スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Greenish Shootlets in Southern Europe (Implicitly Wonkish)/April 10, 2014

Greenish Shootlets in Southern Europe (Implicitly Wonkish) 南ヨーロッパの芽吹き(言うまでもなく専門的)



There are hints of recovery in some of Europe’s austerity-stricken economies. Even Greece is finally showing some signs of an uptick. And you know one thing is going to happen: some people will say, “See — growth despite austerity! Krugman and the Keynesians were wrong!”
緊縮財政が直撃した南ヨーロッパ諸国のいくつかで景気回復の兆しがある。ギリシアですらようやく経済が上向きになる兆候が見られる。そうなると、次に起こることはすぐに想像がつく:「ほら見ろ、緊縮財政をやっても成長するんだよ! クルーグマンとケインズ経済学は間違ってたんだよ!」てなことを言い出す人が出てくる。

What’s interesting is that at the very same time other people (or in some cases, I think, the same people) are pointing to the lack of recovery in the United States and declaring “This has gone on so long that it can’t be cyclical. Krugman and the Keynesians are wrong!”
興味深いのは、別の人々(同じ人々である可能性もあると思うんだが)が、アメリカは景気回復をしていない事を持って、「こんなに長い期間に不況が続いているんだから、循環的なものであるはずがない。クルーグマンとケインズ主義は間違ってるんだ!」と宣言していることだ。

So whatever happens, I’m proved wrong. So it goes.
何が起こっても、僕の間違いが証明されたことになってしまう。だから、どうしようもない。

But what we should really be doing, of course, is asking what the models (not the person) predicts. And I want to enlarge on some points I made last fall.
でも、もちろん、本当に我々がやるべきなのは、そのモデル(人ではなく)がどんな予想をしたか尋ねてみることだ。去年の秋に僕が指摘した点を拡張しておこう。

Back then I pointed out that textbook macroeconomics says that economies will eventually self-correct from adverse demand shocks, including those created by fiscal austerity. And I do mean textbook: from the World’s Best Principles Book,
その時に、教科書では、経済は逆向きの需要ショック(緊縮財政によって生み出されたものも含めて)があっても最終的には自動修復することになると指摘した。教科書と言っても、あの世界最高の初級教科書の中から:

090813krugman1-blog480.png


The idea is that high unemployment produces gradually falling wages and prices, and that the economy slides down the aggregate demand curve until full employment is restored in the long run. The problem is that this is the long run in which we are all dead — that is, the cost in output lose and lives ruined may be immense by the time you finally get there.
そこでの考え方とは、高失業率が徐々に賃金と物価を引き下げ、総需要曲線が下方にシフトすることにより、長期的には経済は完全雇用を回復するというものだ――つまり、最終的にそこに至るまで、生産の喪失と人生の破滅というコストは莫大なものになるかもしれない。

Beyond that, I noted that in a liquidity trap it’s hard to see why aggregate demand should slope down. The usual channel through which lower prices increase demand, via an increased real money supply and lower interest rates, doesn’t work; meanwhile a worsened burden of debt means that a falling price level probably reduces demand. So the aggregate demand curve slopes the “wrong” way, and the auto-correct mechanism doesn’t work:
それ以上に、以前も指摘したように、流動性の罠の中では、総需要曲線が右下がりになる理由を見出すのは難しい。実質貨幣供給量の増加と利子率の低下を通じて、物価の低下が需要を増加させるという通常のチャネル(経路)は機能しない。一方、債務負担が増加することにより、物価水準の下落はおそらく需要を減少させる。そうすると、需要曲線は「間違った」方向に傾くことになり、自動調整メカニズムは機能しない:

090813krugman2-blog480.png
The paradox of flexibility 伸縮性のパラドクス

But wait: this is an analysis for a closed economy, or more realistically, for an economy with a floating exchange rate. What if you’re Greece, with a fixed exchange rate (because you have no currency of your own) vis-a-vis a much larger currency area? IN that case falling wages and prices make you more competitive, so that the aggregate demand curve probably slopes down after all, for different reasons.
でも、待った:これは閉鎖経済、もっと現実的に言えば、変動為替相場の経済に対しての分析になる。ずっと大きな通貨圏に対して固定為替相場制を取っているギリシアならどうなるんだろうか? その場合には、賃金と物価の低下により競争力が高まり、総需要曲線は別の理由により右下がりになるだろう。

So we would expect deflation in Greece eventually to produce recovery, even in a totally Keynesian framework. The point, however, is that the cost of austerity and currency rigidity has been immense, and will continue to be immense for years even if GDP is finally growing again.
だから、完全にケインズ経済学の枠組みであっても、ギリシアのデフレは最終的には景気回復を呼び起こすと考えられる。だが、重要なのは、最後にはGDPが再び回復するとしても、緊縮財政と為替が変動しないことによるコストは莫大であり、それが今後何年にもわたって続いて行くということだ。


後書き:ここで言う世界最高の初級教科書とはクルーグマンが書いた教科書のこと。
スポンサーサイト

Enthusiasm Is Good (Personal and Trivial)/NOVEMBER 4, 2014 2:49 AM

Enthusiasm Is Good (Personal and Trivial) 熱くなれるのはいいことだ(個人的かつ些細なこと)

In case you’re wondering about the scarcity of posts, I made a resolution: on this visit to Japan, which includes two conferences with a stretch of time in between, I would actually try to see something. I’ve been visiting some of the usual sites, like the Meiji Shrine:
このブログの投稿が少ないことを不思議に思ってる人がいるかもしれないので、その理由をお教えしよう:日本を訪問中2つの会議の間に、ある程度の空き時間があったので、色々なものを見て回ることにした。そして明治神宮などのありがちな観光地をいくつか訪問した:

110414krugman1-blog480.png

(Rather weirdly, the little girl’s parents recognized me, and asked to take a picture of the two of us.)
(おかしなことに、この少女の両親は僕のことを知っていて、二人で写真を撮ってほしいと頼まれた。)

But I’ve also been trying to see something of contemporary culture, and was taken around by someone who guessed, correctly, that I’d be interested to see something of the various subcultures. So we spent several hours roaming around Harajuku, looking at the manifestations of kawaii (cute, more or less) — mostly teenaged girls dressing up like cartoon characters — and spent more hours in Akihabara on otaku (geekiness, more or less) — paunchy guys in baggy sweatshirts obsessing over games and superheroes.
だが、日本の現代文化も見ておきたかったので、僕が興味を持つであろう様々なサブカルチャーを正確に熟知している人たちに案内してもらうことにした。僕らは原宿で、カワイイ(およそキュートってこと)――ほとんどは十代の少女たちがアニメキャラクターのような格好をしていた――の表現を見て回るのに数時間使い、秋葉原でオタク(ギークっぽいってこと)――ゲームやスーパーヒーローに取り憑かれているだぶだぶのスウェットを着た太鼓腹の男たち――を見るのにそれ以上の時間をかけた。

What sort of surprised me was how much both subcultures cheered me up.
驚いたのは、どちらのサブカルチャーにも僕が元気づけられたってことだ。

I mean, I’d probably be unhappy if a young relative went in for kawaii, or at least if it lasted more than a short time, and otaku cuts close enough to my own underlying nerdiness to make me feel a bit uncomfortable (and yes, there’s some disturbing stuff within the subculture); but it’s nonetheless sort of wonderful to see enthusiasm. God knows Japan has big problems, but it’s obviously full of cultural creativity, high and low. And that’s a good thing to see.
まあ、僕の若い親戚がカワイイに熱中していたとしたら、少なくともそれが短い期間で終わらないなら、たぶん嫌な気持ちなるだろうし、オタク文化に関しては僕の奥底にあるナードっぽさにかなり近くて少し居心地悪くなる(たしかにこのサブカルチャーにはゾワッとするものがある)。それでも、熱中している人を見るのはある種の素晴らしさがある。神様ならご存知だろうが、日本には大きな問題があるにしても、明らかにあらゆる場所で文化的創造性があふれている。そして、それを目にするのはいいものだ。

Shinzo and the Invisibles/DECEMBER 7, 2014

Shinzo and the Invisibles シンゾーと見えない人たち

Brad DeLong is puzzled by some of what Ken Rogoff has to say about Japan, specifically his warning that Japan could face an attack from invisible bond vigilantes if it doesn’t quickly tackle long-run fiscal issues. I’m puzzled too, although it’s not just Rogoff — quite a few sensible people say similar things, and the truth is that I said such things about the US back in 2003.
ブラッド・デロングが、ケン・ロゴフが日本について語らなければならないこと、具体的に言えば、日本は早急に長期的な財政課題に取り組まなければ見えざる国債自警団からの攻撃に直面する可能性があるとする彼の警告に困惑している。僕もまた困惑しているんだが、それはロゴフだけのことではない――数多くの賢明な人々が似たことを言っているし、実のところ、僕も2003年のアメリカに関してそうしたことを言っていた。

But I was wrong, for reasons I laid out at length in my Mundell-Fleming lecture at the IMF last year. And in an important way I was just reiterating points that should have been clear from Rogoff’s own Mundell-Fleming lecture (pdf), back in 2001. And I’m a bit surprised that Ken doesn’t see it that way.
でも、僕は間違っていたわけだが、その理由に関しては去年のIMFのマンデル-フレミング理論に関する講演で長々と説明している。重要な意味において、僕はロゴフ自身によるマンデル-フレミング理論に関する2001年の講演で明白になっておくべきだったポイントを反復していたことになる。そして、ケンがそのように見ていないことに僕は少し驚いた。

Back in 2001 Ken surveyed the impact of Rudi Dornbusch’s “overshooting” model of exchange rates, which had an enormous impact on international macroeconomics, and arguably saved it from much of the nonsense that afflicted domestic macro. At the core of Rudi’s analysis was his resolution of what might seem like a paradox. Here’s the question: Suppose that for some reason a central bank increases the money supply, and that everyone believes that the increase is permanent. What happens to the exchange rate?
遡ること2001年にケンはルディ・ドーンブッシュによる為替レートの「オーバーシューティング(行き過ぎ)」モデルの影響を調査した。このモデルは国際マクロ経済学に莫大な影響をもたらし、おそらく国内マクロ経済学を苦しめているナンセンスの多くから救い出してくれた。ルディの分析の中核には一見パラドクス(逆説)に見える彼の解決策がある。ここで問題:何らかの理由で、中央銀行が貨幣供給量を増加させ、その増加が恒久的なものだと皆が信じたとしよう。為替レートに何が起こるだろう?

As Rudi pointed out, just about everyone agrees that in the long run the currency must depreciate, roughly in proportion to the money expansion. But in the short run, in a world of sticky prices — and anyone who looks at real exchange rates knows that we do, indeed, live in a world of sticky prices — the money expansion reduces interest rates. Now the seeming paradox: offered a lower interest rate than they can get in other countries, investors won’t want to hold a country’s bonds unless they expect its currency to rise; yet given the money increase, we should expect the currency to fall.
ルディが指摘したように、長期的には、その国の通貨はほぼ貨幣供給の増加量に釣り合う分だけ減価することにほぼ全ての人が同意するだろう。だが、短期的な粘着価格の世界では――そして、現実の為替レートを目にする全ての人が、我々は粘着価格の世界に生きていることを認めている――通貨膨張は利子率を低下させる。さて、ここで見たところパラドクスが出てくる:投資家は他の国で得られるより低い利子率を提示されたら、その国の通貨が将来増価すると予想しない限り、その国の国債を持とうとしないだろう。だが、貨幣供給量が増加したら、その国の通貨は下落すると予想するはずだ。

Rudi’s answer was that the currency must overshoot: it must drop below its long run value, so that it can be expected to rise thereafter, like this:
ルディの答えは、その通貨は行き過ぎなければならないということだ。その通貨は長期的な価値以下に下落しなければならない。それゆえ、その後に上昇すると予想することができる。こんな風に:

120714krugman1-blog480.png

Which brings us to the invisible bond vigilantes. Suppose that they are really out there, and that they suddenly demand that Japanese 10-year bonds offer a rate of return 200 basis points higher than US 10-year bonds. You might be tempted to say that Japanese interest rates will spike — but the Bank of Japan controls short-term rates, and long-term rates are mainly an average of expected short-term rates, so how is this supposed to happen?
このことが見えざる国債自警団の話につながってくる。彼らが本当に現れて、突然に10年物米国債より200ベーシスポイント高い利回りを10年物日本国債に要求してきたとしよう。日本の利子率は急騰するだろうと言いたくなるかもしれない――でも、日本銀行は短期の利子率をコントロールしているし、長期利子率は主に将来の短期利子率の平均値になるのだから、どのようにして、そんなことが起きるんだろうか?

No, the resolution of the puzzle is that rates wouldn’t rise. Instead, the yen would depreciate now so that investors can expect it to appreciate later. And this yen depreciation would be expansionary, not contractionary, in its effects on the Japanese economy. Given Japan’s current situation, the invisible vigilantes would be doing Japan a favor if they suddenly materialized and attacked!
いや、このパズルの解決策は、利子率は上がらないということだ。その代わりに、今円安になる。それゆえ投資家は将来円高になると予想することができる。そして、この円安が日本経済に与える影響に関しては景気拡張的なものであって、景気縮小的なものではない。日本の現在の状況を考えれば、見えざる国債自警団が突然に実体化して、攻撃を仕掛けてくるなら、それは日本にいいことをしていることになる!

I’ve had many discussions with smart people about this, and have never gotten an explanation of why it’s wrong; we usually end up with something like a warning that Japanese deflation might suddenly turn into uncontrolled inflation, which seems unlikely and certainly isn’t the way the warnings are usually phrased — we’re supposed to worry about turning into Greece 2010, not Weimar 1923.
僕は多くの賢明な人々とこの件について議論してきたが、なぜそれが悪いのかについての説明をいただいたことがない。我々は常に、日本のデフレが突然コントロール不能のインフレになるとする警告のようなものを受け取って終わりになるのだが、そんなことはありそうもないし、その警告が常に語られるような形には決してならない――我々は1923年のワイマール共和国ではなく、2010年のギリシアになることを心配すべきだとされている。

You might think that what we’re talking about is the lessons of history — but as far as I can tell, there are no historical examples of countries with debts in their own currency facing a Greek-style crisis. As I say in the linked paper, the closest I can find is the French franc crisis of the 1920s, and the fall of the franc was inflationary and expansionary, not contractionary.
今話しているのは歴史の教訓のことだと考える人もいるかもしれない――だが、僕の知るかぎり、自国通貨建ての借金でギリシア型の危機に陥った歴史的事例は一つも存在しない。先にリンクを張った論文で述べたように、僕が見つけ出した最も近い事例は1920年代のフランスのフランであって、そのフランの下落はインフレ期かつ景気拡張的あって、景気縮小的なものではなかった。

And it seems very strange to be lecturing Japan about the dangers of a crisis you can neither explain clearly in terms of an economic model nor justify by appeal to any relevant historical precedent.
経済学的なモデルでもはっきりと説明できず、妥当な歴史的先例を持ち出すことによって正当化することもできない危機の危険性について日本を説教しようとするのは本当に奇妙に見える。
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。