スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

More Thoughts On Weaponized Keynesianism/October 29, 2011, 2:20 PM

More Thoughts On Weaponized Keynesianism 武装ケインズ主義についてさらに考える

Let me follow up a bit on the sudden discovery by Republicans that cuts in government spending cost jobs and drive up the unemployment rate – as long as the spending is on destruction rather than construction. Oh, and thanks to commenters for reminding me of Barney Frank’s coinage, “weaponized Keynesianism.”
共和党員が、政府支出のカットは雇用を喪失させて失業率を引き上げる―その支出が建設的というより破壊的な場合に限り―と突然発見したことについて少し追及させてほしい。オー、そしてコメントの中でバーニー・フランクによる「武装ケインズ主義」という造語を思い出させてくれた人に感謝する。

The first thing to say is that liberals shouldn’t engage in mirror-image thinking, and imagine that spending we dislike somehow lacks the job-creating virtues of spending we like. Economics, as I say often, is not a morality play. As far as creating aggregate demand is concerned, spending is spending – public spending is as good as but also no better than private spending, spending on bombs is as good as spending on public parks. As I pointed out not long ago, a perceived threat of alien invasion, by getting us to spend on anti-invasion measures, would quickly restore full employment, even though the spending would be on totally useless object.
最初に言わなければならないのは、リベラルはそれに反射的な考えをして、我々が好まない支出は、我々が好む支出よりも雇用を創出するという美徳が欠けていると考えるべきじゃないということだ。僕がよく言うことなんだが、経済学は道徳劇ではない。総需要を創出するということに関係する限りでは、支出は支出だ―公共支出は民間支出と違いはなく、爆弾への支出は公園への支出と同じである。最近、僕が指摘したように、宇宙人の侵略の脅威を認識すれば、我々が侵略を撃退する措置へ支出することになり、その支出が完全に無駄な目的のためであったとしても、すぐに完全雇用が達成されるだろう。

It’s also worth noting that one of the main sources of evidence that fiscal expansion really does stimulate the economy comes from tracking the effects of changes in defense spending. That’s true of Depression-era studies like Almunia et al, and also of several of the studies described in the Romer and Romer lecture on fiscal policy. Why the focus on defense? Two reasons, actually. One is that in practice defense spending is what moves: the fact is that large-scale stimulus programs consisting of domestic spending basically don’t happen, while wars and arms races do.
財政拡大が本当に経済を刺激するという証拠の主要なソースの一つが、防衛支出の変化による効果を追跡することから得られたことも言っておく価値がある。それはアルムニア他による大恐慌時代の研究に当てはまるし、財政政策に関するローマー夫妻の講義で言及されている様々な研究にも当てはまる。どうして防衛費に焦点を当てるのか? 実際、二つの理由がある。一つが、実践的な問題として、防衛支出は動かせるものだからだ。事実は、国内的な支出から成る巨額の刺激策は基本的に起こらないのに対して、戦争や軍拡競争ではそれがあるからだ。

The other is that domestic spending tends to be endogenous, responding to events in the economy, so that cause and effect get blurred – spending on unemployment insurance generally soars during recessions, but the causation runs from recession to spending and not the other way around.
もう一つ、国内的支出は内生的に経済の出来事に反応する傾向があるので、原因と結果はぼやけてしまう―失業保険への支出は一般的に景気後退期に急上昇するが、因果関係は景気後退から支出に向かっているのであり、逆ではない。

And the evidence clearly shows that weaponized Keynesianism works – which means that Keynesianism in general works.
そして、証拠は、明らかに、武装ケインズ主義は機能することを示している――そのことは一般的にケインズ主義が機能することを意味する。

So why do politicians and their hired economic propagandists say differently? On reflection, I think it’s a bit more complicated than I suggested in my previous post on this topic, because there’s a strong element of cynicism as well as genuine intellectual confusion.
それなら、なぜ政治家や御用エコノミストは違うことを言うのか? よく考えてみると、この話題に関して以前のポストで提示したよりも、それはもう少し複雑だと思う。なぜなら、真性の知的混乱と同様に皮肉主義の強い要素が存在するからだ。

What kind of cynicism am I talking about? First, there’s the general fear on the part of conservatives that if you admit that the government can do anything useful other than fighting wars, you open the door to do-gooding in general; that explains why conservatives have always seen Keynesianism as a dangerous leftist doctrine even though that makes no sense in terms of the theory’s actual content. On top of that there’s the Kalecki point that admitting that the government can create jobs undermines demands that policies be framed to cater to all-important business confidence.
僕の言う皮肉主義とはどういったものか? まず、保守派の一部には、もし戦争をすることのほかに、政府が何か有益なことができると認めてしまえば、全般的に政府がそういった行動をすることができるというドアを開いてしまうという普遍的な恐れが存在する;それは、なぜ常に保守派はケインズ主義を、その理論の実際の中身からすれば意味がないのに、危険な左派の教説として見なすのかを説明する。その頂点に、政府が雇用を創出できると認めることは、政策は最も重要なビジネスへの信頼を提供するよう構成されるべきという要求を傷つけることになるというカレッキ・ポイントがある。

That said, there’s also the Keynes/coalmines point: there’s a strong tendency to take any spending that looks like a business proposition – building bridges or tunnels, supporting solar energy or mass transit – and demanding that it appear to be a sound investment in terms of its financial return. This makes most such spending look bad, since almost by definition a depressed economy is one in which businesses aren’t seeing good reasons to invest. Defense gets exempted because nobody expects bombs to be a good business proposition.
とは言え、ケインズ/炭鉱・ポイントもまた存在する:あらゆる商売上の提案に似た支出――橋やトンネルの建設、太陽エネルギーや大量輸送機関への援助――や、商業的採算の面で健全な投資に見えるものに対する要求は受け入れられる強い傾向がある。このことは、定義により経済が落ち込んでいる時には投資をする良い理由があるように見えないので、そのような支出のほとんどを悪く見せてしまう。防衛は免除される、なぜなら、誰も爆弾を商業的にいい提案だと思わないから。

The moral here should be that spending to promote employment in a depressed economy should not be viewed as something that has to generate a good financial return; in effect, most of the resources being used are in reality free.
ここでの教訓とは、経済が落ち込んでいる時に雇用を促進するための支出は、商業的に収益を生み出すようなものとして見なされるべきではないということだ。結果的には、そこで使用されるリソースのほとんどは現実問題としてタダなんだから。

I wonder if we’ll ever have a political system mature enough to understand this.
我々がこのことを理解できるほどの政治システムをもてればいいのだが。
スポンサーサイト

Plutocrats and Printing Presses/April 20, 2012, 9:36 AM

Plutocrats and Printing Presses 金持ちと輪転機

These past few years have been lean times in many respects ― but they’ve been boom years for agonizingly dumb, pound-your-head-on-the-table economic fallacies. The latest fad ― illustrated by this piece in today’s WSJ ― is that expansionary monetary policy is a giveaway to banks and plutocrats generally. Indeed, that WSJ screed actually claims that the whole 1 versus 99 thing should really be about reining in or maybe abolishing the Fed. And unfortunately, some good people, like Daron Agemoglu and Simon Johnson, have bought into at least some version of this story.
ここ数年は多くの点で不毛の時代になっている――だが、耐え切れないほど愚かで、テーブルに頭をぶつけてしまいそうになるでたらめな経済理論はブームに沸いている。最近の流行は――今日のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のこの記事が典型的だが――拡張的な金融政策が広く銀行や金持ちへのプレゼントになっているというものだ。実際、WSJの長たらしい記事が主張しているのは、1対99のことを言うのならFRBを制御するか、もしくは廃止するべきだということだ。そして、不幸なことにダロン・アセモグルとサイモン・ジョンソンのようなすばらしい人の中にも、少なくともこのお話の一バージョンを受け入れている人がいる。

What’s wrong with the idea that running the printing presses is a giveaway to plutocrats? Let me count the ways.
輪転機を回すことが金持ちへのプレゼントになっているという考えの何が間違ってるのか? いくつ間違ってるのか挙げてみよう。

First, as Joe Wiesenthal and Mike Konczal both point out, the actual politics is utterly the reverse of what’s being claimed. Quantitative easing isn’t being imposed on an unwitting populace by financiers and rentiers; it’s being undertaken, to the extent that it is, over howls of protest from the financial industry. I mean, where are the editorials in the WSJ demanding that the Fed raise its inflation target?
最初に、ジョー・ワイゼンタールとマイク・コンツァルが共に指摘しているように、実際の政治はそこで主張されているものと正反対だ。量的緩和は資本家や利子生活者によって無自覚な大衆に押し付けられたものではない。それは、ある程度まで、金融産業からの抗議の怒号の声に逆らって実行されたものだ。えーっと、WSJの社説欄のどこでFRBにインフレ目標値を引き上げるように要求してるのかな?

Beyond that, let’s talk about the economics.
それはともかく、経済学の話に移ろう。

The naive (or deliberately misleading) version of Fed policy is the claim that Ben Bernanke is “giving money” to the banks. What it actually does, of course, is buy stuff, usually short-term government debt but nowadays sometimes other stuff. It’s not a gift.
FRBの政策に関する単純な(あるいは、わざと誤解を誘う)解釈では、ベン・バーナンキが銀行に「お金をあげている」ということになっている。もちろん、実際にFRBがしているのはなんからかのもの、近頃は別のものもあるが普通は短期国債を買うことだ。それは贈り物じゃない。

To claim that it’s effectively a gift you have to claim that the prices the Fed is paying are artificially high, or equivalently that interest rates are being pushed artificially low. And you do in fact see assertions to that effect all the time. But if you think about it for even a minute, that claim is truly bizarre.
それが実質的なプレゼントだと主張するためには、FRBの支払う価格が人為的に高いか、同じように、その利子率が人為的に押し下げられていると主張する必要がある。実際、そのような結果になっているとする主張を絶えず目にしているはずだ。でも、数分考えれば、そのような主張はまったく奇妙なものだと分かる。

I mean, what is the un-artificial, or if you prefer, “natural” rate of interest? As it turns out, there is actually a standard definition of the natural rate of interest, coming from Wicksell, and it’s basically defined on a PPE basis (that’s for proof of the pudding is in the eating). Roughly, the natural rate of interest is the rate that would lead to stable inflation at more or less full employment.
いったい、非人為的とか、お好みなら「自然な」利子率とかって何なのか? 結論から言うと、ヴィクセル以来、自然利子率には標準的な定義があって、それは基本的に理論よりも実態によって(プリンは食べてこそ証明できるものってこと)定義されている。大まかに言えば、自然利子率とはほぼ完全雇用の状態でインフレが安定的になる利子率のことだ。

And we have low inflation with high unemployment, strongly suggesting that the natural rate of interest is below current levels, and that the key problem is the zero lower bound which keeps us from getting there. Under these circumstances, expansionary Fed policy isn’t some kind of giveway to the banks, it’s just an effort to give the economy what it needs.
そして、現在のアメリカが高失業で低インフレであることから、自然利子率は現行の水準よりも低いところにあり、キーになる問題は抜け出すことができないゼロ下限だということが強く示唆される。現在の状況の下では、拡張的なFRBの政策は銀行へのプレゼントといったものではなく、経済が必要としているものを与えるための取り組みそのものである。

Furthermore, Fed efforts to do this probably tend on average to hurt, not help, bankers. Banks are largely in the business of borrowing short and lending long; anything that compresses the spread between short rates and long rates is likely to be bad for their profits. And the things the Fed is trying to do are in fact largely about compressing that spread, either by persuading investors that it will keep short rates at zero for a longer time or by going out and buying long-term assets. These are actions you would expect to make bankers angry, not happy ― and that’s what has actually happened.
さらに言えば、FRBが行っているこのような取り組みは、平均的には、銀行を助けるものではなく、傷つけるものとなる。銀行は主に短期で借りて、長期で貸すのが商売である。つまり、短期金利と長期金利のスプレッドを圧縮するものは全て彼らの利益にとって悪いものになりがちだ。そして、FRBがやろうとしていることは、投資家にゼロ短期金利の長期化を確信させるものであったり、長期資産を買い取ったりすることによってそのスプレッドを圧縮することになる。こういった行動は銀行を怒らせるものであって、幸せにするものではないと予想してしかるべきもの――そして実際にそうなってる――である。

Finally, how is expansionary monetary policy supposed to hurt the 99 percent? Think of all the people living on fixed incomes, we’re told. But who are these people? I know the picture: retirees living on the interest on their bank account and their fixed pension check ― and there are no doubt some people fitting that description. But there aren’t many of them.
最後に、どうやったら拡張的金融政策が99%の人々を傷つけることになるのか? 言われているような、固定所得を糧としている人々のことを考えてほしい。そういった人ってどんな人? 僕はその絵が思い浮かぶ:銀行口座からの利子率と固定的な年金給付で暮らしてる定年退職した人――間違いなくこの描写とピッタリ合う人は存在する。でも、そういった人の数は多くない。

The typical retired American these days relies largely on Social Security ― which is indexed against inflation. He or she may get some interest income from bank deposits, but not much: ordinary Americans have fewer financial assets than the elite can easily imagine.And as for pensions: yes, some people have defined-benefit pension plans that aren’t indexed for inflation. But that’s a dwindling minority ― and the effect of, say, 1 or 2 percent higher inflation isn’t going to be enormous even for this minority.
近年では、典型的なアメリカの定年退職した人は主に社会保障――それはインフレに連動している――に依存している。彼らにも銀行口座からの利子所得があるかもしれない。でも、それは大した額ではない:平凡なアメリカ人は、エリートが軽く考えるのとは違い、ほとんど金融資産を持ってない。年金についてはどうか:たしかに、インフレとは連動していない確定年金保証制度に入ってる人もいる。でも、それは先細りの少数派である――そして、もう1、2%高いインフレはこれら少数派の人々にさえ重大な影響を与えるものではない。

No, the real victims of expansionary monetary policies are the very people who the current mythology says are pushing these policies. And that, I guess, explains why we’re hearing the opposite. It’s George Orwell’s world, and we’re just living in it.
いやいや、拡張的な金融政策による真の犠牲者は、まさに現代の神話の中でこの政策を推進しているとされてるやつらってわけだ。そのことが、なぜそれに対する反対論を聞かされ続けているかの理由を物語っている。ジョージ・オーウェル的な世界、それこそが僕らの生きている世界なんだ。


後書き:拡張的金融政策は金持ちに損失を与えるからこそ、金持ちに利益を与えていると言い立ててそれに反対する。本当にオーウェル的だ。

Different Slopes for Different Folks/February 10, 2012, 10:32 AM

Different Slopes for Different Folks 異なる人々には異なる傾きを

David Frum, in his review of Charles Murray, quotes a passage in which Murray dismisses the notion that reduced work might be the result of reduced wages:
デヴィッド・フラムが、チャールズ・マーレイ本の書評の中で、仕事が減ったのは賃金が減った結果だという考えを却下した一説を引用している:

Put yourself in the place of a [working-class white] man who is at the bottom of the labor market, qualified only for low-skill jobs. You may wish you could make as much as your grandfather made working on a General Motors assembly line in the 1970s. You may be depressed because you’ve been trying to find a job and failed. But if a job driving a delivery truck, or being a carpenter’s helper, or working on a cleaning crew for an office building opens up, why would a bad labor market for blue-collar jobs keep you from taking it? As of 2009, a very bad year economically, the median hourly wage for drivers of delivery trucks was $13.84; for carpenter’s helpers, $12.63; for building cleaners, $13.37. That means $505 to $554 for a forty-hour week, or $25,260 to $27,680 for a fifty-week year. Those are not great incomes, but they are enough to be able to live a decent existence – almost twice the poverty level even if you are married and your wife doesn’t work. So why would you not work if a job opening landed in your lap? Why would you not work a full forty hours if the hours were available? Why not work more than forty hours?
あなたが低スキルな仕事に掛かる能力しか持たない労働市場の最下層である(白人労働者階級)男性だとしよう。あなたは1970年代にあなたの祖父が稼いだような給料が欲しいかもしれない。それでは、仕事を見つけようと頑張っても失敗するだろうから、意気消沈することになるかもしれない。でも、配送トラックの運転手や大工のヘルパーやビルの清掃員の仕事なら門戸は開かれている。ブルーカラーの仕事が不景気だからって、そういった仕事に就かない理由になるのか? 2009年のすごく景気が悪いときでも、配送トラックの運転手に対する時給の中間値は13.84ドルで、大工のヘルパーは12.63ドルで、ビル清掃員は13.37ドルだった。そうすると、週40時間働いて505ドルから554ドル、年に50週働いて25260ドルから27680ドルになる。それはすごい所得ってわけじゃないけど、それなりの生活をするには十分な額だ――あなたが結婚していて妻が働いていなかったとしても、貧困レベルのほぼ2倍になる。それなら、目の前に仕事が転がってるのに、なんで働かないのか? なんで使える時間があるのに、40時間きっちり働かないのか? なんで40時間以上働かないのか?


So Murray is suggesting that a lower wage should not lead to any decline in work effort, and maybe even to an increase, since it takes more hours to achieve a given standard of living. In effect, he’s saying that the supply curve for labor, instead of sloping upward, slopes downward ― or at any rate that it should.
マーレイは、賃金が低くなっても必ずしも労働意欲が減少するわけではなく、むしろ増加する可能性を提示している。なぜなら一定の標準的な生活を確保するために必要な時間が多くなるから。結果として、彼は、労働の供給曲線は右上がりではなく、右下がりだと――あるいは、そうなるべきだと――言っていることになる。

This is not a crazy position: “backward-bending” labor supply is a staple of economics textbooks, because income effects work against substitution effects. Raise my wage rate, and the payoff to working more increases; but I also get richer; and one of the things people consume more of when they get richer, other things equal, is leisure. So a higher wage could lead either to a rise or fall in labor supply, and a lower wage similarly could work in either direction.
これはクレイジーな立場ってわけじゃない:「後方屈曲」労働供給は経済学の教科書では必須であって、そうなる理由は、労働の所得効果が代替効果に打ち勝つからだ。僕の賃金が上がると、働くことに対しての報酬は増加する。でも、同時に僕は前よりも富裕になる。他の事情を一定として、人々が富裕になった時、消費を増やすものの一つが余暇だ。だから、賃金が高くなっても労働供給は増える可能性もあるし、減る可能性もある。同じように、賃金が低くなってもどちらの方向にも動く可能性がある。

So far so good ― although it’s one thing to assert this as a possibility, another to just assume it so that you can skip all the economic data and go straight to condemning moral values.
ここまではいい――このことを可能性として主張するのと、あらゆる経済データを無視してそれを事実だと決め付けてまっすぐ道徳価値批判に持っていくのとは別の話だけどね。

But this argument applies just as much to the rich as to the poor. And strange to say, you never do find conservatives arguing that we shouldn’t worry about higher tax rates on the rich, because they’ll just work harder to be able to afford those luxury goods; or that a higher inheritance tax probably expands work effort, because it would force the Paris Hiltons of this world to go out and get real jobs.
でも、この議論は貧民に使えるのと同じように、金持ちにも使える。不思議なことに、保守派が金持ちへの高い税金なんて心配することないと主張しているのを見たことがないはずだ。なぜって、そうしても贅沢品を買う金を稼ぐために、彼らはもっと一生懸命働くだけなんだから。あるいは、相続税を上げたら、おそらく、労働意欲は拡大するんじゃないかな。なぜなら、そうなりゃ世の中のパリス・ヒルトンみたいなやつらが外に出て、まっとうな仕事を見つけないといけなくなるんだから。

Funny how that works.
そうなったら傑作だな。

Monetary Mandate Mischief/April 7, 2012, 4:47 PM

Monetary Mandate Mischief 有害な金融の責務

One of the remarkable things about the ongoing economic crisis is the way so many people have responded to events by adopting doctrines that would magnify our problems. The woes of Spain and Ireland demonstrate that balanced budgets and low debt in good times offer no protection against crisis, so European leaders make tougher fiscal rules the core of their agenda. The broader euro crisis demonstrates the downside of fixed exchange rates and inflexible monetary policy, so the right doubles down on the gold standard. The financial meltdown demonstrates the need for effective bank regulation; the right demands even less government intervention.
現在進行中の経済危機の中で驚かさせることの一つは、非常に多くの人が我々の問題を増大させる政策を採用することで出来事に対応しようとしていることだ。スペインやアイルランドの苦しみは、順調な時代における均衡予算や低債務が危機に対しての防御策にはならないことを示しているのに、ヨーロッパのリーダーたちはより頑なな財政ルールをそのアジェンダの核にしている。広範なユーロ危機は固定為替レートや柔軟性のない金融政策のマイナス面を示しているのに、右派は金本位制へさらに賭けようとしている。金融的メルトダウンは効果的な銀行規制が必要であることを示しているのに、右派はさらに政府介入を減らすよう要求している。

And now, reading Luigi Zingales, I see a new one: just as experience is demonstrating that price stability is not enough, that central banks really need broader targets, there’s a push on to declare that the Fed should do price stability only.
そして、今、ルイジ・ジンガレスを読んでいて、その最新のやつを見つけた:今まさに経験から、物価の安定だけでは十分ではなく、中央銀行にはより幅広い目標が必要であることが明らかになりつつあるのに、FRBは物価の安定だけを目標にすることを宣言せよという圧力が存在する。

Why is this precisely the wrong time for such a push? Because the evidence is in: downward nominal rigidity is very much a reality.
なぜ今そういう圧力にとってまずい時期と言えるのか? 証拠が示している:賃金の下方硬直性は真実そのものだ。

I wrote about this recently, pointing to new work from the San Francisco Fed. This work shows a large clustering of wage changes at precisely zero:
僕はこのことを最近書いたが、そこでサン・フランシスコ連邦銀行の最新の研究を紹介した。その研究は、賃金変化率ゼロのところで大きな塊りがあることを示している:

040312krugman1-blog480.jpg

And it also shows a sharp rise in the size of that cluster:
そして、その塊りのサイズは急速に拡大していることも示している:

040312krugman2-blog480.jpg

And we know what these observations imply. Quite a while back, Akerlof, Dickens and Perry (pdf) pointed out that if nominal wages are sticky downward, there is a real tradeoff, even in the long run, between inflation and unemployment; a low but positive inflation rate is consistent with a persistently depressed economy. Yet a central bank with a single mandate would be all too likely to point to the stability of prices and declare its work done.
そして、これらの観察結果が意味することは自明だ。かなり昔、アカロフ=ディケンズ=ペリー論文(pdf)は、名目賃金が下方硬直的であるなら、長期的ですら、インフレと失業率の間に実質的なトレードオフが存在することを示した。低くはあるが正のインフレ率は永続的な不景気と矛盾しない。そうであっても、責務が一つ(a single mandate)の中央銀行は物価が安定していることを言い立てて、その役目が果たされたと宣言するというのはいかにもありそうなことだ。

Add to this the likelihood that we need some inflation ― and more than 2 percent ― to avoid persistent liquidity traps, and you can see that a single mandate could well have disastrous effects.
これに加えて、永続的な流動性の罠を避けるためには、我々は多少のインフレ――2%以上のインフレも――を必要としている可能性があることも考えると、一つの責務が破壊的な影響を与える可能性があることも理解できる。

The truth is that the Fed’s dual mandate is a saving grace of our current situation ― and would be more of a saving grace if the Fed took the employment side of that mandate seriously. Zingales (and others making similar proposals) are preaching precisely the wrong idea for the economy we have.
本当のところ、FRBの二重の責務(dual mandate)は我らが現状の唯一の救いである――FRBがその責務の雇用側をもっと真剣に受け取るならもっと救いになる。ジンガレス(他の同じような提案をしている人も)は、我々の経済にとって大間違いの考えを伝道している。

Targets, Instruments, and the Zero Bound (Wonks Only)/March 31, 2012, 12:17 PM

Targets, Instruments, and the Zero Bound (Wonks Only) ターゲット、政策手段、そしてゼロ下限(全編オタク風)

I’ve been rereading Larry Ball’s impressive and disturbing what-happened-to-Ben-Bernanke analysis ― an analysis that, I happen to know, has caused much consternation in some circles. (“Surely it can’t be just groupthink! There must be very good reasons the Fed hasn’t done more!”) And I think there’s a way to further refine Ball’s analysis, making more sense of Bernanke’s retreat from earlier positions ― albeit one that still doesn’t cast a very flattering light on the Fed.
僕はラリー・ボールによる印象的かつ不穏な分析「バーナンキに何が起こったのか」を再読している――偶然知ったのだが、その分析によりいくつかのサークルが周章狼狽していると言う(「きっと、単なる集団思考のはずがない! FRBがこれ以上のことを行わないのにはすごくもっともな理由があるはずだ!」)。そして、僕は以前の立場から見たバーナンキの撤退――それは今でもFRBをよく見せているわけではないのだが――をもっと理解できるよう、ボールの分析をさらに磨き上げる方法があると考えている。

The story past the jump.
その話に移ろう。

Ball starts from what many of us already noted: Bernanke’s harsh early-naughties critique of the Bank of Japan’s inadequate response in the face of the zero lower bound ― its “self-induced paralysis” ― applies with almost eerie precision to the Bernanke Fed. So the question is what happened. Ball gets much more specific by pointing to an apparent shift in 2003, following an FOMC discussion of policy at the zero bound, in which BB appears to fully endorse the much more limited view of its policy options offered by Vincent Reinhart.
ボールは我々の多くが既によく知っていることか始める:ゼロ下限に直面した日本銀行の不十分な対応――その「自己誘発した麻痺状態」――への2000年代初めごろのバーナンキによる手厳しい批判は、不気味なほどバーナンキ自身が率いるFRBにも当てはまること。そこで疑問なのは何が起こったのかということだ。ボールははっきりと2003年に明らかな転換があったと指摘している。その年に、FOMCでゼロ下限に関する政策協議があったが、そこでバーナンキはヴィンセント・ラインハートによって提案された非常に限定的な視点の政策手段を完全に支持した。

As Ball parses it, before that meeting BB endorsed, at least as possibilities:
ボールが説明しているように、その会議の前、バーナンキが少なくとも可能性として支持していた政策は:

- Targeting long-term interest rates
- Currency depreciation
- Money financed deficit spending
- A Krugman-style inflation target
-長期金利を目標に設定すること
-通貨の切り下げ
-資金供給型赤字支出
-クルーグマン型のインフレターゲット


After 2003, however, his menu seemed to have been reduced to:
しかしながら、2003年以後、彼のメニューはおそらく引き下げられた:

- Guidance on future short-term rates (the rates the Fed sets)
- Purchases of long-term bonds and other nonconventional assets
- “Oversupplying reserves”, that is, just pushing up the monetary base
-将来的な短期金利(FRBが設定する金利)の指針を示すこと
-長期国債や他の非伝統的な資産の購入
-「預金準備を過剰に供給すること」、すなわち、マネタリーベースを積み増すだけ


Call these Menu A and Menu B. Ball speculates about why BB was willing to give up on Menu A, and lays it down to small-group sociology; what he doesn’t say, unless I’ve missed something, is what defines the difference between Menu A and Menu B.
これらをメニューAとメニューBと呼ぼう。ボールは、なぜバーナンキが進んでメニューAを捨てて、小グループの社会学に屈服したのか推測している。僕が見過ごしていないなら、彼はメニューAとメニューBの違いが何か定義を語っていない。

Well, here’s my take: Menu A involves the Fed setting targets that can be achieved only if the markets believe that it will persist with unconventional policies even as the economy recovers; ordering from Menu A requires, as I put it lo these many years ago, that the Fed “credibly promise to be irresponsible”. Menu B, on the other hand, involves more or less mechanical actions that the Fed can definitely take.
そして、これが僕の認識だ:メニューAは、経済が回復したとしても非伝統的な政策をやり通すと市場が信じる場合にのみ達成可能な目標をFRBが設定することを伴う。メニューAを実行しようとすれば、僕がかなり以前に述べたように、FRBが「確信をもって無責任になることを約束する」必要がある。一方、メニューBは、多かれ少なかれFRBが確実に実行できる行動ですむ。

Or if you like, Menu B is about instruments; menu A is about targets that the Fed might not succeed in hitting.
言ってみれば、メニューBは政策手段に関わるものであり、メニューAはFRBが達成できないかもしれない目標に関わるものだ。

Now, what I just said about Menu A may not be totally obvious, so let’s go through the list.
今、僕がメニューAについて言っていることは完全に明白ではないかもしれないので、そのリストを詳しく検討してみよう。

First, what does it take to target long-term interest rates? Since long rates are mainly determined by the expected path of short-term rates (but over a long horizon), it means making a more or less credible commitment to keep short rates low even when times look better. So it’s a credibility thing.
まず、長期利子率を目標にするには何が必要か? 長期利子率は主に短期利子率の予想経路によって決定されるので(非常に長期になるが)、景気が好転したとしても低めの短期利子率を維持することに信頼あるコミットメントをする必要があるということだ。つまり、それは信頼性の問題だ。

Currency depreciation is much the same thing: the value of a currency depends largely on investors’ comparisons of expected returns over a longish horizon (in fact, many forecasting models use long-term interest differentials to drive the exchange rate). So again, you can only keep your currency weak if you can credibly commit to low-interest policies far into the future; otherwise the markets will defy you (see what’s happening in Japan!)
通貨の切り下げもほぼ同じことが問題になる:通貨の価値は他と比較した長期的な予想収益に依存する(実際、多くの予想モデルでは為替レートを動かすものとして長期利子率の差異を使っている)。そこで再び、通貨を低く維持できるのは、遠い将来にわたって低利子率政策にコミットすると信じさせる場合にだけ可能なことだ。そうじゃないと、市場によって無視されてしまう(日本で起こったことを見よ!)。

Skipping ahead, inflation targeting ― which was my original contribution here ― is of course about credibility, since you don’t have immediate leverage over inflation while the economy is still depressed.
先回りして、インフレターゲット――これは元々僕が提案したもの――は、経済が落ち込んでいる限りインフレに対して直接的な影響を与えることはできないのだから、もちろん信頼性にかかわるものだ。

And what about money-financed deficits? This sounds at first like something you can just do, not a commitment issue. But here’s what you should ask: how do you know whether a deficit is money-financed? As long as you’re in a liquidity trap, it doesn’t matter at all what it says on the zero-interest pieces of paper you issue; they may say that they’re dollar bills or they may say that they’re T-bills, but they’re completely fungible at the margin. What matters is what happens after you emerge from the liquidity trap, and that depends on how the central bank acts: does it withdraw the monetary base it created when the economy was depressed, or does it let it stay out there and cause some inflation?
また資金供給型赤字支出についてはどうか? これは、一見、コミットメントの問題ではなく、やろうと思えばできることのように思える。でも、あなたが尋ねるべきは、どうやってその赤字支出がFRBの資金供給によってファイナンスされたものと知るのかということだ。流動性の罠にいる限り、発行されたゼロ金利の紙切れの上に何が書かれてあるかは問題ではない。つまり、そこにドル札と書いてあるかもしれないし、財務省証券と書かれてあるかもしれないが、それは完全な代替物である。重要なのは、流動性の罠から脱した後のことであって、それは中央銀行がどういう行動をするかにかかっている:不景気のときに増やしたマネタリーベースを引っ込めるのか、あるいはそのまま放置していくらかインフレを引き起こすのか。

In other words, you don’t know whether a deficit was really money-financed or not until the zero bound is no longer binding, and hence the effectiveness of allegedly money-financed spending depends on expectations ― again.
換言すれば、その赤字支出が本当に貨幣によりファイナンスされたものか、そうじゃないかは、ゼロ下限がもはや制約にならない時に至るまで分からない。ゆえに、疑わしい資金供給型赤字支出とされるものが効果を持つかどうかは期待にかかっている――またしてもだ。

All this stands in sharp contrast to Menu B. True, short-rate expectations are about the future ― but they’re about the near future, so there’s much less of a credibility issue. Having the Fed say that it will probably keep rates low until 2014 in the face of a depressed economy is very different from having it say that it will keep rates low until inflation hits 3 or 4 percent.
これら全てがメニューBと著しく対照的なものだ。たしかに、短期利子率の期待は将来にかかわるものだ――だが、それは近い将来にかかわるものだから、信頼性の問題といえる部分は非常に小さい。FRBが不景気の間2014年までずっと低利子率をおそらく維持すると発言することと、インフレ率が3%か4%になるまでずっと低利子率を維持すると発言することとは大きな違いがある。

And the other items are not expectations-based at all; the Fed can just buy MBS and stuff the banks with reserve, and that’s a fact, whatever the consequences may be.
そして他の項目は期待に基礎を置くものではない。FRBはMBS(住宅モゲージ担保証券)を買うことができるし、銀行の預金準備を増やすことができる、その帰結がどうであれ、それは事実だ。

So now we can ask, why has the Fed been willing to go for Menu B but not Menu A?
そして、今、我々は尋ねることができる、なぜFRBはメニューAではなくメニューBを求めたのか?

Well, Ben Bernanke answered that question ― not about himself, but about the Bank of Japan, which back in 2001 he described as being unwilling to announce a target it wasn’t sure it knew how to achieve. He castigated the BoJ for this attitude, for being unwilling “to try anything that isn’t absolutely guaranteed to work”.
えっと、ベン・バーナンキがその質問に答えている―彼自身のことについてじゃなく、日本銀行のことについてのことで、2001年に彼は達成する手段が分かっていると確信できない目標を発表することを渋ったものとして描いている。彼は日本銀行のこの態度、「確実に成功するか保証できないものであってもあらゆる政策を試してみる」気がないことを酷評している。

And then he became a central banker himself.
そして、その後、彼自身が中央銀行家になった。

You can see where I’m going here. Menu B is, if you like, safer for the Fed than Menu A, because it is defined in terms of actions rather than results; the Fed can point to what it is doing, rather than announce a target for long-term rates or inflation that it might fail to hit. So Menu B serves institutional objectives better. Unfortunately, it doesn’t do the job for the economy. To be fair, we don’t know that Menu A would, in fact, be sufficient. But Benanke the Younger ― BB before he was assimilated by the Fedborg ― would have said that this was no reason not to try.
僕がどこに話を持って行きたいのか分かるよね。言うなれば、メニューBはメニューAよりもFRBにとって安全なんだよ。なぜって、メニューBは結果じゃなくて行動によって定義されるものだから。つまり、失敗するかもしれない長期利子率やインフレ率の目標を発表する代わりに、RRBは実際に行うことを指し示せばすむ。だから、メニューBは組織の目標として都合がいい。不幸なことに、それは経済のため行われていることではない。公平に言えば、僕はメニューAが実際に十分なものか分からない。でも若きバーナンキ――FRB生命体と同化する前のバーナンキ――なら、これを試してみない理由はないと言っただろうに。


後書き:クルーグマンには世間体や馴れ合いは本当に通用しないな。

Debt Is (Mostly) Money We Owe to Ourselves/December 28, 2011, 9:47 AM

Debt Is (Mostly) Money We Owe to Ourselves 債務の(ほとんど)は我々が自身に負っているお金だ

I want to expand a bit on something Dean Baker said yesterday:
ディーン・ベーカーが昨日言ったことをちょっと拡張したい:

As a country we cannot impose huge debt burdens on our children. It is impossible, at least if we are referring to government debt. The reason is simple: at one point we will all be dead. That means that the ownership of our debt will be passed on to our children. If we have some huge thousand trillion dollar debt that is owed to our children, then how have we imposed a burden on them? There is a distributional issue ― Bill Gates’ children may own all the debt ― but that is within generations, not between generations. As a group, our children’s well-being will be determined by the productivity of the economy (which Brooks complained about earlier), the state of the physical and social infrastructure and the environment.
一つの国として、我々は我々の子供たちに巨額の債務負担を負わせることはできない。少なくとも政府の借金について言及しているのであれば、それは不可能だ。その理由は単純:ある時点で、我々はみんな死ぬんだから。それは、我々の債務の所有権は我々の子供たちに移るということだ。もし我々に数千兆円もの莫大な借金があるなら、我々の子供たちがそれを負うことになるのだから、我々は子供たちに負担を押し付けてるんじゃないの? 分配の問題は存在する――ビル・ゲイツの子供たちは彼の全ての債務を負うかもしれない――だが、それは世代内の問題であって、世代間の問題ではない。一つのグループとして、我々の子供たちの幸福は経済の生産性(ブルックスが早くから文句を言っていること)、物理的、社会的インフラや環境の状態によって決定される。

One can make the point that much of the debt is owned by foreigners, but this is a result of our trade deficit, which is in turn caused by the over-valued dollar.
債務の多くが外国人によって所有されていると主張することは可能だが、それは貿易赤字の結果であって、過大評価されたドルによって引き起こされたものである。


I think it’s worth looking at some numbers here.
ここでいくつかの数字を見ておくことが役に立つと思う。

Below are two series, both expressed as percentages of GDP: total domestic nonfinancial debt (public plus private), and U.S. net foreign debt, as measured by the negative of the net international investment position:
下記の二つの数値は、どちらもGDPに対するパーセンテージを示している:全体としての国内非金融部門債務(公的なものと民間のもの)とアメリカの純対外債務、こちらは対外資産負債残高の符号を変えたもの:

122811krugman2-blog480.jpg

What you can see here is that there has been a big rise in debt, with a much smaller move into net debtor status for America as a whole; for the most part, the extra debt is money we owe to ourselves.
これで分かるのは、債務が急激に増えているということであって、全体としてアメリカの純債務国の地位にはわずかな変化しかない。つまり、増えた債務の大部分は我々が自身に負っているお金だ。

And here are the same numbers, measured as changes from 1980, so that you can see that the great bulk of the rise in debt was not financed by foreign borrowing.
そして、今度は同じ数字を1980年からの変化で見てみれば、債務上昇の大部分は外国人によってファイナンスされたものではないことが分かるはずだ。

122811krugman3-blog480.jpg

People think of debt’s role in the economy as if it were the same as what debt means for an individual: there’s a lot of money you have to pay to someone else. But that’s all wrong; the debt we create is basically money we owe to ourselves, and the burden it imposes does not involve a real transfer of resources.
人々は経済における債務の役割を個人にとって債務が意味しているものと同じだと考える:誰か他の人に返済しないといけないお金がたくさんあると。我々の作り出した債務は基本的に我々が自身に負っているものであり、そのことによる負担にはリソースの実質的な移転は含まれない。

That’s not to say that high debt can’t cause problems ― it certainly can. But these are problems of distribution and incentives, not the burden of debt as is commonly understood. And as Dean says, talking about leaving a burden to our children is especially nonsensical; what we are leaving behind is promises that some of our children will pay money to other children, which is a very different kettle of fish.
高債務が問題の原因にならないと言うことじゃない――それは確かになりうる。だが、それは分配とインセンティブの問題であって、債務の負担という言葉で一般に理解されているようなことではない。そしてディーンが言うように、債務を子供たちに残していると語るのは決定的に意味がない。我々が残しているのは、我々の子供たちのいくらかが他の子供たちに将来お金を払うという約束であって、それはまったく別の問題だ。
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。