スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nobodies of Macroeconomics (Very Wonkish)/March 21, 2011, 2:21 pm

Nobodies of Macroeconomics (Very Wonkish) 存在しないはずのマクロ経済学者(超オタク風)

Brad DeLong, in writing about the dubious state of economics as a discipline (at least in some quarters), offers a useful set of quotes and links from freshwater economists who were shocked, shocked at the idea that anyone imagined that fiscal expansion might be expansionary. Brad stresses these economists’ ignorance of intellectual tradition. But they were and still are amazingly ignorant of what contemporary economists who don’t happen to be part of their hermetic world have been doing.
学問としての経済学の危うい状態について書いている(少なくともここ数四半期は)ブラッド・デロングが、あらゆる人が財政の拡大は経済を拡張させるものという考えを持ってることにショックを受けている淡水学派の経済学者による発言を引用したものやリンクを便利なことにまとめて提示してくれている。ブラッドはこれらの経済学者が知的伝統に無知であることを強調している。でも彼らはたまたまその閉鎖的な世界に所属していないというわけではない現代の経済学者がやっていることにも驚くほど無知である

In my world — and by this I mean my narrowly professional world as a research economist — the big development of the 1990s was the updating of Mundell-Fleming by Maury Obstfeld and Ken Rogoff. Mundell-Fleming is the classic application of IS-LM models to open economies; Obstfeld-Rogoff redid it in terms of New Keynesian modeling, which itself was created during the 1980s by Akerlof, Yellen, Mankiw, Blanchard, Kiyotaki, and others. Over time, the O-R work gave rise to a whole genre of New Open Economy Macroeconomics.
私の世界では―今までずっと私の中でどうにかプロの世界といえるのは、調査研究をする経済学者である―1990年代の大きな発展はモーリス・オブスフェルドとケン・ロゴフによるマンデル・フレミング理論の更新である。マンデル・フレミング理論はISモデルの開放経済への古典的な応用である。そしてオブスフェルド・ロゴフはそれをニューケインジアンモデルのもとでとらえなおしたものだ、そのモデル自体は1980年代のアカロフ、イエレン、マンキュー、ブランシャール、清滝らによって構築された。時を経て、O-R理論は新しい開放マクロ経済学の全てのジャンルの元となった。

When I started working on the liquidity trap, Obstfeld-Rogoff was in the back of my mind, although I was always looking for ways to make the models (much) simpler, among other things by pushing the open-economy side of things to the background. To be clear, I don’t actually believe in all the intertemporal maximization that goes on in these models; but I find it very useful nonetheless to see whether my intuitions can be borne out within that kind of framework, if only to be sure that the argument is internally consistent.
私が流動性のわなを研究し始めた時、オブスフェルド・ロゴフ理論は心の隅にあった。(もっと)モデルをシンプルにする方法を考えていたのに、開放経済のことは後ろにどけて他の事を考えていた。当然だが、私はこれらのモデルに出てくる異時点間最適化を実際には全く信じていない。でも私の直感が、これらの種類の枠組みから生まれるかどうか見るだけでも役に立つと分かった、その論理が内部的に一貫性があるか確認するだけであったとしてもだ。

And one of the things O-R considered, right from the get-go, was fiscal policy. In the linked 1994 paper they showed, among other things, that a temporary fiscal expansion “works” even with Ricardian equivalence; and that when there are unemployed resources, the expansion of government spending need not come at the expense of private spending, but instead comes from putting additional resources to work.
そしてその始めからO-R理論が考慮したものの一つが財政政策だ。後の1994年の論文で彼らは、他のことと共に、一時的な財政拡大はリカードの等価原理の元であれ「作用する」ことを示した。つまり失業者が存在するなら、政府の支出拡大は民間の支出を妨げとならず、代わりに追加的なリソースを動員する。

And so I was somewhat stunned when, as the fiscal debate unfolded, we had all these Chicago types sneeringly asserting that “nobody”, except possibly people at “third-tier” departments, has believed for decades that fiscal expansion can actually expand demand; Obstfeld and Rogoff are pretty prominent nobodies. I was equally stunned by assertions that Ricardian equivalence would wipe out any expansionary effect from fiscal policy, and that government spending necessarily crowds out an equal amount of private spending, when influential modern papers have shown quite clearly, and as rigorously as anyone could want, that it just ain’t so.
そして財政政策が議論される際、シカゴタイプの経済学者が、ここ数十年「三流の」大学のやつ以外に財政政策が需要を拡大するなんて信じるやつは「誰もいない」だろうと嘲笑って主張するのはいくらか驚きである。オブスフェルドとロゴフは著名であるのに存在しないことになっているからだ。またリカードの等価原理が財政政策のあらゆる景気拡大効果を無効化し、政府支出が必ずそれと同額の民間支出を締め出すという主張も、現代の影響ある論文がどんなに厳密に考えてもそれが明らかに正しくないことを示していることを考えると同じように驚かされる。

But in retrospect, it’s quite clear: Lucas and Sargent declared final victory over all things Keynesian in the 1970s, and the closed minds of their followers were such that they didn’t even notice the revival of Keynesianism that took place over the three decades that followed.
しかし振り返ってみると、それは当然のことなのだろう。1970年代にルーカスとサージェントはあらゆるケインジアンに最終的な勝利を宣言した。彼らの後継者は酷く狭量であったので、続く30年間に起こるケインジアンの復活を気づくことさえできなかったんだから。

And Brad is right: if you’ve reached the point where you don’t pay attention to anything that might disturb your orthodoxy, you’re not doing science, you’re not even pursuing a discipline. All you’re doing is perpetuating a smug, closed-minded sect.
そしてブラッドは正しい。もしその信念をかき乱すようなことには注意を払わないというなら、それは科学じゃない。それは教義を追求することすらしていない。独り善がりで、狭量なセクトを永続しようとしてるだけだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。