スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Macro Trumps Micro/December 7, 2012, 8:42 am

Macro Trumps Micro マクロはミクロを凌駕する

Or, as the late James Tobin used to say, it takes a lot of Harberger triangles to fill an Okun gap.
後年ジェームズ・トービンが言ったように、オークンギャップを埋めるにはたくさんのハーバーガーの三角形が必要になる。

Dean Baker catches David Ignatius suggesting that trade liberalization can provide enough economic boost to offset the effects of austerity. As Dean says, the arithmetic is totally off — almost two orders of magnitude off.
ディーン・ベイカーが、貿易自由化によって緊縮財政の影響を相殺できるほど経済を押し上げることができるというデヴィッド・イグナティウスの主張にかみついている。ディーンが言うように、その計算は完全に間違っている――ほぼ二桁かけ離れている。

The truth is that using any conventional economic model, the costs from current levels of protectionism are very small as a share of GDP. To some extent that reflects the success of decades of trade liberalization: there just isn’t that much protection any more. But it’s a more general observation that even bad microeconomic policies, which lead to substantial distortions in the use of resources, have a hard time doing remotely as much damage as a severe economic slump, which doesn’t misallocate resources — it simply wastes them. Which is the point of that Tobin quote.
本当のところ、どのような伝統的経済モデルを用いても、現行水準の保護主義のコストはGDP比で見ればすごく小さい。ある程度まで、それは過去数十年に及ぶ貿易自由化の成功を反映している:もはや大して保護主義は残ってないことだ。だが、もっと一般的な観察として、どんな酷いミクロ経済政策(資源の利用を実質的に歪める)であったとしても、厳しい経済不況(これは資源を間違って配分するんじゃない―ただ資源を浪費するだけ)ほど深刻な損失を生み出すものはほとんど存在しない。それがトービンの発言の要点だ。

Right now the U.S. economy is operating something like 6 percent below capacity. You would be hard-pressed to find any microeconomic distortion that comes anywhere close to doing that much damage, or even a tenth that much damage. The one place that might qualify is health care, where we surely do waste several points of GDP. But the problem with health care in America isn’t that we don’t let the free market work, it is that we have a semi-private system in a sector where free markets can’t work.
現在、アメリカ経済は潜在生産力を6%ほど下回っている。それほどの損失に匹敵する、というかその十分の一の損失に及ぶようなミクロ経済学的歪みですら一つでも見つけるのはすごくたいへんだ。その資格が与えられる一つの場所は医療分野で、確実にGDPの数%が浪費されている。でも、アメリカにおける医療の問題点は自由市場を機能させていないからではなく、自由市場が機能しない部門で半民間のシステムを持ってしまっているからだ。

Two more things — and back to Ignatius.
もう2点――その後にイグナティウスの話に戻る。

First, there’s an especially strong tendency to mythologize the power of free trade. Not that open world markets are a bad thing; they’re definitely a force for good, especially for small, poor countries. But my experience is that the less somebody knows about international trade, the more likely he or she is to imagine that modest moves toward or away from protectionism will have huge effects. Trade economists, who have actually worked with the models, have a much less grandiose view.
一つ目に、自由貿易の力を神話化してしまう傾向が非常に強い。開放された世界市場というのは悪いことではない。それは確かに善行だ。特に貧しい小国にとっては。だが、僕の経験では、国際貿易の知識がない人ほど、少しばかり保護主義へ向かう動きであれ、そこから離れる動きであれ、その影響を過大に見積もりがちだ。実際に経済モデルに取り組んでいる貿易経済学者はずっと控えめな見方をしている。

Second, even to the extent that trade liberalization would raise the efficiency of the world economy, it is not, repeat not, a route to overall job creation. Yes, everyone would export more; they would also import more. There is no reason at all to assume that the jobs gained from export creation would exceed the jobs lost to import competition.
二つ目に、貿易自由化が世界経済の効率性を向上させるにしても、それは全体としての雇用を創出する道にはならない。繰り返すがそうはならない。たしかに、みんなもっと輸出するようになるだろう。そして、みんなもっと輸入するようにもなる。輸出によって得られる雇用の創出が輸入競合産業による雇用の縮小を上回ると考える理由は何もない。

Globalization is not the answer to the Lesser Depression.
グローバリゼーションは小恐慌への答えにはならない。


後書き:Harberger trianglesについてはここを参照。
スポンサーサイト

Inaction is the Greatest Risk (Wonkish)/December 15, 2012, 8:32 am

Inaction is the Greatest Risk (Wonkish) 何もやらないことは最大のリスク(専門的)

Brad DeLong is exasperated with people who insist that the Fed’s modest moves toward more support for the economy are “risky”, but can’t explain why in any intelligible fashion. I agree. I also agree with Brad that the starting point for any discussion has to be that right now matters monetary are very out of whack, so that it’s just bizarre to angst about how the Fed might “distort” markets that are already hugely distorted.
ブラッド・デロングが、経済をもっと後押ししようとするFRBのささやかな動きを「リスキー」だと主張している人々に激怒している。でも、彼はその理由を分かりやすく説明できていない。僕は彼と意見は同じだ。あらゆる議論の出発点は、現在、金融の調子がおかしくなっていることに置くべきであって、既に大いに歪んでいる市場をFRBが「歪めて」しまうことを心配するなんて本当に異様なことだという点にも彼に同意する。

But my first take on the nature of that distortion is a lot simpler than Brad’s.
でも、その歪みの本質に関する僕の第一印象はブラッドのものよりずっとシンプルだ。

The key point is that we are in a liquidity trap — a situation in which even reducing policy interest rates to their lowest possible level isn’t enough to restore full employment. In terms of IS-LM analysis, the situation looks like this:
カギになるのは、我々が流動性の罠にいるということだ――最大限まで利子率を下げても、完全雇用を達成できないような状況。IS-LM分析で言えば、その状況はこんな風に見える:

121512krugman2-blog480.jpg
Another way to look at the same thing is to draw the savings and investment schedules that would prevail if the economy were at full employment, which look like this:
同じことを別の見方で見るために、経済が完全雇用の時に成り立つ貯蓄曲線と投資曲線を描いてみよう。それはこう見える:

121512krugman3-blog480.jpg
The point is that the “natural” interest rate, the rate that would match savings and investment at full employment, is negative. And we can’t get there, because of the zero lower bound (which in turn reflects the fact that rather than accept negative rates, people can always just hold cash. Yes, there are slight exceptions, but they’re trivial from a macro point of view).
ポイントは、「自然」利子率、つまり完全雇用のときに貯蓄と投資が均衡する利子率がマイナスということだ。そして、ゼロ下限があるので、我々はそこに行き着くことができない(それはマイナスの利子率を受け取るくらいなら、人々は常に現金をそのまま持っておくという事実を反映している。たしかにちょっとした例外はあるが、マクロ的観点からはそれは取るに足らない)。

Now, you can talk about what has caused this situation; debt overhang and forced deleveraging is a prominent candidate. In any case, however, it exists. And the Fed’s duty is to try to correct the distortions this situation creates, above all the distortion of mass unemployment. It can do this by trying to raise expected inflation, so that the real interest rate falls even though the nominal rate can’t; it can try to correct it by buying risky assets, and thereby raising the natural rate.
現在、何がこのような状況を作り出しているのか色々語ることはできる。過剰債務や強制的なレバレッジ解消はその有力な候補になる。しかし、その原因が何であれ、それは存在している。そして、FRBの義務はこの状況を生み出している歪み、とりわけ大量失業という歪みを正すことだ。FRBは将来の予想インフレを引き上げることによって、名目利子率は下げられなくても、実質利子率が下がることにより、これを成し遂げることができる。FRBはリスク性資産を買うことによって、自然利子率を引き上げることでその歪みを正す努力をすることもできる。

Whatever it does, however, should be seen as an attempt to rectify a huge existing market failure, not as somehow distorting a well-functioning market. And the riskiest thing it could do is nothing, allowing the unemployment crisis to fester.
しかしながら、どのようなものであれ、それは現在の莫大な市場の失敗を修正するための試みとして見られるべきであって、良く機能している市場をどういう訳か歪めるものと見るべきではない。そして、最も危険なリスクとはこの失業という危機をほったらかしたままにして、何もしないことだ。

A Meta Modeling Meditation/November 24, 2012, 9:53 am

A Meta Modeling Meditation メタ・モデリング思案

I’m still thinking about the whole “America could only give workers decent living standards when it didn’t face competition” discussion. For one thing, this is an old favorite discussion of mine; the “growth and trade” literature goes back more than 60 years, but there aren’t, I think, many prominent economists working today who know much about that tradition, so I may be the last of the Mohicans or something. For another, this subject is a perfect illustration of the important of actually having a model – I’ll explain in a minute what I mean by that. And one more point: what we learn from this story is that a model may be created to answer one question, or defend a particular position, but if it’s a good model it can be used in multiple settings, and sometimes may even end up supporting a different side in the political debate.
「アメリカが競争に直面してないなら、労働者たちに適切な生活水準を提供してあげられるんだけどね」式の議論全てについて僕はずっと考えている。一つには、これが僕にとって古くからのお気に入りの議論だから。「成長と貿易」に関する文献が登場するのは60年以上前にさかのぼるが、僕が考えるに、今日の現役の著名な経済学の中でその伝統についてよく知っている人は多くない。だから、僕が最後のモヒカン族みたいなもんなのかもしれない。もう一つは、その主題が実際にモデルを持つことの大切さを完全に例証しているからだ――僕がモデルという時、それが何を意味しているのかは後で少し説明する。そして、もう一点:この筋書きから学べることは、モデルは一つの疑問に答えるために作られることもあるし、特定の立場を守るために作られることもあるのだが、それが良いモデルの場合には、それは多様な環境で使うことができるものであり、時には政治的論争において反対の立場を支えるものになることさえあるということだ。

So, on the first point: the origins of this literature go back to the immediate postwar years, when it was common to argue that US technological superiority made it impossible for Europe to compete. Yet basic trade theory says that trade depends on comparative advantage, not absolute advantage – you can gain from trade even if you’re less productive across the board, simply by concentrating on the areas in which your productivity lags least. Did the “dollar shortage” argument make any sense in that framework?
最後の点に関して:この種の文献の起源は戦後すぐにさかのぼるが、その頃にはアメリカの技術力が高すぎるために、ヨーロッパがアメリカと競争することは不可能だとする説が一般的だった。だが、基礎的な貿易理論によれば、貿易は絶対優位ではなく、比較優位によって決まる――ゆえに、あらゆる方面で生産性が劣っていても、単純に生産性が劣っている度合いが最も低い部門に特化することで、貿易から利益を得ることができる。この枠組みの中で「ドル不足」説なんか全然意味ないんじゃないの?

Enter John Hicks, who rephrased it not as a question about gains from trade but as a question about the effects of technological progress in your trading partners. And he laid out a rudimentary model to address that question.
それを貿易からの利益についての疑問としてではなく、貿易相手の技術的進歩がもたらす効果についての疑問として言い換えたジョン・ヒックスに登場してもらおう。彼はその疑問に対処するための基礎的なモデルを展開した。

Some readers asked, what do I mean by a “model”? The answer is, I’m pretty generous on that front – it could be solved equations, it could be a computer simulation, it could be a physical apparatus like the Phillips hydraulic Keynesian model, or it could just be a carefully written verbal discussion like Hume’s essay on the balance of trade. What makes it a model is that however it’s presented, it involves a careful discussion of micromotives and macrobehavior – that is, it describes what individuals are doing (not necessarily out of perfect rationality), and how that individual behavior adds up to some aggregate outcome. Crucially, it’s not just a set of slogans.
僕が「モデル」と言う時、それが何を意味しているのか読者に聞かれることがある。その答えなんだけど、僕はその方面にはすごく寛大だ――それは方程式を解くことでもあるし、コンピュータ・シミュレーションの場合もあるし、フィリップスの水力学的ケインズモデルのような物理機械であってもいい。あるいは、貿易バランスに関するヒュームのエッセイのような注意深く書かれた言葉による説明でもかまわない。何がモデルを成り立たせるかは。その表現方法がどうであれ、ミクロ的な動機とマクロ的なふるまいについて慎重に検討されているかによって決まる――すなわち、モデルとは、個人がすること(必ずしも完全合理的である必要はない)と、その個人の行動がどのように全体としての結果に作用するのかを描写したものだ。本質的に、それはスローガンのようなものとは異なっている。

Now, having a model is no guarantee of being right – real business cycle theory certainly fits my definition, but I believe that it offers a fundamentally wrong account of what recessions are all about. Still, writing down a model rules out certain kinds of error, the kind that come from not thinking about things add up. Most of the bad reasoning on the postwar situation comes from an almost ridiculous error – forgetting that not having competitors doesn’t help if you also don’t have any customers. Having a model lets you avoid that sort of thing.
ここで、モデルを持つことは正しいことを保証するものじゃない――リアル・ビジネスサイクル理論は僕の定義と合致しているが、その理論による不景気がどういうものかについての説明は完全に間違っていると僕は考えている。だが、モデルを書き記すことによって、ある種の間違い、物事を詰めて考えないことによって発生する類の間違いを防ぐことができる。戦後の状況に関する間違った推論のほとんどはほぼ全部が馬鹿げた間違いから生じたものだ――競争相手がいないことは、売る相手もまたいないんだったら、助けにはならないことを忘れてしまっていた。モデルを持てばその種の事を避けることができる

What the Hicks analysis and later versions (notably Dornbusch-Fischer-Samuelson (pdf)) tells us is that technological progress in other countries can either help or hurt you, depending on which industries are affected; it also tells you to look at the terms of trade, which in practice means that it turns out to be a smaller issue than many people imagine.
ヒックスの分析とその後期バージョン(名高いドーンブッシュ-フィッシャー-サミュエルソン論文)では、他国の技術力の進歩は助けになることも損害を与えることもあり、それはどの産業が影響を受けるかによって決まってくることが示されている。また交易条件をよく見れば、実際にはそれは多くの人が想像するよりも小さな問題であることが明らかにされている。

What’s interesting about this analysis from a political point of view is that more or less the same model has served different causes at different times. In postwar Europe, Hicks-type analysis was a corrective people arguing against market economies open to trade; it was, if you like, a helpful support to free-marketeers. In the early 1990s, I and other used this kind of analysis to counter both left-of-center demands for protectionism and corporate-welfare arguments for subsidies to fight Japan and all that. Yet right now the analysis turns out to be useful mainly to counter right-wing claims that the experience of America in the 50s and 60s, when good wages and progressive taxation went hand in hand with rapid growth, can be dismissed by appealing to the lack of international competition.
この分析が政治的な観点から興味深いのは、多かれ少なかれ同じモデルが異なる時代に異なる根拠として使われていることだ。戦後のヨーロッパにおいて、ヒックス型の分析は貿易に開かれた市場経済に反対する人々への矯正薬になった。言うなれば、それは自由市場論者にとっての有益な支えになった。1990年代早期に、僕らは、日本などと戦うために保護貿易を求める中道左派の要求や補助金を求める企業福祉論と対抗するためにこの種の分析を用いた。だが、現在ではその分析は、主に、高賃金と累進的税制が手に手をとって急速な成長に導いていた50年代や60年代のアメリカの経緯を国際競争の欠如のせいにすることによって退けようとする右翼の主張に対抗するのに役立っているのは明らかだ。

The point is that a helpful economic model is not a propaganda slogan, to be discarded whenever the party line changes. It is, instead, a structure that can be used to improve your understanding in many contexts.
ポイントは、有益な経済モデルは、ある政党の立場が変われば捨て去られる運命にある宣伝用のスローガンじゃないってこと。それとは違い、モデルは多くの状況で理解を高めるのに使うことができる構造体だ。

Oh, and the best answer to “gotcha” attempts to debunk economists – “Ha! You said just the opposite in 2003!” – is to ask whether and how the economist’s model has changed. If he is using the same model, but it’s one that has different policy implications in different situations, you’ve just done a gotcha on yourself. If he has changed his model, the question is why, and whether there were good reasons for the change.
そして、経済学者の化けの皮をはがすために「論破してやろうという」試み――「おやっ、あんた2003年には正反対のこと言ってたよね!」――への一番いい解答としては、その経済学者のモデルが本当に変わったのか、どのように変わったのか尋ねてみることだ。彼が同じモデルを使っていて、それが異なる状況では異なる政策的含意を持つものなら、あなたが自己矛盾しているだけだ。もし彼がモデルを変えたのなら、問題はその理由は何か、変えるべき適切な理由はあったのかということだ。

And yes, I’ve changed my models, mainly in the face of experience. For example, I didn’t take either the liquidity trap or the possibility of self-fulfilling currency crises seriously until 1998, when events in Asia led me to change my views. And I’m proud, not ashamed, of showing that kind of intellectual flexibility. What I don’t believe I’ve done is change my models to support a predetermined political or policy position, which is a definite sin.
そして、確かに僕も主に経験から自分のモデルを変えたことはある。例えば、1998年にアジアでの出来事によって見解を変えるまでずっと、流動性の危機や自己実現的な通貨危機の可能性についてまともに受け取っていなかった。僕はその種の知的柔軟性があることを恥じるどころか、誇りに思っている。僕は自分が元々持っていた政治的または政策的立場を守るためにモデルを変えたことはなかったと信じているし、それは明らかに罪悪だ。

So you should try to think in terms of models; it will make you a better person.
というわけで、モデルを使って考えてみるべきだ。それはあなたをもっとすばらしい人間にしてくれるだろう。


後書き:水力学的ケインズモデルMONIAC(Monetary National Income Analogue Computer)。MONIACの開発者Phillips(写真の人物)はフィリップス曲線のフィリップス。
phillips 1
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。