スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Land of the Rising Sums/May 10, 2013, 8:58 am

Land of the Rising Sums ライジング・サムの国

The good news for Abenomics keeps rolling in; of course, it’s not over until the sumo wrestler sings, but there has clearly been a major change in Japanese psychology and expectations, which is what it’s all about.
アベノミクスにとって良いニュースがどんどん入ってくる。もちろん、先のことはまだまだ分からないとはいえ、日本人の心理と期待には明らかに大きな変化があったが、それこそが肝心要の部分だ。

Why does this seem to be working as well as it is? Long ago I argued that to gain traction in a liquidity trap, the central bank needed to credibly promise to be irresponsible — that is, convince investors that it would not rein in monetary expansion once the economy was at full employment and inflation was starting to rise. And this is a hard thing to do; no matter what central bankers may say, history shows that they often revert to type at the first opportunity. The examples of successful changes in expectations tend to involve drastic regime changes, like FDR taking us off the gold standard.
なぜ、これが想定どおりに機能していると言えるのか? かなり以前、僕は、流動性の罠の中で牽引力を得るためには、中央銀行は信頼性ある形で無責任になることを約束する必要がある――つまり、いったん経済が完全雇用になり、インフレ率が上昇し始めても金融緩和を抑制しないと投資家に確信させること――と論じた。これは困難なことだ。中央銀行家が何を言おうと、歴史が示すところによると、多くの場合、機会があり次第に彼らは元の状態に戻ってしまった。期待の変化に成功した事例を見れば、フランクリン・ルーズベルトが金本位制から離脱したときのように、劇的なレジームの変化を伴う傾向がある。

And this is where the tsunami-China moral equivalent of space aliens theory comes in: arguably, the shocks of the past two years have changed Japanese perceptions of what must be done enough to make irresponsibility — or, actually, a serious, sustained commitment to higher inflation — credible, at long last.
今回の場合、宇宙人理論に匹敵するツナミ-中国の教訓がそれに当たる。おそらく、過去2年の衝撃的な出来事が、今やるべきことに関する日本人の認識を変え、とうとう無責任になること――真剣かつ持続的に高率のインフレにコミットすること――を確実なものにした。

Meanwhile, Martin Feldstein is demanding an end to the Fed’s efforts to do the same thing, inducing much ire from David Glasner, who accuses Feldstein of failing to grasp the point that it is all about changing inflation expectations. But it’s actually much worse than Glasner says. Here’s Feldstein:
一方、マーティン・フェルドシュタインが同じことをFRBがやっているのを止めるよう要求していることに、デヴィッド・グレズナーが激怒して、ポイントはすべてインフレ期待を変えることにあることをフェルドシュタインが理解できていないことに不平を述べている。だが、実際にはグレズナーが言っているよりもっと酷い。これがフェルドシュタインの発言:

Mr. Bernanke has emphasized that the use of unconventional monetary policy requires a cost-benefit analysis that compares the gains that quantitative easing can achieve with the risks of asset-price bubbles, future inflation, and the other potential effects of a rapidly growing Fed balance sheet.
バーナンキ氏は非伝統的な金融政策を用いる際には、量的緩和によって得られる利益と資産価格バブルや将来のインフレコスト、FRBのバランスシートの急激な拡大に伴う他の潜在的なコストを比較するコスト・ベネフィット分析が必要なことを強調してきた。


So, we must stop QE because it might lead to higher inflation — when expectations of (somewhat) higher inflation are precisely the main point of unconventional monetary policy. You might even say that if QE fails, it will because people like Feldstein are doing their best to block the main channel through which it might work.
そして、高率のインフレをもたらすかもしれないので、量的緩和を止めなければならないと言う――(ある程度の)高率のインフレ期待こそが非伝統的な金融政策の最も重要な点なのに。もし量的緩和が失敗したのなら、量的緩和が効くための主要な経路をフェルドシュタインのような人々が全力で妨害したからだと言ってもいい。

By the way, Glasner references an earlier Feldstein piece I missed, which is extraordinary in its own way. Feldstein concedes that the problem is inadequate demand, and talks about what we can do:
ところで、グレズナーは僕が見逃していた以前のフェルドシュタインの記事に言及している。フェルドシュタインは問題が不十分な需要にあると結論付けた上で、今できることについて語っている:

What is required is action by the president and Congress: to help homeowners with negative equity and businesses that cannot get credit, to remove the threat of higher tax rates, and reduce the out-year fiscal deficits.
必要なのは大統領と議会による行動です:ローンの額以上の負債を抱えた家主や貸し出しを受けられない企業を援助すること、税率が上がるという恐れを取り除くこと、後年度の財政赤字を減らすこと。


OK, I’m for debt relief. But faced with inadequate demand, our only options are to “remove the threat of higher tax rates” and “reduce out-year fiscal deficits” — both of which are basically ways to summon the confidence fairy. Why not, you know, actually have the government spend more now — or, failing that, cut the current taxes of people likely to spend the money? Everything I can see about Feldstein’s economic framework points to fiscal stimulus as the obvious answer; his refusal to consider that possibility has to be entirely, and unforgivably, political.
たしかに、僕も債務免除には賛成だ。でも、不十分な需要に直面しているのに、我々の選択肢が「税率が上がるという恐れを取り除くこと」と「後年度の財政赤字を減らすこと」だけとは――それって基本的に両方とも信頼の天使を召喚するためのおまじないでしょ。なぜ、今、政府支出を増やさないのか――あるいはそれが無理なのなら、お金をもっと使う可能性のある人々に対する減税をやらないのか? フェルドシュタインの経済分析フレームワークは、財政刺激策こそが唯一の答えになることを示しているとしか僕には思えない。彼がその実現性を考えようとしないのは完全に政治的なものであり、それは許されるものではない。


後書き:"it's not over until the fat lady sings(まだまだこれから)"という言葉のthe fat ladyがthe sumo wrestler(相撲レスラー)に変えられています。
スポンサーサイト

Monetarism Falls Short (Somewhat Wonkish)/April 28, 2013, 7:41 am

Monetarism Falls Short (Somewhat Wonkish) マネタリズムには何かが足りない(多少専門的)

The central debate over macroeconomic policy is, of course, between Keynesians and Austerians. And at this point the Keynesians have overwhelmingly won the debate everywhere except where it matters – the intellectual basis for austerity economics has collapsed, but actual austerity continues apace on both sides of the Atlantic.
マクロ経済政策における中心的な論争は、もちろん、ケインズ主義と緊縮派との間で行われている。現時点で、ケインズ主義は、それが重要となる場所を除いて、圧倒的な勝利を収めてきた――緊縮派経済学への知的基盤は崩壊したが、今でも緊縮政策は大西洋の両岸で続けられている。

There have, however, been a couple of side shows, with what I guess now constitutes mainstream Keynesianism – carried forth in public debate by Martin Wolf, Simon Wren-Lewis, Brad DeLong, Jonathan Portes, Paul DeGrauwe, and whatshisface, among others – subjected to non-austerian criticism on both flanks. On the left are the Modern Monetary Theory types, who assert exactly what the austerians like to claim, falsely, is the Keynesian position – that budget deficits never matter (except for their direct effect on aggregate demand). On the right are the market monetarists like Scott Sumner and David Beckworth, who insist that the Fed could solve the slump if it wanted to, and that fiscal policy is irrelevant.
しかし、二次的な問題が2,3あって、僕が現在の中心的なケインズ主義と考えているもの――公的な論争においては、マーティン・ウルフ、サイモン・レン-ルイス、ブラッド・デロング、ジョナサン・ポーツ、ポール・デグラウエ、そして中でもあの何とか言う人が中心となる――は緊縮派以外にも二方向から側面攻撃を受けている。左方には、現代金融理論家(MMT)がいて、まさに緊縮派がケインズ的な立場――財政赤字は重要ではない(総需要に与える直接的な影響を除いて)――であると誤解しそうな主張をしている。右方にはスコット・サムナーやデヴィッド・ベックワースなどのマーケット・マネタリストがいて、彼らは、FRBはやろうと思えば不況の問題を解決できるのであり、財政政策は的外れだと主張している。

Now, there won’t and can’t be any current-events test of MMT until we get out of the slump, because standard IS-LM and MMT are indistinguishable when you’re in a liquidity trap. But as Mike Konczal points out, we are in effect getting a test of the market monetarist view right now, with the Fed having adopted more expansionary policies even as fiscal policy tightens.
現在、流動性の罠から抜け出すまでは、MMTを現在の出来事としてテストすることはないし、可能なことでもない。なぜなら流動性の罠にはまっている時には、IS-LMとMMTは区別がつかないから。だが、マイク・コンツァルが指摘するように、現在、財政政策が引き締められている最中に、FRBは以前よりも拡張的な金融政策を採っているのだから、我々は結果としてマーケット・マネタリズムの見解をテストしていることになる。

And the results aren’t looking good for the monetarists: despite the Fed’s fairly dramatic changes in both policy and policy announcements, austerity seems to be taking its toll. I would add that the UK experience provides a similar lesson. Mervyn King advocated fiscal consolidation – I’d say that he shares equal responsibility with Cameron/Osborne for Britain’s wrong turn — but more or less promised (pdf) that he would and could offset any adverse effects on growth with monetary policy. He didn’t and couldn’t.
そして、その結果はマネタリストにとって具合の良いものには見えない:FRBの政策と政策の告知の両面でかなり劇的な変化があったにもかかわらず、緊縮財政は経済の足を引っ張っている。イギリスでの経験も同じ教訓を与えてくれることも付け加えておこう。マーヴィン・キングは財政統合を提唱した――僕の意見では、彼はイギリスの政策の間違いに関してキャメロン/オズボーンと同等の責任がある――でも、多かれ少なかれ、彼は金融政策で反成長的な効果を相殺してみせるると約束したし、それが可能だと約束した。彼はそれをやらなかったし、できなかった。

I’m not claiming that there is nothing the central bank can do; but as I’ve tried to explain before, monetary policy can, for the most part, gain traction under current circumstances only by changing expectations about future actions (and changing them a lot). Meanwhile, fiscal policy has a direct, current effect on the economy, which easily trumps attempts to move the economy by changing the Fed’s messaging.
僕は中央銀行にできることは何もないと主張してるんじゃない。でも、以前から説明してきたように、現在の状況下において中央銀行は、大部分、将来の行動についての予想を変えること(そして、その予想を大幅に変えること)によってのみ牽引力を持つことができる。一方、財政政策は経済に直接的かつ即座に影響を与えるので、FRBのメッセージを変えることによって経済を動かそうとするよりも圧倒的に優れている。

Sorry, guys, but as a practical matter the Fed – while it should be doing more – can’t make up for contractionary fiscal policy in the face of a depressed economy.
おあいにく様だけど、実践的な問題として、FRBは――もっと多くのことをやるべきなんだが――落ち込んだ経済に直面した中で緊縮的財政政策の穴埋めをすることはできていない。
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。