スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Babaru Memories/January 3,2014, 8:25 AM

Babaru Memories ばぶるの思い出

Lots of talk about China lately; and it’s still very worrisome. I am, however, mostly on vacation. But a brief note: what I haven’t seen many people mentioning is the obvious parallel, which is not so much to the US in the last decade as to Japan in the 1980s.
最近中国に関しての議論が盛んだ。それはすごく気にかかるものでもある。だけど、僕は今ほぼ休暇中だ。でも、少しだけ述べておこう:多くの人が語っていないと思うのは、中国は過去10年のアメリカよりも1980年代の日本と明らかに相似性があるということだ。

For those old enough to remember, Japan in the late 80s saw its trade surplus drop sharply, but a boom develop based on debt-driven corporate investment. These were the years of the bubble — the “babaru economy” as some called it.
その頃のことを覚えているほど年をとっている人なら知っているだろうが、1980年代後期の日本は急速に貿易黒字が減少していたが、借金主導の企業投資によって景気は過熱していた。それはバブル(bubble)の時代だった――人によってはばぶる(babaru)と言う。

Then the bubble burst, and the overhang of corporate debt helped lock Japan into decades of deflation.
そしてバブルは崩壊して、その後に残された企業の過剰債務が日本を十年以上に及ぶデフレへと追い込んだ。

China seems to be on a similar path. The main difference is that to a much greater extent than in Japan, the borrowing is being driven by government edict and indeed involves state-owned enterprises; I guess this means that if China does retrace Japan’s steps, it will be a Koo d’etat.
中国は同じ進路を辿っているように見える。主要な違いは、日本とは比べ物にならないほど、中国の借り入れは政府の指令によって行われているか、国営企業が借り手となっている。これが意味するのは、中国が日本の二の舞になるとするなら、それはKoo d’eat(クー・デター)になるということだ。

Anyway, history worth remembering.
いずれにせよ、歴史は記憶しておく価値がある。


後書き:クーデターの本当のスペルはcoup d'etatのところをKoo d'etatになってるのは、債務デフレの話なのでリチャード・クーのことだと思います。中国のバブル崩壊後、債務デフレを要因として政変が起こるということか(?)

スポンサーサイト
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。