スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Things That Aren’t Bubbles/October 22, 2012, 9:54 AM

Things That Aren’t Bubbles バブルじゃないこと

Noah Smith, who is a better human being than I am, wades through an anti-Krugman rant to find an interesting nugget: the claim that money is a bubble. It isn’t, of course; but my explanation of why it isn’t is a bit different from his, and has wider implications.
僕よりはいい人間であるノア・スミスがアンチ・クルーグマンのたわごとを調べ通して興味深い一致点を見つけた:貨幣はバブルだと主張していること。もちろん、そうではない。でも、なぜそうじゃないかという僕の解釈は彼とは少し違うし、より広い意味合いを含んでいる。

I’d start by asking, what do we mean when we talk about bubbles? Basically, I’d argue, we mean that people are basing their decisions on beliefs about the future that are based on recent experience but can’t be fulfilled. E.g., people buy houses because they expect home prices to keep rising at a pace that would eventually leave nobody able to buy a first home.
まずは質問から。我われがバブルについて語る時、それは何を意味しているのか? 僕が思うに、基本的にそれは、人々が最近の経験に基づいた将来についての信念に拠って決定を下すものの、それがうまく行かなくなるということを意味している。例えば、人々は、最終的には誰も自分の家を買えなくなるのに、住宅価格は上昇し続けるものだと考えて、家を買ったりする。

Bubbles don’t have to involve prices. You can have a local construction boom driven by rapid growth in an area’s population and employment, when the main thing driving that rapid growth is … the local construction boom, which will eventually collapse when enough houses are completed. The point, whether prices are involved or not, is that the expectations of individuals add up to an aggregate impossibility.
バブルは価格が関係する必然性はない。ある地方の人口と雇用が急上昇することによって、地方の建設ブームが発生することはありうるものの、その急成長を支える最大のものが…地方の建設ブームそのものということになると、住宅が十分に建設された時点で、そのブームは結局のところ崩壊してしまう。ポイントは、価格が関係しようとしまいと、個人個人の予想が全体としては成り立たないということだ。

This sounds a lot like what happens in a Ponzi scheme, where people are relying on an ever-growing number of new subscribers, and are doomed to disaster when the pool of potential suckers runs dry. And as Robert Schiller taught us long ago, bubbles are in fact “natural Ponzi schemes”, in which Bernie Madoff’s place is taken by the invisible hand of confusion.
これはネズミ講の顛末にすごくよく似ている。それは新たな参加者が永久に増え続けるという仮定に依存したものであって、潜在的なカモが枯渇した時点で破綻する運命にある。ロバ-ト・シラーがずっと前に説いたように、バブルとは「自然発生的なネズミ講」である。そこでは、バーニー・マドフの立ち位置を混乱した(神の)見えざる手が担う。

Is fiat money a bubble in this sense? Not at all. It’s true that green pieces of paper have no intrinsic value (except that they can be used to pay taxes, which is actually important), so that my willingness to accept green paper from you is based only on my belief that I can in turn hand that green paper over to someone else. But there’s nothing to prevent that process of monetary circulation from going on forever.
この意味で、不換紙幣はバブルだろうか? 全然違う。確かに、緑色の紙切れに本質的価値はない(それが税金を支払うのに使えるということを除いて。実際、それは重要なこと)。僕が喜んで緑色の紙切れを受け取るのは、今度は他の誰かにその緑色の紙切れを受け取ってもらえるという信念のみに基づいている。でも、その貨幣循環のプロセスが永久に続くことを妨げるものは何もない。

So what is fiat money? It is, as Paul Samuelson put it in his original overlapping-generations model (pdf), a “social contrivance”. It’s a convention, which works as long as the future is like the past. Obviously, such conventions can break down — but then so can things like property rights. In fact, you could argue that almost every asset in a modern economy owes its value to social convention; green pieces of paper could become worthless, but then so could any paper claim, which is, after all, worth something only because laws say it is — and laws can be repealed.
じゃあ不換紙幣とは何なのか? それは、ポール・サミュエルソンが元々の世代重複モデルの論文で述べたように、「社会的構築物」だ。それは、未来が過去と同じようなものである限り機能する約束事。明らかに、その約束事が崩壊する可能性はある――でも、それを言うなら、財産権だって同じだ。実際、現代経済において、ほぼ全ての資産はその価値を社会的な約束事に負っている。緑色の紙切れが無価値になる可能性はある。でも、あらゆる書類上の権利も同じように無価値になる可能性がある。それが何らかの価値を持つのは、単に法律により認められているだけなんだから――そして、法律は廃止される可能性がある。

And once you realize that a social convention is not at all the same thing as a bubble, several related fallacies fall into place.
そして、いったん社会的約束事がバブルとは全く違うものであることを理解できれば、それに関連する様々な誤謬の愚かさもよく分かるはずだ。

Take the common claim on the right that Social Security is a Ponzi scheme because the system has few real assets. It’s true that Social Security is mainly a system in which each generation pays for the previous generation’s retirement, in the expectation that it will receive the same treatment from the next generation. But like monetary circulation, this process can go on forever; there’s nothing unsustainable about it (yes, demography, but that’s about the levels of taxes and benefits, not the fundamental nature of the scheme). So there’s nothing Ponziesque at all.
右派がよく言う、社会保障制度はシステムとしてほとんど実物資産を持ってないからネズミ講だとする主張を取り上げてみよう。社会保障制度が、主に、それぞれの世代が将来世代から同じ扱いを受けることを期待して、前の世代の年金を支払うシステムだというのは正しい。でも、貨幣循環の場合と同じように、このプロセスは永久に続きうるものだ。それ自体に持続不可能性はない(確かに、人口動態の問題はある。だが、それは納税と給付の問題であって、そのスキームの本質的な特質ではない)。だから、それはまったくネズミ講的じゃない。

A final thought: the notion that there must be a “fundamental” source for money’s value, although it’s a right-wing trope, bears a strong family resemblance to the Marxist labor theory of value. In each case what people are missing is that value is an emergent property, not an essence: money, and actually everything, has a market value based on the role it plays in our economy — full stop.
最後に一点:貨幣価値には「本質的な」源泉があるに違いないという観念は、右翼の修辞でありながら、マルクス主義者の労働価値説と瓜二つだ。どちらの場合にも、人々が見落としているのは、価値とは創発的属性であって、根本的要素ではないということだ:貨幣、そして実際には全てのものは、経済の中で果たす役割に基づいて市場価値を持つ――以上。
スポンサーサイト

Mitt Romney, Liquidationist/September 15, 2012, 9:58 AM

Mitt Romney, Liquidationist 清算主義者ミット・ロムニー

How times have changed. Back in 2004, Greg Mankiw declared, in the Economic Report of the President, that
時代も変わったもんだ。2004年には、グレッグ・マンキューは大統領経済報告書でこう宣言していた

Aggressive monetary policy can reduce the depth of a recession.
積極的な金融政策は景気後退が深刻化するのを和らげることができる。


But now, after the Fed has finally moved a bit in the direction of doing something about the Lesser Depression, Mitt Romney – supposedly advised by Mankiw among others – is outraged:
でも、今、FRBがついに小恐慌について何かしようとする方向へ少し向かったことに、ミット・ロムニー――こともあろうに、そのマンキューの助言を受けているとされる――が激怒した:

[T]he American economy doesn’t need more artificial and ineffective measures. We should be creating wealth, not printing dollars.
アメリカ経済にはこれ以上人為的かつ効果のない政策は必要ない。我々はお金を刷るべきではなく、富を増やすべきなんだ。


That word “artificial” caught my eye, because it’s the same word liquidationists used to denounce any efforts to fight the Great Depression with monetary policy. Schumpeter declared that
「人為的」という言葉が僕の目に留まった。なぜなら、同じ言葉をかつて清算主義者たちが、金融政策を通して大恐慌と戦おうとするあらゆる試みを非難するために使ったからだ。シュンペーターは宣言した

Any revival which is merely due to artificial stimulus leaves part of the work of depressions undone
単なる人為的な刺激策による経済回復は不況の作用のいくらかを機能させなくなる


Hayek similarly decried any recovery led by the “creation of artificial demand”.
ハイエクも同じように「人為的な需要の創出」によって導かれたあらゆる景気回復を誹謗した。

Milton Friedman – who thought he had liberated conservatism from this kind of nonsense –must be spinning in his grave.
ミルトン・フリードマン――彼はハイエクをこの種のたわごととは異なる自由主義的な保守派だと考えていた――も墓の中でひっくり返ってるに違いない。

The Romney/liquidationist view only makes sense if you believe that the problem with our economy lies on the supply side – that workers lack the incentive to work, or are stuck with the wrong skills, or something. And that’s just not what the evidence says; instead, it points overwhelmingly to an insufficient overall level of demand.
ロムニー/清算主義者的な見方は、我々の問題が供給サイドにあると考えるときのみ意味を成す――労働者に働くインセンティブがなかったり、間違ったスキルにはまり込んだりといった。そして、それは証拠が示していることとはまったく異なっている。それとは反対に、証拠は圧倒的に全般的な需要の不足であることを示している。

When dealing with ordinary, garden-variety recessions, we deal with inadequate demand through conventional monetary policy, namely by cutting short-term interest rates. Until recently even Republicans were OK with this.
通常の、ありふれた景気後退に対処する際には、伝統的な金融政策を通して、つまり短期利子率を引き下げることによって不十分な需要に対応している。つい最近まで、共和党員ですらそれにはオッケーだった。

Now we face a more severe slump, probably driven by deleveraging, in which even a zero rate isn’t low enough, so monetary policy has to work in unconventional ways – in particular, by changing expectations about future inflation, so as to reduce real interest rates. This is no more “artificial” than conventional monetary policy – harder, yes, but it’s still about trying to get the market rate aligned with the “natural” rate consistent with full employment.
今、我々は、おそらく、レバレッジの解消によって引き起こされたもっと深刻な不況に直面していて、そこではゼロ金利ですら十分低いものではなく、ゆえに金融政策は非伝統的な形を探る必要がある――具体的に言うと、実質利子率を引き下げるためには、将来のインフレ率に関する期待を変えなければならない。これは伝統的な金融政策よりも「人為的」なわけではない――厳密に言えば、そういう面もある。でも、それは市場利子利率を完全雇用の場合に成立する「自然」利子率と一致させる試みという点では同じだ。

So where are Romney and his party coming from? Basically, they’ve thrown out 80 years of economic analysis and evidence because it doesn’t fit their ideological preconceptions, and they’re resorting to dubious metaphors – “sugar high” and all that – as a substitute for clear thinking.
じゃあロムニーや彼の政党の考えはどこに由来するのか? 基本的に、彼らは自らの先入観と合わないってことで、80年に及ぶ経済分析と証拠を放り捨ててしまった。そして、彼らは明晰な思考の代用品として怪しいメタファーに訴える――それは「カンフル剤」みたいなもんだと。

What you really have to wonder about is all the not-stupid economists who have aligned themselves with this guy and that crew. Probably they imagine that once the election is past sensible economics will return. But the odds are that they are wrong, and that they’re sacrificing their own credibility to put charlatans and cranks in the driver’s seat.
あなたが本当におかしいと思わないといけないのは、まったくアホじゃない経済学者たちも自らをこの男やその一味と結び付けているということだ。たぶん、彼らはいったん選挙が過ぎ去れば、分別ある経済学が帰ってくると想像しているんだろう。でも、彼らは間違ってる公算が高い。彼らは山師や変人を責任ある地位につけることで、自らの信用性を犠牲にしているんだ。


後書き:sugar highは甘いもの食ってハイになるという意味らしい。

【The Guardian】Paul Krugman:'I'm sick of being Cassandra.I'd like to win for once'

Paul Krugman:'I'm sick of being Cassandra.I'd like to win for once' もうカッサンドラの預言者やるのはうんざりしている。一度でいいから勝ってみたいですよ

The American economist has a plan to escape the financial crisis, and it doesn't involve austerity measures or deregulating the banks. But will policy-makers, including our coalition government, heed his advice? このアメリカの経済学者は現在の金融危機から抜け出すプランを持っている。そして、それには緊縮政策や銀行の規制緩和は含まれていない。だが、イギリスの連立政権を含む政策立案者らは彼のアドバイスに気を留めるだろうか?


Paul-Krugman-009.jpg
Paul Krugman: 'These are not hard concepts.' Photograph: David Levene for the Guardian

By now you will probably have read an awful lot about the financial crisis. Perhaps I've been reading all the wrong stuff, but until now I hadn't managed to find answers to the most puzzling questions. If the crash of 2008 was preceded by an era of unprecedented prosperity, how come most of the people I know weren't earning much?
これまでに、あなたはこの金融危機について書かれた驚くほど多くの記事を読んできたことだろう。私もおそらくは間違いだらけの記事を読んできたが、これまでずっと、最も不可解な疑問に対する答えは見出せないでいた。前例なき繁栄の時代があって2008年のクラッシュがあったと言うなら、私の知る多くの人が大金を稼いでなかったのはどうして?

Deregulation of financial services was supposed to have made us all better off, so why did most of us have to live off credit to keep up? Now that it has all gone wrong, and everyone agrees we're in the worst crisis since the Great Depression, why aren't we following the lessons we learned in the 1930s?
金融サービスの規制緩和が私たち全ての生活を良くするものなら、なんでほとんどの人が生活を維持するためにクレジットカードに頼らないといけないの? いまや全てが上手く行かなくなり、あらゆる人が大恐慌以来、最悪の危機にいることを認めている。どうして我々は1930年代に学んだ教訓に従えなかったのか?

President Obama attempted one of the biggest Keynesian stimulus programmes. Why has it been only minimally effective? Why do most other western leaders still insist the only way out is to tighten our belts and pay off our debts, when that clearly isn't working either? And how come the bankers, credit agencies and bond traders are still treated with cowed reverence – don't frighten the markets! – when they got us into this mess?
These mysteries were beginning to make me feel as if I must be going mad – but since reading Paul Krugman's new book, I fear I'm in danger instead of becoming a bore. It's the sort of book you wish were compulsory reading, and want to quote to anyone who'll listen, because End This Depression Now! provides a comprehensive narrative of how we have ended up doing the opposite of what logic and history tell us we must do to get out of this crisis.
オバマ大統領は最大規模のケインズ流景気刺激プログラムを試みた。どうしてそれは最小限の効果しかなかったのか? なぜほとんどの他の西洋リーダーは、明らかにあらゆる場所で上手く行っていないのに、ベルトを引き締め、借金を返すという方法一つに固執しているのか? 銀行や格付け機関、債権仲介業者が我々をこんな窮地に追い込んだというのに、今でも敬意を持って扱うように強要されている――市場を怯えさせるな!――のはどういうわけか?
これらの謎を考えていると、自分がまるで頭がおかしくなったように感じてくる――だけど、ポール・クルーグマンの新刊を読んでからは、退屈な人間になる危険性のほうを恐れるようになっている。この本は必読になるでしょうし、誰と話すときでも引用したくなるでしょう。なぜなら、『End This Depresson Now! 』には、どのようにして論理的、歴史的に見てこの危機から抜け出すためにやるべきことと逆のことを我々がやってしまったのかを示す包括的な物語が描かれているからだ。

Its author is a Nobel prize-winning economist who writes a column in the New York Times and teaches economics at Princeton University. An authority on John Maynard Keynes, Krugman wrote a book in 1999 called The Return of Depression Economics, largely about the Japanese slump, which drew ominous parallels between Japan's economic strategy and the pre-New Deal policies of the early 30s that turned a recession into catastrophic depression. At the time, unsurprisingly, most western economists weren't bowled over; in thrall to the seemingly endless boom, the Great Depression looked to them to be more or less irrelevant. Krugman's latest book will be much harder to ignore.
その本の著者はニューヨーク・タイムズでコラムを書いているノーベル経済学賞の受賞者で、プリンストン大学で経済学を教えている。ジョン・メイナード・ケインズ研究の権威クルーグマンは1999年に書いた『The Return of Depression Economics』という主に日本を扱った本の中で、日本の経済戦略と景気後退を破滅的な不況に変えた1930年代早期のニュー・ディール政策以前の政策とが薄気味悪いほど一致していることを描き出した。驚くことではないのだが、そのころ、ほとんどの西洋の経済学者はそれに動転したわけではなかった。表面上の終わりなき好景気にとらわれて、大恐慌など多かれ少なかれ彼らには関係ないもののように見えていた。クルーグマンの最新の本を無視するのはずっと難しくなるだろう。


He doesn't expect it will be an easy message to sell, though. "As far as I can make out, the serious opposition to the coalition's policy is basically a half-dozen economists, and it looks as if I'm one of them – which is really weird," he laughs, "since I'm not even here." Visiting London last week, he met lots of what he calls Very Serious People: "And there are lots of things these people say that sound very wise and sensible. But it's all upside-down; it's all wrong. Yet the power of their orthodoxy – even when it's failing – is quite awesome."
彼は、それが人々に受け入れられやすいメッセージと考えているわけではない。「私の理解している限り、連立政権の政策に強硬に反対している経済学者は実際6人くらいでしょう、と言うと、まるで私がそのうちの一人みたいですけどね――私はイギリス人ですらないですから」と彼は笑いながら言った。先週、彼はロンドンを訪れてから、彼がVery Serious People(すごくマジメな人々)と呼んでいる多くの人と会っている:「これらの人々が言うことの中にも、すごく賢明で分別あるように聞こえることはたくさんあります。でも、それは全部逆さまです。大間違い。だが、彼らの正統派の力――それが失敗している時でも――には実に驚くべきものがある。」

These Very Serious People present economics as a morality play, in which debt is a sin, and we have all sinned, so now we must all pay the price by tightening our belts together. They tell us the crisis will take a long time to resolve, and must inevitably be painful. All of this, according to Krugman, is the opposite of the truth. Austerity is a self-imposed collective punishment that is not just unnecessary, but won't work. We know what would work – but for complex political and historical reasons that his book explores, we have chosen to forget. "Ending this depression," he writes, "should be, could be, almost incredibly easy. So why aren't we doing it?"
これらVery Serious Peopleは経済学を道徳劇として見る。彼らによると、借金は罪であり、我々は全て罪人であり、それゆえ我々は皆でベルトを引き締めることによって全額借金を返済しなければならないとされる。彼らは危機の解決には長い時間がかかるものであり、痛みは避けられないと言う。クルーグマンによると、これら全てが真実の真反対だ。緊縮財政は不必要なだけでなく、機能するはずもない自作の集団的懲罰だと。我々は何が機能するのか知っている――だが、彼の本で診断されている政治的理由と歴史的理由が複合することにより、我々はそれを忘れてしまうことに選んでしまった。「この不況を終わらせることはほとんど信じられないほど簡単なはずだし、たぶんそうなる。なら、なんでそれをやってないの?」と、彼は書いている。

Krugman offers the example of a babysitting co-op, or circle, in which parents are issued with vouchers they can exchange for babysitting hours. If all of the parents simultaneously decide to save their vouchers, the system will grind to a halt. "My spending is your income, and your spending is my income. If both of us try to slash our spending at the same time, then we are also slashing our incomes, so we don't actually end up saving more." We could issue more vouchers to everyone, to make them feel "richer" and encourage them to spend – which would be the circle's equivalent of quantitative easing. But if everyone is determined to save, the parents will hold on to the extra vouchers, and the circle still won't work. This is what's called a liquidity trap, "and it's essentially where we are now".
クルーグマンはベビーシッター協同組合(もしくはサークル)の例を挙げる。そこでは、親には子守をしてもらう時間ごとに使えるバウチャーが発行される。もし全ての親が同時にバウチャーを取っておくと決めれば、全システムが停止するだろう。「私の支出はあなたの所得、そしてあなたの支出は私の所得。もし両方が同時に支出を削減しようとすれば、我々の所得も減ってしまう。そうなると、もっと貯蓄をすることは実際できなくなる。」あらゆる人に対してもっとバウチャーを刷ることができる、そうすれば「もっと金持ちになった」気分にさせて、支出を増やすように促すことになる――それはこのサークル内の量的緩和に相当する。でも、もし全ての人が貯蓄をすると決定すれば、親たちは余分のバウチャーを手元に置いておくだろう。そして、そのサークルはまた機能しなくなる。これが流動性の罠と呼ばれるものです。「そして、それは本質として現在の我々がいる状況のことです。」

The same principles apply to the "paradox of deleverage". Debt in itself is not a terrible thing, he says. "Debt is one person's liability, but another person's asset. So it doesn't impoverish us necessarily. The real danger with debt is what happens if lots of people decide, or are forced, to pay it off at the same time. High debt levels make us vulnerable to a crisis – and this is when you get the self-destructive spiral of debt deflation. If both of us are trying to pay down our debt at the same time, we end up with lower incomes, so the ratio of our debt to our income goes up."
同じ原理は「レバレッジ解消のパラドックス」にも適用できる。債務それ自体は恐ろしいものではない。彼が言うには、「債務はある人にとっては負債だが、他方にとっての資産になる。それは必ずしも我々を貧しくするものではない。債務が本当に危険なものになるのは、同時に多くの人がその債務を返済しようと決断する、あるいは返済するよう強いられる時だ。高水準の債務があると、危機に対して脆弱になる――そして、そのような時に自滅的な債務デフレスパイラルが発生するんです。もし我々が両方とも同時に債務を返済しようとすれば、結果として所得が減ってしまい、所得に占める債務の割合は増加してしまう。」

Crucially, Krugman continues, "what's true for an individual is not true for society as a whole". The analogy between a household budget and a national economy is "seductive, because it's very easy for people to relate to", and it makes some sense when we're not in the grip of a macro-economic crisis. "But when we are, then individually rational behaviour adds up to a collectively disastrous result. It ends up that each individual trying to improve his or her position has the collective effect of making everybody worse off. And that's the story of our times."
クルーグマンは話の本筋に移る、「個人にとって正しいことが全体としての社会にとって正しいわけではない。家計の予算と国の経済を同じようなものとして見るのは「魅惑的です。それによって、すごく人々が語りやすいものになりますから。」そして、それはマクロ経済的な危機じゃない時には、いくらか意味があります。「でも、我々がその危機にあるときには、個人の合理的な行動が集合的な災厄を増やしてしまう結果になる。それぞれの人が自らの状況を改善しようとすることによって、全ての人の暮らしぶりが結果として悪化してしまう。それこそが今起こっている話なんです。」

At these moments someone has to start spending – and, Krugman argues, it is the government. But we're endlessly being told by the coalition that it has to pay off its debts because servicing the interest is ruinous, and the bond markets will destroy us unless we're seen to be tackling the deficit.
"Well, now. We know that advanced economies with stable governments that borrow in their own currency are capable of running up very high levels of debt without crisis. And we know it, actually, best of all from the history of the UK – which spent much of the 20th century, including the 30s, with debt levels much higher than it has now."
このような時期には、誰かがお金を使い始めないといけない――そして、クルーグマンによると、それは政府だと言う。だが、我々は、金利の支払が途方もない額になっているのだから債務を返済しなければならない、もし我々が財政赤字に取り組んでいると見られなくなれば、国債市場が我々を破滅させるだろうと連立政権の人々から延々と言われている。
「まさに今、安定的な政府があって、独自通貨建てで借金をしている先進国の経済はかなり高水準の債務を抱えていても危機に陥ることはないということが分かっている。そして、イギリスの歴史から最もよくそれが分かる――1930年代を含む、20世紀の大半に渡って、イギリスは今よりもずっと高水準の債務を抱えてきた。」


But what about bond markets? Invoked as global bogeymen, we're warned that they punish governments who fail to cut spending – even if cuts don't reduce the deficit. I've never understood why the markets should care how and when we reduce the deficit, as long as we can pay our way. According to Krugman, they don't.
だが、国債市場に関してはどうか? それは国際的なオバケになっていて、その連中が支出の削減に失敗した政府――その支出の削減が財政赤字を減らさなくても――に罰を与えると警告を受けている。我々には金利を支払う能力があるのに、どうして国債市場の人々が我々と一緒になって、財政赤字を減らす時期や手法について心配しないといけないのか私にはまったく分からない。クルーグマンによると、彼らはそんな心配をしてないと言う。

"That's the interesting thing. The actual verdict of the markets, for countries that have their own currencies, has been that they don't really care at all in terms of what you're doing in short-run policy." Likewise, the danger of being downgraded by a credit rating agency has been wildly overstated. "We saw it in Japan in 2002; they had the downgrade, and nothing happened. Which led us to predict that would happen for the US," whose credit rating was downgraded by one agency last year. "And it was exactly right. Nothing happened."
「それは興味深いことです。市場の実際の判決は、独自通貨を持った国の場合、短期的な政策として行われているものである限り、彼らはまったく気にしていないというものです。」同様に、格付け機関によって格下げされる危険性はやたらと過大評価されている。「我々は2002年の日本でそれを見た。格付け機関は格下げをしたものの、何も起きなかった。それがアメリカで格下げがあった時の我々の予言につながっている。」去年、格付け機関の内の一つがアメリカ国債を格下げした。「我々の予言どおりだった。何も起きなかった。」

A-breadline-in-the-US-in--008.jpg
A breadline in the US in 1930. According to Krugman, our governments have failed to learn the lessons of the Great Depression. Photograph: American Stock Archive/Getty Images

Thus far, Krugman has essentially restated the case for Keynesianism. "And these are not hard concepts, actually. It's not hard to get it across to an audience. But it doesn't seem to play in the political sphere." What's fascinating is his historical analysis of why policy-makers, who once understood these principles, collectively decided to forget them.
In the years following the Great Depression, governments imposed regulatory rules upon the banking system to ensure that we could never again become indebted enough to make us vulnerable to a crisis. "But if it's been a long time since the last major economic crisis, people get careless about debt; they forget the risks. Bankers go to politicians and say: 'We don't need these pesky regulations,' and the politicians say: 'You're right – nothing bad has happened for a while.'"
これまでクルーグマンが述べていることは本質的にケインズ主義の論拠を言い換えたものだ。「そして、実際に、これは難しい概念じゃない。一般の聴衆にそれを理解してもらうのは難しくない。でも、政治的な領域となるとそうはいかないようだ。」興味深いのは、かつてはこれらの原理を知っていたはずの政策立案者たちがなぜ集団的にそれを忘れてしまうことを決定したのかということです。大恐慌の後に続く数年間に、政府は、銀行が危機に対して脆弱になるほどの借金を二度と作らせないため、銀行システムに恒久的な規制をかけた。「でも、最後の大きな経済的危機から長い時間が経ち、人々は借金に注意しなくなった。そのことがもたらすリスクを忘れてしまった。銀行家は政治家のところに行き、こう言った:『我々にはこうした鬱陶しい規制は必要ない。』そして政治家は言った『あなたは正しい―ずっと悪いことなど何も起こってないんだから』」

That process began in earnest in 1980, under President Reagan. One by one the regulations on banking were lifted, until "we lost the safeguards, and it meant there was an increasingly wild and woolly financial system willing to lend lots of money". Politicians were in part persuaded to deregulate by the argument that it would make us all richer. And to this day, "there's this very widespread belief that there was, in fact, a great acceleration in growth. But this really isn't hard. You sit down for a minute with the national account statistics, and you see it ain't so."
そのプロセスは1980年が始まってすぐレーガン大統領の下で始まった。一つまた一つと銀行への規制は撤廃され、もはや「我々は安全装置を失くしてしまった。そして、それが意味するのは、ますます粗暴になってきている金融システムが進んで多額のお金を貸し付けるということです。」政治家たちは、それが我々を豊かにすると説得されたこともあって規制緩和を行った。今日までに、「成長率が急上昇したと非常に広範囲に信じられている。でも、それは証拠があるものではない。腰を落ち着かせて一分でも国民経済統計を見れば、それが事実ではないと分かります。」

If we divide the period between the second world war and 2008 into two halves, "the first half is a really dramatic improvement to living standards, and the second half is not." It was certainly dramatic for the top 0.01%, who saw a seven-fold increase in income; in 2006, for example, the 25 highest-paid hedge fund managers in America earned $14bn, three times the combined salaries of New York City's 80,000 school teachers. But between 1980 and the crash, the median US household income went up by only roughly 20%. "So it's a total disconnect."
第二次世界大戦から2008年までの期間を半分に分けてみれば、「前半では、実際に、生活水準が劇的に向上したが、後半は違う。」トップ0.01%にとっては劇的なものであって、所得が7倍になっている。例えば、アメリカで最も高給の25のヘッジファンド・マネージャーは2006年に140億ドルを稼ぎ出した。ニューヨークの80,000人分の給料を合わせた額の3倍にもなる。だが、1980年からリーマン・ショックまでの間に、中間値のアメリカの家計所得はたった20%くらいしか上昇していない。「それは完全にかけ離れている。」

Why would economists claim ordinary people were getting much richer if they weren't? "The answer, I think, has to be that you need to ask: 'Well who are the people who say these things hanging out with? What is their social circle?' And if you're a finance professor at the University of Chicago, the people that you're likely to meet from the alleged real world are going to be people from Wall Street – for whom the past 30 years have, in fact, been wonderful. If you're a mover and shaker in the UK, you're probably hanging out with people from the City. I think that is the story of the disconnect."
なぜ経済学者は、実際にはそうじゃないのに、普通の人々がずっと豊かになっていると主張するのか? 「その答えは、あなたが尋ねないといけないことです:こういったことを主張している人々はどんな人と親しくしているのか? 彼らはどんな社会サークルに属しているのか? そして、あなたがシカゴ大学のファイナンスの教授なら、不確かな現実世界の中から出会うことになるのはウォール街の人々になるでしょう――実際、過去30年間は彼らにとって素晴らしいものだったんですから。もしあなたがイギリスの有力者なら、親しくするのはおそらくシティの人々になるでしょう。私は、それがその現実との乖離を物語っていると思う。

But the influence of the top 0.01%'s mindboggling wealth didn't stop at finance professors. Their mansions and yachts and luxury lifestyles created "expenditure cascades", whereby, "if you're a little bit down the income distribution from there, you're going to feel some compulsion to match some of that too. And then, in turn, the people below you can feel some compulsion too."
だが、トップ0.01%の肝を潰すような富の影響力はファイナンスの教授に止まるものではない。彼らのマンションやヨットや贅沢なライフスタイルは「支出の階層」を創り出した。それにより、「少しでも所得の区分が下がると、それに似つかわしくないほどの強迫観念を感じるようになる。そして、あなたより下の人々も同じような強迫観念を感じることになる。」

There were early warning signs, such as the savings and loans crisis of the late 80s, that should have alerted politicians to the dangers of financial deregulation, moral hazard and subsequent spiralling debt. But by then Wall Street's influence over policy-makers had rendered them deaf to alarm bells – in part because bankers were financing so many politicians' campaigns. Krugman quotes Upton Sinclair's famous observation: "It's difficult to get a man to understand something, when his salary depends on his not understanding it" – but more than that, he suspects the sheer glamour of wealthy bankers had a powerful influence over politicians.
早くから、80年代後期のS&L危機のような、政治家に金融の規制緩和やモラル・ハザード、それにより激増する債務の危険性について注意を促してしかるべきだった警告サインは出ていた。だが、政策立案者たちはウォール・ストリートの影響力からその警告ベルに耳を閉ざしてしまった。クルーグマンはアプトン・シンクレアの有名な言葉を引き合いに出す:「何かを理解しないことで給料をもらっている人に、それを理解させるのはむずかしい」」――だが、それ以上に、裕福な銀行家の純然たる魅力こそが政治家に多大な影響を与えているのではないかと彼は考えている。

"My impression is that old style captains of industry can be rather boring. I'm not sure how much thrill there is in hanging out with someone like that. But Wall Street people are in fact very smart; they're funny, they're not company men who work their way up the chain. They're impressive."
「私の印象では、古いタイプの企業のトップは退屈なものでした。そんな人たちと連れ立ってもどれだけスリルがあるのか分からない。でも、ウォール街の人たちは実際かなり頭がいい。彼らは面白いし、苦労して登りつめた会社人間というタイプじゃない。彼らは魅力的です。」

Even Obama is not immune to their charms, says Krugman. Early into the administration he met the president and his economics team, "and it was just clear that rumpled professors with beards just didn't come across as being so impressive. Yeah," he chuckles. "I had that definite sense." But even many of the rumpled professors had been seduced by the promise of a new world economic order, in which Keynesianism was not just redundant but faintly ridiculous.
オバマですらその魅力に免疫を持ってないとクルーグマンは言う。オバマが政権についてすぐに、彼は大統領とその経済チームに会っている。「髭を生やしたしわだらけの教授らがすごく魅力的に映ってないことは明らかでしたよ、ええ。」と彼は笑う。「私にもそれくらいの感覚はあります。でも、しわだらけの教授たちですら多くの人がケインズ主義は冗長なだけでなく、ちょっとバカバカしいものだとする新たな世界経済学秩序に幻惑されていた。」

By 1970, Krugman writes, "discussion of investor irrationality, of bubbles, of destructive speculation had virtually disappeared from academic discourse. The field was dominated by the 'efficient-markets hypothesis'," which persuaded economists that: "We should put the capital development of the nation in the hands of what Keynes called a 'casino'." The death of Keynesianism was "triumphantly" announced, largely by Republican economists whose work had become "infected by partisanship and political orientation". Now, as they are faced with the catastrophic collapse of their theories, Krugman thinks political bias and professional pride are what's stopping them admitting they were wrong.
クルーグマンが描くところによると、1970年までには「投資家の非合理性、バブルの非合理性、破滅的な投機の非合理性についての議論は学問的な論争から消えうせていた。この学問は「効率的市場仮説」によって支配されてしまい、それは経済学者にこう説いていた:我々はケインズが「カジノ」と呼んだものに国の資本の発展をゆだねるべきだ。ケインズ主義の死は主に「党派主義と政治的思想に染まっていた」共和党支持の経済学者によって「意気揚々と」喧伝された。今、彼らは自らの理論の破滅的な崩壊に直面しているのに、政治的偏向とプロしてのプライドによって、自分たちが間違っていたことを認められないのだとクルーグマンは考えている。

Those economists cite the woefully limited impact of Obama's almost $800bn stimulus package as proof that they are still right. According to Krugman, the only thing wrong was it wasn't enough. Almost half went on tax cuts, and most of the remaining $500bn went on unemployment benefits, food stamps and so on. "Actual infrastructure spending – that's more like just $100bn. So if your image of the stimulus programme is: 'We're going out there and building lots of bridges' – that never happened."
それらの経済学者たちはオバマによるほぼ8000億ドルの景気対策が嘆かわしいほど限定的な効果しか持たなかったことを自らが正しい証拠として挙げる。クルーグマンによると、唯一正しいのは、それが十分ではなかったことだと言う。そのほぼ半分が減税で、残り5000億ドルの多くが失業保険やフードスタンプその他に行った。「実際インフラに使われた額――それは1000億ドル強でしかない。景気対策と聞いて思い浮かべるもの:外にくりだして、橋をたくさん建設する――そんなものはなかった。」

In an economy that produces $15tn worth of goods and services each year, $500m "is just not a big number". Back in 2009, Krugman had warned: "By going with a half-baked stimulus, you're going to discredit the idea of stimulus without saving the economy." And that, he sighs, "is exactly what happened. Unfortunately it was one of those predictions that I wish I'd been wrong about. But it was dead on."
1年に15兆ドルの財サービスを生産する経済の中では、5億ドルは「大した額ではない」。2009年に、クルーグマンは警告した:中途半端な景気対策を採れば、経済を救うことはできず、刺激策という考えの信用を落としてしまう。彼はため息をついた、それが「まさに起こったことです。残念なことに、それは私が間違いであってほしかった予言の中の一つです。だけど、ドンピシャでした。」

Since the crash Krugman has become the undisputed Cassandra of academia, but he jokes: "I'm kind of sick of being Cassandra. I'd like to actually win for once, instead of being vindicated by the disaster coming – as predicted. I'd like to see my arguments about preventing the disaster taken into account instead."
リーマン・ショック以来、クルーグマンは明らかに学会のカッサンドラになっているが、彼はこうおどける:もうカッサンドラの預言者やるのにはうんざりしている。災厄が起こって――私が予言したとおりに――正しかったことが証明されるよりも、一度でいいから勝ってみたいですよ。私の主張がきちんと検討されることによって災厄が防がれるところを見たい。」

The likelihood of that is a fascinating question. Krugman is not the most clubbable of fellows. In person he's quite offhand, an odd mixture of shy and intensely self-assured, and with his stocky build and salt-and-pepper beard he conveys the impression of a very clever badger, burrowing away in the undergrowth of economic detail, ready to give quite a sharp bite if you get in his way. His public criticisms of the Obama administration have upset many Democrats in the US, while his more vociferous criticisms of George Bush used to earn him death threats from angry rightwingers.
その可能性は大いに疑問だ。クルーグマンはすごく社交的な人物というわけではない。実際の彼はざっくばらんで、シャイと強烈な自信が奇妙に入り混じっている。そして、彼のふくよかな体系と白髪交じりのヒゲはすごく賢いアナグマを思い起こさせる。経済学的詳細の下草に隠れて、あなたが入ってくれば鋭い歯で噛み付いてやろうと待ち構えているような。彼の公でのオバマ政権への批判はアメリカの多くの民主党支持者を驚かせた。一方、かつて彼のもっと攻撃的なジョージ・ブッシュへの批判は怒り狂った右翼からの殺害強迫を受けた。

I hope none of that gets in the way of his argument. What we need to do, Krugman says, is simple: ditch austerity, kickstart the economy with ambitious government spending, and bring down the deficit when we're back above water again. Most importantly of all, we need to do it now.
"Five years of very high unemployment do vastly more than five times as much damage as one year of high unemployment. To say: 'Yes, it's painful, but time does heal these things … " He breaks off and sighs in despair. "Well, no. Time may not heal it."
私は、それらのことが彼の主張の妨げになっていないと思いたい。クルーグマンが言うには、我々がしなければならないことは簡単だ:緊縮を捨てて、野心的な政府支出によって経済を始動させること。そして、再び水面に上がった後に財政赤字を減らす。その中で最も重要なのは、今それをやること。「5年間の高失業率がもたらす損害は1年間の高失業率の損害を5倍したもよりずっと大きくなる。」そして、こう語った:「ええ、それはつらいものです。でも、時がそれを癒して…」彼は言葉に詰まり、絶望のため息をついた。「いや、時によっては癒されないのかもしれない。」


後書き:Cassandraはギリシア神話に出てくるトロイ戦争中のトロイの女性予言者で、予言は正しかったが信じる者がいなかった。ケインズの発言で知られる。
・badger:
badger_attack-300x201.jpg


追記:optical_frogさんのtwitterでの指摘により訂正しました。
追記:himaginaryさんの指摘により訂正しました。

Inequality Kills/September 22, 2012

Inequality Kills 不平等は殺人だ

Kathleen Geier makes a point I should have noticed. She points to the shocking story in yesterday’s Times about sharply declining life expectancies for less-educated whites, and points out that these declines took place at a time of rapidly rising income inequality. And we have lots of evidence that low socioeconomic status leads to higher mortality — even if you correct for things like availability of health insurance.
キャサリン・ゲアーのこの記事は、僕が気づいていてしかるべきだった点を突いている。彼女は昨日のニューヨーク・タイムズに載った、低学歴の白人の平均余命が急激に短くなっているという衝撃的な話に言及して、その余命の低下が急速に所得格差が拡大したのと同じ時期に起こっていることを指摘している。低い社会的地位が高い死亡率につながることを示す証拠はたくさんある――健康保険の利用可能性などを調整した後ですら。

Some of the effects may come through self-destructive behavior, some through simple increased stress; think about what it feels like in 21st-century America to be a worker without even a high school degree. In any case, Geier is surely right: what we’re looking at is a clear demonstration of the fact that high inequality isn’t just unfair, it kills.
そうした結果になるのは自滅的な行動や、単純にストレスの影響もあるのかもしれない。21世紀のアメリカで、高卒資格すら持たない労働者であることがどんなものか考えてほしい。いずれにせよ、ゲアーはきっと正しい:我々が目にしているものは、深刻な不平等は単に公正でないどころか、それが殺人であるという事実を明白に示している。
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。