スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

That Terrible Taper/July 7, 2013, 8:27 am

That Terrible Taper 恐怖の引き締め

One of the odd things about the people arguing that we must raise interest rates to head off bubbles — Raghuram Rajan, Martin Feldstein, the BIS, and so on — is the near-universal assertion among this group that just a little rate increase can’t do any real harm. (Just a thin little mint). After all, rates are so low!
バブルを回避するために利子率を上げるべきだと主張する人々――ラグナム・ラジャン、マーティン・フェルドシュタイン、BISなど――について奇妙なことの一つは、ほぼ全世界で、この連中が少しばかりの利子率の引き上げなど何の害もないと主張していることだ。(ちっぽけなミントみたいなもんだと)。結局、利子率はすごく低いんだから!

As I’ve argued, this is a novel economic principle; where else do we argue that demand curves (in this case the demand for investment) are vertical at low prices? But it has occurred to me that it might be helpful to look at what the partial victory of these people — their implicit success in bullying the Fed into talking about tapering despite a still very weak, low-inflation economy — has wrought. Bear in mind that the interest rates that matter most for the economy are not the rates at which the government can borrow, but the rates facing private investors — and above all, mortgage rates, for housing is the most important transmission mechanism for monetary policy. And here’s what we see for mortgage rates since the talk of tapering began:
僕が主張してきたように、これは奇妙な経済法則だ。どこの世界に、低い価格では需要曲線(この場合は投資の需要)が垂直になると主張してるやつがいるのか? そこで、これらの人々がなしとげた部分的な勝利――彼らは脆弱な経済にもかかわらずFRBをいじめて金融緩和の縮小について語らせたことを内心で成功だと思っている――を見ておくことが為になるんじゃないかと考えた。経済にとって重要な利子率は政府の借り入れ利子率ではなく、民間の投資家が直面する利子率――とりわけ、金融政策にとって最も重要な伝達メカニズムである住宅ローンの利子率――であることに留意してほしい。緩和縮小発言があって以来の住宅ローンの利子率がこれ:

070713krugman1-blog480.png

Do you really think that this will have no effect? Really, really?
本当にこれが何の影響ももたらしてないと思うの? 本当に、本気でか?

By the way, I see that some readers imagine that the effects of the taper talk somehow refute my earlier assertions that the rate at which the Fed is buying long-term bonds has little effect on interest rates. But you’re misunderstanding both what I said and what is happening now. My point was always that the direct effects of bond purchases were small, so that anticipated changes in the pace of purchases — like the end of QE2 in 2011 — had minimal effects.
ところで、読者の中には、緩和縮小発言のこの効果が、FRBの長期国債購入は利子率にほとんど影響を与えないという以前の僕の主張への反論になっていると考える人もいるようだ。でも、それは僕が言っていたことも今起こっていることも誤解している。僕の主張は、債券購入の直接的効果は常に小さいということだ。だからこそ、予想された債券購入のペースの変化――2011年にQE2が終わったときのように――は最小限の影響しかなかった。

What’s happening now, however, is that the taper talk has led to a sharp revision of market expectations about the path of short-term interest rates, which the Fed does control. From Gavyn Davies:
だが、今起こっているのは緩和縮小発言が、FRBがコントロールできる短期利子率の先行きに関する市場の予想を急激に変えてしまったことだ。ゲヴィン・デイヴィースの記事から:

070713krugman2-blog480.png

The Fed didn’t mean this to happen; it tried to communicate that it wasn’t changing the path of short-term rates; but this was naive on its part. The Fed can’t really commit to future policy; all it can do is signal its character, and what it ended up doing here was convey the sense that it’s much more inclined to tighten too soon than previously thought.
FRBはこうなると考えていたわけではない。彼らはそれが短期利子率の経路を変えるものではないことを伝えようとしていたが、今度の場合それは浅はかだった。FRBは将来の政策について完全にコミットすることはできない。FRBにできるのは、そのキャラクターを示すことだけだ。そして、今度の場合には、以前考えられていた時期より、ずっと早くに引き締めをしようとしているという感覚を与えるだけに終わった。

So it’s a bad story, all around.
だから、まったくもって酷い話なんだ。
スポンサーサイト
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。