スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Brief Note on Macroeconomics and Ethics/March 8, 2012, 1:10 PM

A Brief Note on Macroeconomics and Ethics マクロ経済学と倫理に関する小論

I only have a few minutes here, but I want to acknowledge Karl Smith’s very gracious and brave response to my piece on economics in the crisis. And I’d also like to add a small further thought.
数分しか時間がないんだが、カール・スミスが危機における経済学に関する僕の記事へ丁寧で勇敢な返答をくれたことを伝えておきたい。そして、さらにもう少し付け足しておきたいことがある。

My argument in Lisbon was that what economists say in times of crisis, when the usual rules don’t apply, matters a lot. And so the fog created by all too many macroeconomists did a lot of real-world damage.
リスボンでの僕の主張は、危機の時代に経済学者が言うことは、通常のルールが通用する時代よりも、いっそう重要になるということだ。そして、あまりにも多くのマクロ経済学者によって創られた霧が現実世界へ甚大な損害を与えた。

That said, disagreement will happen. Economics is a hard subject, people will come to different provisional conclusions, and some of them will, in retrospect, turn out to have given very bad advice. That’s a shame but not a sin.
とは言え、意見は一致しないだろう。経済学は難しい主題だ。人々は暫定的に異なる結論に達するものの、将来振り返ってみて、自身が酷くまずいアドバイスをしていたことを理解することもある。そういうのは恥ではあるが、罪ではない。

To take an example: Ken Rogoff and I differ seriously on the relative risks of public debt and failure to spend on job creation. One of us is wrong , which means that the other is giving bad advice. (And yes, I’m personally sure that I’m right ― but that’s a different argument). But this is an argument in good faith.
例を挙げよう:ケン・ロゴフと僕は公債や雇用創出のための支出をしないことの相対的なリスクに関してかなり意見を異にしている。我々の内どちらかが間違っている。そのことは、どちらかが酷いアドバイスをしていることを意味する(もちろん、個人的には僕が正しいと確信している――でも、それは別の問題だ)。でも、これは誠意のある議論だ。

What bothers me, and should bother you, about much of this debate is that it pretty clearly is not in good faith. Too many economists and commentators on economics are clearly playing for a political team; too many others are clearly playing professional reputation games. Their off-the-cuff reactions to policy issues were wrong and foolish, and I think they know in their hearts that they messed up; but instead of trying to remedy the fault, they’re trying to defend the property values of their intellectual capital.
こういった論争の多くについて僕が悩んでいるのは、そしてあなたも悩むべきなのは、それが明らかに誠意のある議論じゃないことだ。あまりにも多くの経済学者や経済評論家が明白に政治的組織のために行動している。他の多くの人は明白に職業的名声ゲームのために行動している。政策課題に対して即興で反応するのは間違ってるし馬鹿げてる。僕は彼らが混乱していることに内心気づいていると思う。でも、間違いを正そうとする代わりに、彼らの知的資本の資産価値を守ろうとしている。

And that really is a sin. This is not an academic game, where tempers run high because the stakes are so small. This really matters to millions of people, and refusing to think clearly because you don’t want any negative thoughts about the papers you and your friends have been writing the past few decades is unforgivable.
そして、それは本当に罪悪だ。これは、失うものが少なすぎるがゆえに神経が高ぶってしまいがちな、学問的なゲームではない。これは数百万の人々にとって心底重要なものであって、あなたやあなたの友達が二、三十年前に書いた論文についてネガティブな思考を一切したくないから、明瞭に考えることを拒絶するのは許されない。
スポンサーサイト

Japanese Debt And Growth/July 28, 2010, 10:12 AM

Japanese Debt And Growth 日本の債務と成長

Just a quick note: I thought it might be worth doing an Irons-Bivens plot for Japan (and, to be honest, I wanted to see if I had finally managed to trick a spreadsheet into labeling the data points!). So here it is (data from IMF WEO database):
簡潔に:僕は日本を対象としたIrons-Bivens図をプロットしてみる価値があるかもしれないと考えた(そして、正直に言えば、スプレッドシートをいじくってデータにラベル付けできるか見てみたかった!)。それがこれ(IMF WEO databaseのデータ):

japandebt.png

So, Japan has had high debt and low growth since the mid-90s ― in other words, since the economy entered deflation.
そう、日本は90年代半ば以来―別の言葉で言えば、経済がデフレに突入して以来―高債務で低成長になっている。

Do you really want to argue that the debt caused the low growth, rather than the other way around? Really, really?
あなたは本気で債務が低成長を引き起こしたと主張したいの?、その逆じゃなくて? 本当に、本気か?


後書き:2010年のポスト。

A Note On The Ricardian Equivalence Argument Against Stimulus (Slightly Wonkish)/December 26, 2011, 1:30 PM

A Note On The Ricardian Equivalence Argument Against Stimulus (Slightly Wonkish) リカードの等価原理対景気刺激策論争に関する論考(ちょっとオタク風)

There have been a lot of shockingly bad performances among macroeconomists in this crisis; but if I had to pick the one that is most startling, it is the way freshwater economists have demonstrated that they don’t understand one of their own doctrines, that of Ricardian equivalence.
この危機に直面してマクロ経済学者は驚くほど酷いパフォーマンスを数多く残してきた。でも、その中で最も驚くべきものを一つ挙げるなら、淡水学派の経済学者が彼ら自身の学説の一つを理解しないまま論証に使っていたことであり、それがリカードの等価原理だ。

Ricardian equivalence says that what determines consumption is the lifetime present value of after-tax income, and hence that, say, a temporary tax cut won’t stimulate spending, because people will figure that whatever they gain now will be offset by higher taxes later. It is a dubious doctrine even done right; many people are liquidity constrained, and very few people have the knowledge or inclination to estimate the impact of current government budgets on their lifetime tax liability.
リカードの等価原理に従えば、消費を決定するものは生涯の税引き後所得であり、それゆえ、例えば一時的な減税は支出を拡大することはない。なぜなら、今の時点で獲得するものは将来高い税金を払うことで相殺されると人々は考えるからだ。これは正しく理解したとしても疑わしい学説ではある。多くの人は流動性制約にあり、現在の政府予算が将来の税負担に与えるインパクトを評価する知識や意図を持っている人はほとんどいない。

But even if you assume that the doctrine is right, it does NOT imply that government spending on, say, infrastructure will be met by offsetting declines in private spending. In other words, Robert Lucas was betraying a complete misunderstanding of his own doctrine when he said this:
でも、たとえその学説が正しいと仮定しても、それは、例えばインフラへの政府支出は民間支出の減少によって完全に相殺されるということを意味しない。言い換えると、ロバート・ルーカスは次のようなことを言う時に、彼自身の学説を完全に誤解していることを露にしてしまっている:

If the government builds a bridge, and then the Fed prints up some money to pay the bridge builders, that’s just a monetary policy. We don’t need the bridge to do that. We can print up the same amount of money and buy anything with it. So, the only part of the stimulus package that’s stimulating is the monetary part.
もし政府が橋を作る時に、FRBが橋を建設する業者への支払いのためにお金を刷れば、それは単なる金融政策だ。我々はそれをするために橋を必要としない。我々は同じだけお金を刷って、それで何でも買えばいい。だから、景気刺激策のパッケージの中で景気を刺激させる唯一の部分は金融政策にかかる部分だ。



But, if we do build the bridge by taking tax money away from somebody else, and using that to pay the bridge builder ― the guys who work on the bridge ― then it’s just a wash. It has no first-starter effect. There’s no reason to expect any stimulation. And, in some sense, there’s nothing to apply a multiplier to. (Laughs.) You apply a multiplier to the bridge builders, then you’ve got to apply the same multiplier with a minus sign to the people you taxed to build the bridge. And then taxing them later isn’t going to help, we know that.
でも、もし我々が誰かから税金によりお金を取り上げて橋を作り、橋の建設業者―その橋を作るために働いている人―への支払いのためにそれを使ってしまえば、差し引きゼロになる。当初の効果はなくなってしまう。何らかの刺激効果があると考える理由はどこにもない。ある意味、乗数効果を適用する対象は存在しない(笑)。橋を建設する業者へ乗数効果を適用するなら、橋を作るために税金を課される人にもマイナス符号で乗数効果を適用しないといけない。そして課税を先延ばしにしても助けにはならないことを我々は知っている。


This remark was followed, by the way, by a smear against Christy Romer:
ところで、この発言の後、クリスティ・ローマーに対する中傷が続く:

Christina Romer ― here’s what I think happened. It’s her first day on the job and somebody says, you’ve got to come up with a solution to this ― in defense of this fiscal stimulus, which no one told her what it was going to be, and have it by Monday morning.
クリスティー・ローマー―次のようなことがあったんだと私は思っている。彼女が始めて職場に来た日に、誰かから、このことの解決策を考え出してくれと言われる―誰もその内容がどんなものになるか伝えていないのに、次の月曜日までに財政刺激策を擁護するための報告書を提出しないといけない。

So she scrambled and came up with these multipliers and now they’re kind of ― I don’t know. So I don’t think anyone really believes. These models have never been discussed or debated in a way that that say ― Ellen McGrattan was talking about the way economists use models this morning. These are kind of schlock economics.
彼女は乗数効果やらをかき集めて提出したが、それらはなんというか―私には理解できないものだ。誰も本気でそれを信じる人がいるとは思えない。あの人が言うようなやり方で、この種のモデルが議論されたり、討議されたりすることはない―Ellen McGrattanは今朝経済学者がモデルを扱う際の方法について話をしていた。こういうのは低俗な経済学というものだ。

Maybe there is some multiplier out there that we could measure well but that’s not what that paper does. I think it’s a very naked rationalization for policies that were already, you know, decided on for other reasons.
たぶん、我々が測定できるような乗数効果というのも存在するんだろうが、それはあの報告書のようなものではない。それは別の理由で既に決定されていた政策へのあからさまな合理化だと私は考えている。


I’ve tried to explain why Lucas and those with similar views are all wrong several times, for example here. But it just occurred to me that there may be an even more intuitive way to see just how wrong this is: think about what happens when a family buys a house with a 30-year mortgage.
僕は、ルーカスや似た見解を持つ人々が完全に間違っていることを度々説明してきた。一例を挙げればこれ。でも、彼らの見解がどう間違っているのかもっと直感的に分かるかもしれない方法を最近思いついた:ある家族が30年ローンで家を買ったと考えてほしい。

Suppose that the family takes out a $100,000 home loan (I know, it’s hard to find houses that cheap, but I just want a round number). If the house is newly built, that’s $100,000 of spending that takes place in the economy. But the family has also taken on debt, and will presumably spend less because it knows that it has to pay off that debt.
その家族が10万ドルの住宅ローンを組んだとしよう(そんな安い家を見つけるのが難しいことは分かってるが、キリのいい数字がほしかったんだ)。その家が新築なら、経済には10万ドル分の新たな支出が生み出される。でも、その家族は借金も負うことになるから、その借金を返済するため、支出は減ることになるだろう。

But the debt won’t be paid off all at once ― and there’s no reason to expect the family to cut its spending right now by $100,000. Its annual mortgage payment will be something like $6,000, so maybe you would expect a fall in spending by $6000; that offsets only a small fraction of the debt-financed purchase.
だが、その借金をすぐに全額返す必要はない―そして、その家族が今すぐに10万ドル分減らすと考える理由はどこにもない。1年の返済額は6000ドルくらいになるだろうから、6000ドルくらい支出が減ると考えるはずだ。だから、借金でまかなわれた買い物のわずかな部分だけが相殺されることになる。

Now notice that this family is very much like the representative household in a Ricardian equivalence economy, reacting to a deficit financed infrastructure project like Lucas’s bridge; in this case the household really does know that today’s spending will reduce its future disposable income. And even so, its reaction involves very little offset to the initial spending.
今、この家族が、リカードの等価原理的な経済において、ルーカスの橋のような財政赤字でまかなわれたインフラ計画へ対応しようとしている代表的家計とほぼ同じ立場にいることに気づいてほしい。この場合、この家計は今日の支出が将来の可処分所得を引き下げることを完全に理解している。そして、そうであったとしても、その反作用は当初の支出をほとんど相殺しないことになる。

How could anyone who thought about this for even a minute ― let alone someone with an economics training ― get this wrong? And yet as far as I can tell almost everyone on the freshwater side of this divide did get it wrong, and has yet to acknowledge the error.
数分間ですらこのことを考えた人の中で―経済学の訓練をつんだ人は言うまでもなく―今の話を理解できないやつがいると思う? 僕の知る限り、この分水嶺の淡水学派側にいるほぼ全ての人が理解していないし、未だこの間違いに気づいていない。

Our Blogs, Ourselves/October 18, 2011, 10:37 AM

Our Blogs, Ourselves 我々のブログ、我々自身のこと

Ryan Avent and I have been corresponding about the role of the economics blogosphere, for the Christmas issue of The Economist. I don’t know what parts of our conversation will actually show up there, but having assembled my thoughts I might as well put some of them up here.
ライアン・アベントと僕はエコノミスト誌のクリスマス記事用に、経済学ブログ界の役割についてメールでやりとりしている。僕は我々の会話のどの部分が実際に使われるのか分からないけど、僕の考えを整理するために、ここでその内のいくらかを紹介したほうがいいだろう。

The concern, or maybe just issue, is whether the rise of econoblogs is undermining the gatekeepers, whether any old Joe can now weigh in on economic debate, whereas in the good old days you had to publish in the journals, which meant getting through the refereeing process.
心配というより、おそらく問題になるのは、経済ブログの勃興はこの業界の門番を傷つけるのか、そこらの人が現在の経済的な議論を推し量れるのかということであり、古きよき時代には学術誌に載せなければならず、それは査読というプロセスを通過することを意味していた。

My take is that the system never worked like that ― or at least not in my professional lifetime. And when you consider how economic discussion actually used to work, you see the blogs in a different and more favorable light.
まず、政策志向の研究は、我々が想像したがるような査読つき学術誌を中心として行われたものでは決してない。多くの議論は常にFRBやIMFのワーキングペーパー経由で行われるものであり、あるいは投資銀行の調査部門の報告書を経由することさえあった。たとえば、集計量の目標を通じたFRBの政策への毀誉褒貶はJPEやQJEのページで繰り広げられた議論ではない。

Second, even for more academic research, the journals ceased being a means of communication a long time ago – more than 20 years ago for sure. New research would be unveiled in seminars, circulated as NBER Working Papers, long before anything showed up in a journal. Whole literatures could flourish, mature, and grow decadent before the first article got properly published – this happened to me with target zones back in the late 1980s, where my original 1988 working paper had spawned a large derivative literature by the time it actually got published. The journals have long served as tombstones, certifications for tenure committees, rather than a forum in which ideas get argued.
2つめに、もっとアカデミックな研究にとっても、学術誌はかなり前から―きっと20年以上前―コミュニケーションの手段でなくなっている。新しい研究はセミナーで発表されて、学術誌に発表されるよりずっと前に全米経済研究のワーキングペーパーを通して巡回する。その第一条が正式に出版されるより前に、全文章が繁栄し、成熟し、退廃してしまう―これは1980年代後期に目標相場圏に関して僕の身にも起きたことで、オリジナルの1988年のワーキングペーパーは実際に出版される前に多くの派生文章を生み出してしまった。学術誌はもう長くアイデアが論じられるフォーラムというより、墓石やテニュア委員会への証明書としての役割を果たすようになっている。

What the blogs have done, in a way, is open up that process. Twenty years ago it was possible and even normal to get research into circulation and have everyone talking about it without having gone through the refereeing process – but you had to be part of a certain circle, and basically had to have graduated from a prestigious department, to be part of that game. Now you can break in from anywhere; although there’s still at any given time a sort of magic circle that’s hard to get into, it’s less formal and less defined by where you sit or where you went to school.
ある意味でブログが行っているのはそのプロセスを開放することだ。20年前でも、研究を巡回させて、査読というプロセスを経ずにあらゆる人が議論に参加することはできたし、むしろ通常のことだった―だが、そのゲームに参加するには一定のサークルの一員にならないと駄目で、基本的には名のある学部を卒業している必要があった。今は、どこからでも参加することができる。今でも一時的には参加しがたい魔法サークルのようなものもあるが、それは一般的ではなくなってるし、どういう立場にあるのか、あるいはどこの学校を出たかで決定されることも少なくなってる。

Since there’s some kind of conservation principle here, the fact that it’s easier for people with less formal credentials to get heard means that people who have those credentials are less guaranteed of respectful treatment. So yes, we’ve seen some famous names run into firestorms of criticism ― *justified* criticism – even as some “nobodies” become players. That’s a good thing! Famous economists have been saying foolish things forever; now they get called on it.
今、ある種の保存則が存在するようになっているので、正式な資格をあまり持っていない人々が簡単に話を聴いてもらえるようになってきているという事実は、そういった資格を持っている人々が敬意を表した扱いを受ける保証が少なくなっていることを意味する。そう、我々は何人かの名高い人々が批判の嵐にされされるのを眼にするようになっている―*もっともな*批判―それと同時に、「取るに足らないやつ」がプレイヤーになることもある。それはいいことだ! 名高い経済学者がずっと愚かなことを言い続けている。今、彼らは非難を受けるようになった。

And this process has showed what things are really like. If some famous economists seem to be showing themselves intellectually naked, it’s not really a change in their wardrobe, it’s the fact that it’s easier than it used to be for little boys to get a word in.
そして、このプロセスは物事の本質を露にしてくれる。著名な経済学者は知的な裸だと知らせるようなものがあるのなら、それは彼らの洋服たんすに本当に変化があったということではなく、少年が言葉を発するのがかつてよりも簡単になっているという事実があるからだ。

As you can see, I think this is all positive. The econoblogosphere makes it a lot harder for economists to shout down other people by pulling rank ― although some of them still try ― but that’s a good thing.
お分かりだろうが、僕はこれを完全にポジティブなことだと思っている。経済ブログ界は経済学者が地位を笠にきて他の人々を黙らせる―今でもやってるやつはいる―ことをすごく難しくしている、でもそれはいいことだ。

Don’t Blame The Krona/October 28, 2011, 8:20 AM

Don’t Blame The Krona クローナを責めるな

One thing that was clear during yesterday’s Iceland conference was that many people here (I’m still in Reykjavik) believe that the floating krona was responsible for the huge capital inflows that set the stage of the crisis. The story they tell is that expectations of a rising krona, combined with relatively high interest rates, drew hot money in via the carry trade. And this story is used to argue that things would have been much better if Iceland had adopted the euro.
昨日のアイスランドでの会合で明らかになった一つのことは、この国の多くの人々(僕はまだレイキャビクにいる)が、変動制のクローナこそ今回の危機の舞台を用意した莫大な資本流入への責任があると信じていることだ。彼らが語るお話では、クローナ高になるという予想が、相対的に高い利子率と一緒になって、キャリートレード経由でホットマネーを呼びこんだ。このお話は、もしアイルランドがユーロを採用していたら、物事はもっと上手くいったはずだという主張のために使われている。

I was kind of surprised by this, well, insularity (which I guess is more excusable if you are in fact on an island in the middle of the North Atlantic). For Iceland was by no means unique in its inflow of funds. Here’s the average current account deficit (which is equal to capital inflows) as a percentage of GDP for a bunch of European countries, over the boom years from 2000-2007:
この、なんというか、島国根性には驚かされる(実際に北大西洋の真ん中にある島に住んでいたら、そうなるのも仕方がないとは思うが)。アイスランドは資金流入の面で決してユニークな存在ではない。これが、2000-2007年までの好景気の期間の、ヨーロッパ諸国におけるGDP比に対する平均的な経常収支の赤字(これは資本流入に等しい)だ:

102811krugman2-blog480.jpg

The fact is that there was a tsunami of money flowing from the European core to peripheral economies; Iceland was just part of a broader class that included countries on fixed rates against the euro and some countries already on the euro.
事実は、ヨーロッパの中核国から周縁国経済へツナミのような資金の移動があったということだ。アイスランドはより広い範疇の一部に過ぎず、その中にはユーロに対して固定相場制を取っていた国や既にユーロを採用していた国も含まれている。

There are valid arguments for euro entry (and arguments against, which I think win on balance). But this isn’t one of them.
ユーロに参加することに関してまっとうな論拠は存在する(そしてそれに反対する論拠もあるし、全てを考慮すればそちらが妥当だと僕は思う)。でも、このことはその論拠にはならない。

Trolls/August 27, 2011, 3:00 PM

Trolls 荒らし

Guys, you are still banned, no matter what new names you’re using. Same lies, same rhetoric, no place for it here. Find something else to do.
おい、どんだけ新しい名前使おうが、お前はずっと立ち入り禁止にしてるからな。同じ嘘、同じレトリック、この場にそんなもんはいらねー。他にやること見つけろ。

The IMF on Fiscal Austerity/October 5, 2010, 12:56 PM

The IMF on Fiscal Austerity 財政的緊縮に関してのIMF

Chapter 3 of the IMF’s new World Economic Outlook is online; it examines the economics of fiscal austerity. It won’t make the austerians happy.
IMFによる最新のWorld Economic Outlookの第3章がオンライン上にある;それは財政緊縮策の経済学を精査したものである。それは緊縮財政派を喜ばせるようなものじゃない。

Two things are worth noting.
2つのことを覚えておいたほうがいい。

First, the report takes on Alesina-type studies, which have been heavily promoted by some commenters here (especially the trolls). The IMF basically finds them all wrong, largely for the reasons I have pointed out in the past: their methodology does a really terrible job at identifying actual changes in fiscal policy. For example, as the IMF confirms, there was a large fiscal contraction in Japan in 1997 ― indeed, the results of that contraction, the only modern large contraction to take place in the face of a liquidity trap, are one of the reasons some of us believe austerity is a terrible idea right now. But Alesina and Ardagna don’t pick up that contraction at all, instead identifying some spurious cases of austerity in other years.
まず、報告書はアレシナ型の研究を取り上げているが、それはこのブログでもコメントの中でしつこく引き合いに出されるものだ(特に荒らしによって)。IMFは、大部分僕が以前指摘したのと同じ理由で、それが基本的に全くの間違いであると結論付けている。実際の緊縮財政の変化を同定する際、彼らは本当に酷い方法論を使っている。例えば、IMFが確認しているように、1997年に日本で大型の財政緊縮策が採られた―それどころか、その緊縮策の結果、つまり近代の歴史の中で流動性の罠に直面して唯一実行された大型の緊縮策の成り行きこそ、今、緊縮財政が恐ろしいアイデアであると我々が信じる理由の一つになっているものだ。だが、アレシナとアーダナはその緊縮策を全く取り上げずに、代わりに、別の時代からいくつかまがい物の事例を同定している。

And it turns out that identifying the episodes right reverses the results: contractions are contractionary, after all.
そして、正しくそのエピソードを同定すれば、逆の結果になることが明らかになった:結局のところ、緊縮策は緊縮的になる。

Second, the study shows that fiscal contractions have normally been accompanied by both lower policy interest rates and currency depreciation, both of which help cushion the negative effects. It seems clear that when you’re both in a liquidity trap and facing a global slump, the negative effects of austerity are likely to be much worse.
2つ目に、その研究が示すところによると、財政緊縮策が行われる時には、通常、政策利子率の引き下げと通貨の切り下げの両方も同時に行われものであり、この2つともが政策のネガティブな効果のクッションになる。流動性の罠にいて、世界的不況に直面している時には、緊縮財政のネガティブな効果はずっと酷いものになる恐れが高い。

The IMF, then, is talking sense. I wish I thought it would make a difference.
そういうわけで、IMFはまともなことを言っている。僕はそのことが現状を変えてくれることを願ってるんだが。


後書き:2010年のポスト。
このころはまだausterityにfiscalという形容詞が付いてる。

Why Hungary Matters/March 15, 2012, 9:02 AM

Why Hungary Matters なぜハンガリーが重要なのか

A quick note here: I’m actually kind of shocked at some of the comments on Kim Lane Scheppele’s latest post here. Not the ones accusing her of lying or getting her facts wrong; that’s part for the course, with my own experience being that the more solidly grounded in evidence I am the more hysterical accusations of dishonesty I get.
ひとまず簡潔に:このブログでのKim Lane Scheppleによる最新のポストに寄せられたコメントの中にちょっとショックなものがあった。彼女が嘘をついてるとか、事実を誤認していることを非難するものじゃない;そういったものは常にある。個人的な経験では、僕の立場がしっかりと証拠に裏打ちされるほど、僕が不誠実なことをしているという言いがかりはますますヒステリックになっていく。

No, what shocks me are the complaints that there’s even a post on the subject, asking why bother with Hungary at all.
それとは違い、僕を驚かせたのは、そんな題材のポストが存在すること自体に苦情があったことで、どうしてハンガリーのことを気にする必要があるのかと彼らは言う。

First of all, if you find the subject of a post boring, here’s a useful productivity hint: don’t read it.
まず、そのポストの題材がつまらないと思うんだったら、役に立つ生産的な教えがある:それを読むな

But more than that, Hungary really should matter, both to Europeans ― many of whom read this blog ― and to Americans.
でも、それ以上に、ハンガリーのことを本当に気にするべきなんだ、ヨーロッパ人も―彼らの多くがこのブログを読んでいる―アメリカ人も。

Look, there are currently two great democratic powers in the world: the US and the EU. The EU is not a state, but it acts as a unit in many ways, and is a powerful force making the world a better place. And the European idea has been a key driver of democracy and peace these past two generations.
現在、世界には2つの偉大な民主主義勢力がある:アメリカとEU。EUは国ではないが、多くの面で一つの単位として行動していて、世界をより良い場所に変えている力強い勢力だ。そして、ヨーロッパ人の思想は過去2世代に渡り民主主義と平和の原動力だった。

So if you believe in democracy and peace, you have a stake in that idea’s success ― which is why all of Europe’s current troubles are a tragedy for all of us.
だから、民主主義と平和を信じているのであれば、あなたはその思想の成功と個人的関係がある―そういうわけで、ヨーロッパにおけるあらゆる現在の苦難が我々全てにとっての悲劇になる。

And now we have a nation in the heart of Europe, a member of the EU, a nation that emerged from dictatorship, which is at the very least backsliding on democracy. This is terrible ― and terribly important.
そして、今、ヨーロッパの中心にあって、EUのメンバーで、独裁制から抜け出た一つの国が民主主義に関して少なくとも逆戻りしようとしている。これは恐ろしいことだ―そして恐ろしいほど重要なことだ。

If you can’t see this, there’s something very wrong with your priorities.
もしそのことが分からないんだったら、あなたの優先順位にはどこか間違ったところがある。


後書き:最初の段落、with my own experience...の部分はテストに出てきそうな英文だ。

Japanese Bonds/August 18, 2010, 12:40 PM

Japanese Bonds 日本国債

There was a moment last fall when the Obama administration could have pushed for significantly more aid to the economy, with a reasonable chance of getting something through. But the administration balked ― largely, I believe, because it believed warnings that the invisible bond vigilantes were about to strike. And there was a lot of talk at the time about Japan, which was supposedly losing the confidence of investors. As usual, pure speculation was reported as fact:
去年の秋、オバマ政権は、合理的な見込みとして、更なる重要な景気対策を打ち出すことができた。だが、政府はしりごみした―僕が思うに、大部分、見えざる債券自警団が襲い掛かってくるという警告を彼らが真に受けたからだろう。そのころ、日本に関して数多くの議論があって、投資家の信頼が失われていると考えられた。いつものごとく、単なる推測が事実として報道された:

For jittery investors, Japan’s rising sea of debt is the stuff of nightmares: the possibility of an eventual sovereign debt crisis, where the country would be unable to pay some holders of its bonds, or a destabilizing collapse in the value of the yen.
神経過敏な投資家にとって、日本の債務レベルの上昇は悪夢の材料である:結果として起こるソブリン債危機の可能性、そうなるとその国は債券の所有者へすべて返済できなくなるかもしれない、あるいは、円の価値が不安定になり崩壊してしまうかもしれない。


The only evidence given was a bump up in 10-year bond rates, to a horrifying, um, 1.4 percent. Here’s what has actually happened to those yields since:
提示された唯一の証拠は10年物国債の利率が急上昇していたことで、それは恐ろしいことに、えっと、1.4%。これがその時以来、日本国債の利回りに起こってること:

jgb.png

Yes, Japanese long-term debt is now yielding less than 1 percent. Oh, and the CDS spread is more or less comparable to other non-Italy G7 countries.
そう、今、日本の長期国債の利回りは1%以下。おー、そしてCDSのスプレッドはおおむねイタリアを除く他のG7諸国に匹敵する。

We’re facing a slow-motion catastrophe because policy makers were afraid of the wrong things.
政策立案者が間違ったことを恐れているために、我々はスローモーションの大惨事に直面しているんだ。


後書き:2010年のポスト。

The Taylor Rule And The “Bond Bubble” (Wonkish)/August 22, 2010, 5:02 PM

The Taylor Rule And The “Bond Bubble” (Wonkish) テイラー・ルールと「国債バブル」(オタク風)

Here’s a thought for all those insisting that there’s a bond bubble: how unreasonable are current long-term interest rates given current macroeconomic forecasts? I mean, at this point almost everyone expects unemployment to stay high for years to come, and there’s every reason to expect low or even negative inflation for a long time too. Shouldn’t that imply that the Fed will keep short-term rates near zero for a long time? And shouldn’t that, in turn, mean that a low long-term rate is justified too?
国債はバブルだと主張している人たちのことを考えてみた:現在のマクロ経済学的予想を下にした時、現在の長期利子率はどれくらい不合理なんだろうか? と言うか、この点に関しては、ほとんど全ての人が失業率は今後数年間高いままになると予想していて、長期間にわたり、インフレは低いままか、負のインフレになるかもしれないという理由も十分にある。それは、FRBが短期利子率を長期間ゼロ近辺に維持しようとしていると言う意味ではないのか? 従って、低い長期利子率もまた正当なものだとは言えないんじゃないのか?

So I decided to do a little exercise: what 10-year interest rate would make sense given the CBO projection of unemployment and inflation over the next decade? (CBO also makes interest rate projections ― but you’ll see in a minute why I want to roll my own.)
そこで、僕はちょっとした演習問題をやってみることにした:今後10年間の失業率とインフレに関するCBOの推計を下にした時、10年物利子率は道理にかなったものなのか?(CBOもまたインフレの推計をしている―でも、数分後にはなんで僕が自分でやろうと思ったのか分かるよ)

What we need, first of all, is a Taylor rule. I decided to use the simplified Mankiw rule, which puts the same coefficient on core CPI inflation and unemployment. That is, it says that the Fed funds rate is a linear function of core CPI inflation minus the unemployment rate. Here’s what a scatterplot for 1988-2008 looks like:
まず必要になるのがテイラー・ルールだ。僕はその簡易版であるマンキュー・ルールを使うことにした。それはコアCPIインフレ率と失業率というテイラー・ルールと同じ係数を用いている。そのルールによると、フェデラル・ファンド金利はコアCDPインフレ率引く失業率の線形関数になる。1988-2008年の散布図はこんな感じになる:

mankiwrule.png

Right now, the Mankiw indicator is -8.5 ― core inflation at about 1, unemployment at 9.5. As you can see, that implies a majorly negative interest rate; what we actually get is zero.
今現在のマンキュー指標は-8.5―コア・インフレ率がほぼ1、失業率が9.5。お分かりのように、その場合には酷い負の利子率になってしまう;実際の率としてはゼロになる。

Now, take the CBO projection, which calls for unemployment to fall very slowly, and core inflation to stay low for quite a while too. Here’s what it implies for the Fed funds rate, taking the zero lower bound into account:
今、失業率の低下は非常に遅々としたものになり、コア・インフレもまた長期にわたり低いままになるというCBOの推計を取り上げてみよう。これが、ゼロ下限を考慮に入れた、フェデラル・ファンド金利の予想だ:

cbofedfunds.png

That’s right: four years of near-zero short-term interest rates. Does a 10-year rate of 2.6 percent still sound so unreasonable? And bear in mind that I’m not using some doomsayer’s forecast; I’m using the staid folks at the CBO.
そのとおり:4年間のゼロ近辺の短期利子率。まだ、2.6%の10年物利子率がそんなに不合理に見える? 僕が悲観論者の予想を使ってないことにも注意してほしい;CBOにいる堅実な人々の推計を使っている。

And just for the heck of it, I asked what interest rate on a 10-year security would yield the same present value as investing in short-term debt at the predicted rates, and rolling it over each year. (Actually, I cheated slightly, because I was getting tired; I considered a bond in which there are no payments along the way, just repayment of accumulated interest and principal in year 10; but I’m pretty sure it doesn’t make much difference).
また遊び半分で、予想される利子率で、短期債務を毎年繰り延べした場合の現在価値と等しくなる10年物国債の利子率はいくらになるか求めてみた(実際には、ちょっと誤魔化しがある。疲れてたもんでね;債券は中途での支払いはなく、10年後に全ての金利と元本を返済するものとして考えた;でも、大した違いはないと確信してる)。

And the implied interest rate was … 2.6 percent.
そして、その利子率とは…2.6%。

Here’s what I think is going on: aside from the obviously intense desire of some of the bond bubble folks to see a fiscal crisis ― they’ve been planning for it, and they’re not going to take no for an answer ― my sense is that a lot of people just can’t bring themselves to face the reality that we’re likely to be in a zero-interest world for a long time. They just keep assuming that the Fed is going to raise rates soon, even though there is absolutely nothing about the macro situation that would justify such a rate increase.
僕は次のようなことが起こっていると考えている:明らかに、強烈に財政危機を待ち焦がれている国債バブル論者を脇にどけても―彼らはそれを起こそうと考えているので、イヤとは言わせない―長期間ゼロ利子率の世界にいることになるという現実に直面できない人がたくさんいるというのが僕の理解だ。利子率を上げることを正当化するようなマクロ状況がまったく存在しないと言うのに、彼らはFRBがすぐにも金利を上げようとしているといつまでも決めてかかっている。

But once again: if you take standard economic forecasts seriously, they point to near-zero short-term rates for a very long time, which in turn justifies low longer-term rates.
だけど、もう一度繰り返そう:真面目に標準的な経済学の予想を受け取るのなら、ゼロ近辺の利子率は非常に長期化せざるを得ない。従って、低い長期利子率は正当なものである。

Remember Japan.
日本を思い出せ。


後書き:2010年のポスト。
マンキュー・ルールによるとこの当時のFF金利は-6.2%になってしまう。

Microfoundations, Micro Payoffs (Wonkish)/March 13, 2012, 6:33 PM

Microfoundations, Micro Payoffs (Wonkish) ミクロ的基礎、ミクロの成果(オタク風

There has been an ongoing discussion in the econoblogosphere about the usefulness or lack thereof of “microfoundations” in macroeconomics, which in practice means trying to write down models in which aggregate behavior is justified in terms of the actions of utility-maximizing individuals with rational expectations. I upset even New Keynesians, such as Simon Wren-Lewis, with my observation that the crusade for microfoundations has had only one success, the prediction of stagflation after an extended period of high inflation, and that this success is 35 years old.
マクロ経済学における「ミクロ的基礎」の有用性とその欠如に関して、経済ブログ界で論争が続いている。ミクロ的基礎とは、集合的な行動は合理的期待を持つ効用最大化個人の行動を条件としている場合に正当化されるモデルとして描写しようとする試みを指す。ミクロ的基礎の十字軍にはたった一つの成功、長期にわたる高インフレ後のスタグフレーションの予測しかなく、その成功は35歳になるという僕の見方に関して、サイモン・レン-ルイスのようなニューケインジアンでさえ困惑している。

Yet I stand by that statement.
だけど、今でもその発言を変える気はない。

Let me be clear about what I mean in saying that. I don’t mean that setting up and working out microfounded models is a waste of time. On the contrary, trying to embed your ideas in a microfounded model can be a very useful exercise ― not because the microfounded model is right, or even better than an ad hoc model, but because it forces you to think harder about your assumptions, and sometimes leads to clearer thinking. In fact, I’ve had that experience several times: I was convinced that the liquidity trap was wrong until I did a miniature NK model and saw that it made sense, my work with Gauti Eggertsson on deleveraging also uses NK modeling to clarify matters.
僕が言わんとしていることをはっきりさせておきたい。ミクロ的基礎のあるモデルを作ってそれに取り組むことが時間の無駄だというわけではない。反対に、アイデアをミクロ的基礎のあるモデルに組み込もうとすることはすごく役に立つ演習になることもある―ミクロ的基礎のあるモデルが正しいからでも、アドホックなモデルよりましだからでもなく、それをすることにより、ある仮定をもっと厳格に考えざるを得なくなり、時にはより明晰な思考へとつながるからだ。実際に、僕は何度かそういう経験をしている:流動性の罠は間違ってると確信していたが、ミニチュアのニューケインジアン・モデルを使って初めて、それが道理にかなったものだと分かったし、レバレッジ解消を扱ったガウティ・エガートソンと僕の共同論文もニューケインジアン・モデルを使って問題点を明らかにしている。

But bear in mind what we’ve actually seen in academic economics: the development of an ethos in which only microfounded models are considered “real” theory, in which it’s basically impossible to publish a paper unless it’s intertemporal optimization all the way. That’s the kind of dominance a theory is only entitled to if it produces dramatically better predictions than the theory it has crowded out: Light bend! The sea floor spreads! And that just hasn’t happened; there has, I repeat, been only one significant predictive success of this kind from microfoundations, and that happened a very long time ago.
だけど、アカデミックな経済学で我々が実際に目の当たりにしていることを思い起こしてほしい:ミクロ的基礎のあるモデルのみが「本物の」理論だと考えられる気風ができあがっていて、その中では、完全に異時点間最適化を満たしていないと、論文を発表することが基本的にできなくなっている。それは、押しのけられた理論よりも劇的なほど優れた予想をしている場合にのみ付与されるような種類の優位性だ:光は歪曲するとか! 海洋底が拡大しているとか! そして、そんなことは起きたことがない;繰り返すが、ミクロ的基礎から得られたこの種の重要な成功した予想というものがたった一つだけあって、それが起こったのはずいぶん昔のことだ。

Wren-Lewis says he disagrees, but as Robert Waldmann says, his examples offer very thin gruel. The failure of the commodity price shock to filter into wider inflation? Lots of people predicted this without any appeal to microfoundations, just the observation that wage contracts were no longer indexed and oil as a share of GDP was lower than in the 70s.
レン-ルイスは同意できないと言うが、ロバート・ワルドマンが言うように、彼はすかすかの薄い粥のようなものしか例示していない。コモディティ価格のショックがより広範なインフレに波及しなかったことは? たくさんの人がミクロ的基礎ミクロ的基礎に訴えることもなく、ただ賃金契約はもはやインフレ連動ではなく、GDPに占める石油の割合は70年代より低くなっているという観察を元にそう予言していた。

The basic picture is that we’ve seen a more or less complete takeover of macro by an approach that hasn’t remotely earned the right to that kind of dominance.
基本線として、我々が目にしているものは、その種の優位性をもつ権利にふさわしいとはとうてい思えないアプローチによってマクロがほぼ乗っ取られたということだ。


追記:道草でoptical_frogさんに指摘してもらってかなり変更。

The Microfoundation Thing (Wonkish)/March 2, 2012, 8:16 AM

The Microfoundation Thing (Wonkish) ミクロ的基礎のこと(オタク風)

Mark Thoma sends us to Simon Wren-Lewis on microfounded macro models (especially the DSGE models that have dominated the literature even on the Keynesian side) versus “ad hoc” models like IS-LM. Wren-Lewis is on my side, sort of; but I’d like to add a few points, in no particular order.
マーク・トーマが、ミクロ的基礎を持つモデル(特に、ケインジアン側の文献ですら大多数を占めるDSGEモデル)対IS-LMなどの「アド・ホックな」モデルに関するサイモン・レン-ルイスのブログのことを紹介してくれている。レン-ルイスは僕の味方みたいなもんだが、順不同で、何点か付け加えておきたい。

1. Even in microeconomics, we don’t insist on using models built up from maximizing behavior all the time. Exhibit A: supply and demand! I mean, we kind of know how something like the supply and demand curves can be derived from maximizing behavior, but it’s not all that easy, and nobody, nobody, insists that you do this derivation every time.
1. ミクロ経済学ですら、常に最大化行動から組み立てられたモデルを使うよう要求されるわけではない。証拠物件A:つまり需要と供給! 需要曲線や供給曲線のようなものがどのようにして最大化行動から導き出されるかある程度分かってはいるが、それほど容易なものではないし、誰も、誰一人として常にこのような導出を行えと主張する者はいない。

2. Relatedly, as a practical matter intellectual scratch-pads ― approximate version of what we really believe, but stripped down to be tractable ― are what one uses for applied economic analysis all the time.If I want to ask what the effects of some shock will be, it rarely makes sense to demand that the analysis always go all the way back to the intertemporal choices of optimizing agents.
2. 関連して、実際に、知的なスクラッチパッド―我々が信じている事柄を扱いやすくするため簡略化した大まかなバージョン―は応用経済分析において始終使われているものだ。あるショックの結果がどのようなものになるか知ろうとする時に、その分析を常に最適化エージェントによる異時点間選択へ帰着させることを求めても意味のある結果が出ることはほとんどない。

3. In the hard sciences, when dealing with complex systems people have often used higher-level, aggregative concepts that seem to work empirically long before they have a full derivation of effects from the underlying laws of physics. Read Air Apparent, a nifty book on the history of meteorology: meteorologists were using concepts like cold and warm fronts long before they had computational weather models, because those concepts seemed to make sense and to work. Why, then, do some economists think that concepts like the IS curve or the multiplier are illegitimate because they aren’t necessarily grounded in optimization from the ground up?
3. ハードサイエンスでは、複雑系に取り組むにあたって、まずは実証的にうまく機能しそうな上位レベルのざっくり集約する概念を使っておいて、それから長く経ってからようやく物理学の基底的な法則からもろもろの効果が完全に導き出されるようになる場合がよくある。気象学の歴史についてのすばらしい本『Air Apparent』を読んでほしい:気象学では、気象モデルができるまで長く、温暖前線や寒冷前線のような概念が使われてきたが、それはそういったモデルが道理にかなっていて、機能しているように思えたからだ。それなら、なぜ、IS-LMカーブや乗数のような概念が、必ずしも徹底的に最適化に基づかないからといって、認められないと考える経済学者がいるのだろうか?

4. And when making such comparisons between economics and physical science, there’s yet another point: what we call “microfoundations” are not like physical laws. Heck, they’re not even true. Maximizing consumers are just a metaphor, possibly useful in making sense of behavior, but possibly not. The metaphors we use for microfoundations have no claim to be regarded as representing a higher order of truth than the ad hoc aggregate metaphors we use in IS-LM or whatever; in fact, we have much more supportive evidence for Keynesian macro than we do for standard micro.
4. そして、そのような経済学の科学と物理学の科学を比較する時に、さらにもう一つのポイントがある:我々が「ミクロ的基礎」と呼んでいるものは物理法則のようなものではないということだ。一体全体、それらは真実ですらない。最大化する消費者はメタファーにすぎず、行動を理解する際に役に立つかもしれないが、役に立たないかもしれない。ミクロ的基礎として使われるメタファーが、IS-LMその他で使われるアドホックな集計的メタファーよりも高いレベルの真理を表しているとみなされる資格はない;実際には、標準的なマクロより、ケインジアン・マクロを支持する証拠の方がずっと多い。

5. A practical observation: the economists who get most bent out of shape at the notion that maybe we don’t always have to derive everything from optimizing individual agents also tend, with remarkable regularity, to be the economists who make simple, ludicrous conceptual errors when they discuss real-world macroeconomic issues. See many posts here and on Brad DeLong’s blog for examples. I don’t think this is an accident; it really helps your ability to think clearly to have those simplified, ad hoc models always in the back of your mind.
5. 実践的な観察として:常に最適化個人エージェントから全てを導出しようとするべきではないという観念にもっとも腹を立てる経済学者ほど、現実世界のマクロ経済学上の問題を議論するときに、単純でばかげた概念的間違いをする経済学者であるという驚くべき法則性がある。当ブログやブラッド・デロングのブログでその多くの実例を見てほしい。僕はこれが偶然とは思わない。心の奥に常に単純でアド・ホックなモデルを持っていることは、本当に明確に考える能力の助けとなる。

So I’m fine with moving back and forth between models microfounded and not; I don’t see any reason to believe that only the microfounded ones are worthy of consideration.
だから、僕はミクロ的基礎のあるモデルとそうじゃないモデルの間を行ったり来たりしても気にしない;僕の見るところ、ミクロ的基礎のあるモデルのみが考慮する価値があると信じる理由はどこにもない。

The Mendacity of Dopes/January 3, 2012, 6:13 PM

The Mendacity of Dopes 間抜けの嘘

So Alex Tabarrok thinks I treat everyone who disagrees with me as mendacious idiots, and Tyler Cowen says that I always demonize my opponents.
アレックス・タバロックは、僕が自分と意見が合わない全ての人を嘘つきの間抜け扱いすると思ってる。そして、タイラー・コーエンは僕が常に論敵を悪魔化するという。

I plead innocent. I only treat people as mendacious idiots if they are mendacious idiots.
無実を主張させてもらおう。僕はそいつが嘘つきの間抜けであれば、嘘つきの間抜け扱いしてるだけだ。

Seriously: I have some big disagreements with Ken Rogoff, but if you use the little search box up there on the upper right and enter “Rogoff” I think you’ll find that I have always treated him with respect. On the other hand, enter “Heritage” and you’ll find me pretty scornful ― but with very good reason! And I always document what I’m saying.
真面目にいこう:僕はケン・ロゴフといくつか大いに意見が合わないことがある。でも、もしあなたが右上にある小さな検索ボックスを使って、「ロゴフ」と入力すれば、僕が常に彼をリスペクトして扱っていることが分かるだろう。一方、「ヘリテージ」と入力すれば、僕がすごく軽蔑してるのが分かるだろう―でも、相当の理由がある! そして、僕が言ったことは常に記録されている。

Now, what about people like Cochrane? You need to bear two things in mind. First, he and his friends entered this whole debate by declaring that Keynesian economics of any stripe was total nonsense, “fairy tales” that nobody serious believes. Then they proceeded to make howling, basic errors. And I was supposed to respond politely? I’ve never gone ad hominem on them ― but I’ve called nonsense and ignorance when I see them. So?
今、コクランのような人々についてはどうか? 二つのことを心に留める必要がある。最初に、彼と彼の友人は、あらゆるケインズ主義経済学がまったくのナンセンスであり、真面目に信じる者などいない「おとぎ話」だと宣言することによって、この議論に参入してきた。それから、彼らは途方もない基本的な間違いをやらかすようになった。そこで、僕は上品に対応するべきなのか? 彼らに人格攻撃をやったことなんてないんだよ―でも、ナンセンスや無知を見たときは、ナンセンスで無知だと言ってきてる。そうだろ?

Cowen apparently wants me to make the best case for the opposing side in policy debates. Since when has that been the rule? I’m trying to move policy in what I believe to be the right direction ― and I will make the best honest case I can for moving in that direction.
コーエンは、明らかに、僕が政策論議の相手側に対して出来るだけ上品に主張するよう求めてる。そんなルールがいつからできたんだよ? 僕は自らが正しいと思う方向に政策を動かそうとしている―そして、その方向に持っていくことに対してできるだけ誠実であるつもりだ。

Look, economic policy matters. It matters for real people who suffer real consequences when we get it wrong. If I believe that the doctrine of expansionary austerity is all wrong, or that the Ryan plan for Medicare would have disastrous effects, or whatever, then my duty, as I see it, is to make my case as best I honestly can ― not put on a decorous show of civilized discussion that pretends that there aren’t hired guns posing as analysts, and spares the feelings of people who are not in danger of losing their jobs or their health care.
言っておくが、経済政策は重要なんだ。我々がそれを間違えた時に、その結果を現実に蒙る人々にとって重要だ。もし僕が、拡張的緊縮の教義は完全に間違いであり、メディケアのライアン・プランは破壊的な結果になると信じているなら、僕の義務は誠実に可能な限り自らの主張を訴えることだと思ってる―アナリストと見せかけた殺し屋がいないふりをしてお上品な議論の見世物を催すことじゃなく、職業や健康保険を失う危険性のない人々の感情をおもんぱかる事でもない。

This is not a game.
これはゲームじゃないんだよ。


後書き:Businessweek誌のこの記事に載っているクルーグマンによるタイラー・コーエンに対する攻撃の内容。
この記事のジョン・コクランによるクルーグマンに対する攻撃「Mr.I-have-a-Novel-Prize-so-you're-a-moron?」(ミスター"ノーベル賞取った俺からすればお前らなんか池沼だ")というのも面白い。

Schrödinger’s Tax/March 4, 2012, 8:50 AM

Schrödinger’s Tax シュレディンガー税

David Cay Johnston tells us that the usual suspects on the right are arguing that it’s OK to cut corporate tax rates, because they really fall on wages, not on profits.
デビッド・ケイ・ジョンストンが教えてくれたことだが、右派のおなじみの連中が、法人税率は実際には利益ではなく、賃金に落ちるものだから大丈夫だと主張している。

But wait ― weren’t we being told just a few weeks ago that Mitt Romney doesn’t really pay only 14 percent taxes, because you should include the corporate taxes paid by the companies whose stock he owns?
でも待った―ほんの数週間前に、ミット・ロムニーの所有する会社が支払った法人税を含めるべきなんだから、彼がたった14%しか税金を払ってないというのは間違いだって言ってたんじゃなかったの?

So, here’s the situation as I understand it: the profits tax is both a tax Romney pays and a tax he doesn’t pay, depending on what question you’re asking (with the answer always being the one that favors the 0.01%). Also, his cat is both alive and dead (as opposed to his dog, which is in car-roof torment); and it’s a floor wax and a dessert topping.
だから、これが僕の理解してる状況だ:利得税はミット・ロムニーが払っている税金であり、払っていない税金でもあって、それは尋ねられる質問に依る(その答えは常に0.01%寄りの人にある)。また、彼の猫は生きていて、死んでいる(犬の場合は対照的に、車の屋根に乗せられる苦しみがある);そして、それは床用ワックスであり、かつ、デザートのトッピングでもある。

All clear.
問題なし。

New Frontiers in Economic Barbarism/December 23, 2011, 4:15 PM

New Frontiers in Economic Barbarism 経済学的野蛮主義の新境地

I’ve written quite a lot about the way much of the macroeconomics community has descended into a Dark Age, forgetting the things they used to know. I was originally set off by the way some economists were propounding Say’s Law ― the idea, refuted 75 years ago, that all income must be spent and hence that supply creates its own demand ― as a profound insight, somehow missed by three generations of economists.
僕は、マクロ経済学の共同体のほとんどが暗黒時代へと落ちていて、かつて彼らが知っていたことを忘れてしまったことについてたくさん書いてきた。元々、それを始めたのは、何人かの経済学者がセイの法則―全ての所得は必ず支出されて、それ故に供給はそれ自身の需要を作り出すというアイデアで、75年前に論破されている―を、どうしたわけか3世代の経済学者によって見過ごされてきた深遠な洞察として提示していたからだ。

Well, new forms of acquired ignorance keep surfacing.
まあ、獲得された無知の新形態は次々とわいてくる。

Matthew Yglesias finds John Cochrane ridiculing the notion that devaluation makes it easier to bring a country’s relative wages down, whereas the empirical evidence is overwhelming that devaluation does, in fact, do just that.
マシュー・イグレシアスが発見したんだが、ジョン・コクランは切り下げがその国の相対的な賃金を引き下げることを容易にするという考えを嘲笑している。ところが、実証的な証拠は、圧倒的に、切り下げは実際まさにその作用があることを示している。

Now, Yglesias has some fun with Cochrane’s violation of the extended version of Godwin’s Law, which says that the first person to mention either Weimar or Zimbabwe in a discussion of current issues loses. But Matt’s main point is that there are very good reasons why changing relative currency values is a lot easier than changing the whole structure of nominal wages and prices:
今、イグレシアスは、コクランが、現下の問題に関する議論の中で最初にワイマールやジンバブエに言及したものが負けになるという、ゴドウィンの法則の拡張版に違反していることを面白がっている。だが、マットの主要なポイントは、相対的な貨幣価値を変えることが、名目賃金や名目価格の全構造を変えるよりもずっと簡単なのにはすごくいい理由があるということだ:

Depreciation makes vacations in Spain cheap, it makes Spanish exports cheap, and it makes it attractive for rich foreigners to actually go buy up excess Spanish housing stock to use as vacation homes and such. Everyone’s taken a hit, but they’re back on the path to growth.
切り下げはスペインでのバカンスを安くする、スペインの輸出を安くする、そして、金持ちの外国人にとって、スペインであり余っている別荘などに使える住宅ストックを購入することが魅力的になる。そして、全ての人が損害を受けるが、彼らは成長への道に回帰することになる。

The other alternative ― the road we’re actually traveling down ― is one in which all of these adjustments need to happen piecemeal. To make the same adjustment happen, every single contract in the country needs to be piecemeal renegotiated. That’s every town budget, every cell phone plan, every commercial lease, every salary, etc. It’s not “impossible” but it’s a logistical and political nightmare. And it takes time. During that time instead of everyone working harder because they’re poorer and more indebted than they realized and need to raise their incomes what happens is that 10-20 percent of the population does nothing because they can’t find jobs.
もう一つの代替案―我々が実際に歩んでいる道―では、この調整の全てが一つずつ起こる必要がある。同じ調整をするために、その国の全ての契約書を再交渉する必要がある。それは、全ての町の予算、全てのケイタイのプラン、全ての商業リース、全ての給料、などなど。それは「不可能」ではないが、流通的、政治的な悪夢となる。そして、それには時間がかかる。その間、必要とする所得以上に、貧しくなって借金が増えたから皆が一生懸命働こうとしても、人口の10-20%が職を見つけられないために何もすることがなくなってしまう。


Quite. What Matt may not know, however, is that this is a classic argument in international macro, and the person who made it best was …. drumroll … Milton Friedman. Here’s a snip from Friedman’s 1953 essay “The case for flexible exchange rates”:
そのとおり。しかし、マシューは知らないかもしれないが、これは国際マクロの古典的な議論であり、それを一番うまく提示した人物は…ドラムロール…ミルトン・フリードマンだ。ここで1953年のフリードマンのエッセイ「変動為替相場の擁護論」から抜き出してみよう:

122311krugman2-blog480.jpg

変動為替相場を擁護する論拠は、奇妙なことに、サマータイムを擁護する論拠とほとんど同じだ。まったく同じ成果を達成するために、全ての個人の習慣を変えるよりも、夏に時計を変えるというのは馬鹿げたことだろうか? 必要なのは、全ての人が一時間早く会社に来たり、一時間早く昼食を取ったりするように決めることだけだ。だが、皆がそれを望んだとしても、それぞれが時計に対するパターンを別々に変えるよりも、全ての指針となる時計を変えるほうが明らかにずっと簡単だ。その状況は為替市場でも全く同じだ。内的な価格構造を共に構成している多数の価格の変化に頼るよりも、一つの価格を変化させること、すなわち、外国為替の価格を変化させたほうがずっとシンプルだ。


Is it really possible that people at the University of Chicago have unlearned not only Keynes but Friedman? Alas, yes.
シカゴ大学の人々がケインズだけでなく、フリードマンも学んでいないなんて本当にありえるのだろうか? 悲しいけど、あるんだよ。
CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。