スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aaauuuggghhh! Market Commentary Edition/August 8, 2011, 11:08 AM

Aaauuuggghhh! Market Commentary Edition あああああ!市場論評版

Carnage in stock markets as I write ― and all of the headlines I see attribute it to S&P’s downgrade.
私が書いたように、株式市場の大虐殺だ―そして、私が見た全てのニュース見出しで、それをS&Pの格下げのせいにしている。

They really are trying to make my head explode, aren’t they?
彼らは本当に私をキレさせようとしてるんじゃないのか?

Once again: S&P declared that US debt is no longer a safe investment; yet investors are piling into US debt, not out of it, driving the 10-year interest rate below 2.4%. This amounts to a massive market rejection of S&P’s concerns.
もう一度言おう:S&Pは、米国債がもはや安全な投資対象ではないと宣告した。だが、投資家は米国債に殺到しているんであって、逃げ出しているんじゃないから、10年物国債の利子率は2.4%を切っている。これは、S&Pの懸念を市場は頑強に拒絶していることを意味する。

The “signature” of debt concerns should be stock and bond prices both falling; what we actually see is those prices moving in opposite directions. And that’s normally the signature of concerns about a weak economy and deflation risk (see Japan, decline of).
債権への懸念の「サイン」は、株価と債券価格両方が下落することになるはずだろう:我々が実際に見ているものは、それらの価格がそれぞれ逆方向に動いているということだ。そして、一般的に、それは弱い経済とデフレの危機への懸念のサインである(日本を見よ、あの国の衰退を)。

What triggered economy fears? To some extent I think this is a Wile E. Coyote moment, with investors suddenly noticing just how weak the fundamentals are. Also, the mess in Europe.
何が経済的不安の引き金を引いたのか? ある程度まで、私はこれをワイリー・コヨーテ・モーメントだと思う。投資家は、突然、ファンダメンタルがどれほど弱いか気づいてしまった。そして、ヨーロッパの混乱にも。

And maybe, maybe there is an S&P story ― but not the one you think. Arguably, that downgrade will bully policy makers into even more deflationary, contractionary policies than they would have undertaken otherwise, which has the perverse effect of making US debt more attractive, since the alternatives are worse.
そして、たぶん、たぶんS&Pストーリーは存在する―だが、皆さんが考えるものではない。おそらく、この格下げは政策担当者をいじめて、それがなかった場合よりもっとデフレ的で、緊縮的な政策へと追い込むことになるだろう。だが、その政策は、代替資産の価値を悪化させることにより、米国債をもっと魅力的にするという天邪鬼な効果がある。

But all the Very Serious People, having totally misdiagnosed our problems so far, will probably double down on that wrong diagnosis as markets fall.
だが、我々の問題を完全に誤診している全ての「非常に真面目な人々」は、おそらく、市場が続落するのに合わせて、さらにその間違った診断に賭けることになるだろう。


翻訳の感想:Wile E. Coyote momentは、『トムとジェリー』のアニメなんかで、追いかけっこしてる時などに崖に気づかずにしばらく空中を走って、一拍おいてから落ちていくというネタがある。その気づいた瞬間のようだと言うこと。
coyotemarch11.jpg


追記:この記事は道草でもう伊藤春彦さんが翻訳してましたね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。