スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Irish Competitiveness (Wonkish)/December 19, 2011, 9:20 AM

Irish Competitiveness (Wonkish) アイルランドの競争力(オタク風)

More abut Ireland: one of the reasons it has been touted as a great success story for austerity is the fact that unit labor costs have fallen sharply, suggesting that Ireland is well along in the process of “internal devaluation”.
さらにアイルランドについて:その国が財政緊縮策の偉大なサクセス・ストーリーとして喧伝されている理由の一つは単位労働コストが急速に下落しているという事実があるからで、そのことはアイルランドがうまいこと「内的切り下げ」の過程にあるということを提示している。

But there’s a puzzle here. If you look at Irish nominal wages, they have fallen only slightly:
だがここに難問がある。アイルランドの名目賃金を見ると、少しだけしか下落していないんだ:

121011krugman1-blog480.jpg

That still adds up to a significant fall in relative costs, because wages have risen elsewhere in the euro area. But it’s nothing like the big competitiveness gain we’ve been hearing about. That, it turns out, comes in large part from a surge in measured productivity, calculated, as best I can tell, by real value-added per worker.
他のユーロ圏では賃金が上昇しているから、それは相対コストの有意味な下落に向けての一助にはなってる。だが、それは我々が聞いている競争力が大幅に向上しているといったものではない。それは、実際、僕が理解しているところでは、大部分が労働者一人当たりの実質付加価値によって計算される生産性の測定値の急上昇から来ている。

And I had a suspicion here, which I shared with Kevin O’Rourke, who it turns out had the same suspicion ― and who pointed me to work by the Irish central bank (see Box A in the first-quarter 2011 report) that lends support to this argument. It seems likely that a large part of the apparent gain in Irish competitiveness is a statistical illusion.
僕はこのことに疑念を持っていたんだが、ケビン・オルークもそうだった、そしてそれは同じ疑念だったんだ―彼はアイルランド中央銀行の報告書(2011年第一四半期のボックスAを見てほしい)がこの論点の裏づけとなることを指摘してくれた。アイルランドにおける外見上の競争力向上の大部分は統計的な幻覚のようだ。

How so? Well, Ireland is an economy that generates a lot of GDP ― but not much GNP ― out of capital-intensive, foreign-owned export sectors, such as pharma. And what has happened in the austerity era is that these sectors, which aren’t selling to the domestic market, have held up much better than labor-intensive sectors serving that domestic market. And this causes a spurious increase in labor productivity: if you lay off a construction worker but don’t lay off a pharma worker who basically watches over very expensive machines that produce a lot of output, it looks as if productivity has gone up, but in any individual sector nothing has happened.
どうしてそうなるのかって? アイルランドは製薬会社のような資本集約的な外資の輸出部門によって多額のGDP(国内総生産)を生み出す経済だ―だがGNP(国民総生産)はそれほどではない。財政緊縮の時代に起こったことは、それらの国内市場では販売をしていない部門が国内市場に従事する労働集約的な部門よりもずっと上手く持ちこたえていたということだ。そして、このことがうわべだけの労働生産性向上をもたらした:もし建設作業員を解雇する一方で、基本的には大量の製品を製造する非常に高価な機械を監督している製薬会社の社員を解雇しないなら、生産性が上昇しているように見えるが、個人に目を向けるとそんなことは起きていない。

The Irish central bank has tried to tease out these effects; here’s a picture up through 2010:
アイルランド中央銀行はこれらの効果を抜き出そうとしている;ここに2010年までのグラフがある:

121911krugman1-blog480.jpg

It’s a bit small, but the line at the bottom shows relative unit labor costs the way they’re often reported; the blue line at the top shows what happens when you correct for compositional effects.
ちょっと小さいんだけど、一番下の線がたびたび報告されている相対的な単位労働コストを示している;一番上の青い線が組成上の効果を是正したらどうなるかを示している。

I’d like to see an update, of course. But it looks as though much ― not all ― of the apparent success of Ireland in achieving internal devaluation may be a statistical illusion.
もちろん、僕は最新のデータを待ちたいと思う。だが、アイルランドが内的切り下げを達成したという外見上の成功は大部分―全てではないが―統計上の幻覚のようだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。