スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oh! What A Lovely War!/August 15, 2011, 10:58 AM

Oh! What A Lovely War! オー! なんとステキな戦争!

World War II is the great natural experiment in the effects of large increases in government spending, and as such has always served as an important positive example for those of us who favor an activist approach to a depressed economy. Christy Romer is very much on the same wavelength.
第二次世界大戦は政府支出を激増させることによる効果を示す壮大な自然実験だ。そして、それは、経済が落ち込んでいる時に積極的なアプローチを取ることを支持する我々のような人々にとって、常に、重要な肯定的事例として機能している。クリスティ・ローマーはまったくもって同じ波長の人物だ。

It’s especially relevant because in the 1930s, as today, many wise heads insisted that unemployment was structural, that many of the unemployed could not be gainfully employed no matter how much demand increased. Then demand actually did increase, and as Christy says,
今日と1930年代は、多くの賢い人々が失業は構造的なものであり、失業者の多くは、需要がどれほど増加しようと、給料をもらえる仕事に就くことはできないと主張している点で特に関連が深い。その後、需要は実際に増加した。そしてクリスティは言う、

But World War II has something to tell us here, too. Because nearly 10 million men of prime working age were drafted into the military, there was a huge skills gap between the jobs that needed to be done on the home front and the remaining work force. Yet businesses and workers found a way to get the job done. Factories simplified production methods and housewives learned to rivet.
だが、第二次世界大戦が我々に教えてくれることがまだある。なぜなら、ほぼ1000万人の働き盛りの男性が軍事部門に召集されたが、銃後で必要とされる仕事と残されていた仕事との間には大きなスキル・ギャップがあった。だが、ビジネスと労働者は仕事をこなすための手段を見出した。工場は生産方法を単純化して、主婦はリベットの留め方を身につけた。

Here the lesson is that demand is crucial ― and that jobs don’t go unfilled for long. If jobs were widely available today, unemployed workers would quickly find a way to acquire needed skills or move to where the jobs were located.
ここでの教訓とは、需要は決定的であるということだ―そして、仕事がずっと埋められないでいることはない。今日、失業者は仕事に就くことができれば、すぐに必要なスキルを獲得するし、仕事のある場所に移っていくだろう。


Oddly, however, people on the right have taken to claiming that World War II actually weakens the case for stimulus. One line, due to Robert Barro, is that it shows fiscal expansion failing because private spending actually fell. Duh. As Christy says, there was consumer rationing ― spending was forced to fall. Also, something she doesn’t note, there were severe restrictions on private construction, which meant that investment not related to the war effort was also forced to fall.
しかし、奇妙なことに、右派の人々は、第二次世界大戦は刺激策を支持する論拠を弱めるものと受け取っている。一方の路線が、ロバート・バローによるもので、財政拡張策は、民間支出が実際に落ち込むことによって、失敗したという主張だ。当たり前だ。クリスティが言うように、配給があったんだ―支出は落ち込むよう強制された。彼女は言ってないが、民間の建設にも厳しい制限があった。戦争遂行努力に関係のない投資も減らされるように強制された。

Recent work by Gordon and Krenn takes this even further by looking at the effects of the prewar defense buildup:
ゴードンとクレンによる最近の研究は、戦争前の防衛増強の影響を見ることによって、このことをより深く取り上げている:

After reviewing evidence from the 1940-41 editions of Business Week, Fortune, and The New York Times, Gordon and Krenn document that the American economy went to war starting in June 1940, fully 18 months before Pearl Harbor. In February 1941 fully one percent of the American labor force was at work building army training camps for 1.4 million new draftees. Employment in ship-building to expand the U. S. Navy and to supply Lend-Lease aid to Britain accounted for another one percent of the labor force in 1941. As early as June 1941, capacity utilization had reached 100 percent in the production of iron and steel and durable goods of all types.
1940-41年に発行されたビジネス・ウィーク、フォーチューン、ニューヨーク・タイムズを再調査した後に、ゴードンとクレンは、アメリカ経済は1940年6月、真珠湾の優に18ヶ月前には戦争に突入していたことを証明している。1941年2月には、アメリカの労働力の優に1%が140万人の新規兵のためのトレーニング・キャンプ建設に従事していた。アメリカ海軍拡張のための船舶建造とイギリスへの武器貸与のための雇用が、1941年の労働力の内さらに1%を占めることになった。1941年6月の時点で早くも、鉄鋼とあらゆる種類の耐久財の生産にかかる働率は100%に達していた。


And they show that during the period before capacity constraints were hit, the multiplier was actually fairly high.
そして、彼らが示すところによると、生産能力が限界に達する前には、乗数は実際かなり高かった。

But never mind. Matt Yglesias heroically actually reads Rick Perry’s book, and learns that
だが、気にする必要はない。マット・イグレシアスは、英雄的にも、実際にリック・ペリーの本を読んで、次のことを学んだ

― 9. Private Enterprise Blossomed Under Conscription and Wartime Price Controls: Not only does he argue that the New Deal failed to end the Great Depression, but he asserts “recovery did not come until World War II, when FDR was finally persuaded to unleash private enterprise.” (page 48)
―9. 民間企業は徴兵と戦時価格制限の下で花開いた:彼が主張するには、ニューディール政策は大恐慌を終わらせることに失敗しただけでなく、「第二次世界大戦が始まるまで景気回復は来なかった。その時になって、ルーズベルトは説得されてようやく民間企業を解き放った」(48ページ)。


Nothing shakes the faith of a true believer.
真の信奉者が抱く信念を揺り動かすものなど存在しない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。