スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The (Nature of) Shock Doctrine/March 23, 2011, 10:21 am

The (Nature of) Shock Doctrine ショック・ドクトリン(その本質)

Just a thought on market movements: you often see news stories confidently asserting that factor X was responsible for any given market movement. Serious observers rightly make fun of such stories; after all, how do they know? And it goes beyond funny to downright harmful when the stories assert supposed facts that actually serve some policy agenda. Lately we’ve seen that with regard to interest rates: again and again, upticks in US interest rates are asserted to be the result of debt fears, as evidence that the bond vigilantes have arrived.
市場の動きについてちょっと考えて欲しい。あなたはよく自信たっぷりにXという要因が、ある特定の市場の動きの原因であるという話を聞くだろう。真剣な観察者のそういった話は確かに面白いものだ。でも結局彼らはどうやってそのことを知ったんだろうか? そういったお話が実際には政治的アジェンダを支えるために主張されるものであるなら、おかしいというより明らかに有害であろう。最近私は利子率の上昇に関しそういったものを見た。何度も何度も。アメリカの利子率の上昇は借金の恐怖がもたらす結果であり、債務自警団が到着した証拠であるといったような主張だ。

But how can you place an interpretation on market movements? What’s the nature of the shock? One way to answer this question would be to ask the traders — although my sense is that really good traders have intuitions that generally go beyond their ability to articulate reasons. Another approach, however, is to look at more than one asset price; if you have a story about what’s driving one price, that story should make sense for the other, too.
でも市場の動きをどのようにして解釈できるだろう? そのショックの本質とは何なのか? この疑問に対する一つの答えとしては、トレーダーに聞いてみることだろう―私の感覚では、本当に有能なトレーダーにははっきりとした理由付けはできないまでも直観力を持っている。もう一つのアプローチとして一つ以上の資産価格を見ることがある。もしあなたが一つの価格を上昇させるものの話が分かるなら、他のものの価格も理解できるはずだから。

Many years ago, when the Fed still claimed to pay attention to targets for monetary aggregates, there was an observable pattern: whenever the money supply came in higher than expected, interest rates rose. But there were two interpretations. Some people said that rates went up because markets believed rising money supplies heralded future inflation; others, that rates rose because people expected the Fed to tighten to get the money supply back on target.
何年も前FRBは、貨幣量を目標にすることに注意を払っていた。そこには明らかパターンがあったから。つまりマネーサプライが予想より高くなると、利子率は高くなった。しかしその解釈には二種類あった。一方の人々は利子率の上昇は、市場が将来のインフレを予知しているためであるという考えた。他の人々は利子率が上昇しているのは、FRBがその目標に沿ってマネーサプライを引き締めると予想されるためであるという考えである。

Jeff Frankel cut through this debate by pointing out that we could look at what happened to the exchange rate. In fact, high money numbers were associated with a rise, not a fall, in the dollar — and this meant that fears of Fed tightening, not fears of inflation, were the real story.
ジェフ・フランケルはその論争に割って入り、為替相場で起こったことを我々は見ることができると指摘した。実際、マネーサプライの上昇がドル安ではなく、ドル高に結びつくなら―それはインフレへの恐れではなく、FRBの金融引き締めへの恐れが正しい話だということを意味している。

Which brings me to today’s figure: 10-year interest rates versus stock prices.
それで今日一つの図を紹介しようと思う。10年物国債の利子率と株価。

If fears of default, attacks of the bond vigilantes, were driving rates, a rise in interest rates should be associated with a fall in stock prices — because the change was about bad news. If, on the other hand, it’s about economic optimism — rates rise because people think the US will emerge from the liquidity trap sooner — stocks and rates should move in the same direction. And here’s what it looks like:
もしデフォルトや債務自警団への恐れが利子率の上昇をもたらしたなら、利子率の上昇は株価の下落と結びついているはずだ―なぜなら悪いニュースが元でその変化が起こったのだから。一方、それが経済の楽観主義―人々がすぐにアメリカが流動性のわなから脱出するだろうと考えている―が利子率を上昇させたなら、株価と利子率は同じ方向に変化するに違いない。そしてこれが示されているものだ:

fredgraph.png

It’s all about economic optimism.
それは完全に経済の楽観主義についてのものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。