スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sweden ― Sweden!!! ― as Conservative Icon/May 16, 2012, 10:29 AM

Sweden ― Sweden!!! ― as Conservative Icon 保守派のアイコンになったスウェーデン―あのスウェーデン!!!

I learn from Ezra Klein’s interview with Tom Coburn that Sweden, of all places, has become the new right-wing icon. I thought Europe’s woes were all about collapsing welfare states? But anyway, the story now is that Sweden has slashed spending and cut taxes, and is doing great; supply-side economics vindicated!
エズラ・クラインによるトム・コバーンとのインタビュー記事で知ったことだが、よりにもよってスウェーデンが新たな右翼のアイコンになってるそうだ。ヨーロッパの苦難はすべて福祉国家の崩壊に関係してるんじゃなかったの? それはともかく、ただいまのお話によると、スウェーデンは支出を大幅に削減して税金を引き下げた。そして経済は活況を呈している。サプライサイド経済学の主張が証明された!

Ezra points out, rightly, that Sweden has actually benefited a lot from very aggressive monetary policy ― one of the original Princeton zero-lower-bound Group of Four, Lars Svensson, is now deputy governor of the Riksbank. (The others were Mike Woodford, yours truly, and a fellow by the name of Ben Bernanke).
エズラが正しくも指摘しているように、スウェーデンは実際には非常に積極的な金融政策から多大な利益を得ている―元祖プリンストン・ゼロ下限四人組の一人、ラース・スベンソンが現在リスクバンクの副議長になっている。(残りはマイク・ウッドフォード、この僕、それとベン・バーナンキって名前の人)。

But Ezra didn’t challenge Coburn on the claim about spending cuts; why don’t we look at what Sweden has actually done, as opposed to the official right-wing line? Look, in particular, at actual government consumption ― purchases of stuff. Here’s Sweden versus the United States, from Eurostat:
だが、エズラは支出削減をしているというコバーンの主張を問いただしてはいない。何で我々は右翼側の公式見解に反し、スウェーデンが実際に行っていることを見れないのかな? 特に実際の政府支出――資材の購入――を見てくれ。これがユーロスタットから取ったスウェーデンとアメリカのデータ:

051612krugman1-blog480.jpg

Somebody has been practicing harsh spending-side austerity ― and it’s not Sweden.
支出面から見て厳しい緊縮政策を取っている国はある――そして、それはスウェーデンじゃない。
スポンサーサイト

Catastrophic Credibility/June 2, 2012, 4:58 AM

Catastrophic Credibility 破滅的な信頼性

A little while ago Ben Bernanke responded to suggestions that the Fed needed to do more ― in particular, that it should raise the inflation target ― by insisting that this would undermine the institution’s “hard-won credibility”. May I say that what recent events in Europe, and to some extent in the US, really suggest is that central banks have too much credibility? Or more accurately, their credibility as inflation-haters is very clear, while their willingness to tolerate even as much inflation as they say they want, let alone take some risks with inflation to rescue the real economy, is very much in doubt.
少し前、ベン・バーナンキは、FRBが更なる行動をとるべきだとする提案――具体的には、インフレターゲットの目標値を引き上げること――に反論して、それにより「苦労して勝ち取った信頼性」が損なわれることになると主張した。言わせてもらうが、最近のヨーロッパや、ある程度まではアメリカでも、そこで起こっていることが本当に示しているのは、中央銀行があまりにも信頼性を持ちすぎてるってことじゃないの? あるいは、もっと正確に言えば、こういったインフレ嫌いとしての信頼性は非常に明白なものである一方、実体経済を回復させるためにインフレのリスクを取るのはもちろんのこと、彼等が望ましいと言う程度のインフレ率でさえ進んで許容しようという意思を持っているのかは非常に疑わしい。

Yesterday I pointed to the German breakeven, a measure of euro area inflation expectations, which has plunged lately. Here’s a longer view:
昨日、僕は、ユーロ圏の予想インフレ率の測度である、ドイツのブレーク・イーブン・レートのことを指摘した。これは長期的視点から見たもの:

060212krugman1-blog480.jpg

Note the peak in April 2011. It wasn’t very high; slightly above the ECB’s target, but arguably still too low to make the needed adjustment within the euro area feasible. Nonetheless, the ECB raised rates ― and that was when the euro really began falling apart. The direct effects of the rate increase can’t explain that unraveling, but the effect on expectations ― aha, so they really are that fanatical about price stability! ― can.
2011年4月のピークに注目してほしい。それはすごく高いわけじゃなかった。ECBの目標よりも少し高いが、ユーロ圏で必要な調整を実現可能なものにするにはおそらくそれでも低すぎる。にもかかわらず、ECBは利子率を引き上げた――そして、その時からユーロが崩壊し始めた。利子率上昇の直接的な効果ではその破綻を説明できないが、期待の効果――ははっ、あいつらどんだけ物価の安定に粘着してんだよ!――を考慮するとそれが可能だ。

Now the breakeven is plunging. I’d like to think that the ECB is holding frantic meetings and planning to announce a surprise sharp rate cut, preferably to zero, the day after tomorrow. But I doubt it. The fact is that the ECB is highly credible: most observers, me included, are quite sure that it is totally allergic to inflation and relatively indifferent to the collapse of the real economy.
今、ブレーク・イーブン・レートは低下している。ECBが緊急会議を開いて、驚くほど大幅な利下げ発表、望むべくは明後日にでもゼロ金利にするのを計画していると考えたいものなんだが。でも、それは疑わしい。実のところ、ECBは非常に信頼できる:僕を含むほとんどの観察者は、ECBがインフレにはすごくアレルギーを持っているのに、それと比べると実体経済の崩壊には無関心だと確信している。

The Fed has conveyed a milder form of the same message, issuing forecasts that show inflation slightly below target and unemployment far above target; given its dual mandate, this should be a flashing siren calling for more action. Yet these forecasts have been accompanied by statements to the effect that no action is currently called for. The Fed has therefore created the credible expectation that it will move only if inflation is far below the claimed target, and doesn’t really care about unemployment.
FRBは、目標値よりはちょっと下のインフレ率と目標値よりはるかに上の失業率の予測を公表することにより、同じメッセージをマイルドな形で伝えている。二重の責務(dual mandate)を考えると、これは更なる行動を求める緊急サイレンが鳴っていると見るべきだ。だが、その予測には、現在のところ更なる行動の必要性は認められないという趣旨の文言が添えられてある。それゆえ、FRBは、インフレ率がその目標値よりずっと低い場合にのみ、行動を開始するという信頼できる予想を作り出してしまっている。

My earnest hope is that both central banks will rethink the meaning of credibility, and in particular what kind of credibility they really want to have, very soon. And by very soon I basically mean tomorrow.
僕の切なる希望は、この両中央銀行が信頼性の意味、具体的に言えば、彼等が本当に望んでいるのはどういう信頼性のことなのかを今すぐ考え直してくれることだ。あと、僕の言う今すぐにってのは、明日にでもってことだぞ。

Peripheral Performance/June 14, 2012, 8:57 AM

Peripheral Performance 周縁国のパフォーマンス

Responding to reader requests, from Eurostat. And no, I don’t know anything about Lithuania, which for some reason doesn’t seem to be on anyone’s radar:
読者のリクエストにお答えして、Eurostatから。いや、僕はリトアニアについては何も知らないけど、普通に誰が見ても注目に値するようなものには見えない:

061412krugman1-blog480.jpg

By the way, Iceland has a much lower unemployment rate than any of the others.
ところで、アイスランドはその他の国よりもずっと失業率が低い。

Looking at this, would you have expected that Latvia would be lionized as the hero of the crisis?
これ見て、ラトビアがこの危機のヒーローとして担ぎ上げられるなんて想像できてた?


後書き:谷深ければ山高しと。

I Am Not Your Mirror Image/October 12, 2011, 5:23 PM

I Am Not Your Mirror Image 僕はあんたの合わせ鏡じゃない

Russ Roberts tries to debunk my explanation of the reasons to believe in a broadly Keynesian view of the world ― and reveals more than he intended.
ラス・ロバーツが、広い意味でのケインズ主義的世界観を信じる理由に関する僕の説明の矛盾を暴こうとしている――そして、彼が意図したもの以上のことを露にしてしまっている。

First, a few points. Roberts treats my statement that we have a lot of evidence on the effects of monetary policy, not so much on fiscal policy, as being somehow slippery. But if you are at all familiar with the reality of macroeconomic policy, you know that there’s an obvious reason: monetary policy, which is set by a small committee without the need to pass legislation, is routinely used as a tool for managing the economy; discretionary fiscal policy isn’t. The classic Romer and Romer study showing that monetary policy matters was based precisely on the frequent use of monetary policy as a deliberate tool:
最初に数点。ロバートは、金融政策の効果にはたくさんの証拠があるが、財政政策には十分な証拠がないという僕の発言を何か当てにならないものとして捉えている。だが、マクロ経済政策の現実に十分に詳しい人なら、それには明白な理由があることを知っているはずだ:法案を通す必要もなく、少数の委員会によって決定される金融政策は経済を運営するためのツールとして常に使われてきた。裁量的な財政政策はそういうわけにはいかない。金融政策の重要性を示した古典的なローマー夫妻の研究はまさに計画的なツールとして金融政策が頻繁に使用されてきた実例に基づいている:

The central part of the paper is a study of postwar U.S. monetary history. We identify six episodes in which the Federal Reserve in effect decided to attempt to create a recession to reduce inflation.
この論文の中心的な部分はアメリカの戦後の歴史に関する研究である。我々はFRBが結果的にインフレを抑えるため、景気後退を作ろうと決定するに至った6つの事例を同定した。


Six such episodes between 1945 and 1990; there is no comparable profusion of fiscal examples.
1945年から1990年までのそのような事例は6例。財政政策にはこれに相当するほどの事例はない。

Roberts also says, well, I choose some studies of austerity, but others reach different conclusions. Yes ― but not all studies are created equal. In fact, the last two years of research on fiscal policy have clarified a lot.
ロバーツはまた僕が緊縮財政の研究のうちいくつかを選び出しているが、他の研究では違う結論が出ていると言っている。はい、その通り――でも全ての研究が同等に作られているわけじゃない。実際に、ここ2年の財政政策の研究で多くのことが明らかになっている。

Initially, a lot of credence was given to work like that of Alesina and Ardagna, which tried to identity changes in fiscal policy using mildly fancy time-series analysis ― and seemed to find evidence of expansionary contraction. But everyone who looked at that work closely quickly noticed that their supposed episodes of both stimulus and austerity didn’t seem to correspond at all to known changes in policy. When economists started doing studies using the Milton Friedman/ Romer and Romer mthod –that is, using historical information to identify actual changes in policy ― the results turned clearly Keynesian.
最初の内は、アレシナ・アーダナ論文のような研究に多大な信用が与えられていた。その論文は少々とっぴな時系列分析を使って、財政政策の変化を同定しようとするものだった――そして拡張的緊縮の証拠を見出しものとされていた。だが、その研究を見たあらゆる人が即座に彼らの想定している刺激策や緊縮策のどちらもが一般に知られている政策の変化とまったく一致しているように見えないことに気づいた。経済学者たちがミルトン・フリードマン/ローマー夫妻型の手法――すなわち、実際の政策の変化を同定するのに歴史的な情報を使うこと――を使い始めると、結果は明白にケインズ主義的なものになっていった。

But the main thing wrong with Roberts’s piece is the assumption that people like me are just mirror images of people like him:
だが、ロバートの記事が本質的に間違っているのは、僕のような人々を彼のような人々の合わせ鏡でしかないと仮定していることだ。

Krugman is a Keynesian because he wants bigger government. I’m an anti-Keynesian because I want smaller government. Both of us can find evidence for our worldviews.
クルーグマンは大きい政府が好きだからケインジアン。僕は小さい政府が好きだから反ケインジアン。僕らのどちらもが自分の世界観に合う証拠を見つけることができる。


This is wrong on multiple levels. First of all, while conservatives see smaller government as an end in itself, liberals don’t see bigger government the same way. Think about it: while you often see conservatives crow about, say, reducing discretionary spending as a good thing just because the number is down, do you ever see liberals crowing about a rise in spending, never mind what on? Liberals want government to do certain things, like provide essential health care; the size of government per se isn’t the objective.
これは複合的なレベルで間違っている。一つ目に、保守派は小さい政府それ自体を到達点と見ているが、リベラルは大きい政府を同じようには見ていない。こう考えてほしい:あなたは、例えば、保守派が最小的支出の引き下げをその数字が下がっているというだけで良いことと喜んでるのをよく見ることはあっても、リベラルが支出の拡大をそれが何に使われるかも気にしないで喜んでるのを見たことがある? リベラルは政府に不可欠な医療を提供するといった特定のことをするように望んでいる。政府のサイズそれ自体が目的ではない。

Second, Keynesianism is not and never has been about promoting bigger government. Outside the US, this is obvious: there have been Tory Keynesians in Britain, the Germans favor both a big welfare state with heavy regulation and balanced budgets. Even in the US, when the political heat isn’t so intense, you find conservative economists promoting quite Keynesian views of stabilization policy ― Greg Mankiw is the editor of two volumes on New Keynesian Economics, and the Bushies were quite happy to argue for tax cuts as a way to boost spending.
二つ目に、ケインズ主義はかつても今も大きい政府を促進するものではない。アメリカの外に出ると、このことは明らかだ:イギリスにはトーリー党ケインズ主義があり、ドイツは厳しい規制付きの大きい福祉国家と均衡予算を共に賛同している。アメリカですら、政治的熱狂がそれほど激しくない時には、非常にケインジアン的観点からの安定化政策を奨励している保守派の経済学者を見つけだせる――グレッグ・マンキューは『ニューケインジアン経済学』2冊の編集者だし、ブッシュ親子は民間支出を押し上げるための方法として減税を論じるのが大好きだった。

What is true is that some conservatives in America have always opposed Keynesian thought because they believe it legitimizes an active role for government ― but that’s not what Keynesianism is about, and not the reason I or others support it.
本当のところは、アメリカには、ケインジアン的思想を政府に積極的な役割を与えることを正当化するためのものと信じ込んでしまっているため、常にその思想に反対している保守派が存在するということだ――だが、それはケインズ主義が示すものではないし、僕や他の人がそれを支持する理由でもない。

Which brings me to the final point. Russ Roberts may choose his economic views because they support his political prejudices. I try not to. Maybe I sometimes fall short ― but I try to analyze the economy as best I can, never mind what’s politically convenient, and indeed to bend over backward to avoid believing things that make me comfortable, to avoid turning everything into a morality play that confirms my political values.
そのことが最後の点にかかわってくる。ラス・ロバーツは彼の政治的偏見を支援するために経済観を選んでいるのかもしれない。僕はそれをしないようにしている。たぶん時にはその努力が足りないときもある――でも、僕は、最善を尽くして経済を分析しようとしている。政治的に何が便利かを気にせず、自分にとって快適なものを信じてしまうのを避けるように懸命に努力して、全てのことを僕の政治的価値観を確信させてくれる道徳劇に変えてしまわないようにしている。

Here’s an example: is economic inequality the source of our macroeconomic malaise? Many people think so ― and I’ve written a lot about the evils of soaring inequality. But I have not gone that route. I’m not ruling out a connection between inequality and the mess we’re in, but for now I don’t see a clear mechanism, and I often annoy liberal audiences by saying that it’s probably possible to have a full-employment economy largely producing luxury goods for the richest 1 percent. More equality would be good, but not, as far as I can tell, because it would restore full employment.
例を出そう:経済的な不平等がマクロ経済学的沈滞の根源なんだろうか? 多くの人々はそう考えている――そして、僕は不平等拡大の悪徳について今まで何度も書いている。だけど、僕はその路線は取らない。不平等と我々が今いる混乱とのつながりを除外しているんじゃない。だが、今のところ明白なメカニズムがあるとは見ていない。そして、僕は、完全雇用になってもおそらくトップ1%の金持ち用のぜいたく品ばかり作っている経済になってるだろうと言って、リベラルな聴衆をよく困らせてしまう。もっと平等になることは良いことだが、僕の知る限り、それが完全雇用を回復してくれるからじゃない。

So I’m trying to figure this thing out, as best I can. If you’re not, we’re not in the same business.
そして、今でも僕はそのことについて自分にできる限り理解をしようとしている。もしあなたがそうじゃないのなら、僕らとは住む世界が違うんだ。

Economic Tribalism/May 5, 2012, 10:39 AM

Economic Tribalism 経済的部族主義

Hmm. This seems to be meta Saturday, with reactions to how people think – or, all too often, don’t think ― about economics taking center stage.
うーん。世の中心的な地位を占める経済学に関して、人々がどのように考えているのか――また、あまりにもよくあることなんだが、考えていないか――今度出した本の感想を読んでいるとメタな土曜日になりそうだ。

Justin Fox has an interesting post documenting something I more or less knew, but am glad to see confirmed: People aren’t very receptive to evidence if it doesn’t come from a member of their cultural community. This has been blindingly obvious these past few years.
ジャスティン・フォックスが興味深い記事を書いている。僕は、彼が書いていることを多かれ少なかれ分かってはいたんだが、やっと確信できて嬉しく思う:人々は文化的共同体の一員から来るものでないなら、決して証拠を受け入れようとはしない。ここ数年に至っては、それは目もくらむほど明らかだ。

Consider what the different sides in economic debate have been predicting these past six or seven years. If you got your views from, say, the Wall Street Journal editorial page, you knew – knew – that there was no housing bubble, that America in 2008 wasn’t in recession, that budget deficits would send interest rates sky-high, that the Fed’s expansion of its balance sheet would produce huge inflation, that austerity policies would lead to economic expansion.
経済論争において、種々のサイドで過去6,7年どんな予言がなされてきたのか考えてほしい。例えば、あなたがウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の社説面から知見を得てるのなら、あなたは住宅バブルが存在しないこと、2008年のアメリカは景気後退期ではなかったこと、財政赤字が利子率を空高く上昇させること、FRBのバランスシートの拡大が酷いインフレを招くこと、緊縮政策が経済を拡張に導くことなどを知っていた――知っていた。

That’s quite a record. And yet I’m well aware that many people – including people with real money at stake – consider the WSJ a reliable source and people like, well, me flaky and unbelievable. Much of this is politics, of course, but that’s intertwined with culture: the kind of people who turn to the WSJ, or right-wing investment sites can clearly see that I’m a latte-sipping liberal who probably favors gay rights and doesn’t worship the financially successful (I actually prefer good filter coffee, black, but that’s otherwise accurate), and just not part of their tribe.
それは記録に残ってある。それでも、多くの人々――実際にお金を賭けている人も含めて――がWSJを信頼できるソース、人々であると考えて、僕みたいな人々を風変わりで信頼できないと考えていることを僕はよく知ってる。こうしたことのほとんどは、もちろん、政治的なものだ。だが、それは文化と絡み合っている:WSJや右翼の投資サイトに向かうような種類の人々は、僕がラテをすすってるようなリベラルで、おそらくはゲイの権利に賛成していて、金銭的に成功した人々を崇拝しない人間(僕はフィルターで入れた美味いブラックコーヒーの方が好きなんだけど、その他は当たっている)であり、彼らの部族の一員ではないと明らかに理解している。

I suppose that in my quest to improve policy and understanding I should be trying to fit in better – lose the beard, learn to play golf, start using “impact” as a verb. But I probably couldn’t pull it off even if I tried. And as a result there will always be a large group of people who will never be moved by any evidence I present.
政策と理解を向上させようという戦いに際して、僕はもっと周りに合わせるように努力するべきだったんじゃないかと思う――ヒゲを剃り落として、ゴルフでも覚えて、「インパクト」を動詞として使っていく。でも、多分試したところで、上手く身につけることはできなかっただろう。その結果として、僕が提示するどんな証拠にも決して左右されることのない人々の大集団が常に存在することになる。

Actually, I had a wonderful, in a way, piece of correspondence today; the correspondent had read End this Depression Now!, and was having trouble finding any instances where I presented facts deceptively to support my ideological agenda. Could I please help him locate the places in the book where I do that?
実際、今日、僕はある意味驚くべきメールをもらった。その人は『End this Depression Now!』を読んでいて、僕が自身のイデオロギー的な政策に都合がよくなるように事実を誤魔化して提示している箇所を一つとして見つけられないでいるんだとか。一体どうやったら、その本の中で僕がそうしている箇所を、彼に示して上げられるのかな?

Oh well. We just do what we can.
まあ、とにかく、人は自分にできることをやるしかない。


後書き:latte-sipping liberalはファッショナブルなコーヒーをちびちびやってる、自由主義者=高みの見物をして自分の手を汚さない人(ソース)。英語のこの手の侮蔑語は面白い。
クルーグマンのルックスに関しては、前にもホビットみたいだしテニスとかできそうもないって書かれてたな。いかにもアメリカンな体型になるまでは、顔つきは精悍だったんだが。


追記:himaginaryさんの指摘により訂正。

Doing Their Best to Destroy Europe/June 6, 2012, 9:33 AM

Doing Their Best to Destroy Europe ヨーロッパを破壊するための最善の努力

Martin Wolf is shrill (and rightly so):
マーティン・ウルフが辛らつだ(そして、それは正しい):

Before now, I had never really understood how the 1930s could happen. Now I do. All one needs are fragile economies, a rigid monetary regime, intense debate over what must be done, widespread belief that suffering is good, myopic politicians, an inability to co-operate and failure to stay ahead of events.
今の今まで、僕はあの1930年代がどのようにして起こったのかはっきりとは分かっていなかった。今、僕は分かってる。それに必要なのものと言えば、脆弱な経済、硬直的な金融制度、何をすべきかをめぐる極端な論争、苦しいことはいいことだとする広くはびこる信念、近視眼的な政治家、協調できないこと、物事を前に進めようとしないことだけだ。


Right on cue, the European Central Bank has declined to cut interest rates, or announce any other policies that might help. Because what possible reason might there be to take action?
彼がそれを書いたのは、ヨーロッパ中央銀行(ECB)が利下げを拒絶し、助けとなるようなその他の政策を採ることも言明しなかった時だ。その理由ときたら、行動に移す理由がどこにあるの?

060612krugman1-blog480.jpg

Oh, and survey data suggest that the euro area economy is really plunging now, plus Spain is on the brink. What about inflation? It’s falling fast ― which is a bad thing under the circumstances.
調査データは、ユーロ圏が現在本当に落ち込んでいること、それに加えてスペインが崖っぷちにいることを示している。インフレはどうなった? 急速に低下している――現下の状況では悪いことだ。

I don’t think there’s any conceivable economic logic for the ECB’s decision. It can only, I think, be understood as some kind of refusal to admit, even implicitly, that past decisions were wrong.
ECBの決断にはなんらの納得できるような経済学的ロジックがあるとは思えない。それは、たとえ暗黙的であれ、過去の決断が間違っていたことを認められないからとしか考えようがない。

Like Martin Wolf, I’m starting to see how the 1930s happened.
僕はマーティン・ウルフと同じように、あの1930年代がどのようにして起こったのか目の当たりにしようとしている。


後書き:道草への投稿は画像ファイルがないものだけになります。
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。