スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Franc Thoughts on Long-Run Fiscal Issues/August 11, 2011, 10:18 AM

Franc Thoughts on Long-Run Fiscal Issues 長期的な財政問題についてのフラン考

Regular readers of comments will notice a continual stream of criticism from MMT (modern monetary theory) types, who insist that deficits are never a problem as long as you have your own currency. I really don’t want to get into that fight right now, because for the time being the MMT people and yours truly are on the same side of the policy debate. Right now it really doesn’t matter at all whether the United States issues zero-interest short-term debt or simply prints zero-interest dollar bills, and concern about crowding out is just bad economics.
このブログの愛読者なら、コメントの中で、現代金融理論(MMT)の連中が断続的に批判しに来ているのに気づくだろう。彼らが主張するには、財政赤字は独自通貨を持っている限り問題にはならない。私は本当に、今、彼らと言い争う気はない。なぜなら、現時点で、MMTの人々と私はこの政策論争に関して同じ側にいるからだ。今、アメリカが、ゼロ金利で短期国債を発行するか、単に利子のないお札を印刷するかはまったく重要ではないし、クラウディング・アウトについて心配するのは間違った経済学でしかない。

But we won’t always be in a liquidity trap. Someday private demand will be high enough that the Fed will have good reason to raise interest rates above zero, to limit inflation. And when that happens, deficits ― and the perceived willingness of the government to raise enough revenue to cover its spending ― will matter.
だが、我々は常に流動性の罠の中にいるのではない。いつか、民間需要が十分に高くなれば、FRBはインフレを制限するために、利子率をゼロ以上に引き上げる理由になるだろう。そして、それが起こる時、財政赤字―そして、政府がその支出を賄うために十分なだけ歳入を意識的に上げようとすること―は重要になる。

I have a specific example that illustrates my point: France in the 1920s, which I wrote about in my dissertation lo these many years ago. Like many nations, France came out of World War I with very large debts, peaking at 240 percent of GDP according to this recent IMF presentation (pdf, slide 17). And France was unable politically to raise enough taxes to cover the cost of servicing that debt. And investors lost confidence in the government’s solvency.
この点を具体的に例証するよい例がある:1920年代のフランスだ。私は数年前にこのことを学術論文に書いている。多くの国と同じように、フランスは第一次世界大戦が終わったときには多額の債務を抱えていて、最近のIMFの発表によると(pdf、17ページを見てほしい)、ピーク時にはGDPの240%に達していた。フランスは政治的にその(行政)サービスのコストを賄うために十分なほど税金を上げることができなかった。そして、投資家は政府の弁済能力を信頼しなくなった。

Various expedients were tried, including ― late in the game ― creation of monetary base, which was advocated by a finance minister on the (very MMT) grounds that the division of government liabilities between currency and short-term bills made no difference. But it turned out that it did: the franc plunged, and the price level soared.
様々な対症療法が試みられた、その中には―ゲームの終盤で―マネタリー・ベースの創造も含まれる。それは、政府債務を貨幣と短期国債で分けるのは意味がないという(まさにMMT的な)理論の元、財務大臣によって提唱されたものであった。だが、実際には違いがあることが明らかになった:フランは下落し、物価水準は急騰した。

Now as it turned out this was just what the doctor ordered: because France’s budget problem was overwhelmingly the debt overhang rather than current spending, inflation eroded the real value of that debt and made possible the Poincare stabilization of 1926.
現在では、これは、医師が指示するであろう政策そのものであることが分かっている:ならなら、フランスの予算の問題は、現在の支出と比べて、圧倒的に債務が大きすぎるということであるから、インフレが債務の実質価値を浸食することになり、1926年のポアンカレ安定が可能になった。

So what does this say about the United States? At a future date, when we’re out of the liquidity trap, public finances will matter ― and not just because of their role in raising or reducing aggregate demand. The composition of public liabilities as between debt and monetary base does matter in normal times ― hey, if it didn’t, the Fed would have no influence, ever. So if we try at that point to finance the deficit by money issue rather than bond sales, it will be inflationary.
この事はアメリカについて何を語っているのだろうか? 将来、流動性の罠から抜け出した時、公的な資金繰りが重要になる―政府の役割は総需要を上げ下げするだけではない。公的負債の借金とマネタリー・ベースの間の構成は、通常時には重要である。まあ、それが重要でないと言うなら、FRBはどんな影響も与えることはできないだろう。だから、この点において、我々が国債を売ることよりも、貨幣を発行することで借金を埋めようとするなら、それはインフレを引き起こすだろう。

And unlike France in the 1920s, such a hypothetical US deficit crisis wouldn’t be self-correcting: the biggest source of our long-run deficit isn’t the overhang of debt, it’s the prospective current cost of paying for retirement, health care, and defense. So such a crisis ― again, it’s very much hypothetical ― could spiral into something very nasty, with very high inflation and, yes, hyperinflation.
そして、1920年代のフランスとは違って、仮想的なアメリカの財政危機は自己制御的なものにはならない:長期的な財政赤字の最も大きい源は債務が大きすぎることではない。それは、将来見込まれる年金、医療費、そして防衛費コストの現在原価である。そして、そのような危機は―再び言うが、まったくの仮想的なものである―非常に辛いもの、非常に高いインフレ、そして、ああ、ハイパーインフレにまでスパイラル的に悪化する可能性がある。

Now, all of this is remote right now. And notice too that France in the 1920s stabilized with debt of 140 percent of GDP ― far higher than the numbers that are supposed to terrify us now. So none of this is relevant to the current policy debate.
今現在では、こういった事とはほど遠い。そして、1920年代のフランスがGDPの140%で安定していた―これは、今、我々を恐れさせるであろう数字よりずっと高いものだ―ことにも注意してほしい。だから、これは現在の政策論争と関係がない。

But since the MMTers seem to have decided to harass those of us who want stronger action now but think there really is a long-run fiscal issue, I needed to put this out there.
だが、MMTの連中は、現在は積極的な行動を求めているものの長期的な財政問題というものは実際に存在すると考える我々を困らせようと決め込んでいるので、私はこのことについて説明しておく必要があった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。