スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Britain’s Blunder/May 22, 2012, 12:04 PM

Britain’s Blunder イギリスの失態

In the nature of things, the IMF can’t go to a country not in need of a financing program and say bluntly, “Ur doing it wrong”. Nor can it easily climb down from its original endorsement of the Cameron-Osborne austerity program. But the latest consultation comes about as close as the Fund can to saying that a huge error is underway, in particular mentioning “hysteresis”, the risk that the economy’s austerity-induced weakness will inflict long-run damage.
物事の本質として、IMFは資金援助プログラムを必要としていない国に行って、ずけずけと「あんたのやってることは間違いですよ」と言うわけにいかない。また、元々はキャメロンとオズボーンの緊縮プログラムを支持していたのに、それを撤回するのも簡単なことではない。でも、最新の年次協議による言及「『履歴効果』、緊縮策による経済の弱体化が長期的な損害を引き起こすこと」を見ると、IMFは彼らに許される範囲で、手酷い間違いが進行中であると語っているのも同然だ。

So I guess we can add the IMF to those “dangerous voices” Cameron wants to shut up.
だから、キャメロンが黙らせたがってる「危険な声」の中にIMFを加えてもいいんじゃないかな。

Also, for all those who went on and on about British inflation: I have a hard time working with the ONS data, but here’s what I get from the latest report:
それと、イギリスのインフレについてくどくど言ってるすべての人へ:イギリス国立統計局(ONS)のデータにはてこずってるんだけど、これは最新の報告書から:

052212krugman1-blog480.jpg

The inflationistas, wrong again.
インフレ論者たち、また間違えたね。
スポンサーサイト

Does Economics Still Progress?/September 27, 2011, 4:03 PM

Does Economics Still Progress? 経済学は今でも進歩しているのか?

In a few hours Sylvia Nasar and I will have an on-stage dialogue at the 92nd Street Y, centered around her new book The Grand Pursuit, which offers a set of fascinating portraits of the makers of economics. (Irving Fisher invented the Rolodex?) But as I was reading her book I have to admit that I found myself wondering whether there’s much to celebrate.
シルビア・ナサーと僕は、the 92nd Street Yで、経済学を作った人々を興味深く描いた彼女の新刊『The Grand Pursuit』を中心にした公開対話を行うことになっている。(アービング・フィッシャーがローラドックスを開発した?)だけど、僕は彼女の本を読んでいて、そんなに祝福すべきことがあるのか疑問に感じたことを認めざるをえない。

I’ve never liked the notion of talking about economic “science” ― it’s much too raw and imperfect a discipline to be paired casually with things like chemistry or biology, and in general when someone talks about economics as a science I immediately suspect that I’m hearing someone who doesn’t know that models are only models. Still, when I was younger I firmly believed that economics was a field that progressed over time, that every generation knew more than the generation before.
僕は経済「科学」という物言いがずっと好きじゃなかった――経済学は、科学や生物学のような学問とざっと比較しても、あまりにも生々しく不完全だ。そして、一般的に言って、誰かが経済学を科学として語っている時、僕は、その人がモデルはモデルに過ぎないということを分かってないんじゃないかとすぐ疑ってしまう。だが、僕が若かったころ、経済学は日々進歩していて、あらゆる世代が前の世代よりずっと多くのことを知っていると硬く信じていた。

The question now is whether that’s still true. In 1971 it was clear that economists knew a lot that they hadn’t known in 1931. Is that clear when we compare 2011 with 1971? I think you can actually make the case that in important ways the profession knew more in 1971 than it does now.
今、疑問なのは、それは今でも正しいのかということだ。明らかに、1971年の経済学者は1931年の経済学者が知らなかったことをたくさん知っていた。2011年と1971年を比べても同じことが言えるだろうか? 僕は、重要な面において、同業者たちは今より1971年のほうが多くのことを知っていたと言うことができると思う。

I’ve written a lot about the Dark Age of macroeconomics, of the way economists are recapitulating 80-year-old fallacies in the belief that they’re profound insights, because they’re ignorant of the hard-won insights of the past.
僕はマクロ経済学の暗黒時代のことを何度も書いてきた。過去に勝ち取った洞察を忘れてしまったがために、80年前の謬論を深遠な洞察と信じ込んで、経済学者たちがそれを再獲得していくことになる有様を。

What I’d add to that is that at this point it seems to me that many economists aren’t even trying to get at the truth. When I look at a lot of what prominent economists have been writing in response to the ongoing economic crisis, I see no sign of intellectual discomfort, no sense that a disaster their models made no allowance for is troubling them; I see only blithe invention of stories to rationalize the disaster in a way that supports their side of the partisan divide. And no, it’s not symmetric: liberal economists by and large do seem to be genuinely wrestling with what has happened, but conservative economists don’t.
それに何か付け加えるとすれば、今この時点になっても、多くの経済学者は真実を突きつめようとすらしていないように思える。数多くの著名な経済学者が進行中の経済危機に対して書いていることを見ても、知的に当惑している兆しは少しも見られないし、彼らのモデルでは許容されないような大災害が彼らを苦しめている感じもない。彼らは、この大災害をどうにか自分たちの党派にとって都合がいいように合理化してくれるお話をのんきに発明してるだけだ。そして、このことは対称的ではない:リベラルな経済学者は、おおむね、起こっていることと純粋に格闘しているように思えるが、保守的な経済学者はそうではない。

And all this makes me wonder what kind of an enterprise I’ve devoted my life to
そして、こうしたこと全てを見るにつけ、僕が自らの人生を捧げた事業とは何だったのか考えてしまう。


後書き:the Rolodex:離脱可能なカードのある卓上の回転式カード索引ホルダー。
Rolodex-1d-300x300.jpg

Diocletianomics/May 1, 2012, 7:52 PM

Diocletianomics ディオクレティアヌス経済学

Ah. In this afternoon’s Reddit, I was asked how the Fed can help the Emperor Diocletian escape the zero lower bound. My answer, I realized later, missed a crucial aspect of the situation: the ancient Roman economy could not have trouble with the zero lower bound, because the Romans didn’t have the concept of zero. They had to set the Fed Imperial funds rate at LXXV basis points, or whatever.
あー。今日午後のRedditで、どうすればFRBはディオクレティアヌス帝をゼロ下限から救い出せるか尋ねられた。後になって分かったんだが、僕の返答はその状況の本質的な様相を見逃していた:古代ローマ経済がゼロ下限で苦しむことはありえない。なぜなら、ローマ人はゼロという概念を持ってなかったんだから。彼らはFed帝国ファンド金利をLXXV basis points(175ベーシス・ポイント)とかにするしかなかった。

It wasn’t until the Arabs invented Arabic numerals that the liquidity trap became a possibility.
アラブ人がアラビア数字を発明して始めて、流動性の罠が可能性として生じるようになった。

PS: The whole thing is here.
PS:全部見たい人はこちら。

Don’t Know Much About (Ancient) History/April 30, 2012, 7:32 PM

Don’t Know Much About (Ancient) History (古代の)歴史はよく分からん

The things I do for book sales. I debated, sort of, Ron Paul on Bloomberg.Video here. I thought we might have a discussion of why the runaway inflation he and his allies keep predicting keeps not happening. But no, he insisted (if I understood him correctly) that currency debasement and price controls destroyed the Roman Empire. I responded that I am not a defender of the economic policies of the Emperor Diocletian.
僕が本の宣伝のためにやってること。ブルームバーグでロン・ポールと討論らしきことをした。動画はこれ。てっきり僕は、なんで彼や彼の仲間はインフレの暴走を予言し続けているのに、ちっともその様子がないのかについて討論するんだと思ってた。でも、違った。彼が主張したのは(僕がちゃんと理解しているとして)、通貨価値低下と物価統制がローマ帝国を破壊したってこと。僕はディオクレティアヌス帝の経済政策を弁護してるわけじゃないんですけどって言っておいた。

Actually, though, appeals to what supposedly happened somewhere in the distant past are quite common on the goldbug side of economics. And it’s kind of telling.
実際、遠い過去のどこかで起こったとされていることに訴えかけるのは、黄金虫サイド(金本位制論者)の経済学ではよくある。そういうのは講談みたいなもんだ。

I mean, history is essential to economic analysis. You really do want to know, say, about the failure of Argentina’s convertibility law, of the effects of Chancellor Brüning’s dedication to the gold standard, and many other episodes.
とは言え、歴史は経済分析にとって不可欠なものだ。本当に、アルゼンチンによる兌換法の失敗や、ブルーニング首相が金本位制に執着したことの影響などその他多くの出来事について知りたいんであれば。

Somehow, though, people like Ron Paul don’t like to talk about events of the past century, for which we have reasonably good data; they like to talk about events in the dim mists of history, where we don’t really know what happened. And I think that’s no accident. Partly it’s the attempt of the autodidact to show off his esoteric knowledge; but it’s also the fact that because we don’t really know what happened ― what really did go down during the Diocletian era? ― you can project what you think should have happened onto the sketchy record, then claim vindication for whatever you want to believe.
でも、どういうわけなのか、ロン・ポールのような人々ははるかに良質なデータがそろっている前世紀の出来事については語りたがらない。彼らは深い霧に包まれた歴史のことについて語りたがるが、そんな時代のことは実際何が起こったのかよく分からない。僕が思うに、これは偶然じゃない。その理由として、彼らが独学者としての秘蔵の知識をひけらかしたいということもある。でも、何が起こったか分からないからこそ――ディオクレティアヌス帝時代に何が下落していたのか?――あやふやな記録に基づいて起こるはずのことを投射できて、それを信じたいと望むあらゆることの正当性を証明するものとして主張できるという事実がある。

It’s funny, in a way ― except that this sort of thinking dominates one of our two main political parties.
いずれにせよ、笑える話ではある――この種の思考がアメリカの二大政党の一角を占めていることを除いて。


後書き:僕はリスニングできないが、リンク先でクルーグマンの「なに言ってんだこいつ?」の顔が笑える。
最近、他にもクルーグマンの笑える毒舌があるのでちょっと紹介。このポストもロン・ポールについて:If Ron Paul got on TV and said “Gah gah goo goo debasement! theft!” ― which is a rough summary of what he actually did say ― his supporters would say that he won the debate hands down(もしロン・ポールがテレビに出て、「ガー、ガー、グー、グー、通貨の堕落!ドロボー!」――これはほぼ彼が実際に言ってることの要約になっている――と言っても、支持者たちはロン・ポールが論破したぞって言うだろうよ。)
このポストで、This WeekのコメンテーターCarly Fiorinaが、企業への課税負担が重過ぎることを問題のカギとして考えていることを茶化して:Hey, if only we had low rates like Ireland, we could have 14.7 percent unemployment … oh well, never mind.(いいか、アイルランドみたいに税率を低くしさえすればな、失業率が14.7パーセントになるんだぞ…いやっ、えーと、気にしないで。)
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。