スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Asymmetrical Ignorance (Wonkish and Self-Indulgent)/March 21, 2011, 5:32 pm

Asymmetrical Ignorance (Wonkish and Self-Indulgent) 非対称の無知(オタク風かつゴーマン)

Just a brief note on a couple of things that came up in comments on my Nobodies post.
私のNobodies postに寄せられた一連のコメントにちょっと言及しておこう。

The first is, isn’t my rejection of real business cycle theory just like the failure of freshwater economists to know about New Keynesian theory?
まず最初に、私のリアルビジネスサイクル理論家への拒絶は、淡水学派経済学者がニューケインジアン理論を理解する努力に失敗しているからではないのか?というものだ。

No, not at all. I know that RBC exists; I know how it works; I just think it’s wrong. That’s very different from the reaction of the freshwater types to Keynesian arguments, which makes it clear that they just don’t know that modern Keynesianism exists, and have no idea what underlies the arguments people on the other side are making. This is, by the way, not a new asymmetry: it’s been clear for decades that a grad student from Princeton or MIT, asked how an equilibrium business cycle type would answer a question, can do that; but a student from Minnesota or (less reliably) Chicago hasn’t the least idea how alternative models work.
違う、そうではない。私はRBCが存在することを知ってるし、その理論がどういうものかも知ってる、ただそれが間違ってると思っているだけだ。そのことはこれら淡水学派の経済学者が、ケインジアンの議論に示す反応とは全く異なっている、彼らが現代のケインジアンの理論の存在を知らないのは明らかだし、反対の陣営の人々の議論がどんな前提に基づくのか見当もつかないでいる。これは新しい類の非対称ではない。つまりここ数十年プリンストンやMITの卒業生たちは、ビジネスサイクル理論家が疑問に答えようとしている、あるいはできる均衡とはどういったものか質問し続けてきたが、ミネソタや(もっと信用できない)シカゴ出身の学生たちは代替のモデルがどう作用するのかまったくアイデアを提示していないでいる。

Um, folks, the whole point of the liquidity trap analysis is that sometimes even a zero interest rate isn’t low enough; that’s the Japanese lesson. So I’m supposed to consider that view refuted because, in Japan’s case, a zero rate has turned out not to be low enough?
皆さん、流動性のわなの分析の肝心なところは、時にゼロ金利でさえ十分低いわけじゃないということなんだ。それは日本の授業である。私は日本のケースで、ゼロ金利が十分低いわけではないということを悟ったので、ああいう見方は当然拒絶されるべきと考えた。

As for fiscal policy: again, the whole message of the analysis is that the fiscal expansion has to be large enough to close the output gap — which is why I was tearing my hair out, from day one, over the inadequate scale of the Obama stimulus. And while Japanese fiscal expansion has always been expansionary when tried (pdf), it was always stop-go, never reaching the point of actually ending deflation.
財政政策について言えば、再びその分析の肝は、財政拡大は生産ギャップを埋めるのに十分大きいものでないといけないということだ―そのことは始めの頃からオバマの不十分なスケールの財政拡大による刺激策まで私が頭をかきむしってきた問題だ。一方日本の財政拡大は、それがなされる時は拡大的であるのに、いつもそれはストップアンドゴー的なものだったので、デフレを終息させるまでの点に達することはなかった。

More broadly, I do pay attention to contrary arguments and points of view. I don’t make economists who I consider consistently wrong-headed part of my daily reading, since life is short, but I check in whenever I have reason to think that they’re making a case I need to take seriously. Regular readers may remember, for example, how I responded to fiscal policy critiques by Alesina and others — not by sneering at their academic qualifications, not by pulling rank, but by explaining why I didn’t trust their evidence; a lack of trust borne out a bit later by researchers at the IMF.
もっと広く言えば、私は反対の立場の議論や視点にも注意を払っている。私は日々目にする常に馬鹿な受け取り方をする連中をエコノミストに育てる気はない、人生は短いんだから。でも真剣に受け取るべき問題が提示されていると考えたときは、いつでもチェックしている。例えば、私の愛読者なら覚えていてくれてるかもしれないが、アレシナ達による財政政策への批判に私がどのように反応しただろうか―学問的な資格について嘲笑ったり、自己をひけらかしたりといったものでなく、彼らが示した証拠が信用できない理由を説明した;ちょっと後にIMFの調査で信頼性が欠如していることが分かった。

The point is that it’s OK to consider other economists, even a whole school of thought, wrong; what’s not OK is to be so closed-minded that you aren’t even aware that there are not obviously stupid people who disagree with you.
要は、他の経済学者のことを考えるのもいい、それが悪い種類の思想的グループであっても。駄目なのは、偏狭でありすぎるため、あなたに同意しない明らかに馬鹿というわけではない人が存在するとということを気づかなくなってしまうことだ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。