スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Further Note On Deficits and the Printing Press/March 26, 2011, 3:50 pm

A Further Note On Deficits and the Printing Press 赤字予算と輪転機のことでもう一言

A followup on my printing press post: I think one way to clarify my difference with, say, Jamie Galbraith is this: imagine that at some future date, say in 2017, we’re more or less at full employment and have a federal deficit equal to 6 percent of GDP. Does it matter whether the United States can still sell bonds on international markets?
私の輪転機の記事への補足:ジェミー・ガルブレイスと私の違いを明らかにするのは次のようなことだ:将来のいつかの時点で、2017年としよう、我々が多かれ少なかれ完全雇用で、なおかつGDPの6%に等しい赤字予算を計上しているとする。アメリカが国際債券市場で国債を売ることができるかどうかが重要だろうか?

As I understand the MMT position, it is that the only thing we need to consider is whether the deficit creates excess demand to such an extent to be inflationary. The perceived future solvency of the government is not an issue.
私はMMTの立ち位置を理解している。そこでは考える必要がある唯一のことは、赤字がインフレを引き起こす程度まで超過需要を作り出せるかどうかだ。将来の政府の支払い能力は問題じゃない。

I disagree. A 6 percent deficit would, under normal conditions, be very expansionary; but it could be offset with tight monetary policy, so that it need not be inflationary. But if the U.S. government has lost access to the bond market, the Fed can’t pursue a tight-money policy — on the contrary, it has to increase the monetary base fast enough to finance the revenue hole. And so a deficit that would be manageable with capital-market access becomes disastrous without.
私はそれに同意しない。正常な状態では6%の赤字予算はかなり膨張的なものだ:それは将来の金融政策の引き締めによって相殺される、だからそれはインフレ的であることを必要としない。しかしアメリカ政府が債券市場にアクセスできなくなれば、FRBは金融引き締めを追及できない―反対に、歳入の穴を埋めるのに十分なほどマネタリーベースを増やさなければいけなくなる。そして資本市場へアクセスできれば維持可能であった赤字予算が、それなしでは大災害となっていしまう。

Now, this has NOTHING TO DO WITH OUR CURRENT SITUATION: the rapid growth in monetary base since 2007 has taken place because the Fed is trying to rescue the economy, not because it’s trying to finance the government — and that base growth can and will be reversed as soon as the economy gets anywhere close to full employment. (Actually, the big danger is that it will be reversed too soon.) So at the moment this is just an intellectual exercise. Still, it’s a point that needed making.
このことは我々の現在の状況とは関係がない。2007年以来マネタリーベースは急成長しているが、それはFRBが経済を救おうとしてのことであって、政府をファイナンスするためではない。マネタリーベースの成長は完全雇用に近い状態になればすぐに逆回転できるし、そうなるだろう(実際、大きな危険はそれがあまりにも早く逆回転されることだ)。そう、現在は知的なエクササイズの時だ。必要とされるのはそのことである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。