スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Political Economy of the Lesser Depression/July 16, 2011, 9:07 AM

The Political Economy of the Lesser Depression 「小恐慌」の政治経済学

Everyone in the forecasting business is scrambling to mark down both their estimates of second-quarter growth and their forecasts for later in the year. Goldman Sachs (no link) was pretty optimistic a few months ago; now they’ve grown quite pessimistic:
経済予想業界のあらゆる人が、第2四半期の成長率と1年後の予想を我先に引き下げている。数ヶ月前、ゴールドマン・サックス(リンクはない)は非常に楽観的だった。今、彼らは非常に悲観的になってきている:

071611krugman1-blog480.jpg

At this point, GS is predicting an unemployment rate of 8 3/4 percent at the end of 2012 ― five years after the Great Recession began.
この点に関して、ゴールドマン・サックスは、2012年末―「大不況」が始まって5年になる―の失業率が8+3/4%になると予想している。

They also note that the bump in underlying inflation due to commodity price hikes seems to be ebbing:
彼らは、商品価格の急騰による、潜在的なインフレの突起は減衰してきているということも記している:

071611krugman2-blog480.jpg

As I pointed out yesterday, the same thing is true of the sticky-price CPI, which is arguably the conceptually closest thing to what we really mean by core inflation:
私が昨日指摘したように、おそらくコアインフレが本当に意味するものに概念的に最も近いものである、粘着価格CPIにもそれが当てはまる:

071511krugman3-blog480.jpg

So, terrible growth prospects; low inflation; oh, and low interest rates, with no sign of the bond vigilantes. Ordinary macroeconomic analysis tells you very clearly what we should be doing: fiscal expansion and monetary expansion by any means we can manage; in fact, the case for a higher inflation target pops right out of just about any model capable of producing the kind of mess we’re in.
本当に酷い成長率の予想である。低いインフレ、そして低い利子率、債券自警団が出てくる兆しはない。通常のマクロ経済学的な分析で言えば、我々がするべきことは明らかだ。つまり、できることはどんなことをしてでも、財政的な拡大と金融的な拡大である。実際に、高めのインフレターゲットを支える論拠は、我々の苦境の一種を説明することができるほとんど全てのモデルから来るものである。

And what are we talking about in policy terms? Spending cuts and an end to monetary expansion.
そして、政策的な事柄に関して、我々は何について討論しているだろうか? 支出の削減と金融拡大の終わりだ。

I know the arguments ― fear of invisible bond vigilantes, fear that 70s-style stagflation is just around the corner despite the absence of any evidence to that effect. But why do such arguments have so much traction, while everything economists have spent the last three generations learning is brushed aside?
私はこれらの議論を知っている―そのような結果になるような証拠はまったく存在しないのに、目に見えない債券自警団への恐れ、70年代型のスタグフレーションが迫っているという恐れ。だが、なぜ、この種の議論がそんなにも牽引力を持つ一方、過去3世代にわたって経済学者が学んできたことの全てが無視されているのか?

One answer is that macroeconomics is hard; the idea that if families are tightening their belts, the government should do the same, is as deeply intuitive as it is deeply wrong.
一つの答えとしては、マクロ経済学は難しいからだ。家計が財布の紐を締めるなら、政府も同じことをすべきだ、といった考えは、それがまったく間違っているのと同じくらい、直感的に理解しやすいものだ。

But the susceptibility of politicians ― including, alas, the president ― and pundits to these wrong ideas demands a deeper explanation.
だが、政治家の流されやすさ―悲しいかな、大統領もそこに含まれる―と、こういう悪い考え方の専門家にはもっと深い説明が必要だ。

Mike Konczal ratchets up my rentier argument, arguing that what we’re seeing is
マイク・コンツァルは、私の利子生活者の議論についてのポストを一歩進めて、次のように論じている、我々が目にしているのは

a wide refocusing of the mechanisms of our society towards the crucial obsession of oligarchs: wealth and income defense.
我々の社会のメカニズムは、再び寡頭政治の本質的な強迫観念―富と所得の防衛―に広い焦点を当てるようになっている。


That has to be right. It doesn’t necessarily take the form of pure cynicism; it’s more a matter of the wealthy gravitating toward views of economic policy that make immediate sense in terms of their own interests, and politicians believing that only these views count as Serious because they’re the views of wealthy people.
それは正しいに違いない。それは必ずしも純粋な皮肉主義の形をとる必要はない。それは、裕福な人は、彼らの利益にかなうような直感的に理解できる経済政策の視点に引き寄せられる、そして、政治家は、そういった見解がまさに裕福な人々の見解であるから「まじめ」と受け取られると信じる、ということになる。

But the upshot is terrible: more and more, this really does look like the Lesser Depression, a prolonged era of disastrous economic performance. And it’s entirely gratuitous.
だが、結末は恐ろしいものだ:ますます、これは本当に「小恐慌」、長引く破壊的な経済パフォーマンスの時代に見えてくる。そして、それには完全に何の利益もない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。