スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOP Intellectual Decline, Monetary Edition/August 24, 2012, 3:42 PM

GOP Intellectual Decline, Monetary Edition 共和党の知的堕落、金融版

There was a time, not long ago, when Republicans — whatever you might think of their other ideas — were part of the mainstream consensus on monetary policy. Here’s the Economic Report of the President from 2004 (pdf), presumably written by Greg Mankiw:
共和党員――その他の彼らの考えがどんなものであれ――が金融政策に関して、主流派による総意と一体化するまでには時間――そう長いものでもないが――があった。これは、おそらくグレッグ・マンキューによって書かれた2004年の大統領経済報告書:

Aggressive monetary policy can reduce the depth of a recession.
積極的な金融政策は景気後退が深刻化するのを和らげることができる。


But now we have Mitt Romney declaring his intention to replace Ben Bernanke for, um, pursuing aggressive monetary policy to fight a recession (not aggressive enough, but that’s another issue). Romney:
だが、今や、ミット・ロムニーは、えー、景気後退と戦うために積極的な金融政策を採っている(十分なほど積極的なものではないが、それは別の問題だ)ことで、ベン・バーナンキを替える意思があると宣言した。ロムニー:

I want to make sure the Federal Reserve focuses on maintaining the monetary stability that leads to a strong dollar and confidence that America is not going to go down the road that other nations have gone down, to their peril.
私は、連邦準備銀行が強いドルと、アメリカは他の国のような危険な道を下ってはいないという信頼感をもたらす通貨の安定の維持に焦点を当てることを確かにしたい。


And the GOP platform will reportedly include a call for steps toward a return to the gold standard.
そして、報道によると、共和党の綱領の中に金本位制の復帰へと向かうことを求める項目が含まれていると言う

The really strange thing about all this is that this turn toward hard-money mysticism is taking place even as events have demonstrated that the advantages of not being on a gold standard, of having a fiat currency that can be printed freely in emergencies, are even greater than standard analysis had supposed.
これが本当に奇妙なのは、このハードマネー神秘主義への回帰が、金本位制を採らない事の優位性、もしくは緊急時に自由に発行できる不換紙幣を持つことの優位性が標準的な分析よりもずっと大きいことが現実の出来事として示されている中で起こってることだ。

Mark Thoma links to an old piece of mine that I think does a pretty good job of laying out that standard case; but we now know that there’s a major additional concern, the ability of the central bank to act as lender of last resort to the government as well as private banks. Consider, as Paul De Grauwe has in one of the most important analyses (pdf) to come out of the crisis, the contrast between Spain and the UK. Their medium-term fiscal outlooks are comparable, at least according to the IMF:
マーク・トーマが僕の昔のポストにリンクを貼っているが、そこでは標準的なケースについて良く描けていると思う。だが、今では他にも重要な事案、中央銀行が民間銀行だけでなく政府に対しても最後の貸し手として行動する能力があると分かっている。ポール・デ・グラウウェによる、この危機の間に発表された最も重要な分析の一つである、スペインとイギリスのコントラストについて考えてほしい。これら2国の中期的な財政展望は少なくともIMFによると同等のものだ:

082412krugman2-blog480.jpg
Source: IMF

But borrowing costs have soared in Spain, while falling in Britain:
だが、借り入れコストはスペインで急上昇している一方、イギリスでは急下降している:

082412krugman3-blog480.jpg
Source: Eurostat

So the GOP has decided that we must reject the evils of fiat money and go for the gold standard at precisely the moment when events have demonstrated that fiat money is a really useful thing and the loss of flexibility that comes from ending fiat currencies can be utterly disastrous. What’s going on?
だから、共和党は、不換紙幣が本当に有用なものであり、不換紙幣を廃止してその柔軟性を失うことになればすごく悲惨なことになりうることが現実の出来事により示されているまさにその時に、不換紙幣の悪徳を拒絶して、金本位制に向かわないといけないと決め込んでることになる。一体何が起こっているのか?

I think Yglesias has this right:
イグレシアスはこの点を正しく捉えていると思う:

Commodity-backed money is basically a solution to a non-problem. Or at least it’s not a problem you have if you don’t accept a Randian deeply moralized view of market outcomes. The existince of fiat money is embarassing to that kind of ideology, so it inspires quests for alternatives to modern central banking even when the alternatives don’t make sense.
財で担保された貨幣は基本的に何の問題にもなってないことへの解決策だ。少なくとも、市場の成果に対して酷くランド的な道徳観を持っていない人には、それは何の問題にもならない。不換紙幣が存在することはその種のイデオロギーを困惑させる。だから、代替策自体に意味がなくても、現代的な中央銀行制度に代わるものを追い求めることになってしまう。


In this sense fiat money is like, oh, Social Security. The problem it creates for conservatives is not that it doesn’t work, but that it does — which is a challenge to their philosophy. And so it must die.
この意味で、不換紙幣は社会保障に似ている。保守派にとって、それが機能しないから問題になるのではなく、それが機能するからこそ問題になる――それは彼らの哲学の邪魔になるから。だからこそ、それは消え失せないといけないのだと。
スポンサーサイト

What You Add Is What You Get/July 9, 2012, 3:28 PM

What You Add Is What You Get 作り出した分はもらえる分

The Romney fundraiser in the Hamptons continues to inspire much justified hilarity. Matt Yglesias has fun with whining rich people complaining that they are the engine of the economy, pointing out that quite a few of the whiners make their money in ways that arguably does very little for growth — say, by running funds that collect so much in fees that they leave investors worse off.
ハンプトンズのロムニーの資金提供者が多分に自己弁護のための馬鹿騒ぎを続けている。マット・イグレシアスは、自らたちこそ経済のエンジンだと愚痴ってる金持ちを面白がって、その泣き言を言ってるやつらの大多数が、おそらくは、ほとんど成長に資することのないやり方で金を稼いでいる――例えば、手数料が馬鹿高すぎて投資家の儲けにならないようなファンドを経営するとか――と指摘している。

There is, however, an even broader critique of the whole keep taxes low on jobcreatorsenginesoftheeconomy thing — it doesn’t make sense even when the rich really earn their money. I’ve tried to make this point before, with regard to optimal top tax rates, but without as much success as I’d like; so let’s try it again.
だけど、「仕事を生み出す人経済のエンジン」への税金を総体的に低くすることにはもっと広範な批評が存在する――本当にその金持ちが自らの力で金を稼いでいる時ですら、そうしたことに道理がないってこと。僕は最適最高税率に関連して、以前そのことを指摘してみたんだけど、思っていたほどは成功しなかった。だから、もう一度やってみよう。

So, imagine a Romney supporter named John Q. Wheelerdealer, who works 3000 hours a year and makes $30 million. And let’s suppose that he really does contribute that much to the economy, that his marginal product per hour — the amount he adds to national income by working an extra hour — really is $10,000. This is, by the way, standard textbook microeconomics: in a perfectly competitive economy, factors of production are supposedly paid precisely their marginal product.
さて、ジョン・Q・ウィーラーディラーという名の1年に3000時間働いて3000万ドル稼ぐロムニーの支持者がいるとしよう。そして、彼は経済に対してその額だけ貢献していると想定してみよう。つまり彼の1時間当たりの限界生産物――彼が追加的に労働時間を増やすことによって国民所得が増加する量――は1万ドルってこと。ところで、ここで標準的教科書のミクロ経済学:完全競争市場では、生産要素はその限界生産物に等しいだけの支払いを受ける。

Now suppose that President Obama has reduced Mr. Wheelerdealer to despair; not only does the president waste money by doing things like feeding children, he says mean things about some rich people, which is just like the Nazis invading Poland, or something. So Wheelerdealer decides to go Galt. Well, actually just one-third Galt, reducing his working time to just 2000 hours a year so he can spend more time with his wife and mistress.
今、オバマ大統領がウィーラーディーラー氏のやる気をそいでしまったと想定しよう。大統領が子供たちの養育みたいなことにお金を費やすだけでなく、金持ちに意地悪いことを言ったとしよう。それはナチスのポーランド侵攻に匹敵することらしい。そこで、ウィーラーディーラー氏はゴールトする。いやっ、実際には3分の1ゴールトする、妻や愛人と費やす時間を増やすために年間労働時間を2000時間減らす。

According to marginal productivity theory, this does in fact shrink the economy: Wheelerdealer adds $10,000 worth of production for every hour he works, so his semi-withdrawal reduces GDP by $10 million. Bad!
限界生産物理論によると、これにより経済は実際に縮小する。ウィーラーディーラー氏は1時間働くごとに1万ドルに値する生産物を作り出す。だから、彼の半引退によりGDPは1000万ドルも低くなる。こりゃ酷い!

But what is the impact on the incomes of Americans other than Wheelerdealer? GDP is down by $10 million — but payments to Wheelerdealer are also down by $10 million. So the impact on the incomes of non-Wheelerdealer America is … zero. Enjoy your leisure, John!
でも、ウィーラーディーラー氏以外のアメリカ人の所得に与えるインパクトはどうなる? GDPは1000万ドル低くなる。だけど、ウィーラーディーラー氏が受け取る所得も1000万ドル少なくなる。だから、ウィーラーディーラー氏以外のアメリカ人の所得に与えるインパクトは…ゼロ。余暇をエンジョイしなよ、ジョン!

OK, there’s a catch: Wheelerdealer pays taxes, and when he chooses to work less, he pays less taxes. So there is in fact a welfare loss to the rest of America, but it comes only through the fact that revenue falls.
オッケー、これには落とし穴がある:ウィーラーディラー氏は税金を払っている。彼が働く時間を減らせば、彼が支払う税金も少なくなる。だから、残りのアメリカ人には実際に厚生の損失が存在する。でも、それは歳入が低下するという事実から来るものでしかない。

This is the basis of the result from optimal taxation theory that says that from the point of view of everyone except the very rich the optimal top tax rate is the rate that maximizes revenue — full stop. And since the rich already make so much money, their marginal utility from an extra dollar is very small, so the revenue-maximizing tax also maximizes welfare for society as a whole.
これは、大金持ちを除く全ての人の視点からすると、最適最高税率は歳入を最大化させる税率になるとする最適課税理論からの結果に基づいている――終わり。そして、金持ちは既に十分なお金を持っているので、追加的なドルから発生する限界効用はすごく小さい。だから、歳入を最大化させる税率こそが全体としての社会の厚生を最大化させる税率にもなる。

Oh, and we have pretty good evidence on the (small) actual incentive effects of changes in top tax rates, enough to suggest that the optimal rate is in the 70-80 percent range — which is where it was in the 1960s, a decade of very good economic performance.
最高税率の変化が実際のインセンティブに与える影響(の少ささ)に関して、最適税率は70-80%になる――経済実績がすごく良かった1960年代と同じくらいの税率――と言えるほどの良質な証拠がたくさんある。

Now, obviously the Romney fans have a very different view. They seem to believe that John Q. Wheelerdealer somehow adds much more to the economy than even the lavish amount he gets paid; he’s an engine of growth! Oddly, though, they also claim to believe in the perfection of markets — and the only way to justify their belief in their own special role is to claim that there is some kind of massive market failure.
今、ロムニーのファンはこれと異なる見方をしている。彼らは、どういうわけか、ジョン・Q・ウィラーディーラー氏の受け取る気前のいい給料以上に、彼が多くのものを経済に対して作り出していると信じてるようだ。彼は成長のエンジンなんだって! だけど、奇妙なことに、彼らは市場の完全性を信じているとも主張する。そういった特殊な役割への信念を正当化しようと思うなら、唯一の方法は、大規模な市場の失敗が存在するってことを主張しないといけないのに。

So there’s a huge contradiction in the whole position of the self-regarding rich — a contradiction that I’m quite sure bothers them not at all. More champagne?
だから、自分で自分を金持ちと思ってる連中のポジションには大きな矛盾がある―間違いなく彼らが一度も考えたことのない矛盾。もっとシャンパン飲んでおいたら?


後書き:go GaltのGaltは、アイン・ランドの小説『肩をすくめるアトラス』の主人公John Galtのこと。増税などが嫌になり隠遁すること。
More champagne?は、ケインズの言葉“My only regret in life is that I did not drink more Champagne.”(人生のただ一つの後悔はシャンパンをもっと飲まなかったことだ。)を下敷きにしたものかな。だとすると、「税金払いたくなかったら、とっとと引退してシャンパンでも飲んでろ」って感じになる。

Slump And Circumstance/August 16, 2012, 6:51 AM

Slump And Circumstance 不況と状況

The New Statesman had a good idea — it went to 20 British economists who signed a letter back in early 2010 calling for immediate austerity and asked them whether they still supported the Osborne policies now that Britain is in double-dip recession. Only one of those who replied said yes, while nine urged Osborne to reconsider his opposition to stimulus.
The New Statesman誌の面白いアイデア――2010年早期に即座の緊縮財政を要求する書簡にサインした経済学者のところへ行って、イギリスが二番底の景気後退に陥る中で、今でもオズボーンの政策を支持するのか尋ねてみた。その中のたった1人だけがイエスと答えた一方、9人がオズボーンは景気刺激策に反対してることを再考すべきだと主張した。

Good on them. I was, however, disappointed to see so many of the prodigal economists asserting that they were responding to changed circumstances rather than admitting that they simply got it wrong.
よくやった。でも、僕がガッカリしたのは、その放蕩経済学者の多くが素直に過去の過ちを認めずに、状況の変化への反応だって主張してること。

For circumstances really haven’t changed; the UK had a depressed economy then, and it still does now. Fiscal austerity while the economy is depressed, and in particular when conventional monetary policy has reached its limits, was an obviously bad idea from day one. Not to put too fine a point on it, what I was writing about austerity back in 2010 looks just fine a couple of years later.
だって、状況は全然変わってないんだから。イギリス経済はその時も落ち込んでいたし、今だってそう。経済が落ち込んでいる中での緊縮財政は、特に伝統的な金融政策が限界に達している時には、始めから明らかに酷いアイデアなんだ。ありていに言えば、2010年に僕が緊縮財政について書いたことは、数年たった今でもまったく問題なく見える。

The fact of the matter is that the austerians chose to throw basic macroeconomics out the window. And that, not failure to anticipate negative surprises, is where they went wrong.
実際のところ、緊縮派は基本的なマクロ経済学を窓の外に放り出すことを選択した。そのネガティブ・サプライズを予想できなかったのは、彼らが間違った方向へ向かった結果だ。

Lucas In Context (Wonkish)/September 26, 2011, 9:54 AM

Lucas In Context (Wonkish) 時系列で見たルーカス(経済学オタク系)

Via Mark Thoma, Noah Smith is puzzled by Robert Lucas. I thought it might be helpful to think of Lucas now in terms of the history of economic thought. By the way, I basically lived through the story I’m about to tell, so this is more or less first-hand.
マーク・トーマ・ブログで知ったんだが、ノア・スミスがロバート・ルーカスに困惑している。今、ルーカスを経済思想史の中で考えておくことは意義があるんじゃないかと思う。ところで、僕は基本的に今から話そうとしているストーリーの中で生きてきた。だから、それは多かれ少なかれ実体験に基づいている。

So, here’s the history of macro in brief.
では、ここでマクロ経済学の歴史を端的に。

1. In the beginning was Keynesian economics, which was ad hoc in the sense that on some important issues it relied on observed stylized facts rather than trying to deduce everything from first principles. Notably, it just assumed that nominal wages are sticky, because they evidently are.
1. 始めに、ケインズ経済学があった。それは重要な論点のいくつかにおいて、第一原理から全てを演繹していくというよりも、様式化された観察事実に依存しているという意味においてアド・ホックなものだった。有名なのものとして、それは名目賃金の粘着性を想定している。なぜなら、明らかにそうだから。

2. In the 1960s a number of economists started trying to provide “microfoundations”, deriving wage and price stickiness from some kind of maximizing behavior. This early work had a big payoff: the Friedman/Phelps prediction that sustained inflation would get “built in”, and that the historical tradeoff between inflation and unemployment would vanish.
2. 1960年代に、たくさんの経済学者が「ミクロ的基礎」を提示することに取り組むようになり、賃金や物価の粘着性はある種の最大化行動から導き出された。この初期の仕事には大きな報いがあった:持続的なインフレは「組み込まれて」しまい、インフレと失業率の間の歴史的なトレードオフは消え去るというフリードマン/フェルプスの予言。

3. In the 1970s, Lucas and disciples take it up a notch, arguing that we should assume rational expectations: people make the best predictions possible given the available information. But in that case, how can we explain the observed stickiness of wages and prices? Lucas argued for a “signal processing” approach, in which individuals can’t immediately distinguish between changes in their wage or price relative to others — changes to which they should respond by altering supply — and overall changes in the price level.
3. 1970年代には、ルーカスと弟子たちはさらに先を進み、我々は合理的期待[人々は利用可能な情報の下でできる限り最高の予想をする]を想定すべきだと主張した。だけど、その場合には、観察されている賃金や物価の粘着性はどう説明できるのか? ルーカスは「signal processing」アプローチを支持した。そのアプローチによると、個人は他の人との相対的な賃金や物価の変化――供給量を変えることによって反応すべき変化――と、物価水準の全般的な変化とをすぐには区別できない。

4. In the 1980s, the Lucas project failed — pure and simple. It became obvious that recessions last too long, and there are too many sources of information, for rational confusion to explain business cycles. Nice try, with a lot of clever modeling, but it just didn’t work.
4. 1980年代には、ルーカス・プロジェクトは破綻した――純然たる事実として。合理的混乱で景気循環を説明するには、景気後退は長く続くすぎ、情報ソースは多すぎることが明白になった。数多くの賢明なモデルが考案されたものの、それが機能することはなかった。

5. One response to the failure of the Lucas project was the rise of New Keynesian economics. This basically went back to ad hoc assumptions about wages and prices, with a bit of hand-waving about menu costs and bounded rationality. The difference from old Keynesian economics was the effort to use as much maximizing logic as possible to interpret spending decisions. I find NK economics useful, if only as a way to check my logic, although it’s not really clear if it’s any better than old-fashioned Keynesianism.
5. ルーカス・プロジェクトの失敗に対する一つの反応がニュー・ケインズ経済学の勃興だ。これは賃金や物価については、メニューコストや限定合理性などのちょっとした誤魔化しを使うことで、基本的にアド・ホックな想定に回帰した。オールド・ケインズ経済学との違いは、支出の決定を解釈する際に、できるだけ最大化のロジックを使う努力をしていることだ。僕は自分のロジックをチェックするために使うってだけなら、ニュー・ケインズ経済学は有効なものだと思っている。ただし、それが旧式のケインズ主義よりも少しでも良いものなのか実際には明らかではない。

6. The other response, by those who had already invested vast effort and their careers in the Lucas project, was to drop the whole original purpose of the project, which was to explain why demand shocks matter. They turned instead to real business cycle models, which asserted that the ups and downs of the economy are caused by technological shocks magnified by rational labor supply responses. Full disclosure: this has always seemed absurd to me; as many have pointed out, the idea that the unemployed during a recession are voluntarily choosing to take time off is something only a professor could believe. But the math was impressive, and RBC became a self-contained, self-replicating intellectual world.
6. ルーカス・プロジェクトに既に莫大な努力とキャリアを投資してきた人々によるもう一つの反応が、なぜ需要ショックが重要なのかを説明するというそのプロジェクトの元々の目的を丸ごと捨て去ってしまうことだ。その代わりに、彼らはリアル・ビジネス・サイクル(RBC)モデルに転じた。そのモデルが示すところによると、経済の浮き沈みは合理的な労働供給の反応によって拡大された技術的ショックによって引き起こされると言う。全面開示:僕はこれが常に馬鹿げたものだと思ってきた。多くの人が指摘するように、景気後退期の失業者が自発的に仕事を休むことを選んでいるというアイデアを信じるのは、大学の教授くらいのものだ。だが、その数学は荘厳なものがあり、RBCは自己充足的で、自己複製的な知的世界になっていった。

7. The Lesser Depression arrives. It’s clearly not a technological shock; clearly, also, nobody is confused about whether we’re in a slump, as the old Lucas model required.
7. 小恐慌がやってきた。それが技術的なショックでないことは明らかだ。また、古きルーカス・モデルが必要とするような、我々が不況の中にいるかどうか混乱している者など一人もいないのも明らかだ。

In fact, it looks a lot like what Keynes described, and old-Keynesian models work very well, thank you, both at explaining it and in making predictions about such things as interest rates and the effects of fiscal austerity. But the descendants of the Lucas project know that Keynes was wrong — it’s what their teachers and their teachers’ teachers have been saying all these years. They cannot accept anything resembling a Keynesian explanation without devaluing everything they’ve done with their intellectual lives.
実際、小恐慌は多くがケインズの描写したとおりであり、ありがたいことに利子率や緊縮財政の効果などを説明する際にも、予言する際にもオールド・ケインズ・モデルは非常によく機能している。だけど、ルーカス・プロジェクトの子孫たちはケインズが間違っていることを知っている――それは彼らの先生、彼らの先生の先生が何年にもわたって言ってきたことだから。彼らは自身の知識人人生全ての価値を貶めてしまうことになるケインズ的な説明に似た全てのものを受け入れることができなくなっている。

So it must be Obama’s fault!
じゃあ、それはオバマのヘマのせいってことにしないと!

Filters and Full Employment (Not Wonkish, Really)/July 11, 2012, 4:35 PM

Filters and Full Employment (Not Wonkish, Really) フィルターと完全雇用(経済学オタク系じゃない、本当に)

There’s a mini-debate with important economic implications going on over the use of a statistical technique called the Hodrick-Prescott filter. Tim Duy has a round-up and some thoughts of his own. But I thought I should weigh in, partly because I encountered this very same issue way way back when regarding Japan (pdf), partly because what may look like a debate about statistical technique is actually a crucial debate about the nature of our ongoing economic disaster.
ホドリック-プレスコット・フィルター(HPフィルター)と呼ばれる統計的なテクニックの使用に関して、重要な経済学的意味合いを持つ論争が進行している。ティム・デューイは総括して彼自身の考えを提示している。だが、それに参加してやろうと考えたのは、僕自身かつて日本について考えていたころにすごくよく似た課題に遭遇したからというのがその理由の一部だし、さらに、一見統計的な技術についての議論にしか見えないものの、それが実際は現在進行中の経済的災厄についての決定的な議論だからでもある。

So, the HP filter is a technique that is supposed to extract underlying trends from data in which there is a lot of short-term fluctuation around the trend. To do this, it “smooths” the data — roughly speaking, it takes a weighted average over a number of years. This smoothed measure is then supposed to represent the underlying trend.
さて、HPフィルターとは、トレンドの周囲に短期的変動がいくつも存在するデータから、根底にあるそのトレンドを抽出するとされる技術のことだ。これをするため、HPフィルターではデータを「均す」――大雑把に言えば、複数年にかけての加重平均を取る。この均された推計値が根底にあるトレンドを示しているとされる。

When applied to business cycles, the HP filter finds a smoothed measure of real GDP, which is then taken to represent the economy’s underlying potential, with deviations from this smoothed measure representing unsustainable temporary deviations from potential.
これが景気循環に適用されると、HPフィルターにより実質GDPの均された推計値が判明する。そして、それが経済の根底にある潜在GDPを示しているとされて、その均された推計値からの逸脱は潜在GDPからの維持不可能な一時的逸脱を表しているとされる。

And what’s happening now, as Tim Duy points out, is that some people — including Fed officials — are using this kind of filter to argue that the US economy is already operating near potential, so that there is no reason to pursue expansionary monetary and fiscal policy.
そしてティム・デューイが指摘しているように、今起こっていることとして、FRB職員を含めたかなりの人が、この種のフィルターを使ってアメリカ経済はすでに潜在GDP近辺で運営されているのだから、拡張的金融政策や財政政策を追求する理由はないと主張している。

What’s wrong with this view? The answer is that a statistical technique is only appropriate if the underlying assumptions behind that technique reflect economic reality — and that’s almost surely not the case here.
この見方のどこが間違っているのか? その答えは、統計的なテクニックはそのテクニックの背後の根底にある想定が経済的な真実を反映している場合にだけ適切なものだから――そして、それはこの場合ほぼ確実に当てはまらない。

The use of the HP filter presumes that deviations from potential output are relatively short-term, and tend to be corrected fairly quickly. This is arguably true in normal times, although I would argue that the main reason for convergence back to potential output is that the Fed gets us there rather than some “natural” process.
HPフィルターを使う際には、潜在生産高からの逸脱はどちらかと言えば短期的なもので、かなり早期に矯正される傾向にあると想定されている。これは通常時にはおそらく正しい。ただし、僕なら、潜在生産高に収斂する主な理由は「自然な」プロセスというより、FRBが我々をそこに連れていってくれるからだと言うだろうけどね。

But what happens in the aftermath of a major financial shock? The Fed finds itself up against the zero lower bound; it is reluctant to pursue unconventional policies on a sufficient scale; fiscal policy also gets sidetracked. And so the economy remains below potential for a long time.
だが、巨大な金融的ショックの直後には何が起こる? FRBは自らがゼロ下限に接していることに気づいた。FRBは十分な規模の非伝統的政策を追求することは渋っている。財政政策も引っ込められた。そうして、その経済は長期間にわたり潜在生産力以下で留まっている。

Yet the methodology of using the HP filter basically assumes that such things don’t happen. Instead, any protracted slump gets interpreted as a decline in potential output! Here’s the chart I made way back in 1998 for the 1930s:
でも、HPフィルターを使う際の方法論では、基本的にそんなことが起こると想定されていない。その代わりに、どんな長期化した不況も潜在生産高の落ち込みとして解釈されてしまう! これは僕が1998年に作った1930年代のチャート:

071112krugman2-blog480.jpg

Yep: the HP filter “decided” that the US economy was back at potential by 1935. Why? Because it automatically interpreted the Great Depression as a sustained decline in potential, because by assumption the filter incorporated such slumps into its estimate of the economy’s potential. Strange to say, however, it turned out that there was in fact a huge amount of excess capacity in America, needing only an increase in demand to be put back into operation.
その通り:HPフィルターはアメリカ経済が1935年には潜在生産高に復帰したと「決定した」。なんで? なぜなら、それが自動的に大不況を潜在生産高の持続的な落ち込みとして解釈したから。そうなってしまうのは、HPフィルターの想定により、そのような不況を経済の潜在生産力の見積もりに組み込んでしまったからだ。いまさら言うのも変な話だが、実際にはアメリカに莫大な過剰生産力があることは明らかであって、それを再び動かすのには需要が増えるだけでいい。

It seems totally obvious to me that people who are now using HP filters to argue that we’re already at full employment are making exactly the same mistake. They have in effect, without realizing it, assumed their answer — using a statistical technique that only works if prolonged slumps below potential GDP can’t happen.
僕にしたら自明なことなんだけど、今、HPフィルターを使って、我々がすでに完全雇用にあるなんて主張してるやつらはそれとまったく同じ間違いを犯している。彼らはそれと知らず、結果として、答えを想定においてしまっている――潜在GDPを下回る長期の不況が決して起こらない場合にのみ機能する統計テクニックを使ってるってこと。

As always, statistical techniques are only as good as the economic assumptions behind them. And in this case the assumptions are just wrong.
例のごとく、背後にある経済学的想定が適切な場合にのみ、統計的テクニックは素晴らしいものになる。そして、このケースでは、その想定は間違っている。

Internal Devaluation, Inflation, and the Euro (Wonkish)/July 29, 2012, 3:18 PM

Internal Devaluation, Inflation, and the Euro (Wonkish) 内的減価、インフレ、そしてユーロ(経済学オタク向け)

I’ve been writing for a long time about how the euro area needs more inflation. But I suspect that many readers don’t quite see how this ties into the macro story. So here’s something that may or may not clear things up — a stylized little model linking euro inflation and the adjustment problem to overall monetary policy. It’s very stylized, making some obviously untrue but I think still useful assumptions, and I have been finding that it clarifies my own thinking, at any rate.
僕は長いことユーロ圏がどれほど高めのインフレ率を必要としているか書いてきている。でも、読者の多くにはこれがどうマクロの筋書きと関係しているのまったく分かっていない気がしてる。だから、物事がはっきりするかどうかは分からないがここでプレゼント――ユーロ圏のインフレと調整問題を全般的な金融政策と結びつける様式化された小モデル。これは非常に様式化されたモデルで、その中には明らかに真実でないものも含まれるが、有益な仮定だと思っているし、ある程度、僕自身の考えを明白にしてくれているものでもある。

So, imagine a currency area with just two countries, Spain and Germany, which I’m going to represent in an aggregate supply-aggregate demand framework.
さて、たった二つの国、スペインとドイツからなる通貨圏を想像してほしい。これを総需要-総供給分析で説明していこう。

On demand, I’ll make two assumptions I don’t believe. The first is that the ECB can determine nominal GDP for the euro area. Under liquidity-trap conditions, this is a very problematic assumption, and I don’t mean to drop my skepticism for other purposes. For right now, however, it’s useful, I think, to use nominal GDP as a proxy for the whole range of possible expansionary policies the ECB might follow.
需要面では、僕が信じてるわけではない二つの仮定を用いる。一つ目が、ECBはユーロ圏の名目GDPを決定できるということ。流動性の罠にはまっている状態においては、これは非常に問題のある仮定だし、他の目的のために懐疑主義を疎かにする意図はない。だけど、今は、ECBが採りうるあらゆる範囲の拡張政策のプロキシ(代理)として名目GDPを用いるのは有益だと思っている。

By assuming that the ECB chooses nominal GDP, we get an aggregate demand curve for the euro area as a whole: Py = Y, where P is the price level, y is real GDP, and Y is the target nominal GDP. Now for my second assumption: Cobb-Douglas preferences, so that a fixed share of total spending falls on Spanish and German output respectively. This doesn’t have to be true, and surely makes no difference to the final conclusion — but it means, given the overall target, individual-country AD curves reflecting that fixed division of the total.
ECBが名目GDPを選択できると仮定することによって、全体としてのユーロ圏の総需要曲線が決まる:Py=Y、ここでPは物価水準を、yは実質GDP、Yは名目GDPの目標を示している。ここで二つ目の仮定:コブ-ダグラス選好、それによって総支出に占めるスペインとドイツの割合は一定になりそれぞれの生産高が決まる。これも決して真実ではない、そして最終的な結論には違いをもたらさないと信じている――だが、それが意味しているのは、全体としての目標値が与えられたときに、個々の国のAD曲線はその総計の固定割合を示しているということだ。

Meanwhile, on the supply side, I’ll assume that prices can rise but not fall (because of downward nominal wage rigidity), so that the AS curve in each country is a backwards L.
一方、供給サイドでは、物価は上昇するが下降しないと仮定する(賃金の下方硬直性のため)。ゆえにそれぞれの国のAS曲線は逆L字型になる。

Given all that, the current situation looks like this:
それら全てを考慮すると、現在の状況はこんな感じになる:

072912krugman1-blog480.jpg

Spain is deeply depressed, while Germany is close to full employment.
スペインが酷い不況にある一方、ドイツは完全雇用に近い。

How can Spain restore normal employment? The current European strategy is “internal devaluation”, which means expecting Spain to cut wages and thereby restore competitiveness; this can be represented as a downward shift in Spain’s AS curve (with the new curve in red):
どうすればスペインは通常の雇用を取り戻せるのか? 現在のヨーロッパの戦略は「内的減価」であり、それはスペインが賃金を引き下げ、それにより競争力を取り戻すことを想定している。これはスペインのAS曲線の下方シフトとして表すことができる(赤が新しい曲線):

072912krugman2-blog480.jpg

The trouble with this strategy is twofold: it’s really, really hard to get wage cuts, and deflation in Spain makes the problem of debt overhang worse.
この戦略を採ることにより困難は2倍になる:賃金を引き下げることはすごく、すごく難しいし、スペインのデフレは過剰債務の問題を悪化させる。

What’s the alternative? Aggressively expansionary monetary policy, which shifts the AD curves of both countries to the right. This raises output and employment in Spain, but leads to inflation in Germany:
それなら代替案は? 積極的な拡張的金融政策だ。それは両国のAD曲線を右側にシフトさせる。これはスペインの生産高と雇用の両方を上昇させるが、ドイツでのインフレを導く:

072912krugman3-blog480.jpg

I’d argue that this is a much better outcome. But it does mean a rise in the overall euro price level, because of the asymmetry between the effects of higher demand and lower demand in the face of wage stickiness. In practice, because these developments would play out over time, following the path of higher demand would mean that the ECB would have to accept temporarily higher inflation.
僕はこれがずっとよい結果になると言うつもりだ。だが、賃金の粘着性は需要が高い場合と低い場合で非対称であるため、全般的なユーロ圏の物価水準が上昇することを意味している。実際、時を経て、こうした展開が続いていくのだから、需要を高める道をとることは、ECBが一時的に高めのインフレを受け入れる必要があることを意味する。

And of course the difference between these two strategies demonstrates what a really bad idea it is for the ECB to have a mandate that only takes account of price stability, with no consideration for the real economy.
そして、もちろん、この二つの戦略の違いが表しているのは、ECBが実体経済のことを考えることなく、物価の安定だけを考慮に入れた責務を持つという考えがいかに馬鹿げているかだ。

Just in case you’re wondering, this little model does not in any way contradict what I’ve been saying in other euro analyses — it’s just a different angle of approach. But it may be helpful. And trivial as the model is, I think it suggests just how important it is that the ECB find some way to escape its stable-price shackles.
怪しんでいる人もいるかもしれないので言っておくが、この小モデルは僕が今までユーロの分析に関して言ってきたことと少しも矛盾していない。それはちょっと違う角度からの分析というだけだ。だけど、手助けになるかもしれない。このモデルはちっぽけものであるにせよ、ECBが物価安定の拘束から逃れる道を探ることがいかに重要であるかを提示していると僕は考えている。
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。