スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wages, Jobs, Texas, and the World/August 15, 2011, 8:36 AM

Wages, Jobs, Texas, and the World 賃金、仕事、テキサス、そして世界

I’m starting to get reactions to today’s column. Some of them are the kind that make me despair: “The fact is that free-market Texas is doing great while socialist California is a disaster!” Sometimes I really do wonder whether it’s even worth trying to make rational arguments.」
そろそろ今日のコラムの反応が返ってきている。その中にはうんざりさせられる種類のものもある:事実は、自由市場のテキサスが上手く行っている一方で、社会主義のカリフォルニアは悲惨ってことだ! 時々、私は本当に理性的な議論をする価値があるのか分からなくなる。

But there’s a fair bit about my assertion that an individual state can attract jobs from other states via low wages, but this won’t work if every state tries to do it. Readers ask, what about competing with other countries? Fair question, which I had nowhere enough space to address in the column. So here’s the explanation.
だが、低賃金を通して、一つの州が他の州から仕事を引っ張ってくることはできるが、全ての州が同じことをすれば、これは機能しないと私が断言したことに関して、かなり反響があった。読者は問う、他の国との競争についてはどうなるのか? 適正な疑問だ。そのコラムで扱うには十分なスペースがなかった。だから、ここで説明しておこう。

First, there’s a huge quantitative difference. Yes, the United States as a whole is open to trade with the rest of the world, but not nearly to the same extent that Texas is open to trade with the world including the other states. Cost competition just matters much more at the state level.
最初に、重大な量的相違が存在する。確かに、全体としてのアメリカは他国との貿易に開放的だが、テキサスが他の州も含む残りの世界との貿易に開放的である程度には程遠い。コスト競争力は州レベルではずっと重要である。

Second, a large part of US trade is with countries whose currencies float freely against the dollar. And lower US wages would lead to a stronger dollar, negating any cost advantage against these countries. What’s left is a few emerging market nations, above all China. That’s significant, but when all is said and done competition with China affects only a few percent of GDP ― enough to matter, but not enough to make cost competition on that front nearly as important as cost competition between US states.
2つ目に、アメリカの貿易は、ドルに対してその通貨が自由に変動する国とのものが大部分だ。アメリカの賃金が低下すると、ドルが強くなり、他国に対してのコスト優位性は打ち消される。残されるのは少数の新興市場国、とりわけ中国だ。それは重要ではあるが、結局のところ、中国との競争はGDPの数%ほどしか影響を与えない―重要というには十分だが、アメリカの州間においてコスト競争力がもつ重要性とは比べものにならない。

Finally, if you want to make the United States more competitive against China, pressure China to let the renminbi rise. Cutting wages all across the economy, with all the pain and deflationary pressure that would involve, so as to compensate for China’s currency peg would be crazy.
最後に、もしアメリカの競争力を中国に対してもっと高めたいなら、中国に人民元を上昇するに任せるように圧迫すればいい。あらゆる苦痛とそこに含まれるデフレ圧力があるのに、中国の通貨ペッグ制を埋め合わるために、全般的な経済で賃金を引下げるというのはクレイジーだ。

So yes, the case is a bit more complicated than I could get into in 800 words, but the end conclusion is the same.
だから、このことは、私が800語で説明するには少し複雑すぎるかもしれないが、最終的な結論は同じものになる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。