スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lake Wobegon, Europe/December 5, 2011, 11:01 AM

Lake Wobegon, Europe ヨーロッパのレイク・ウォビゴン村

Ezra Klein reports on his conversations with Germans:
エズラ・クラインがドイツ人と行った対話について報告してくれている:

The German embrace of austerity raises an obvious question: If Southern Europe is to cut and tax, how will they grow? The German answer, put simply, is, “like we did.” Ten years ago, the Germans are quick to note, unemployment in Germany was 10 percent and structural deficits were large. Germany was called “the sick man of Europe.” They attribute their subsequent success to a series of painful reforms they made to their unemployment insurance system, their health-care sector, and other pieces of their social safety net. Many figure that if they could do it, so too can Southern Europe. In truth, it’s probably not that easy ― Southern Europe doesn’t have the industrial strength that Germany does, and no longer even controls its own currency levels ― but it makes sense to the man on the street.
ドイツが緊縮財政を奉じていることについて明白な疑問がある:もし南ヨーロッパが支出削減をして増税をしないといけないのなら、彼らはどうやって成長すればいいのか? ドイツ人の答えは簡単に言うと「我々がやったようにやればいい」だ。 10年前、ドイツ人は失業率が10%にもなり、構造的赤字が巨額であることを迅速に認めた。ドイツは「ヨーロッパの病人」と呼ばれた。彼らはその後の成功を失業保険システムやヘルスケア部門、その他の社会保険システムになされた一連の痛みのある改革に帰している。多くの人は、彼らがそれをできたのなら南ヨーロッパにもできるだろうと考えている。実際には、おそらくそれほど簡単ではない―南ヨーロッパはドイツほどの産業力を持たないし、通貨をコントロールすることさえもはやできない―それは一般の人でもわかることだ。


Actually, it’s much worse than Ezra says. Here’s the key to the German recovery:
実際には、エズラが言うよりもずっと酷い。これがドイツ復活の鍵だ:

120511krugman2-blog480.jpg

Germany moved from small current account deficits (the current account is a broad version of the trade balance) to massive, and I mean massive, surpluses.
ドイツの経常収支は少しの赤字(経常収支とは貿易収支の広義のもの)から巨額の、そうだ、巨額の黒字になった。

So what the Germans are in effect saying is that everyone should run huge trade surpluses.
だから、ドイツ人が結果として言っていることは、全ての国が巨額の貿易黒字を計上すべきだということになる

May I humbly suggest that this poses an arithmetic problem?
僕は腰を低くして、それには算術的な問題が生じますよって言ったほうがいいのかな?

And this isn’t trivial ― the adding-up constraint, the point that if Southern Europe is going to shrink its trade deficits somebody has to move in the opposite direction, is the core of the problem.
そして、これは些細なことじゃない―加法制約、つまり南ヨーロッパの貿易赤字が縮小すれば、どこかの国は逆方向に行かないといけないということこそがこの問題の核心なんだ。


翻訳の感想:Lake Wobegonとは、レーリー・ホーム・コンパニオンというラジオ番組に登場する架空の村のこと。その町に住む人々は「誰もが平均以上」の能力を持っている……と思っている。転じて、意識調査などで対象者のほぼ全員が「自分が平均以上」という意識を持つというような、事実と矛盾するような状況をさす。ソース
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。