it had this stabilization thing under control. But now, after four years and counting of slump?
FRBが安定化とやらをコントロールできていたと信じさせようとしている2007年ごろの大安定期を見てとれるだろう。だけど今、その後4年以上続いている不況は?

And anyway, we don’t want “stabilization” right now – we want an escape from a slump that is crushing our future. This is no time to be basing policy on hopes that one of these years we’ll find ourselves back in the Great Moderation.
いずれにせよ、僕らは今「安定化」なんて求めてない―僕らが求めているのは未来を押し潰している不況から抜け出すことだ。近い将来、ひとりでに大安定期にまい戻るという願望に政策の基礎を置いている時間なんてない。

I have always had the working assumption that Bernanke was being as dovish as he could manage given his board, that in private he understood just how much we need radical action. Maybe not – and that’s very bad news.
僕は、常に、バーナンキは彼の立場で可能な限りハト派であり、個人としてはどれほど急進的な行動が必要であるか理解していると考えようとしてきた。たぶん、それは間違いなんだろう―そして、それは非常に悪いニュースだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。