スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nobel Lies/October 17, 2011, 8:38 AM

Nobel Lies ノーベル賞の嘘

The right was quick to claim this year’s economics Nobel as an anti-Keynesian prize. Chris Sims sets the record straight:
右派が今年のノーベル経済学賞を反ケインズ主義への賞と主張するのは早すぎた。クリス・シムズが誤解を解いている:

Professor Sims doesn’t want to be pigeonholed. “I’m not ‘non-Keynesian,’ ” he said, adding that he has been an active “promoter of new Keynesian macroeconomic models,” because they “are the place in our profession where theory and data and policy decision-making are coming together.”
シムズ教授は分類分けされるのを好まない。「私は非ケインジアンではない」と彼は言う、そして積極的な「ニュー・ケインズ主義マクロ経済学モデルの推進者」であると付け加えた。なぜなら、それこそが「その専門分野において理論とデータと政策決定が一致している場所である」からだという。

“It doesn’t really make much sense to stand on the sidelines and take potshots at them,” he said. “If you don’t like the way they’re working, you should try to do better.”
「様子見をしたり、盲撃ちしたりするのは実際大した意味がない」、と彼は言う。「もしそのやり方が好きじゃないんだったら、もっとましなことを試してみるべきだ」

He and Professor Sargent have been “trying to do empirical macroeconomics using formal tools of statistics,” he said. “Those tools aren’t in themselves ideological.”
彼とサージェント教授は正式の統計学のツールを使った実証マクロ経済学を追求してきた。「そういったツールは、それ自体が観念的なものというわけではない」と彼は言う。

Professor Sims spoke favorably of the Obama administration’s fiscal stimulus programs, which are Keynesian in their countercyclical spending. “An expansionary fiscal policy is probably what we need right now,” he said.
シムズ教授はオバマ政権の財政刺激計画を好意的に論じた、それは景気を均すための支出というケインズ的なものだ。「拡張的な財政政策はおそらく我々が今必要としているものでしょう」、と彼は言う。


Let me also add a bit of meta here. What does an economics Nobel mean? What does it do? Not what some people seem to think.
ここで少しメタ的なことについて僕に付け足させてほしい。ノーベル経済学賞に何の意味があるのか? いくらかの人が思っているようなものではない。

Anyone who imagines that the Nobel can tip the balance between rival schools of thought in macroeconomics or anything else is just being silly. The committee that chooses each year’s Nobel is just a committee ― smart, well-informed, and scrupulous, but not gifted with godlike powers of discernment not granted to mortal men.
ノーベル賞がマクロ経済学上の思想における対立する学派間のバランスやその他のことを動かすことができると想像している人はみんな愚かだ。毎年のノーベル賞を選考している委員はまさに委員でしかない―頭が良くて、物知りで、注意深い人々だが、死すべき運命にある人間には許されない神のごとく洞察力を授けられてるわけじゃない。

So why does the prize matter? Mainly, I’d say, because it gives visibility. And the main way the Nobel can alter the debate is by highlighting work that wasn’t getting as much attention it arguably should. Something like, say, Herbert Simon’s Nobel can raise the profile of a line of work in ways that affect both public debate and actual research.
それならその賞はなぜ重要なのか? 僕に言わせりゃ、大部分はそれが可視性を与えてくれるからだ。ノーベル賞が議論を変えることができるのは、主に、間違いなくもっと注目を集めるべきであるのにそうなっていない研究に光を与えることを通してのことだ。たとえば、ハーバート・サイモンへのノーベル賞は公共の議論と実際の研究の双方に影響を与え、その線に沿った研究のプロフィールを高めることができた。

In my own case ― hey, we can’t avoid that subject ― I think there were two things. One was that the trade and geography under increasing returns project that a number of us had advanced over the previous several decades was not as widely known even within economics as you might have expected; the field can be surprisingly fragmented. The other was that a lot of people who knew me only as a Times columnist were informed for the first time that I had this other side. The point, however, is that the verdict wasn’t what mattered; it was the increased visibility.
僕自身の場合には―まー、その話題は避けられない―2つのことがあったと思う。一つが、僕を含む多くの人が数十年前に先鞭を付けた、収穫逓増の元での貿易と地理学は、あなたが想像するよりも経済学内部において広く知られていなかった。その分野は驚くほど細分化することが可能だ。もう一つが、僕のことをニューヨーク・タイムズのコラムニストとしてしか知らなかったたくさんの人々が、僕のもう一つの側面を始めて知ったことだ。しかし、重要なのは、その評決に意味があるのではなく、それが可視性を高めてくれることだ。

So the Sims/Sargent prize isn’t a vindication of anyone or any particular point of view; it’s basically a signal saying, hey, if you haven’t been aware of this important line of work, now is a good time to read up on it.
だから、シムズ/サージェントの受賞は誰か、あるいはなんらかの特定の視点を証明するものではない。それは、基本的には、たとえば、あなたが気づいていない重要な線の研究があって、今それを読み返してみるいい機会であると告げるシグナルである。

Oh, and in case I haven’t made this clear, hearty congratulations again to both men.
おっと、そこのところが不明瞭になるといけないから、ここでもう一度、ご両人心からおめでとう。


後書き:去年、シムズとサージェントがノーベル賞を取ったときのポスト。
スポンサーサイト

Hungary, Misunderstood?/January 21, 2012, 5:25 PM

Hungary, Misunderstood? ハンガリーは誤解されてるのか?

My Princeton colleague Kim Lane Scheppele has another post about Hungarian affairs, below the fold. Incidentally, she’s going to Budapest this coming week; she’ll be giving some public lectures and meeting with a number of people. Wish her luck.
僕のプリンストンの同僚Kim Lane Scheppeleがハンガリー問題についての新たなポストをしてくれた。この下にある。ところで、彼女は今週ブダペストに行く;公開講座を行いたくさんの人々と会合を持つことになっている。彼女に幸運があらんことを。

Here’s her latest:
ここから彼女の最新の記事:

Hungary, Misunderstood?
Kim Lane Scheppele

On Tuesday, January 17, the European Commission launched an urgent “infringement procedure” against Hungary for violating EU treaties with its new laws. On Wednesday, January 18, Viktor Orbán dramatically appeared before the European Parliament to defend his country’s new constitutional order.
1月17日の火曜日に、欧州委員会は、ハンガリーの新たな法律がEU条約に違反していることに対して緊急の「違反調査手続き」に着手した。1月18日の水曜日に、ヴィクター・オルバンはその国の新たな憲法秩序を守ろうと、欧州議会の前へ劇的に現れた。

Orbán’s defense could have been guessed in advance from what Fidesz government officials have been saying for weeks as they fanned out around the world to explain why they rewrote the Hungarian constitution. They claim that they have been misunderstood. And they repeatedly say that their many foreign critics do not understand Hungary.
オルバンの弁明は、フィデス政権の官僚がなぜハンガリーの憲法を書き直したのかを説明するために世界中を展開しながら、述べている事柄から前もって推測できるものだった。
彼らは誤解されているのだと主張している。そして、彼らは、多くの外国の批評家はハンガリーを誤解していると繰り返し述べている。


In this post, I will take up the most frequent arguments that the government has made in its own defense. And, as I will show, its explanations for the new constitutional order are not credible.
このポストで、私はその政府が自身を弁護するためにもっとも頻繁に繰り返している議論を取り上げるつもりだ。そして、私がこれから示すように、その新憲法秩序のための説明は信用できるものではない。

The main government explanations are:
主要な政府の説明は:

1. Fidesz has a popular mandate for change and democracy requires a government to give the public what it wants.
2. Fidesz has consulted with the public about the constitution and this is the constitution that the public approved.
3. Fidesz has consulted with European agencies and they have approved, too.
4. Fidesz is replacing a communist constitution, and finally closing the chapter on the communist period.
5. Fidesz is acting on the basis of Christian principles, like other states within Europe.
6. Everything in the new constitutional order can be found in other European countries.
1.フィデスは変化に向けての人気がある責務を有しており、民主主義は政府に大衆が望むものを与える必要がある。
2.フィデスは新憲法について大衆の意見を聞いているが、大衆はこの憲法を承認している。
3.フィデスはヨーロッパの諸機関の意見を聞いているが、彼らもまた承認している。
4.フィデスは共産主義の憲法を改めているのであり、最終的には共産主義時代に区切りをつける。
5.フィデスは他のヨーロッパの諸国と同じようにキリスト教原理を基礎に行動している。
6.新しい憲法秩序に存在するものは全て他のヨーロッパの国々でも見出すことができる。


I will take up each of these in turn.
それぞれを順番に取り上げていく。

First, the Fidesz government says that it has a mandate for change. In spring 2010, 53% of the voters chose for Fidesz. The existing Hungarian electoral law then turned the 53% vote for Fidesz into 68% of the seats in the Parliament. Now Fidesz argues that the public signed up for radical change, so the public should get what it wants.
最初に、フィデス政府は変化に向けての責務を有していると言う。2010年の春に、投票者の53%がフィデスを選択した。既存のハンガリーの選挙法により、その時フィデスの53%の得票率は議会の68%の議席につながった。今、フィデスは、大衆が急進的な変化に賛成して署名したのであるから、大衆はその望むものを手に入れるべきだと主張している。

The problem with the argument is that the numbers do not sustain it. The latest Ipsos poll results from January shows that Fidesz popularity in Hungary continues to plummet after the public has seen what the government is actually doing. Now, only 16% of eligible voters say that they would vote for Fidesz again. (See the chart below.) Fully 84% of those who were interviewed in January, shortly after the new constitution went into effect, said that Hungary is headed in the wrong direction.
この主張の問題点は、その数字は維持できていないということだ。1月からの最新の統計調査では、ハンガリーでのフィデスの支持率は、大衆が実際に政府のやることを見た後に下がり続けている。今、適格な有権者のたった16%だけが再びフィデスに投票すると述べている(下のチャートを見よ)。新憲法が公布されてすぐ後の1月にインタビューされた人の優に84%が、ハンガリーは悪い方向に向かっていると述べた。

012112krugman2-blog480.jpg

As the chart shows, however, even with this lack of support, Fidesz is still the most popular party in the country. The absence of a viable opposition, however, does not mean that Fidesz is doing what Hungarians want.
しかし、チャートが示すように、これだけ支持率が低いのに、フィデスは今でもその国で最も人気の高い政党だ。だが、並び立つ野党がいないことは、フィデスがハンガリー人の望むことをしていることを意味しない。

If Fidesz had a mandate for change – that mandate is no longer there. The Hungarian public no longer supports the government.
もしフィデスがかつて変化に向けての責務を持っていたとしても―そんな責務はもはや存在しない。ハンガリーの大衆はもはや政府を支持していない。

Second, the government claims that this is the constitution Hungarians wanted. As I have said before, the government never campaigned on a platform of changing the constitutional order. In fact, Fidesz party leaders explicitly denied before the election that they would write a new constitution if they won. New constitutions are often accompanied by a public referendum to ensure public support for such a transformative change. But no referendum has been offered in Hungary.
2番目に、政府は、この憲法はハンガリー人が望んだものと主張する。私が以前述べたように、政府は憲法秩序を変えるという綱領のキャンペーンをまったく行っていなかった。実際に、選挙前、フィデス党の指導者たちは選挙に勝ったら新しい憲法を作ることを明白に否定していた。新憲法には、しばしば、そのような体制の変化に対しての大衆の支持を保証するための国民投票を伴うことが多い。だが、ハンガリーでは国民投票はまったく提案されていない。

Was the Hungarian public ever consulted about this new constitution? Well, sort of. The government sent out a survey to all Hungarian citizens asking them twelve questions about what the new constitution should say. This survey went out before there were any concrete proposals on the table, so the questionnaire was not a referendum on a draft constitution. But the questionnaire did not serve as input to the constitutional drafting process, either.
ハンガリーの大衆はこの新憲法について意見を求められたのか? まあ、少しは。政府は、全てのハンガリー市民へ新憲法に何が書かれるべきかについての12の質問を尋ねる調査票を送った。この調査は、テーブルの上に具体的な提案がなされる前に行われたので、その質問事項は憲法草案に関しての国民投票ではなかった。しかも、その質問事項は憲法草案のプロセスに取り入れられることもなかった。

The government distributed the questionnaire in early March 2011, and the draft constitution was presented to the parliament on March 14, 2011. Most of the responses were not returned – let alone tabulated – by the time the proposed constitution was for adoption, so they could not possibly have affected the drafting process.
政府は2011年の3月初めにその質問事項を配布して、憲法草案は2011年3月14日に議会に提案された。提案された憲法が採決される時までに、その質問事項への回答のほとんどが返送―集計は言うまでもなく―されていなかったのだから、どうあっても憲法草案プロセスに影響を与えることはできない。

Moreover, the vast majority of the public did not respond and no one outside the government knows what the public said. While the government reported that there was an 11% return rate, , the tally of opinion was never publicly presented. No one outside the governing party has seen the responses.
さらに言えば、大衆の大多数は返答していなかったし、政府の外で、大衆が何を言っているのか知るものはいない。一方、政府の報告によると、返答率は11%だった。意見の集計は公にはまったく提示されていない。与党の外でその返答を見たものはいない。

Even if we knew the results, however, it is hard for the survey to have made much of a difference. The twelve questions asked of citizens did not bear on the most important issues in constitutional design, like the powers of the Constitutional Court, the existence of an independent judiciary, the nature of the electoral system or even the extent of media regulation. Instead the questions asked about whether the constitution should protect biodiversity in the Carpathian Basin or permit children to be taxed or punish people who failed to appear when called before parliamentary committees.
しかし、たとえ我々がその結果を知ったとしても、その調査が大きな違いを作り出すと考えるのは困難だ。市民に尋ねられた12の質問には、憲法裁判所の権限や、独立した司法組織の存在、選挙システムの本質、あるいは報道規制の程度といった問題まで、憲法設計にとって最も重要な問題点に関するものは存在しない。その代わりに尋ねられた質問は、カルパチア地方の生物多様性を守るべきか、あるいは子供へ税金を課すことは許されるべきか、議員内委員会へ呼ばれた時に現れなかった人々を罰するべきか、といったものだ。

The constitutional questionnaire recalls the survey spoofed by the famous Hungarian writer István Örkény in his “one minute story,” called “Public Opinion Poll.” In the story, hapless communist citizens are asked a series of random questions only to have the results conclude that everything is perfect, except that the #19 bus could run more often. (For English, go to the end of this video.)
その憲法についての質問事項は、有名なハンガリーの作家Istvan Orkenyが『one minute story』でからかった、「世論投票」と呼ばれる調査を思い起こさせる。この話の中で、不運な共産主義者の市民は、#19バスはもっと頻繁に運行できるということを除いて、全てが完璧であるという結論を出すしかない一連のでたらめな質問を尋ねられる(英語が使える人は、このビデオの最後の方を見てほしい)。

Has the public approved this constitution? Not in its initiation, its drafting process or its particulars.
大衆はこの憲法を承認しているのか? 初めはそうではなかったし、草案過程でも個別例でもそうではない。

Third, the government also claims that it has consulted with European bodies about the most important elements of its constitutional reform. But the European agencies that were consulted would disagree. Hungary has repeatedly produced draft laws for review by European authorities that did not reflect the laws that were actually introduced into the Parliament. Each time, the English-language versions offered to foreign reviewers were substantially more compliant with European law than the laws actually enacted in Hungarian, which suggests that the government wants to appear more Euro-friendly than it is actually willing to be. European bodies are now suspicious of Hungary, as a result. I’ll give just two examples.
3番目に、政府は、憲法改正の最も重要な要素について、ヨーロッパの政府の意見を聞いているとも主張している。だが、意見を求められたというヨーロッパの機関はそれを認めていない。政府は、実際に議会に提案された法律を反映していない、ヨーロッパの高官による調査用の草案を繰り返し作成している。いつでも、外国の調査のために提案される英語バージョンは、実際にハンガリーで制定された法律よりも、ヨーロッパの法律に対して実質的により迎合的になっていて、そのことは、政府が実際よりもずっと親ヨーロッパ的に見せたがっていることを示している。現在、結果として、ヨーロッパの政府はハンガリーを信用していない。2つの例を挙げよう。

During the one month that the constitution was open for public debate, the Hungarian government sent an English translation to the European Commission, as EU law requires it to do. But the English translation left out the controversial and inflammatory preamble. The preamble asserts that sovereignty rests in the Hungarian “nation” (that is, ethnic Hungarians and not Hungarian citizens of all ethnicities). It also includes potentially destabilizing references to Hungary’s “historic constitution” that implicitly laid claim to territories now belonging to neighboring states. In addition, the English version of the constitution presented to the EU was riddled with translation mistakes that changed the sense of the text. . By the time the preamble was added and the translation was corrected, the EU lost virtually any opportunity to comment since the time from introduction to adoption of the constitution was only one month. And the errors and omissions were not random, but systematically made the constitution look better to European eyes than the Hungarian version would have.
その憲法が公の議論に開放されて一ヶ月の間、ハンガリー政府は、EUの法律が要求するとおりに、欧州委員会へその英語翻訳を提出した。だが、英語の翻訳には物議をかもす、扇動的な前文が省かれていた。前文の主張では、主権はハンガリー「国家」(すなわち、ハンガリー民族とあらゆる人種の非ハンガリー市民)に残ることになっていた。それには、暗黙のうちに今は近隣諸国の所属になっている領土の返還を要求することになるハンガリーの「歴史的政体」という潜在的に不安定化要因となる言及が含まれている。加えて、そのEUに提示された憲法の英語バージョンは、文章の意味を変えた誤訳で穴だらけになっている。前文が加えられ、翻訳が訂正されたときには、その憲法の提案から採択までたった一ヶ月しかなかったので、EUには実質的になんらの言及する機会もなかった。間違いと省略はランダムなものではなく、ハンガリー語バージョンよりも、体系的にヨーロッパ人の目によく見えるようになっていた。

When the Hungarian government sent a draft law on the central bank to the European Central Bank in fall 2011, the English version was also misleading. Nonetheless, the ECB was highly critical of the draft. The actual law introduced into the parliament, however, was much worse since it proposed to merge the central bank with the bank regulator to create a new agency with a Fidesz official at its helm, a major institutional change not in the English version. When international bodies discovered the bait-and-switch, the IMF walked out of its negotiations with Hungary and has refused to go back unless the law is changed.
ハンガリー政府が2011年秋にヨーロッパ中央銀行へ中央銀行に関する草案となる法律を提示した時、英語バージョンはまた誤解を生むものだった。それにもかかわらず、ECBはその草案に非常に批判的だった。しかし、議会に提案された法律はさらに悪いもので、中央銀行を銀行監督機関と合併して、フィデスの役員が指揮を執る新たな機関を作るという、英語バージョンにはない本質的な機構変革が提示されていた。国際機関がそのすり替えを発見して、IMFはハンガリーとの交渉を打ち切って、法律が変更されるまで再開を拒否している。

With these experiences, it is no wonder that European bodies are suspicious of Hungary at this point. The government has claimed to have consulted when it repeatedly failed to provide complete and current translations of laws. Moreover, all the errors of translation and omission go in one direction – toward the conclusion that Hungary is putting a Europe-friendly face forward in English while doing anti-European things in Hungarian.
これらの経験から、ヨーロッパの政府がこの点においてハンガリーを疑っても不思議はない。その政府は現行の法律の完全な翻訳を提示するのに繰り返し失敗しているのに、意見を聞いてきたと主張する。さらに言えば、すべての誤訳と省略は一方向に向かっている―その結果は、ハンガリーは英語では親ヨーロッパ的な顔を見せながら、ハンガリー語では反ヨーロッパ的なことをしている。

Fourth, the government defended the new constitution by saying that its actions complete the post-communist transition. They claim to have gotten rid of a communist constitution and by finally closing the books on the communist past. But these claims, too, are misleading.
4番目に、政府は、その政策が共産政権後の移行期を終わらせると主張して、新しい憲法を弁護している。彼らは共産主義憲法を取り除いて、最終的に過去の共産主義にケリをつけると主張する。だが、この主張もまた誤解を生むものだ。

Yes, it is true that the constitution that was replaced on January 1, 2012 was officially called “Law XX of 1949, as amended.” The Stalinist constitution imposed in 1949 was a standard-issue Soviet constitution. In a root-and-branch reform agreed at the National Roundtable in 1989, the communist spirit was eliminated and much of the language of the text was completely replaced. Those constitutional changes were supplemented by additional amendments in 1990, after the first multiparty elections brought democratic opposition parties to power. The end result bears almost no relationship to the original 1949 text. See for yourself! The 1989-1990 constitution was then elaborated by a Constitutional Court famous around the world for its strong opinions on human rights.
たしかに、2012年1月1日に置き換えられた憲法が公式に「改訂版1949年XX法」と呼ばれていたのは事実だ。1949年に課されたスターリン憲法は標準的なソヴィエト憲法だった。1989年に国民円卓会議で同意された徹底的な改革の中で、共産主義の魂は消えうせ、条文のほとんどの言葉が完全に書き換えられた。それらの憲法の変更に加えて、最初の複数政党選挙で民主的な野党が劇的な勝利を収めて権力についた後の、1990年にも追加的な修正が行われた。その最終的な結果として、元々の1949年憲法の条文とはほとんど関係ないものになっていた。ご自身で見ていただきたい! 1989-90年憲法は人権への強固な見解で世界中に知られた憲法裁判所によって精巧なものになっていた。

Until the Fidesz government started modifying this constitution to eliminate checks and balances, Hungary had a constitution that could proudly take its place among the democratic constitutions of Europe. It is that democratic constitution that was killed off with the new year, not a communist constitution at all.
フィデス政府がチェック・アンド・バランスを消滅させるために、この憲法を変更し始めるまでずっと、ハンガリーはヨーロッパの民主的な憲法の中でも誇りを持って一角を占めることができる憲法を持っていた。新たな年に抹殺されたのはその民主的な憲法であって、共産主義憲法では決してない。

Fifth, in his defense of the new constitution before the European parliament Wednesday, Viktor Orbán said that his country was trying to restore religion to the center of public life. Surely, he said, having a religious constitution is not out of the European mainstream.
5番目に、水曜日の欧州議会の前で新憲法を弁護する際に、ヴィクター・オルバンは、彼の国が公共の生活の中心にある宗教を回復させようとしているのだと言った。たしかに、彼が言うように、宗教的な憲法を持つことはヨーロッパの主流から外れているわけではない。

True, a number of European countries, like Poland and Ireland, have constitutions in which religion features strongly. But those are countries with very religious populations. By contrast, Hungary is a highly secular society. Only 21% of Hungarians attend religious services regularly, compared with 84% of the Irish and 55% of the Poles. . Less than half the Hungarian population believes in God, compared with 73% of the Irish and 80% of the Poles. (See the Eurobarometer chart below.) Why, then, is it so crucial for Hungary to have a constitution that proclaims the country to be a Christian nation, and then goes on to include the full checklist of conservative religious views, like the legal protection of the fetus from the moment of conception and a ban on gay marriage? Surely in deciding whether Hungary is a Christian nation, the views of Hungarians should have something to do with it.
たしかに、ポーランドやアイルランドのように、たくさんのヨーロッパの国が宗教的色彩の強い憲法を持っている。対照的に、ハンガリーは非常に世俗的な社会だ。アイルランド人の84%やポーランド人の55%と比べて、ハンガリー人のたった21%だけが定期的に宗教的な儀式に参加する。アイルランド人の73%やポーランド人の80%と比べて、神を信じるハンガリー人の割合は半分以下だ(下のEurobarometerのチャートを見てほしい)。それなら、どうして、ハンガリーがその国をキリスト教国家であると宣言して、受胎の瞬間からの胎児の法律的な保護やゲイの結婚の禁止といった、保守的な宗教的観点の照合表をすべて満たすところまで行く憲法を持つことがそれほど重要なことになるのか? ハンガリーがキリスト教国家かどうかを決めるためには、必ず、ハンガリー人の見方が関係してくるはずだ。

012112krugman3-blog480.jpg

Finally, defending its blizzard of laws, the Fidesz government often says that nothing it has done is out of the European mainstream. But Fidesz wants its critics to evaluate what it has done by taking tiny pieces out of context, when context matters. Going through all of these claims specifically would take far more space than I have. But let me give a one example of what happens when one compares the Hungarian case with European law.
最後に、その法律への猛吹雪を防ぐために、フィデス政府は、フィデスがしていることでヨーロッパの主流から外れたものは何もないとしばしば言っている。だが、フィデスは、その中身が重要であるのに、その中身から外れた些細な部分を批評家にフィデスがしていることとして評価してもらうことを望んでいる。彼らの主張のすべてを調査するには、今ここでしているよりもずっと多くの紙面が必要になる。だが、ハンガリーの事例をヨーロッパの法律と比較したときに起こる一つの例を提示させてほしい。

Fidesz has been criticized for its extensive use of private member’s bills, proposed laws that do not have party sponsorship. The Fidesz government responds that nearly every parliamentary system in Europe permits individual members of parliament to introduce private member’s bills. Yes, in many parliamentary systems, bills may be introduced by a single member rather than by a party fraction. Generally, the option of a private member’s bill is designed to give the parliamentary minorities a voice.
フィデスは議員提出法案、政党の支援を受けずに提案された法律を使用しすぎることで批判されている。フィデス政府は、ほとんど全てのヨーロッパの議会システムが個々の議員による議員提出法案を導入することを認めていると反論する。たしかに、多くの議会システムで、法案は、政党の一定数よりも、一人の議員によって提案されているのかもしれない。一般的に、議員提出法案という選択肢は、議会が少数派へ発言権を与えるために設計されている。

In the Fidesz government, however, private member’s bills have been used for almost every important piece of legislation. In fact, for much of the time since Fidesz took office, very few government-sponsored laws have been introduced on the floor of the Parliament. Ten of the twelve constitutional amendments that were passed since Fidesz took office began as private member’s bills. Even the new constitution itself went through the parliament as a private member’s bill! Instead of being a minority-protective procedure, Fidesz has been using the private member’s bill option to entrench its super-majority.
しかし、フィデス政府では、議員提出法案はほとんど全ての立法の重要な部分において使われている。フィデスが政権について以来ほとんどの期間、政府の支援による法律が議会に提案されたことはほとんどない。フィデスが政権について以来、12の憲法修正の内10が議員提出法案として始まっている。新憲法自体も議員提出法案として議会を通っている! 少数派を守る手続きとなる代わりに、フィデスは超多数派の身を守るために議員提出法案という選択肢を使ってきた。

So why did Fidesz use this parliamentary tactic? Under the rules of parliamentary procedure in Hungary, private member’s bills can use a streamlined procedure. No committee review. No multiple readings. No mandatory consultation with opposition parties or interested groups. With a private member’s bill, the Fidesz government could take a constitutional amendment from first proposal into full legal effect in 10 days or less. The new constitution took only about a month from first proposal to final vote. Private member’s bills are clearly the option to use if one is in a hurry.
ところで、どうして、フィデスはこんな議会戦術を使うのか? ハンガリーの議会手続きルールの下では、議員提出法案は迅速な手続きを使うことができる。委員会の審査はない。複合的な解釈(multiple readings)はない。野党や利益団体と諮問する義務もない。議員提出法案を使えば、フィデス政府は、憲法修正案を提案から法的に完全な発効まで10日かそれ以下ですませることができる。新憲法は提案から採決までたった一ヶ月ほどしかかからなかった。議員提出法案は明らかに急を要するときに使用される選択肢である。

No other country uses private member’s bills for the most important bills that a parliament will enact. In other countries, private member’s bills are used for personal causes of individual MPs, not for government programs. But in Hungary, the government passed most of its constitutional agenda through the parliament using the device of the private member’s bill. In each case, the Fidesz bloc in the Parliament voted with no dissents in favor of every private member’s bill introduced by a member of their party. The pattern of votes gives the lie to the claim that these were independent proposals from individual members of parliament acting alone. The only logical explanation was that Fidesz found the ordinary parliamentary procedure too constraining because it required laws to be vetted by parliamentary committees, to be offered to the opposition for comment, to go through a process of consultation with interested groups and to go through multiple readings with full time for debate.
議員提出法案を議会が制定する最重要の法案のために使っている国は他に存在しない。他の国では、議員提出法案は政府計画のためではなく、個々の議員の個人的な主張のために使われている。だが、ハンガリーでは、政府は議員提出法案という道具を使って、憲法の協議事項のほとんどを議会に通している。いずれの場合でも、議会のフィデス陣営は、その政党の一人の議員によって提案された全ての議員提出法案へ異議を申し立てることなく賛成票を投じる。投票のパターンは、個人で活動する独立した議員による独立した提案が存在するという主張は嘘であることを示している。唯一の論理的な説明は、法律で、議会委員会の調査、野党に意見を述べる機会を与えること、利益団体に意見を聞くというプロセスや、フルタイムの議論を伴う複合的な解釈(multiple readings)が必要とされているために、フィデスが通常の議会手続きは制約がありすぎると知ったということだ。

In the end, however, even the streamlined procedure of the private member’s bill proved too rigorous for Fidesz. On the last day of 2011, the Fidesz parliament passed a change to the rules of parliamentary procedure. Since January 1, if a 2/3rds vote of the parliament approves, a bill can go from first proposal to final vote with no debate – and no wait or consultation – at all.
しかし、最終的には、議員提出法案という迅速な手続きでさえ、フィデスには厳格すぎることが明らかになった。2011年の大晦日に、フィデスの議会は議会手続きを変更する法案を通した。1月1日からは、議会の2/3が賛成すれば、法案は最初の提案から最終の議決まで議論をまったくせずに―中断も諮問もない―通すことができる。

I could multiply examples endlessly, showing how institutions, procedures and powers in the Hungarian constitutional order may share a name with counterparts elsewhere in Europe. But the Hungarian version of these institutions, procedures and powers virtually never share the same spirit. When the Hungarian government says that its laws are no different from those of other countries in Europe, it is almost always wrong.
私は、ハンガリーの憲法秩序内で、どれだけの制度、手続き、権限が他のヨーロッパのそれと名前を共有しているのか示す例を、際限なく、挙げることができる。だが、それらの制度、手続き、権限のハンガリー版は同じ精神をほとんど共有していない。ハンガリー政府が、ある法律は他のヨーロッパ諸国の法律と違いがないと言うとき、それはほとんど常に間違っている

So why, then, did the Hungarian government adopt this new constitution? It is not because the public demanded it. It is not because the new constitution replaced a communist constitution. It is not because the religious beliefs of the public urged it. And it is not because it is within the European mainstream.
それなら、なぜ、ハンガリー政府はこの新しい憲法を採用したのか? それは大衆が望んだからではない。それは新憲法が共産主義憲法を取り替えるためではない。それは大衆の宗教的な信念が促したためではない。そして、それがヨーロッパの主流にあるからではない。

The Fidesz government, facing ever-sharper criticism from abroad and from within its own public, insists that Hungary is simply misunderstood. And it repeats that it had a popular mandate, that it is ending communism, that it respects the religious sensibility of Hungarians and that it is well within the European mainstream.
外国や国民からの批判が強まっていることに対して、フィデスは、ハンガリーが単に誤解されていると主張する。そして、それが人気のある責務であり、それが共産主義を終わらせ、それがハンガリー人の宗教的感性を尊重したものであり、それがヨーロッパの主流にある、と繰り返す。

But some of us still live in the reality-based community, where it is normal to work forward from evidence to conclusions rather than the other way around. When one looks at the Hungarian government’s explanations for why this new constitution was necessary, none hold up under scrutiny.
だが、我々の中には現実を基礎とした社会に住んでいる者もいて、そこでは、証拠から結論へと向かうのが普通であって、その逆ではない。なぜ新しい憲法は必要なのかに対するハンガリー政府の説明を注視すれば、精査に耐えるものは何もない。

Yes, the Hungarian government is misunderstood – by itself. It misunderstands its own position in the world and with the citizens of Hungary.
そう、ハンガリーは誤解されている―その国自身によって。その国は世界の中での立場、そしてハンガリー市民と自身との立場を誤解している。


後書き:差別じゃないが、NY Timesのあの広告はもう勘弁してほしいな。

Treasuries, TIPS, and Gold (Wonkish)/September 6, 2011, 9:18 PM

Treasuries, TIPS, and Gold (Wonkish) 財務省証券、物価連動債、そして金(オタク風)

(Yes, it’s 4:30 AM where I am. I found myself wide awake, thinking about gold prices. You got a problem with that?)
(うん、僕の住んでる場所ではAM4:30だ。金の価格を考えて、すっかり目が覚めてしまった。それで何か問題ある?)

In assessing economic prospects since the financial crisis of 2008, there have been two kinds of people: people who divide people into two kinds and people who don’t inflationistas and deflationistas. The inflationistas look at budget deficits and monetary base, and see severe inflation and soaring interest rates as the obvious outcome; the deflationistas say, hey, we’re in a liquidity trap, so monetary base is sterile and budget deficits are just soaking up some but not all of the world’s excess saving.
2008年の金融危機以来、経済的な見通しを評価する際には2種類の人々がいる:人を2種類に分ける人とそうじゃない人インフレ論者とデフレ論者。インフレ論者は財政赤字やマネタリーベースを見て、明白な結果として、深刻なインフレと利子率の急上昇が起こると考える;デフレ論者が言うには、我々は流動の罠にいるのだから、マネタリーベースは不毛で、財政赤字は世界の過剰貯蓄のいくらかを吸収できるが全てではない。

I am, of course, a big deflationista, and as I see it record low interest rates strongly vindicate my position. As I like to point out, if you’d believed the inflationistas at the Wall Street Journal and elsewhere, you would have lost a lot of money.
もちろん、僕は大いにデフレ論者だ。そして、記録的に低い利子率が僕の立場を強く証明していると考えている。もしあなたがウォール・ストリート・ジャーナルその他を信じていたら、多額のお金を失くしていただろう、と言いたくもなる。

But what about gold? As some readers and correspondents love to point out, you would have made a lot of money if you’d bought gold early in this mess. So doesn’t that vindicate the inflationistas, to some extent?
でも、金に関しては? 読者やメル友の中にそのことを指摘したがる人がいるんだが、もしあなたがこの混乱の初期に金を買っていたら、お金をがっぽり稼げただろう。それなら、これはある程度までインフレ論者の立場を証明することになるのか?

My usual response has been that I have no idea what drives the price of gold, to say that it’s a market driven by hoarding in Asia, Glenn Beck followers, whatever. But maybe I’ve been too flip here. Why not think about what actually should be driving gold prices? And I mean think about it, rather than going for slogans about inflation, debased currencies, and all that.
僕のいつもの返答は何が金の価格を押し上げているのかは分からないというもので、それはアジアでの買いだめやグレン・ベックの支持者その他のことによって左右される市場であると言ってきた。でも、たぶん僕はこのことを軽く考えすぎだった。なぜ、実際に金の価格を押し上げているはずのものが何かを考えないのか? そして、僕はインフレや通貨の堕落、その他のスローガンへ向かうよりも、そのことについて思案している。

Well, I’ve been thinking about it ― and the answer surprised me: soaring gold prices may be quite consistent with a deflationista story about the economy.
そう、そのことについて考えている―答えは僕にとって驚くべきものだ:金価格の急上昇は経済についてのデフレ論者のストーリーとまったく矛盾しないかもしれないというものだ。

OK, how do we think about gold prices? Well, my starting point is the old but very fine analysis by Henderson and Salant (pdf), which was actually the inspiration for my first good paper, on currency crises. H-S suggested that we start by modeling gold as an exhaustible resource subject to Hotelling pricing.
オッケー、僕が金価格についてどう考えているのか? 僕の出発点はヘンダーソンとサラント(pdf)による古くはあるが、すごく見事な分析であり、それは実際に通貨危機に関して、僕が始めていい仕事ができた論文にインスピレーションを与えた。ヘンダーソンとサラントは金をホテリング・プライシング(Hotteling pricing)に従う枯渇資源としてモデル化することから始めることを提示した。

Here’s how it works. Imagine that there’s a fixed stock of gold available right now, and that over time this stock gradually disappears into real-world uses like dentistry. (Yes, gold gets mined, and there’s a more or less perpetual demand for gold that just sits there; never mind for now). The rate at which gold disappears into teeth ― the flow demand for gold, in tons per year ― depends on its real price:
それは次のように作用する。今、利用可能な金の固定ストックが存在して、時間が経つと、このストックが徐々に歯科治療のように実世界で使用されることにより減少していくと想像してほしい(うん、金は採掘されるし、多かれ少なかれそこに存在するだけで常に価値があるものだが、今は気にする必要はない)。金が歯に消えていく速度―年トン単位で見た金のフローの需要―はその実質価格に依存する。

090611krugman1-blog480.jpg

Crucially, at least for tractability, there is a “choke price” ― a price at which flow demand goes to zero. As we’ll see next, this price helps tie down the price path.
本質的に、少なくとも取り扱いやすくするためには、「チョーク価格(choke price)」―フローの需要がゼロになる価格―が存在する。次に見るように、この価格により、価格の軌道は拘束される。

So what determines the price of gold at any given point in time? Hotelling models say that people are willing to hold onto an exhaustible resources because they are rewarded with a rising price. Abstracting from storage costs, this says that the real price must rise at a rate equal to the real rate of interest, so you get a price path that looks like this:
それなら、ある一定の時点において、金の価格を決めているものは何か? ホテリング・モデルが示すところによると、人々が喜んで枯渇資源を持とうとするのは、その価格が上昇することにより報われるからであるという。これは、貯蔵費を無視すれば、金の実質価格は実質利子率と等しい率で上昇する必要があるということになり、その時、価格の経路はこんな感じになる:

090611krugman2-blog480.jpg

Obviously there are many such paths. Which one is correct? Given rational expectations (I know, I know) the answer is, the path under which cumulative flow demand on that path, up to the point at which you hit the choke price, is just equal to the initial stock of gold.
明らかに、そのような経路は多数存在する。どの経路が正しいのか? 合理的期待を想定すれば(分かってる、分かってる)、その答えは、ある経路でフローの需要がチョーク・プライスに達する時点までの集計が、初期の金のストックとちょうど等しくなるような経路だ。

Now ask the question, what has changed recently that should affect this equilibrium path? And the answer is obvious: there has been a dramatic plunge in real interest rates, as investors have come to perceive that the Lesser Depression will depress returns on investment for a long time to come:
今、あの疑問を考えてみよう、最近、この均衡の経路に影響を与えることができる何が変わったのか? そして、その答えは明らかだ:投資家が、小恐慌は長期的に投資の収益性を圧迫すると捉えるようになってしまったために、実質利子率が劇的に低下した。

090611krugman3-blog480.jpg

What effect should a lower real interest rate have on the Hotelling path? The answer is that it should get flatter: investors need less price appreciation to have an incentive to hold gold.
利子率が低くなることはホテリング・パスにどんな影響を与えるのか? それを平坦にさせるというのがその答えだ:投資家に金を保有するインセンティブを持たせるため必要な価格上昇は少なくなる。

But if the price path is going to be flatter while still leading to consumption of the existing stock ― and no more ― by the time it hits the choke price, it’s going to have to start from a higher initial level. So the change in the path should look like this:
だが、価格の経路が平坦になる一方、チョーク価格に達するまで、今あるストックの消費がそのまま続くなら―多くはならなくても―始めの価格水準が高いレベルから始まらないといけなくなる。そうすると、その経路の変化はこんな感じになるはずだ:

090611krugman4-blog480.jpg

And this says that the price of gold should jump in the short run.
そして、このことは金の価格が短期的に急上昇することになると意味している。

The logic, if you think about it, is pretty intuitive: with lower interest rates, it makes more sense to hoard gold now and push its actual use further into the future, which means higher prices in the short run and the near future.
よく考えれば、そのロジックはきわめて直感的なものだ:利子率が低くなれば、今もっと金の貯蔵を増やすことが意味を増すようになり、実際の消費は将来に持ち越されるようになる、そのことは、短期的、あるいは近い将来には、価格が高くなることを意味する。

But suppose this is the right story, or at least a good part of the story, of gold prices. If so, just about everything you read about what gold prices mean is wrong.
しかし、これを金の価格についての正しいお話だと、あるいは少なくともそのお話のいい部分だけでも正しいと想定してほしい。もしそうなら、金の価格が意味するものについてあなたが見聞きする話はすべて間違いだということになる。

For this is essentially a “real” story about gold, in which the price has risen because expected returns on other investments have fallen; it is not, repeat not, a story about inflation expectations. Not only are surging gold prices not a sign of severe inflation just around the corner, they’re actually the result of a persistently depressed economy stuck in a liquidity trap ― an economy that basically faces the threat of Japanese-style deflation, not Weimar-style inflation. So people who bought gold because they believed that inflation was around the corner were right for the wrong reasons.
これが本質的に金についての「本当の」お話であり、他の投資の収益率が下がるという予想のために、その価格は上昇しているとするなら;それはインフレ期待についてのお話ではない、繰り返すがそうではない。金価格の急上昇は、深刻なインフレが間近に迫っているサインではないどころか、それは実際に流動性の罠にはまった永続的に落ち込んだ経済―基本的に日本型のデフレに直面した経済であり、ワイマール型のインフレではない―の結果である。であるなら、インフレが間近に迫っていると信じて金を買っている人々は、間違った理由で正しいことをしていることになる

And if you view the gold story as being basically about real interest rates, something else follows ― namely, that having a gold standard right now would be deeply deflationary. The real price of gold “wants” to rise; if you try to peg the nominal price level to gold, that can only happen through severe deflation.
そして、金のお話を基本的に実質利子率に関するものとして見るなら、そこから付随してくるものがある―すなわち、今、金本位をとることは酷いデフレを引き起こすことになる。金の実質価格は上昇することを「欲している」;もし名目的な価格水準を金にペッグさせれば、厳しいデフレが発生するだけになる可能性がある。

OK, none of this necessarily rejects other hypotheses about gold; in particular, there could be a bubble over and above the Hotelling aspect. But the crucial message is, I think, right: If you believe that gold prices are signaling an inflationary threat, I have to tell you, I do not think that price means what you think it means.
オッケー、これは必ずしも金についての他の仮説を排除するものではない;特に、ホテリング的な面を超えたバブルだという可能性はある。でも、その重要なメッセージは正しいと僕は思う:もしあなたが金の価格はインフレへの脅威というシグナルを発していると信じるなら、僕が言わなければならないのは、その価格が意味しているものは、あなたが意味していると考えているものを指しているとは思えないということだ。

Update:Larry Summers directs me to a 1988 paper he wrote with Robert Barsky (pdf) with a similar theme, although applied to the gold standard era rather than recent events.
更新:ラリー・サマーズが直接僕に、彼がロバート・バースキーと書いた同じようなテーマだが、最近の出来事というよりは金本位制時代が対象になっている1988年の論文(pdf)のことを教えてくれた。

Austerity Europe/February 22, 2012, 8:55 AM

Austerity Europe ヨーロッパの緊縮財政

Good numbers on European austerity programs are hard to come by, but the FT has a useful interactive graphic:
ヨーロッパの緊縮財政プログラムに関してのご立派な数字は見過ごしがたい。だがファイナンシャル・タイムズが有益な対話型グラフィックを載せている:

022212krugman1-blog480.jpg

It’s not comprehensive, I think, even for the countries it covers ― for example, Portugal actually imposed significant austerity in 2011, even if it fell short of the IMF program. Still, this really confirms that Greece and Ireland are the austerity kings, with Spain less so.
そこでカバーされている国にとっても、それは包括的なものではないと思う―たとえば、ポルトガルは、IMFのプログラムには足りていないとはいえ、実際、2011年にかなりの緊縮財政を課している。それでも、このグラフは、ギリシアとアイルランドが緊縮財政の王様であり、スペインはそれに及ばないということを確証している。

So, what are the growth impacts?
それで、成長へのインパクトはどうなる?

022212krugman2-blog480.jpg

Yep, slashing spending in a depressed economy depresses the economy even more, and if you don’t have to, you shouldn’t do it ― you should wait until the economy is stronger. Don’t take my word for it ― just ask Mitt Romney. It’s a Keynesian world.
そう、経済が落ち込んでいる中での支出の削減は経済をさらに落ち込ませるのであり、それをやる必要がないなら、やるべきじゃない―経済がもっと強くなるまで待つべきだ。僕の言葉を真に受ける必要はない―ミット・ロムニーに聞いてくれ。それはケインズの世界なんだ。

Austerity and Growth/February 18, 2012, 5:54 PM

Austerity and Growth 緊縮財政と成長

Or, actually, shrinkage.
いや、実際には縮小している。

Watching Europe sink into recession – and Greece plunge into the abyss – I found myself wondering what it would take to convince the chattering classes that austerity in the face of an already depressed economy is a terrible idea.
ヨーロッパが景気後退へと沈みこもうとしている―そしてギリシアが谷底に突入しようとしている―のを見ていると、すでに経済が落ち込んでいる中での緊縮財政が酷いアイデアだとおしゃべり階級に納得させるために何が必要なのか分からなくなる。

After all, all it took was the predictable and predicted failure of an inadequate stimulus plan to convince our political elite that stimulus never works, and that we should pivot immediately to austerity, never mind three generations’ worth of economic research telling us that this was exactly the wrong thing to do. Why isn’t the overwhelming, and much more decisive, failure of austerity in Europe producing a similar reaction?
結局、我らが政治的エリートたちに、刺激策は機能しない、今すぐに緊縮財政へと軸足を移すべきだ、それが完全に間違った行動であると告げる3世代にわたる経済学の研究など気にするな、と確信させるためには不十分な景気刺激プランの予想可能であり予想されていた失敗だけでよかった。どうして圧倒的で、はるかに決定的なヨーロッパにおける緊縮財政の失敗は同様の反応を引き起こさないのか?

Let me give you a picture, inspired by some of the empirical studies of fiscal policy the Romers describe in their course notes (pdf). In the chart below I compare two measures for European countries. The x-axis shows the change in real government purchases of goods and services from the first quarter of 2008 to the most recent date I could get from Eurostat, measured as a percentage of 2008Q1 GDP. (This means, by the way, that I didn’t catch the full force of Greek austerity). The y-axis shows the percentage change in real GDP from 2008Q1 to 2011Q4. Can we say that there is a clear correlation here, and not in the direction austerity advocates would like to see?
そこで、ローマー夫婦が彼らの冊子(pdf)で書いている財政政策の実証研究のいくつかに発想を得た一つの図を紹介させてほしい。下のチャートで僕はヨーロッパの国々を2つの基準で比較している。X軸は2008年の第一四半期からEurostatで入手できた最新の日取りまでにおける、政府による財サービス実質購入額の変化の、2008年第一四半期のGDPに対する割合を示している(ところで、このことはギリシアの全力の緊縮財政を捉えられなかったことを意味する)。Y軸は2008年第一四半期から2011年第一四半期までにおける実質GDPの増減率を示している。ここには明らかな相関があり、それは緊縮財政の提唱者が見たがるような方向ではないと言っていいのだろうか?

021812krugman1-blog480.jpg

OK, I’m aware of all internet traditions the problems here. To some extent we may be looking at reverse causation, with troubled economies forced into harsh austerity while those doing well (e.g., Poland) can keep expanding spending. Also, austerity programs generally involve sharp cuts in transfer payments and tax hikes as well as declines in real purchases, so you don’t want to interpret the slope of a line through the scatter – around 3 – as a measure of the multiplier.
オッケー、僕はここに問題があることに気づいている。ある程度まで、困難にある国は過酷な緊縮財政に追いやられる一方、上手くやっている国は(ポーランドのように)支出を拡大し続けることができるという逆の因果関係を見ているのかもしれない。また、緊縮財政プログラムは実質購入額の縮小と共に一般的に移転支出の大幅な削減と税金の急上昇を伴うので、散らばりの中心を通る直線の傾斜を乗数の測度(およそ3になる)として解釈しないほうがいい。

But it is pretty striking, isn’t it? The truth is that we’ve just had a powerful test of the Keynesian proposition that when monetary policy isn’t available, changes in government spending move the economy in the same direction – and the results of that test say that what has lately passed for policy wisdom is instead almost criminal folly.
でも、それはすごく鮮烈なものと言えないか? 真実は、金融政策が利用できない時には、政府支出の変化は経済と同じ方向に動くというケインズ主義的な主張についての強力なテストが行われたということだ―そしてそのテストの結果は、最近、賢明な政策として通っているものがその逆にほとんど犯罪的なほどの愚行であることを示している。

Zero Bounds and Butter Mountains (Wonkish)/February 6, 2012, 5:42 PM

Zero Bounds and Butter Mountains (Wonkish) ゼロの限界とバター山(オタク風)

Well, I see that Bill Gross is still demanding that we fight the slump by … raising interest rates. I wish I could say that he had no support; there are, in fact, a lot of Very Serious People demanding a rate rise, and a growing number of stories about the plight of savers.
えっと、ビル・グロースが今でもこの不況に立ち向かうよう主張しているようなんだが、その方法と言ったら…利子率を上げること。彼に味方なんていないよと言えたらいいんだが。実際にはたくさんのVery Serious People(すごくマトモな人々)が利子率を上げることを求めているし、預金者の窮状についてのお話がますます現れるようになっている。

So let me explain how I think about zero rates and their relationship to the depression we’re in. (Yes, it is a depression, even if we’re having some job growth; there was a lot of job growth between 1933 and 1937, but it was still the Depression).
だから、ゼロの利子率と、それと我々が今いる恐慌(そう、いくらか雇用が増えているとしても恐慌だ。1933年から1937年にかけて雇用はかなり増えていたが、その時でもまだ大恐慌だった)との関係について僕の考えを説明させてほしい。

Think of the supply and demand for loanable funds. The tricky thing about interest rates is that there are seemingly two theories of interest rates ― loanable funds, which is about supply and demand for savings, and liquidity preference, which is about the tradeoff between money and bonds. Which is right? Both are ― because savings and investment also depend on GDP, which can change. That’s one point of approach into the IS-LM model.
貸付資金への需要と供給を考えてほしい。利子率について扱いにくいのは、利子率には見かけ上二つの理論があることだ―貸付資金、つまり貯蓄の需要と供給のことと、流動性選好、つまり貨幣と債券のトレードオフのこと。どっちが正しいの? 両方正しい―なぜなら貯蓄と投資はどちらもGDPに依存しているが、それは変化しうるから。それはIS-LMモデルへと近づく第一歩になる。

So what is happening when we’re at the zero lower bound? One way to think about it is to draw the supply and demand for savings that would prevail if the economy were at full employment. They look like this:
そして、我々がゼロ下限にある時、何が起こっているのか? それを考える一つの方法が、もし経済が完全雇用だったらこうなるだろうという貯蓄の需要と供給を描いてみることだ。それはこんな感じになる:

020612krugman6-blog480.jpg

The policy problem is that for whatever reason ― in current conditions, mainly the deleveraging taking place after an era of debt complacency ― the interest rate that would match savings and investment at full employment is negative. Unfortunately, that’s not possible, because rather than lend at a loss people can just hold cash. So we have an “incipient” excess supply of savings, which is eliminated not via a fall in interest rates but via a fall in income, i.e., a depression.
政策的な問題となるのは、どのような理由であれ―現在の状況で言えば、主に債務の自己満足時代の後に起こっているレバレッジ解消―完全雇用で貯蓄と投資が等しくなるような利子率がゼロ以下であることだ。不幸なことにそれは起こりえない、なぜなら損を出して貸し出しをしなくても、人々は現金を持っておくことができるからだ。だから、我々は「先天的な」貯蓄の過剰供給をもつことになり、それは利子率の下落を通してではなく、所得の下落、すなわち恐慌を通して解消される。

Now, the figure above may look familiar from microeconomics; it’s more than a bit like the standard analysis of a price floor that creates a persistent excess supply of a good, such as the way European price floors on agricultural products created butter mountains, wine lakes, etc..
今、上記の図はミクロ経済学でよく見知っているかもしれない。それは永続的な商品の過剰供給を生み出す下限価格の標準的な分析によく似ている。ヨーロッパの農産物への下限価格がバター山やワイン湖その他を作り出すのと同じように。

One way to think about macro policy in a liquidity trap is that it’s about trying to reduce that incipient surplus, say through government spending to make use of the excess savings.
流動性の罠におけるマクロ経済学を考える一つの方法として、それはその先天的な過剰を、例えば過剰な貯蓄を使用するための政府支出を通じて、解消しようとすることだと言える。

But what the people who want to raise rates are demanding is that we take the price floor that is causing this destructive surplus, and raise it higher.
だが、利子率を上げることを求めている人々は、この破壊的な過剰を引き起こしている下限価格を受け入れる上に、さらにその下限を高くするよう要求していることになる。

Yes, savers would like higher returns, just as farmers would like higher prices for their butter. But free-market oriented economists, of all people, should understand that you can’t just decree higher returns without paying a price in economic disruption.
そのとおり、預金者にとって利益が高いほどいいだろう、農家にとってバターの価格が高いほどいいのとちょうど同じようにね。だが、他の誰にもまして自由市場志向の経済学者が理解すべきことは、経済的破滅という対価を払わずに高い利益を取り決めることはできないってことだ。


後書き:バター山は日本で言う古米みたいなもの。
butter-mountain.jpg

Untruths, Wholly Untrue, And Nothing But Untruths/January 13, 2012, 9:00 AM

Untruths, Wholly Untrue, And Nothing But Untruths 嘘、大嘘、そしてまったくの嘘

I was deeply radicalized by the 2000 election. At first I couldn’t believe that then-candidate George W. Bush was saying so many clearly, provably false things; then I couldn’t believe that nobody in the news media was willing to point out the lies. (At the time, the Times actually told me that I couldn’t use the l-word either). That was when I formulated my “views differ on shape of planet” motto.
2000年の選挙のころには、僕は非常に先鋭化していた。まず、その時の候補者であるジョージ・W・ブッシュが明白に間違いだと分かっていることを何度も何度も言うことが信じがたかった。そして、その時に報道メディアの誰もがその嘘を指摘しようとしないことが信じがたかった(その時、ニューヨーク・タイムズは実際僕にLがつく言葉を使わないように言った)。その時に、僕は「視点によって惑星の形は異なる」思想を公式化した。

Now, however, Mitt Romney seems determined to rehabilitate Bush’s reputation, by running a campaign so dishonest that it makes Bush look like a model of truth-telling.
しかしながら、今、ミット・ロムニーは不誠実すぎるキャンペーンをすることで、ブッシュがまるで真実告知のモデルであるかのように見せることによって、ブッシュの評判を復権させようと決め込んでいるように思える。

I mean, is there anything at all in Romney’s stump speech that’s true? It’s all based on attacking Obama for apologizing for America, which he didn’t, on making deep cuts in defense, which he also didn’t, and on being a radical redistributionist who wants equality of outcomes, which he isn’t. When the issue turns to jobs, Romney makes false assertions both about Obama’s record and about his own. I can’t find a single true assertion anywhere.
と言うか、ロムニーの選挙演説の中で真実だと言えるものが何かある? それはオバマがアメリカのことを謝っていることについて攻撃しようとするものだが、彼はそんなことをしていない。それは防衛予算の大幅な削減について攻撃しているが、彼はそんなこともしていない。それは結果の平等を求める急進的な再分配論者であることを攻撃しているが、彼はそんな人じゃない。問題が雇用に移ると、ロムニーはオバマの成果や彼自身についても嘘の主張をする。僕はそこに一つとして真実の主張を見つけることができない。

And he keeps finding new frontiers of falsehood. The good people at CBPP find him asserting, with regard to programs aiding low-income Americans, that
そして、彼は新たなでたらめのフロンティアをずっと探し続けている。CBPPのいい人が発見したんだが、彼は低所得のアメリカ人を援助するプログラムに関してこう主張した

What unfortunately happens is with all the multiplicity of federal programs, you have massive overhead, with government bureaucrats in Washington administering all these programs, very little of the money that’s actually needed by those that really need help, those that can’t care for themselves, actually reaches them.
which is utterly, totally untrue. Administrative costs are actually quite small, and between 91 and 99 percent of spending, depending on the program, does in fact go to beneficiaries.
不幸なことにそこで起こることは、連邦政府プログラムは数多くあるんだが、ワシントンの国家公務員がそのプログラムを全部管理するから、頭ごなしになってしまって、本当に助けを必要としていて、自分で生活できない人に必要とされるお金の中で実際にそれらの人に渡る分は極めて少なくなってしまう。


which is utterly, totally untrue. Administrative costs are actually quite small, and between 91 and 99 percent of spending, depending on the program, does in fact go to beneficiaries.
これは本当に全くのでたらめだ。運用コストは実際にはかなり低く、プログラムにかかる支出のうち91%から99%が実際に受益者の元に行っている。

At this rate, Romney will soon start lying about his own name. Oh, wait.
このペースで行くと、ロムニーはそのうち自分の名前について嘘をつきそうだな。おおっと。


後書き:最後のリンク先は、ロムニーが自分の名前を間違えたという記事。CNNの討論会でWolf Blitzerという人との挨拶のとき、ロムニーは本当の名前はウィラードなのに何故か「私のファーストネームもウォルフです」と発言した。寒いギャグなのか、本当に間違えたのかは不明らしい。

Bleeding Britain/November 30, 2011, 10:24 AM

Bleeding Britain 血を抜かれるイギリス

These days, ambulance-chaser economists like yours truly have an embarrassment of riches: so much is going wrong, in so many places, that one hardly knows where to start.
最近では、この僕のような抜け目のない経済学者は豊かすぎるがゆえの苦労を味わうようになっている:あまりにも多くのことが、あまりにも多くの場所で悪くなってるので、どこから手をつけていいのかほとんど分からないんだ。

But let’s spare a moment for a disaster that’s being overshadowed by the euro crisis: Britain’s experiment in austerity.
だが、ここでユーロ危機によって影を投げかけられた災厄について時間をさこう。イギリスの緊縮財政という実験だ。

When the Cameron government came in, it was fully invested in the doctrine of expansionary austerity. Officials told everyone to read the Alesina/Ardagna paper (which is succinctly criticized by Christy Romer (pdf)), cited Ireland as a success story, and in general assured everyone that they could call the confidence fairy from the vasty deep.
キャメロン政権が始まったときに、その政権は拡張的緊縮という教義を全面的に受け入れた。官僚は全ての人にアレシナ/ア-ダナ論文を読むよう求め(それは簡潔にクリスティー・ローマーによって批判されている(pdf))、アイルランドをサクセス・ストーリーとして引用し、そして一般的にあらゆる人に、彼らが地の底から信認の天使を召還することができると信じ込ませた。

Now it turns out that contractionary policy is contractionary after all. As a result, despite all the austerity, deficits remain high. So what is to be done? More austerity!
今、緊縮政策はまったく緊縮的であることが明らかになっている。結果的に、全面的な緊縮政策にも関わらず、財政赤字は高いままになっている。それじゃあやるべきことは? もっと緊縮財政だ!

Underlying the drive for even more austerity is the belief that the underlying economic potential of the British economy has fallen sharply, and will grow only slowly from now on. But why? There’s a discussion in the Office for Budget Responsibility report, p. 54, that basically throws up its hands ― hey, these things happen after financial crises, it says, and cites an IMF report (pdf).
それでもさらに緊縮政策を追い求める衝動の根底に、イギリス経済の基礎的な潜在力が急速に落ち込んでいて、これからはゆっくりとしか成長できないのではないかという信念がある。でも、どうしてなんだろうか? 予算責任局の報告書54ページに審議が載っているが、そこでは基本的にさじを投げている―これらのことが起こったのは金融危機の後だと彼らは言う、そしてIMFの報告書(pdf)を引用している。

So I wonder: did they read the abstract of that report? Because here’s what it says:
そこで不可解なこと:彼らはその報告書の要約を読んだのか? だって、そこにはこう書かれている:

Short-run fiscal and monetary stimulus is associated with smaller medium-run deviations of output and growth from the precrisis trend.
短期的な財政および金融政策をとることは、危機前の傾向からの生産高と成長の中期的な乖離がより小さくなることと関連性がある。


That is, history says that a financial crisis reduces long-run growth potential if policymakers don’t limit the short-run damage it does.
すなわち、歴史が示すところによると、もし政策立案者が危機による短期的ダメージを制限できないなら、金融危機は長期的な潜在成長力を減少させることになる。

And yet what’s happening in Britain now is that depressed estimates of long-run potential are being used to justify more austerity, which will depress the economy even further in the short run, leading to further depression of long-run potential, leading to …
そして、今だにイギリスに起こっているのは、うんざりするような長期的潜在能力の推定が更なる緊縮財政を正当化するために使われていて、そのことが更に短期的な経済を落ち込ませ、そしてそのことが更に長期的な潜在能力を低下させて、更にそのことが…

It really is just like a medieval doctor bleeding his patient, observing that the patient is getting sicker, not better, and deciding that this calls for even more bleeding.
それは中世の医者が患者の血を抜くのと同じようなもので、それが患者の病状を良くしているんじゃなくて悪化させていると分かると、さらに血を抜く必要があると決めこんでしまう。

And the truly awful thing is that Cameron and Osborne are so deeply identified with the austerity doctrine that they can’t change course without effectively destroying themselves politically.
そして、本当に恐ろしいのは、キャメロンとオズボーンはあまりにも深く緊縮財政の教義と結びついているので、自らを政治的に事実上破滅させない限り、方向転換できなくなってしまっていることだ。

As the Brits would say, brilliant. Just brilliant.
イギリス人は言う、見事だと。本当に見事だ。

Revenge of the Global Savings Glut (Wonkish)/April 18, 2011, 11:27 AM

Revenge of the Global Savings Glut (Wonkish) 世界的貯蓄過剰の復讐(オタク風

Chinese inflation is getting headlines, as it should. But it’s worth bearing in mind that this is essentially a real problem, not a monetary problem.
中国のインフレが新聞の見出しになってるが、当然なことだろう。だが、これは貨幣的な問題ではなく、本質的にリアルな問題であることを心に留める必要がある。

Think of it in terms of the loanable funds model (which misses some issues, but gets at the essence, I think). Imagine a world in which capital flows equalize interest rates between the North (advanced economies) and the South (emerging economies); savings schedules slope up, investment demand down:
これを貸付資金モデルで考えてみよう(これにはいくつか問題があるが、本質は捉えていると思う)。資本移動により北の国(先進国)と南の国(途上国)の利子率が均等化する世界を想像してほしい;貯蓄関数は右上がりで、投資関数は右下がり:

outofbalance1.jpg

Now imagine a financial crisis in the North that reduces investment demand while increasing desired savings:
今、北の国で金融危機があって、投資需要が減少する一方、計画貯蓄が上昇すると考えて欲しい:

outofbalance2.jpg

In effect, this creates a new global savings glut, this time originating in advanced economies rather than in the decisions of China etc. to accumulate reserves. What markets “want” to do is send capital South. But because the doctrine of immaculate transfer is false, this requires a rise in the relative price of goods and services in the South.
結果的に、これは世界的貯蓄過剰を作り出すことになる。今度の場合は、中国等が準備金を積み立てたというより、先進国起源のものだ。市場が「求めて」いるのは資本を南の国に移すこと。だが、無原罪移転説は間違いなんだから、南の国で財サービスの相対的な価格が上昇する必要がある。

This could happen three ways: currency appreciation; inflation in the South; deflation in the North.
このためには3つの方法がある:通貨の切り上げ、南の国でのインフレ、北の国でのデフレ。

What we’re getting from emerging-market politicians are lots of complaints about US monetary policy, coupled with reluctance to let currencies rise. This amounts to a demand that Northern deflation be the solution; that demand neither will nor should be honored.
途上国市場の政治家はアメリカの金融政策についてたくさんの文句を言いつつ、通貨を上昇させるのを渋っている。そうなると、北の国でのデフレが解決策になってしまう。それは尊敬されるものではないし、そうなるべきでもない。

And as for businesses that were counting on low Chinese costs, well, they were basing decisions on the assumption that the renminbi would be undervalued forever. Guess not.
そして、中国の低コストを当てにしているビジネスに関して言えば、それは人民元が永久に過小評価されたままでいるという仮定にその決断の基礎を置いていることになる。

Eurozone Problems/January 30, 2012, 4:17 PM

Eurozone Problems ユーロの問題

I’m giving a talk in Paris tomorrow. Here are some slides; they won’t come as a shock to regular readers, but it may be useful to see them all in one place.
明日、僕はパリで講演をすることになっている。スライドをいくつか見てほしい。これはこのブログの愛読者には驚くようなものじゃないが、一度に全部見ることが有益になるかもしれない。

First, I make the case that the overall economic crisis is driven by private debt, not public debt:
まず、僕の意見では、この経済危機は全体として政府債務によってではなく、民間債務によってもたらされた:

013012krugman1-blog480.jpg


Then I point to the huge swing of the private sector into financial surplus, which necessitated large public deficits to avoid a much deeper slump:
それから、民間部門が大幅な資金余剰へと変化して、そのことにより深刻な不況を避けるために巨額の財政赤字が必要になった:

013012krugman2-blog480.jpg


I then turn to Europe, which has the additional problem of a capital flow bubble from north to south induced by the euro, which has to be reversed:
次にヨーロッパに移ると、ユーロによる北から南への資本移動バブルという別の問題があり、それは逆転される必要があった:

013012krugman3-blog480.jpg


The counterpart of these current account imbalances was a large divergence in relative price levels:
この経常収支不均衡の反面が相対価格水準の大幅な乖離だ:

013012krugman4-blog480.jpg


Implicitly, Europe is relying on “internal devaluation” to reverse this divergence. But the reality is that this is very hard given nominal rigidity, even in Ireland, which is wrongly held up as an example of successful adjustment:
暗に、ヨーロッパがこの乖離を逆転させるためには「内的切り下げ」にかかっていることになる。だが、名目値の非常な剛直性を考えると、アイルランドでさえ、調整が成功した例として持ち出すのは間違っている:

013012krugman5-blog480.jpg


Also, Europe has bought into the notion that fiscal irresponsibility is at the heart of the crisis, which is true only of Greece and not true of the troubled countries as a group:
また、ヨーロッパは、無責任な財政こそがこの危機の中心であるという観念を受け入れるようになっていった。それはギリシアのみに当てはまるものであり、一つのグループとして困難にある国に当てはまるわけではない:

013012krugman6-blog480.jpg


And even on the IMF’s reckoning, none of the austerity countries is plausibly on the road to a tolerable fiscal situation:
そしてIMFの推測ですら、緊縮財政を採っている国で、財政がかなり良くなると言えるような状態にある国は一つもない:

013012krugman7-blog480.jpg

I Am A Frankfurter/November 9, 2011, 9:43 AM

I Am A Frankfurter 俺はフランクフルト人だ

And I say that with relish ― although actually I’m in Mainz, doing a couple of talks.
と言ってみたかったりする―でも、実際にはマインツ市にいて、いくつか講演を行った。

Here’s a slide from one of the talks:
これがその講演で使ったスライド:

110911krugman1-blog480.jpg

脳内財政危機
10年物利子率
1コマ目:ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ):債券市場自警団が帰ってきた
2コマ目:WSJ:債券市場自警団:米政策の厳格な執行者が帰ってきた
3コマ目:WSJ:債務への恐れにより利子率が上昇している
4コマ目:S&Pの格下げ


CalendArchive
プロフィール

anomalocaris89

Author:anomalocaris89
FC2ブログへようこそ!
誤字・誤訳の指摘はコメント欄にお寄せ下さい。

最新記事
リンク
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アフィリエイト
おすすめの本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。